詳細検索はこちら

崔 英靖サイ ヒデノブ

所属部署
社会共創学部 産業マネジメント学科
職名教授
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/11/08

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:2016年3月までは「愛媛大学 法文学部 総合政策学科」所属でしたが,
    2016年4月からは同じ愛媛大学に新設された「社会共創学部 産業マネジメント学科」に所属変更になりました.
    科研費研究者番号:70335884

学歴

  • 1995年 - 2000年, 大阪市立大学, 経営学研究科
  • 1991年 - 1995年, 大阪市立大学, 商学部

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 愛媛大学, 社会共創学部, 教授
  •   2015年04月,  - 2016年03月, 愛媛大学, 法文学部, 教授
  •   2004年04月,  - 2015年03月, 愛媛大学, 法文学部, 准教授
  •   2000年10月,  - 2004年03月, 愛媛大学, 法文学部, 講師

所属学協会

  • 日本経営学会
  • 経営情報学会
  • 日本情報経営学会

研究活動情報

研究分野

  • 経営学
  • 経営学

研究キーワード

    プラットフォーム, 情報サービス, 情報システム, 経営学

論文

MISC

書籍等出版物

作品

  • 愛媛県内中小企業の動向調査と中小企業評価、育成、支援策の研究
      2005年 - 2005年
  • 中小企業経営活性化対策事業
      2005年 - 2005年
  • 県内中小企業の動向調査と中小企業評価、育成、支援の研究
      2006年 - 2006年

競争的資金

  • プラットフォーム化の進展がもたらす協働と競争およびリスクについての研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 崔 英靖
  • クラウド化とプラットフォーム化の進展が地方の情報サービス企業に与える影響の研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 崔 英靖,  当該年度は本研究の理論的基盤となる情報サービスの分析モデルの拡張・精緻化と予備調査を中心に行った. その一環として,プラットフォーム上で起こる協働現象である人肉捜索における情報提供者の参加条件について,7月開催の国際会議(International Symposium on Applications and the Internet)および11月開催の国内学会(日本情報経営学会)で発表を行った.なお,それらの場で得られたフィードバックを反映させた論文が米Springer社から2012年に刊行予定である. また,近年注目されている位置情報サービスについて,位置情報プラットフォームの普及の観点から分析し,一部の事業者が利用を制御するタイプのプラットフォームではなく,その利用がオープンになっている一種の公共財(コモンズ)としてのプラットフォームの可能性についての検討も行った.この内容については平成24年6月開催の国内学会(日本情報経営学会)で発表予定である. 情報サービスの分析モデルに「情報の質と量」という観点を組み込むための研究の一環として,既に多くの人にとって一般的になっている飲食店検索サイト事業の情報的観点からの分析も進行中である.情報の量だけでなく,情報の正確性や最新性,信頼性といった情報品質が飲食店検索サイト事業の競争優位に及ぼす影響について検討している.この分析については平成24年8月開催の国際会議(Asia Pacific Conference on Information Management 2012)にて発表予定である. 今後の事例研究に関する予備調査については,当初予定していた企業が当該事業を終了したため,新たな調査対象を選定する必要が生じた.現在,いくつかの調査候補を選定中である.
  • 医療組織での携帯端末の活用による医療リスク防止のための研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 前田 利之, 本研究では、まず医療サービス組織のリスク問題の分類とそれの軽減のためのコミュニケーションツールの支援機能を解明すべく、ヒアリング調査および分析を行った。その結果、特定リスクとして生活習慣病の予防に焦点を絞り、医療サービス組織として大学内健康管理部局を対象とし、携帯電話を携帯端末としたヘルスケア支援システムを開発し、その活用による生活改善の実証研究を行い、成果を確認した。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.