詳細検索はこちら

木下 尚樹キノシタ ナオキ

所属部署
大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名講師
メールアドレス
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2018/09/12

研究者基本情報

学歴

  • 1988年04月 - 1990年03月, 愛媛大学, 大学院工学研究科, 土木工学専攻
  • 1984年04月 - 1988年03月, 愛媛大学, 工学部, 土木工学科

経歴

  •   2015年03月,  - 現在, 愛媛大学, 大学院理工学研究科, 講師
  •   2007年04月,  - 2015年02月, 愛媛大学, 大学院理工学研究科, 助教
  •   1994年04月,  - 2007年03月, 愛媛大学, 工学部環境建設工学科, 助手

所属学協会

  • 土木学会
  • 資源・素材学会
  • 日本材料学会
  • 地盤工学会
  • 岩の力学連合会
  • 日本技術士会
  • 日本トンネル技術協会

委員歴

  •   2018年06月 - 現在, 土木学会, 地盤工学委員会委員
  •   2018年04月 - 現在, 愛南町, 入札監視委員会委員長
  •   2018年04月 - 現在, 地盤工学会四国支部, 監事
  •   2017年09月 - 現在, 愛媛県, 廃棄物処理施設設置審査会専門委員
  •   2016年 - 現在, 資源・素材学会, 鉱山開発・維持管理手法の習得および 岩盤工学の新たな展開に関する調査研究委員会 委員
  •   2015年 - 現在, 土木学会, 岩盤力学委員会論文小委員会委員
  •   2013年 - 現在, 高圧ガス保安協会, 石油天然ガス岩盤備蓄基地に係る操業実績を踏まえた保安検査実績評価検討業務委員会 委員
  •   2013年 - 現在, 日本技術士会四国本部, 広報委員会委員
  •   2012年 - 現在, 愛媛県技術士会, 幹事
  •   2012年 - 現在, 資源・素材学会, 採掘技術部門委員会 委員
  •   2011年 - 現在, 特定非営利活動法人愛媛県建設技術支援センター, 技術評価委員
  •   2010年 - 現在, 日本材料学会, 編集委員会査読委員
  •   1998年 - 現在, 資源・素材学会, 岩盤工学部門委員会委員
  •   1998年 - 現在, 日本材料学会, 岩盤力学部門委員会委員
  •   2017年05月 - 2019年03月, 地盤工学会, 第53回地盤工学研究発表会実行委員会委員
  •   2017年07月 - 2017年08月, 今治市桜井財産区, アドバイザー
  •   2015年 - 2015年, 愛媛県, 災害廃棄物処理計画実務専門者会議委員
  •   2014年 - 2015年, 資源・素材学会, 資源・素材2015(松山)実行委員会委員
  •   2013年 - 2015年, 資源・素材学会, 環境負荷低減鉱山開発および維持管理システムに関する調査委員会 委員
  •   2000年 - 2015年, 資源・素材学会, 関西支部幹事
  •   2013年 - 2014年, 日本技術士会四国本部, 日本技術士会四国本部 第44回日韓技術士会議実行委員会 委員
  •   2012年 - 2014年, 地盤工学会, 会誌編集委員会委員
  •   2011年 - 2014年, 資源・素材学会関西支部, 常議員
  •   2002年 - 2014年, 土木学会, 四国支部選奨土木遺産選考委員会委員
  •   2010年 - 2012年, 土木学会, 土木学会平成23年度全国大会実行委員会特別講演・討論会部会委員
  •   2010年 - 2012年, 資源・素材学会, 高度にインテグレートされた情報システムに基づく鉱山開発に関する調査研究委員会委員
  •   2010年 - 2011年, 資源・素材学会, 資源・素材2011(堺)実行委員会委員
  •   2008年 - 2011年, 愛媛県, 一般国道379号線万年トンネル建設工事品質管理検討委員会 委員
  •   2009年 - 2010年, 地盤工学会, 第45回地盤工学研究発表会実行委員会 事務局員,展示部会長,見学・案内部会長
  •   2007年 - 2010年, 地盤工学会, 地盤工学会四国支部四国地域地盤問題研究委員会委員
  •   2007年 - 2009年, 資源・素材学会, 資源・素材学会高度な坑道の掘削・維持管理手法に関する調査研究委員会委員
  •   2008年 - 2008年, 土木学会, 技術推進機構技術者教育プログラム審査委員会オブザーバー
  •   2007年 - 2008年, 第12回岩の力学シンポジウム, 幹事会委員
  •   2005年 - 2008年, (財)高速道路技術センター, 四国横断自動車道歯長山トンネル施工技術検討幹事会 幹事
  •   1998年 - 2007年, 愛媛県生コンクリート協同組合, 愛媛県生コンクリート品質管理監査地区会議 副議長
  •   2005年 - 2006年, 通商産業省, 中国四国地方鉱山保安協議会 専門委員
  •   1994年 - 2006年, 地方の活性化をめざした地下空間利用・環境技術研究会, 事務局長
  •   2005年 - 2005年, 土木学会, 四国支部事務局員
  •   2003年 - 2005年, 地盤工学会, IT推進委員会支部連絡員
  •   2004年 - 2004年, 愛媛県, えひめ循環型社会推進計画改訂に係るワーキンググループ 専門委員
  •   2004年 - 2004年, 土木学会, 四国支部平成16年8月四国地域豪雨・高潮災害緊急調査団愛媛県グループ道路災害調査班班員
  •   2004年 - 2004年, 地盤工学会, 四国支部事務局長
  •   2002年 - 2004年, 土木学会, 岩盤力学委員会運営小委員会委員
  •   2002年 - 2004年, 土木学会, 岩盤力学委員会岩盤の熱環境に関する研究小委員会幹事
  •   2002年 - 2003年, 土木学会, 四国支部四国地方の土木遺産八十八ヶ所調査研究委員会委員
  •   2002年 - 2003年, 土木学会, 全国大会実行委員会学術部会委員
  •   2002年 - 2003年, 地盤工学会, 四国支部幹事
  •   2000年 - 2002年, 愛媛県, 愛媛県骨材対策ワーキンググループ 班員
  •   2000年 - 2002年, 土木学会, 岩盤力学委員会熱環境研究小委員会準備WG 幹事
  •   1994年 - 1995年, (財)エンジニアリング振興協会, 川内町地下空間技術検討委員会委員

研究活動情報

研究分野

  • 地球・資源システム工学, 岩盤工学
  • 地盤工学, 岩盤工学

研究キーワード

    岩盤工学, 岩盤力学, 強度・変形特性, 熱物性, 岩石不連続面, 透水性, 岩盤空洞, 熱水貯蔵システム

論文

MISC

  • 花崗岩不連続面における透水実験と鉱物溶解機構の検討
    廣惠なつ美, 安原英明, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 45th,   2018年
  • NGH貯蔵を想定した地下空洞の変形挙動評価
    SON Wonjun, 安原英明, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 45th,   2018年
  • Numerical modeling of coupled THMC processes for predicting fluid flow and transport behavior within fractured rocks
    S. Ogata, H. Yasuhara, N. Kinoshita, K. Kishida, 51st US Rock Mechanics / Geomechanics Symposium 2017, 2,   2017年01月, © 2017 ARMA, American Rock Mechanics Association. We improved our thermal-hydraulic-mechanical-chemical (THMC) simulator to predict the long-term permeability change of the fractured rocks. The model evaluates the influence of the geochemical reaction on the evolution of the permeability in fractured rocks by considering pressure solution in detail. Pressure solution that occurs at both grain contacts and contacting asperities within fractures was incorporated in the model. By using the developed THMC numerical model, long-term prediction of rock permeability was conducted by replicating the subsurface environment near the radioactive waste repository. As a result of the analyses, the permeability decrease by two orders of magnitude smaller than the initial value occurs due to pressure solution at contacting asperities within fractures in the EDZ area. In carrying out radioactive waste disposal, it is apparent that pressure solution within the fractures has significant impact on minimizing the increase of the permeability in EDZ area.
  • 持続載荷せん断試験による岩石不連続面の変形特性評価
    岡本哲徳, 安原英明, 木下尚樹, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 14th,   2017年01月
  • 熱環境における堆積岩不連続面の変形・透水特性について
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材(Web), 2017,   2017年
  • 圧力溶解と岩盤・地層処分:連成数値シミュレータを用いた天然バリアの長期透水特性評価
    緒方奨, 安原英明, 木下尚樹, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 14th,   2017年
  • 県道 28 号線沿いの土木構造物・トンネルの被害(平成 28 年熊本地震被害調査報告)
    木下 尚樹, 愛媛県技術士会会報, 24,   2016年11月
  • 熱水の岩盤空洞貯蔵に関する研究
    木下 尚樹, 愛媛ジャーナル, 30, (6) 76 - 79,   2016年11月
  • Evolution of Rock Permeability Evaluated by Coupled Thermal-Hydraulic-Mechanical-Chemical Model
    H. Yasuhara, N. Kinoshita and K. Kishida, Proc. 9th Asian Rock Mechanics Symposium,   2016年10月
  • 熱環境における岩石不連続面の透水・変形挙動について
    木下尚樹, 安原英明, 岡本哲徳, 資源・素材(Web), 2016,   2016年09月
  • Enzyme-mediated carbonate precipitation (EMCP) for soil improvement: the effect of magnesium substitution
    Hideaki Yasuhara, Heriansyah Putra and Naoki Kinoshita, Proc. The 2016 World Congress on Advances in Civil and Environmental, Materials Research (ASEM16),   2016年08月
  • Permeability Experiment in a Single Granite Fracture under Different Stress, Temperature, and pH Conditions
    Hideaki Yasuhara, Naoki Kinoshita, Dae-Sung Cheon, and Kiyoshi Kishida, Proc. 2016 Korea-Japan Symposium on Rock Mechanics Engineering,   2016年05月
  • Predictions of rock permeability by THMC model considering pressure solution
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, K. Kishida, 50th US Rock Mechanics / Geomechanics Symposium 2016, 2,   2016年01月, Copyright 2016 ARMA American Rock Mechanics Association. A coupled thermos-hydro-mechanical-chemical (THMC) numerical model is presented to predict the long-term change in permeability of the porous rocks that are composed purely of quartz. Especially, the chemo-mechanical process of the pressure dissolution is explicitly taken into account in the model. By simulating the burial of high-level radioactive wastes in the deep subsurface (i.e., by applying the simulated confining pressure and temperature conditions), the long-term evolution of the rock permeability was predicted using the model. The predictions obtained a significant influence of the pressure dissolution on the change in permeability with time. The predicted permeability of the rocks close to the wastes decreased by roughly one order of magnitude in 104 years when considering the pressure dissolution, while the permeability changed little during the same period when the pressure dissolution was not considered. The reduction should delay the transportation of the radioactive materials.
  • 気液二相流解析による岩盤空洞周辺のガス移行挙動評価
    石中亮, 安原英明, 木下尚樹, 下茂道人, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 44th,   2016年01月
  • 熱・水・応力・化学連成解析モデルによる岩盤の長期透水特性評価
    緒方奨, 安原英明, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 44th,   2016年01月
  • プロパント処理した岩盤亀裂の透水特性評価
    菅野巧, 安原英明, 木下尚樹, LEE Dae‐Sung, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 44th,   2016年01月
  • 強アルカリ環境における花崗岩不連続面の透水試験
    前田 健太,安原 英明,木下 尚樹, 資源・素材講演集, 2,   2015年09月
  • 本号の編集にあたって(<特集>地盤改良工法の歴史と新技術)
    木下 尚樹, 地盤工学会誌, 63,   2015年08月
  • Optimization of calcite precipitation as a soil improvement technique
    Heriansyah Putra, Hideaki Yasuhara, Naoki Kinoshita and Debendra Neupane, Proc. the 2nd Makassar International Conference on Civil Engineering (MICCE 2015),   2015年08月
  • 熱環境における岩石不連続面の透水・せん断特性について
    木下 尚樹,安原 英明, 資源・素材学会平成27年度春季大会講演集,   2015年03月
  • CHEMICALLY- AND MECHANICALLY-DRIVEN ALTERATION OF PERMEABILITY IN FRACTURED ROCKS UNDER DIFFERENT STRESS, TEMPERATURE, AND PH CONDITIONS
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, and K. Kishida, Proc. the 13th International Congress of Rock Mechanics, ISRM Congress 2015,   2015年03月
  • Evaluation of enzyme mediated calcite grouting as a possible soil improvement technique
    D. Neupane, H. Yasuhara, N. Kinoshita, Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics - Proceedings of the 14th Int. Conference of International Association for Computer Methods and Recent Advances in Geomechanics, IACMAG 2014,   2015年01月, This paper discusses the experimental and numerical work on Enzyme Mediated Calcite Precipitation, EMCP, technique along with the improved mechanical properties of sand achieved by employing this technique. The homogenous sand specimen having a diameter of 57 cm and a height of 60 cm is prepared inside a steel drum. Freshly prepared grout solution (urea-CaCl2 and urease) is injected at the centre of the sand specimen. Afterwards, the improved samples within the treated specimen is taken and subjected to the compressive strength tests. The calcite distribution throughout the specimen is also evaluated.A multi-component, fluid flow and geo-chemical transport simulator that can incorporate the precipitation reaction during the flow, is used to predict the calcite distribution. The experimental results are compared with the numerical predictions. The evaluated simulator can approximately predict the distribution of calcite within the sand specimen. The small amount of calcite precipitated within the soil mass appreciably improves the mechanical properties of sandy soil. The improved mechanical properties are enough to increase the resistance of soil against liquefaction. ? 2015 Taylor & Francis Group, London.
  • OPTIMIZATION OF TREATMENT AREA OF ENZYME MEDIATED CALCITE CEMENTATION: A NOVEL SOIL IMPROVEMENT TECHNIQUE
    Debendra Neupane, Hideaki Yasuhara and Naoki Kinoshita, Proc. Fourth International Conference on Geotechnique, Construction Materials and Environment,   2014年11月
  • Evolution of Permeability in Granite Fracture under High pH ConditionsEvolution of Permeability in Granite Fracture under High pH Conditions
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, K. Maeta, S. Nakashima, K. Kishida, Proceedings of 8th Asian Rock Mechanics Symposium,   2014年10月
  • 熱環境における岩石不連続面の連続透水・せん断実験
    木下尚樹,安原英明,高橋学, 資源・素材講演集, 1,   2014年09月
  • 持続載荷による岩石不連続面の変形挙動に及ぼす熱・水・応力の影響
    木下 尚樹, 安原 英明, 崎山 久美子, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 42,   2014年01月
  • Evolution of mechanical and hydraulic properties in sandstone induced by mineral trapping
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, K. Kishida, 48th US Rock Mechanics / Geomechanics Symposium 2014, 1,   2014年01月, Copyright (2014) ARMA, American Rock Mechanics Association In this study, evolution of mechanical and hydraulic properties in Berea sandstone with initial porosity of 20 % is examined quantitatively by replicating mineral trapping process within pore spaces. The artificially accelerated mineral trapping is achieved by injecting a grout, resulting in calcite precipitation. The amount of calcite precipitated can be controlled by changing the concentrations of the grout and the total injection volume. The preliminary experiments indicate that the change of the mechanical and hydraulic properties is significant even if the calcite amount is relatively small - The values of Young's modulus/permeability increase/decrease with increase of the calcite amount. Specifically, the permeability decreases by one order of magnitude as the initial porosity of 20 % reduces to 18 %. This intense decrease of permeability may not be able to be replicated by existing numerical models, although distribution of the calcite precipitated within rock samples should be adequately examined because uniform distribution may not be achieved.
  • CO2地中貯留に起因する鉱物トラップが岩盤の力学・透水特性に与える影響
    柏木亮太, 安原英明, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 42nd,   2014年
  • 力学‐化学連成数値モデルによるベレア砂岩透水性経時変化の再現解析
    伊藤文, 安原英明, 木下尚樹, 高橋学, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 42nd,   2014年
  • Long-term observation of rock permeability under high pressure and temperature conditions and its microstructural interpretation
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, M. Takahashi, S. Nakashima, K. Kishida, 47th US Rock Mechanics / Geomechanics Symposium 2013, 1,   2013年12月01日, A series of long-term permeability experiments using Berea Sandstone and Horonobe Mudstone has been conducted so as to understand the evolution of rock permeability under stressed and temperature-elevated conditions. The well-controlled experiments are carried out at confining pressures of 3.0-15 MPa and temperatures of 20 or 25 and 90°C. Flow-through experiments are conducted regularly (i.e., 5 or 10 day interval) to examine the evolution of rock permeability throughout the experiments - it should be noted that each experiment is kept always more than 500 days. Effluent concentrations are also measured for the ten elements of Si, Al, K, Fe, Ca, Na, Mg, Ti, S, and Cl that are included mainly in the targeted rocks. Rock samples were prepared for a SEM-EDX and/or a micro-focus X-ray CT to observe its microstructure. The SEM-EDX observation revealed that mineral dissolution dominates over mineral precipitation, and the micro-focus X-ray CT observation shows a slight increase in pore volume for the sandstone sample that has experienced long-term confining pressure and temperature. Copyright 2013 ARMA, American Rock Mechanics Association.
  • 特集 第48回地盤工学研究発表会
    有吉 充, 木下 尚樹, 小宮 隆之, 地盤工学会誌 : 土と基礎, 61, (11) 35 - 38,   2013年11月
  • Soil Improvement Through Enzymatic Calcite Precipitation Technique: Small to Large Scale Experiments
    Neupane D., Yasuhara H. and Kinoshita N., International Journal of Landslide and Environment, 1, (1) 65 - 66,   2013年10月
  • 本号の編集にあたって(<特集>近年における斜面災害)
    木下 尚樹, 地盤工学会誌, 61,   2013年09月01日
  • Evaluation of Rock Permeability Alteration by Long-term Flow-through Experiments and by Microstructural Investigation
    Hide Yasuhara, Manabu Takahashi, Naoki Kinoshita, Shinichiro Nakashima, and Kiyoshi Kishida, Proc. 6th Int. Symp. on In-Situ Rock Stress,   2013年08月
  • Evaluation of the enzymatic calcite precipitation technique to improve the physical and mechanical properties of sand
    Debendra NEUPANE, Hideaki YASUHARA & Naoki KINOSHITA, Proc. 13th Japan Symposium on Rock Mechanics & 6th Japan-Korea Joint Symposium on Rock Engineering,   2013年01月
  • 動的解析による長支間ポケット式落石防護網の性能評価
    木下尚樹, 安原英明, 矢田部龍一, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 13th,   2012年12月06日
  • 拘束圧・温度制御下における堆積岩の長期透水試験
    菊池紗帆, 安原英明, 木下尚樹, 高橋学, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 13th,   2012年12月06日
  • 温度・鉱物溶解条件を制御した持続載荷試験による花崗岩不連続面の変形挙動評価
    崎山久美子, 木下尚樹, 安原英明, 川口隆, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 13th,   2012年12月06日
  • Long-term evolution of rock permeability in sandstone and mudstone under pressure- and temperature-controlled conditions
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, K. Kishida, 46th US Rock Mechanics / Geomechanics Symposium 2012, 3,   2012年12月01日, A suite of permeability experiments on intact rocks in sandstone and on a single fracture in siliceous mudstone has been conducted under confining pressures of 3-15 MPa, and at temperatures of 20-90°C for several hundred days in each experiment. For the mudstone experiments, oil-flow experiments are also conducted to examine the effect of mineral dissolution on the flow behavior - the oil-saturated condition refrains from the mineral dissolution and enables to certify if mechanical creep occurs under the stressed conditions. Evolution in permeability and dissolved mass fluxes were periodically measured to examine the flow behavior under stress and temperature conditions. In sandstone, the permeability of intact rocks little changed until a couple of hundred days, then started to increase with time. In mudstone, the permeability in a single fracture monotonically decreased with time and reached a quasi-steady state within one month. However, it started to increase with time after ?100 days. This augmentation in the permeability in sandstone and mudstone should be attributed to mineral dissolution within void spaces. Copyright 2012 ARMA, American Rock Mechanics Association.
  • 四国の急傾斜地における落石対策研究の最前線
    右城猛, 加賀山肇, 矢田部龍一, 木下尚樹, 地盤工学会誌, 60, (5) 20 - 23,   2012年05月01日
  • PS灰造粒砂を用いたコンクリート製品の開発
    木下尚樹, 川口隆, 松尾暁, 三好正忠, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, (5) 13 - 16,   2012年03月
  • Evolution of fracture permeability in granite under temperature, confining pressure and pH conditions prescribed
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, K. Kishida, Harmonising Rock Engineering and the Environment - Proceedings of the 12th ISRM International Congress on Rock Mechanics,   2012年02月13日, A suite of flow-through experiments in granite fracture is conducted under various temperature, confining pressure, and pH conditions, to examine the evolution of the fracture permeability. The well-controlled experiments are carried out at temperatures of 25 and 90°C, confining pressures of 5 and 10MPa, and pH's of 7 and 11. At 25°C, generally, the fracture permeability decreases with time and reaches a quasi-steady state within a few hundred hours. However, after the temperature is raised to 90°C, the permeability again resumed decreasing throughout the rest of the experimental periods. The higher temperature, confining pressure, and pH are prescribed, the faster evolutions of the fracture permeability are observed. These results may indicate that the near-field rock mass of HLW may become safer with time in terms of solute transport behavior. ? 2012 Taylor & Francis Group, London.
  • 動的シミュレーションによる落石防護網の性能評価
    木下 尚樹, PEしこく, 4,   2012年
  • A proposal on improved impact load specification for the design of a rockfall interceptive cable-net structure
    Shanker Dhakal, Netra P. Bhandary, Ryuichi Yatabe, Naoki Kinoshita, Proceedings of the 9th International Conference on Shock and Impact Loads on Structures,   2011年12月01日, The usual way to specify the impact load onto the rockfall protective structures has been through the impact energy (kinetic energy) of the falling rock-boulder. The same philosophy was adopted during the full-scale test campaign of a newly developed interceptive system in Japan, known as the Long-span Pocket-type Rock-net (LPR). The LPR was required to resist fully the specified kinetic energy that was achieved via an arbitrary combination of the mass and the velocity (or falling height) of the impacting concrete block. However, it is very practical that there exist other variables that may independently characterize the impact of rockfall onto the protective structures while giving the same specified impact energy! Few important of them could be the density of rock-block, its velocity, or size, idealized block-shape, impact point, multi-rock impact, etc. Their effects should be scientifically quantified and appropriately incorporated either explicitly or implicitly (approximately) in the design. Setting this hypothesis, the authors carried out a numerical parametric study involving the nonlinear dynamic analyses using the Finite Element code of LS-DYNA, and the effects of various characteristic-parameters were successfully depicted. Finally, implicated from the discovered effects, a proposal on the improvement in the state-of-the-practice method of specifying the impact load for the design and targeted design code preparation of LPR structures is presented, wherein there shall be other independent variables as well in addition to the usually specified kinetic energy of falling rock block.
  • Evolution of fracture permeability in granite under temperature, confining pressure and pH conditions prescribed
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima and K. Kishida, Proc. of 12th ISRM Int. Cong. on Rock Mech.,   2011年10月18日
  • Coupled Chemical and Mechanical Effects on Evolution of Rock Fracture Permeability
    Hide Yasuhara, Naoki Kinoshita, Shinichiro Nakashima and Kiyoshi Kishida, Proc. The 2011 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics (ASEM'11+),   2011年09月18日
  • PERFORMANCE EVALUATION OF AN ENERGY DISSIPATOR IN A ROCKFALL PROTECTIVE CABLE-NET STRUCTURE
    Shanker Dhakal, Netra Prakash Bhandary, Ryuichi Yatabe and Naoki Kinoshita, Proc. of 13th International Summer Symposium of JSCE,   2011年08月26日
  • PS灰造粒砂を用いたコンクリート二次製品の開発
    木下尚樹, 川口隆, 松尾暁, 三好正忠, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, (4) 26 - 28,   2011年03月
  • 温度・拘束圧の負荷期間に依存するベレア砂岩の透水力学特性の評価
    鈴木崇史, 安原英明, 木下尚樹, 高橋学, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 40th,   2011年
  • 生体触媒反応を介したセメンテーションによる改良砂の力学特性
    鹿渡洸一, 林和幸, 木下尚樹, 安原英明, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 40th,   2011年
  • 見学会(見学会,<特集>第45回地盤工学研究発表会)
    木下 尚樹, 地盤工学会誌, 58,   2010年12月01日
  • 技術展示コーナー(展示会,<特集>第45回地盤工学研究発表会)
    木下 尚樹, 地盤工学会誌, 58,   2010年12月01日
  • Stirred-flow-through experiments of granite under temperature and ph conditions controlled
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, K. Kishida, 44th US Rock Mechanics Symposium - 5th US/Canada Rock Mechanics Symposium,   2010年12月01日, A series of stirred-flow-through experiments using granite powder has been conduced under temperature and pH conditions controlled so as to evaluate the dissolution kinetics of the Mizunami granite. The well-controlled experiments are carried out at temperatures of 30-70°C, and pH 6-13, and a constant flow rate of the permeant fluid is set to be 0.1 mL/min. The system likely reaches a quasi-steady state roughly 100 hrs after the experiments get started. Effluent concentrations are measured by regular sampling for the seven elements of Si, Al, K, Fe, Ca, Na, and Mg that are included mainly in the targeted rock. Relatively high concentrations of Si, K and Ca are observed throughout the experiment. Generically, the higher temperature and pH are prescribed, the faster dissolution rates are evaluated. Subsequently, dissolution rate constants of the granite itself are evaluated using a typical Arrhenius equation and an extended formation taking into account the dependence of pH. Copyright 2010 ARMA, American Rock Mechanics Association.
  • PS灰造粒砂のコンクリートへの適用性に関する基礎的研究
    木下尚樹, 川口隆, 松尾暁, 三好正忠, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, (3) 21 - 30,   2010年03月
  • 温度・pHを制御した花崗岩のフロースルー溶解試験
    川下慧, 喜多亮太, 安原英明, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 39th,   2010年
  • Evolution of Fracture Permeability in Granite and Its Evaluation via Coupled Chemo-Mechano Conceptual Model
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, S. Nakashima, K. Kishida, Proc. of 43rd US Rock Mech. Symp.,   2009年11月27日, A coupled chemo-mechano conceptual model is presented to follow the evolution of fracture permeability observed in flow-through experiments in a single rock fracture in granite. The experiments are conducted under constant confining pressures of 5 and 10 MPa with differential water pressures ranging 0.01-0.5 MPa, and temperatures of 20 and 90°C. Permeability measured shows a monotonic decrease with time, via apparent steady state after relatively short periods at 20°C. A presented model addresses the two dissolution processes at contacting asperities and free walls within fractures, and also describes the multimineral dissolution behavior, showing a capability that the evolution of fracture aperture (or related permeability) may be followed with time under an arbitrary temperature and pressure conditions. Predictions utilizing the model proposed in this study show a relatively good agreement with the experimental measurements, although an abrupt reduction observed is incapable of being replicated, that is due to an unaccounted effect in the current model. Copyright 2009 ARMA, American Rock Mechanics Association.
  • 多孔質セラミックの熱特性に関する研究
    木下尚樹, 川口隆, 山内美雪, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, (2) 49 - 82,   2009年03月
  • PS灰を活用した造粒物のコンクリート骨材への適用に関する基礎的研究
    木下尚樹, 川口隆, 松尾暁, 三好正忠, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, (2) 34 - 48,   2009年03月
  • エネルギー吸収金具を付けた落石防護ネットの開発
    木下尚樹, 社団法人地盤工学会四国支部支部創立50周年記念出版 50年のあゆみ,   2009年
  • ロングスパンのポケット式ロックネットの開発
    木下尚樹, 四国地方整備局管内技術・業務研究発表会論文集, 2009,   2009年
  • 花崗岩不連続面の透水実験―拘束圧・温度条件に起因する鉱物溶解の影響
    重永三郎, 西山曜平, 木下尚樹, 安原英明, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 38th,   2009年
  • A Study of Thermal Behavior of the Openings Effected by High Temperatures
    N. Kinoshita, H. Yasuhara, Y. Inada, Proceedings of The 12th International Conference of International Association for Computer Methods and Advances in Geomechanics, 1,   2008年12月01日, The authors have proposed and discussed temporary storage of heated water in openings excavated in rock mountain from the viewpoints of multiple-utilization of land, environmental safeguards, energy conservation, etc. When used for heated-water storage, the rock mass around the openings will receive the effects of the heated water. In this study, a uniaxial compression creep test at high temperatures of the rock was also carried out, then the calculation of various constants on the creep was tried. Using the results obtained in this work, temperature and stress distribution around the openings when heated water were stored was analyzed by considering the creep properties. The thermal behavior and stability of the openings were also examined. The displacement of the openings was predicted to be 1.96 % of the diameter after one thousand days.
  • 拘束圧および温度を制御した花崗岩不連続面の透水性経時変化の実験による検討
    木下尚樹, 安原英明, 中島伸一郎, 岸田潔, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集, 12th(CD-ROM),   2008年09月01日
  • 力学‐化学連成モデルによる花崗岩不連続面の透水挙動評価
    安原英明, 木下尚樹, 中島伸一郎, 岸田潔, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集, 12th(CD-ROM),   2008年09月01日
  • Evolution of Permeability in Siliceous Rocks by Dissolution and Precipitation under Hydrothermal Conditions
    H. Yasuhara, N. Kinoshita, H. Kurikami, S. Nakashima, K. Kishida, Proceedings of the 3rd International Symposium GeoProc'2008,   2008年
  • サブクリティカル亀裂進展および圧力溶解を考慮した岩盤不連続面の圧縮挙動評価
    安原英明, 木下尚樹, 中島伸一郎, 岸田潔, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 37th,   2008年
  • 熱水環境下における岩盤空洞の熱挙動に関する一考察
    木下尚樹, 安原英明, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 37th,   2008年
  • 産業廃棄物を利用した断熱材および防音材の開発
    稲田善紀, 木下尚樹, 川口隆, 愛媛大学工学部工学ジャーナル(CD-ROM), 6,   2007年03月
  • 圧力溶解現象を考慮した珪藻質岩石の透水性評価
    安原英明, 操上広志, 木下尚樹, 岸田潔, 岩盤力学に関するシンポジウム講演集(CD-ROM), 36th,   2007年
  • 岩盤の熱環境問題に関する研究―高温下における岩石の一軸圧縮クリープ特性について―
    稲田善紀, 木下尚樹, 谷光生, 山田公雄, 愛媛大学産業科学技術支援センター研究成果報告書, (10) 33 - 36,   2006年11月
  • PS灰を利用した断熱材・防音材の開発研究
    稲田善紀, 木下尚樹, 斎藤悦郎, 望月美登志, 吉野広司, 大角博之, 森下徹, 愛媛大学産業科学技術支援センター研究成果報告書, (10) 62 - 67,   2006年11月
  • 廃棄物を利用した新しい断熱材の開発について
    稲田善紀, 木下尚樹, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 4,   2005年03月
  • Thermal behavior of rock mass around openings used for low temperature materials storage
    Y. Inada, N. Kinoshita, Proceedings of the Eleventh International Congerence on Computer Methods and Advances in Geomechanics, 2,   2005年
  • 低温物質貯蔵時の岩盤空洞の熱的挙動について
    稲田善紀, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 34th,   2005年
  • 廃棄物を利用した新しい断熱材の開発について
    稲田 善紀, 木下 尚樹, 工学ジャーナル, 4,   2004年03月, The large paper sludge is discharged from the paper industry which is key industry in the Toyo district in Ehime Prefecture. However, the recycling rate of the paper sludge is low. The paper sludge is utilized as a usual combustion aid material. Most is disposed in ground the paper sludge incineration ash. It gropes for the utility value of incinerated ash. The part has already been used as an improved material for earth worker, and in search of further value added, the examination begins to have been made at present In this study, from the background like the above, the development of adiabatical material using the paper sludge incineration ash was tried. To begin with, the granular sample was produced experimentally by the granulator by the agitation granulation system in respect of the paper sludge ash. Next, adiabatical material was produced experimentally using the granulation sample, and the thermal insulation performance was examined. And, the case in which the vacuum was used jointly was also examined.
  • 熱水の影響を受ける岩盤空洞周辺の温度分布について
    木下尚樹, 稲田善紀, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 3,   2004年03月
  • 熱水の影響を受ける空洞周辺岩盤の温度分布と安定性
    木下尚樹, 稲田善紀, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 33rd,   2004年01月29日
  • Consideration of temperature distribution around rock caverns used for heated water storage
    N. Kinoshita & Y. Inada, MillpressProceedings of the ISRM International Symposium 3rd ARMS, 2,   2004年
  • 廃ガラスを利用した樹脂舗装の性能および評価方法の検討
    稲田善紀, 木下尚樹, 川口隆, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 2,   2003年03月
  • 熱水の岩盤内貯蔵における周辺岩盤の温度分布に関する一考察
    木下尚樹, 稲田善紀, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 32nd,   2003年01月23日
  • On the behavior analysis of rock cavern using deformation characteristics of rocks at low temperatures
    Y. Inada and N. Kinoshita, BALKEMAPROCEEDINGS OF THE THIRD INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ROCK STRESS,   2003年
  • A few remarks on storage of low temperature materials in rock caverns
    Yoshinori INADA, Naoki KINOSHITA, Proceedings of the 10th International Congress of ISRM, 1,   2003年
  • Consideration on practical applications of concrete using waste glass
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Takashi Kawaguchi, Hiroshi Miyamoto and Hiroshi Niioka, Proc. of the 7th Int. Symp. on East Asian Resources Recycling Technology (EARTH2003),   2003年
  • A FEW REMARKS ON UNDERGROUND OPENINGS AFFECTED BY LOW TEMPERATURE DUE TO LNG STORAGE
    INADA, YOSHINORI & KINOSHITA, NAOKI, Proc. of ISRM International Symposium on Rock Engineering for Mountainous Regions (EUROCK2002),   2002年11月
  • Thermal behavior of rock mass around openings affected by low temperature due to LNG storage
    Y. Inada, N. Kinoshita and T. Kawaguchi, Proc. of 2002 ISRM Regional Symposium (3rd Korea - Japan Joint Symp.) on Rock Eng.,   2002年07月
  • 廃プラスチックを用いた断熱材の熱物性
    稲田善紀, 木下尚樹, 愛媛大学工学部工学ジャーナル, 1,   2002年03月
  • Thermal behavior of rock mass around openings affected by low temperature due to LNG storage
    Y. Inada, N. Kinoshita and T. Kawaguchi, Proc. of 2002 ISRM Regional Symposium (3rd Korea - Japan Joint Symp. on Rock Eng.), 2,   2002年
  • A FEW REMARKS ON UNDERGROUND OPENINGS AFFECTED BY LOW TEMPERATURE DUE TO LNG STORAGE
    INADA, YOSHINORI & KINOSHITA, NAOKI, Proc. of ISRM Intternational Symposium on Rock Engineering for Mountainous Resions (EUROCK2002),   2002年
  • 低温下引張応力状態における力学特性を考慮した岩盤空洞の挙動解析
    稲田善紀, 木下尚樹, 岩の力学国内シンポジウム講演論文集, 11th, (Pt.2) 551 - 556,   2001年12月20日
  • GeoEng2000に参加して - 2000年11月19日〜24日 - (オーストラリア・メルボルン)
    木下 尚樹, 資源と素材 : 資源・素材学会誌, 117, (2) 148 - 150,   2001年02月25日
  • 油圧式岩盤破砕機を用いた効率的破砕に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 福岡正志, 川口隆, 愛媛大学工学部紀要, 20,   2001年02月
  • 高温の影響を受ける岩盤空洞の熱的挙動に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 31st,   2001年01月25日
  • 熱水の岩盤内空洞貯蔵における岩盤の挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 6,   2001年01月10日
  • 小中学生が主役としての防災教育の展開
    矢田部龍一,木下尚樹,高橋治郎,鳥居謙一, 地盤災害・地盤環境シンポジウム論文集, 7,   2001年
  • A few remarks on thermal behavior of rock mass around openings due to low temperature materials storage
    Y. Inada and N. Kinoshita, BalkemaProceedings of The ISRM Regional Symposium EUROCK 2001,   2001年
  • Thermal behavior of rock mass around openings for low temperature materials storage
    Y. Inada and N. Kinoshita, BalkemaProceedings of the 38th U.S. Rock Mechanics Symposium (DC ROCKS 2001),   2001年
  • Considerations in thermal behavior of rock mass around openings due to storage of heated water
    Y. INADA & N. KINOSHITA, BalkemaProceedings of the 2nd Asia Rock Mechanics Symposium (ISRM 2001 2nd ARMS),   2001年
  • A Few Remarks on the Alkali-aggregate Reaction of Recycled-glass Concrete
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita and Seigo Matsushita, Proc. of the 6th Int. Symp. on East Asian Resources Recycling Technology (EARTH2001),   2001年
  • 石炭灰を利用した断熱材の開発
    稲田善紀, 木下尚樹, 池内寛叙, 愛媛大学工学部紀要, 19,   2000年02月
  • 廃ガラスを利用した新しい建材について
    稲田善紀, 木下尚樹, 田中源太, 愛媛大学工学部紀要, 19,   2000年02月
  • 高温の熱履歴を受ける岩盤空洞の安定性
    稲田善紀, 木下尚樹, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 30th,   2000年01月26日
  • 極低温の履歴が地山岩盤内空洞の挙動に及ぼす影響
    稲田善紀, 木下尚樹, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 5,   2000年01月12日
  • Behavior of rock mass around openings affected by thermal hysteresis due to low temperature materials storage
    Y. Inada & N. Kinoshita, A.A.BalkemaProc. of Pacific Rocks 2000,   2000年
  • A few remarks on low temperature materials storage in openings excavated in mountains
    Yoshinori Inada and Naoki Kinoshita, Proc. of An International Conference on Geotechnical & Geological Eng., CDROM,   2000年
  • 高温・低温物質の地山岩盤内貯蔵における諸問題
    稲田善紀,木下尚樹, 西日本岩盤工学研究会第21回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,   2000年
  • Consideration on thermal behavior of rock mass around openings affected by thermal hysteresis of low temperatures
    Y. Inada, N. Kinoshita, Y. Kohmura, T. Matsumoto, A.A.BalkemaProc. of the 9th Int. Cong. of Rock Mech.,   1999年12月01日, The authors have proposed and discussed temporary storage of low temperature materials such as LNG, LPG and frozen food in openings excavated in rock mountains. In this case, as the rock mass around the openings will receive thermal hysteresis of low temperatures, it is necessary to obtain strength and deformation characterestics of rocks undergoing thermal hysteresis of low temperature to consider the thermal behavior of rock mass around openings and the stability of openings. In this study, strength and deformation characteristics of some types of rocks were examined after undergoing thermal hysteresis of low temperatures. Using the results of the experiments, temperature and stress distribution around openings were analyzed. From the results of analysis, it was found that in the case of undergoing thermal hysteresis, crack length and freezing zone are about same as in the case of not undergoing thermal hysteresis.
  • 低温の熱履歴を受ける岩盤内空洞の熱的挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 田淵徹, 愛媛大学工学部紀要, 18,   1999年02月
  • 熱水を貯蔵した岩盤内空洞の変形特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 篠原淳一, 佐藤善政, 愛媛大学工学部紀要, 18,   1999年02月
  • 高温の履歴を受けた岩石の力学的特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 高田元夫, 山田公雄, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 29th,   1999年01月28日
  • 熱水の影響を受ける空洞周辺岩盤の熱的挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 4,   1999年01月10日
  • 油圧式岩盤破砕機
    稲田善紀, 木下尚樹, STEPねっとわーく, 5, (1) 20 - 21,   1999年01月
  • Thermal Characteristics of Recycled-glass Concrete
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Genta Tanaka & Seigo Matsushita, MMIJProc. of Fifth Int. Symp. on East Asian Recycling Technology,   1999年
  • Thermal behavior of rock mass around openings affected by thermal hysteresis of high temperatures
    Y. Inada, N. Kinoshita & T. Kawaguchi, Proc.of the 8th Int.Symp.on Mine Planning & Equipment Selection & Int.Symp.on Mine Environmental & Economical Issues(NMUU),   1999年
  • A few remarks on thermal behavior of rock mass around openings due to storage of heated water
    Yoshinori INADA & Naoki KINOSHITA, The West Japan Rock Eng. SocietyProc. of the'99 Japan-Korea Joint Symp. on Rock Eng.,   1999年
  • Fracture of rock mass using a trial hydraulic rock fracture machine
    Y. Inada, N. Kinoshita, T. Kawaguchi & M. Okamoto, A.A.BalkemaProc. of 5th Int.Symp.of Field Measurements in Geomechanics,   1999年
  • Thermal behavior of rock mass around openings subjected to thermal hysteresis due to storage of low temperature materials
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Yuichi Kohmura & Motoo Takata, Oxford & IBH PublishingProc. of Int.Conf.on Rock Eng.Thec. for Site Characterization,   1999年
  • 高温の温度履歴を受ける岩盤内空洞の問題点と対策に関する研究
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 愛媛大学工学部紀要, 17,   1998年02月
  • 低温下および高温下における造景岩の強度・変形特性および熱物性に関する研究
    稲田善紀, 木下尚樹, 中戸和正, 愛媛大学工学部紀要, 17,   1998年02月
  • 高温の温度履歴を受ける岩盤内空洞に関する一二の考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 成行惇, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 3,   1998年01月
  • 高温および低温の影響を受ける空洞周辺岩盤の熱的挙動
    稲田善紀,木下尚樹,上田貴夫,甲村雄一,松本喬, 第10回岩の力学国内シンポジウム講演論文集,   1998年
  • 岩盤破砕時の空孔の効果に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 野原浩一, 愛媛大学工学部紀要, 16,   1997年02月
  • 低温の影響を受ける岩盤内空洞の問題点と対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 西岡哲, 越智健三, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 2,   1997年01月
  • Affect of thermal hysteresis on rock mass around openings for storage of heated water
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Takao Ueda & Kimio Yamada, A. A. BalkemaProceeding of the International Symposium on Rock Stress,   1997年
  • Effect of thermal hysteresis on rock mass around openings for storage of low temperature materials
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Takahumi Shimogochi, Yuichi Kohmura & Takashi Matsuo, A. A. BalkemaProceeding of the 1st Asian Rock Mechanics Symposium,   1997年
  • A few remarks on underground openings affected by heated water
    Yoshinori INADA, Naoki KINOSHITA, Nobuyuki MATSUSHIMA & Takashi KAWAGUCHI, Proceeding of China-Japan Joint Symposium on Development of Theory & Practice in Geotechnology,   1997年
  • Countermeasures for some problems related to underground storage of low temperature materials
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Tetsu Nishioka & Kenzo Ochi, A. A. BalkemaProceeding of the 9th International Conference on Computer Methods and Advances in Geomechanics, 2,   1997年
  • 高温の温度履歴を受けた岩石の強度・変形特性
    稲田善紀,木下尚樹,山田公雄, 土木学会 岩盤力学委員会第28回岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集,   1997年
  • 高温および低温の影響を受ける岩盤空洞への断熱材の適用について
    稲田善紀, 木下尚樹, 愛媛大学工学部紀要, 15,   1996年02月
  • 低温物質貯蔵時の空洞周辺岩盤の熱的挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 関正造, 松尾暁, 愛媛大学工学部紀要, 15,   1996年02月
  • 高温の影響を受ける空洞周辺岩盤の熱応力軽減および熱水の保温性について
    稲田善紀, 木下尚樹, 上田貴夫, 菊地慎二, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 27th,   1996年02月
  • Effect of adabatical material on thermal stress reduction around openings due to heated water storage
    Y. Inada, N. Kinoshita, T. Ueda, K. Ochi, Proc. of The Korea-Japan Joint Symp. on Rock Eng.,   1996年
  • 低温物質貯蔵時の空洞周辺岩盤の挙動および熱応力軽減対策について
    稲田善紀, 木下尚樹, 関正造, 地下空間シンポジウム論文・報告集, 1,   1995年12月
  • 岩盤破砕機を用いた施工に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 上原健, 川口隆, 愛媛大学工学部紀要, 14,   1995年02月
  • 断熱材を用いた場合の空洞周辺岩盤の熱応力軽減に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 関正造, 菊池慎二, 岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集, 26th,   1995年01月
  • Thermal behavior of rock mass around openings affected by low temperature
    YOSHINORI INADA, NAOKI KINOSHITA & SHOZO SEKI, A. A. BalkemaProc. of the 8th Int. Cong. of Rock Mech.,   1995年
  • 油圧式岩盤破砕機の破砕効果について
    稲田善紀,木下尚樹,上原健,新田稔,武石文暢, 西日本岩盤工学研究会第15回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,   1994年
  • Storage of heated water in openings excavated in rock mass in mountain
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Hidehiko Nakasaki & Takao Ueda, A. A. BalkemaProc. of the 7th Int. Conf. on Computer Methods and Advances in Geomechanics,   1991年
  • 熱水貯蔵時の空洞周辺岩盤の透水性
    稲田善紀, 木下尚樹, 愛媛大学工学部紀要, 12, (1) 243 - 251,   1990年02月
  • Heated water storage in underground openings
    Yoshinori Inada, Naoki Kinoshita, Hidehiko Nakazaki & Takao Ueda, A. A. BalkemaProc. 6th Int. Cong. IAEG,   1990年
  • 熱水の岩盤内多設空洞貯蔵
    稲田善紀, 木下尚樹, 中崎英彦, 上田貴夫, 地下空間利用シンポジウム, 1989,   1989年11月
  • 高温・高圧および異方性が岩石の透水性に及ぼす影響
    稲田善紀,木下尚樹,中崎英彦,上田貴夫, 西日本岩盤工学研究会第10回西日本岩盤工学シンポジウム論文集,   1989年

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 温度・拘束圧制御下での岩石不連続面の変形挙動
    岡本哲徳,安原英明,木下尚樹, 平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,   2017年11月10日
  • 花崗岩を用いた透水実験と鉱物溶解機構の検討
    廣惠なつ美,安原英明,木下尚樹, 平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,   2017年11月10日
  • 天然ガスのハイドレート化貯蔵を想定した地下空洞の長期変形挙動評価
    孫源晙,安原英明,木下尚樹, 平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,   2017年11月10日
  • 亀裂発生・進展解析モデルを用いた地下岩盤の変形挙動予測
    津曲康輝,安原英明,木下尚樹, 平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,   2017年11月10日
  • Evolution of the shoreline at Rufisque from 1954 to 2006. A tool for understanding the impact of coastal protection structures on coastal erosion
    DIAGNE Guy M. N., H. Yasuhara, N. Kinoshita, 平成29年度地盤工学会四国支部技術研究発表会,   2017年11月10日
  • 花崗岩不連続面の透水特性と溶解機構の検討
    廣惠なつ美,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会 ,   2017年05月20日
  • 亀裂発生・進展解析モデルによる岩盤の性状変化シミュレーション
    津曲康輝,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会,   2017年05月20日
  • Promoting of Aragonite and Its Effect on the Enzyme-Mediated Calcite Precipitation Technique
    Putra Heriansyah,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 拘束圧制御下での熱影響による岩石不連続面の変形挙動評価
    岡本哲徳,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 地下岩盤NGH 貯蔵を想定した解析モデルによる変形挙動評価
    孫源晙, 安原英明, 木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会,   2017年05月20日
  • Countermeasures for controlling coastal erosion: case study of Senegal
    GUY MARTIAL NGOR DIAGNE,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部 第23回技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 高温条件における不連続面変形挙動の評価
    岡本 哲徳, 安原 英明, 木下 尚樹, 地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会,   2016年11月
  • 圧力溶解を考慮した熱・水・応力・化学連成解析モデルの高度化と流体解析
    緒方奨, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会,   2016年11月
  • シェール層周辺環境を再現した泥岩き裂とプロパントの透水特性
    菅野巧, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成28年度技術研究発表会,   2016年11月
  • 岩盤の透水挙動評価を目的とした連成数値シミュレーション
    緒方奨, 安原英明, 木下尚樹, 日本材料学会学術講演会講演論文集,   2016年05月27日
  • 製紙スラッジ焼却灰の固化性能
    足立望美, 木下尚樹, 安原英明, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会,   2016年05月
  • Evaluation of Enzyme-Mediated Calcite Precipitation (EMCP) Technique by Substitution of Magnesium as a Soil Improvement Method
    Heriansyah P., H. Yasuhara, N. Kinoshita, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会,   2016年05月
  • 地下深部環境下における泥岩不連続面の変形・透水特性
    岡本 哲徳, 安原 英明, 木下 尚樹, 土木学会四国支部第22回技術研究発表会,   2016年05月
  • 強アルカリ水の影響を受けた花崗岩不連続面の組成分析
    前田健太,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成27年度技術研究発表会講演概要集,   2015年11月
  • 気液二相流解析による岩盤空洞周りのガス移行挙動評価
    石中亮,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成27年度技術研究発表会講演概要集,   2015年11月
  • 熱・水・応力・化学連成解析モデルによる岩盤の長期透水特性予測
    緒方奨,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成27年度技術研究発表会講演概要集,   2015年11月
  • プロパンと処理した岩石き裂の透水特性評価
    菅野巧,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成27年度技術研究発表会講演概要集,   2015年11月
  • PS灰を利用した地盤改良材の開発研究
    足立望美,木下尚樹,安原英明, 地盤工学会四国支部平成27年度技術研究発表会講演概要集,   2015年11月
  • 地化学作用を考慮した花崗岩不連続面の透水特性評価
    前田健太, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM),   2015年09月
  • 製紙スラッジ焼却灰利用による砂地盤の改良効果
    足立望美, 中田直樹, 木下尚樹, 安原英明, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM),   2015年09月
  • Precipitation of Phosphates and Carbonates to Improve Engineering Properties of Soil
    NEUPANE Debendra, YASUHARA Hideaki, KINOSHITA Naoki, PUTRA Heriansyah, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM),   2015年09月
  • プロパンと処理した岩盤亀裂の室内透水実験
    菅野巧,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • 気液二相流を考慮した岩盤空洞周りのガス移行解析
    石中亮,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • 熱・水・応力・化学連成解析モデルによる天然バリアの長期透水特性予測
    緒方奨,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • Utilization of mineralized phosphates and charbonates to enhance engineering properties of porpus materials
    D. Neupane, H. Yasuhara, N. Kinoshita, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • 高pH水を用いた花崗岩不連続面の透水実験
    前田健太,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • 製紙スラッジ焼却灰による砂地盤の改良
    足立望美,木下尚樹,安原英明, 土木学会四国支部第21回技術研究発表会講演概要集,   2015年05月
  • 足立望美,木下尚樹,安原英明
    PS灰造粒材料の耐久性と今後のPS灰の利用方法について, 地盤工学会四国支部平成26年度技術研究発表会講演概要集,   2014年11月
  • CCS鉱物トラップによる砂岩の力学・透水特性変化
    柏木亮太,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成26年度技術研究発表会講演概要集,   2014年11月
  • 強アルカリ溶液が花崗岩不連続面の透水特性に及ぼす影響
    前田健太,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成26年度技術研究発表会講演概要集,   2014年11月
  • CCSを模擬した鉱物トラップによるべレア砂岩の力学・透水特性評価
    柏木亮太,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集,   2014年05月
  • 高pH水が花崗岩不連続面の透水特性に及ぼす影響
    前田健太,安原英明,木下尚樹,川口 隆, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集,   2014年05月
  • PS灰造粒材料の耐久性と物質溶出による環境への影響
    足立望美,木下尚樹,安原英明,川口 隆, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集,   2014年05月
  • Relation between amount of presipitated calcite and strength of in-situ calcite cement sand
    D. Neupane, H. Yasuhara, N. Kinoshita, 土木学会四国支部第20回技術研究発表会講演概要集,   2014年05月
  • 花崗岩不連続面の変形挙動に与える熱・水・応力の影響
    﨑山久美子,木下尚樹,安原英明, 地盤工学会四国支部平成25年度技術研究発表会講演概要集,   2013年11月
  • 熱・水・応力履歴を受けた堆積岩の微視構造観察
    菊池紗帆,安原英明,木下尚樹, 地盤工学会四国支部平成25年度技術研究発表会講演概要集,   2013年11月
  • 光ファイバーを用いたグラウト充填率のセンサリング
    松浦二享,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集,   2013年05月
  • 鉱物トラップによるべレア砂岩の力学・透水特性変化
    柏木亮太,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集,   2013年05月
  • PS灰造粒材料の強度および物質溶出特性
    本田美紀,木下尚樹,安原英明,川口 隆, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集,   2013年05月
  • 力学―化学連成モデルによるベレア砂岩の透水挙動評価
    伊藤文,安原英明,木下尚樹, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集,   2013年05月
  • 岩石不連続面の透水挙動における力学・化学連成作用
    橋本克樹,柏木亮太,安原英明, 土木学会四国支部第19回技術研究発表会講演概要集,   2013年05月
  • 動的解析によるポケット式ロックネットの性能評価について
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材学会春季大会講演集,   2013年
  • 温度・鉱物溶解条件制御下の岩石不連続面の透水性
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材,   2012年
  • 等方圧保持・透水試験による堆積岩透水特性の経時評価
    安原英明, 高橋学, 木下尚樹, 中島伸一郎, 岸田潔, 地盤工学研究発表会発表講演集(CD-ROM),   2012年
  • 熱環境下における岩石不連続面の透水・力学特性実験
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材,   2011年09月26日
  • Pitzer式を考慮した力学‐化学連成数値モデルによる花崗岩不連続面の溶解機構の検討
    川下慧, 橋本克樹, 安原英明, 木下尚樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2011年08月05日
  • 製紙スラッジ灰造粒砂を用いたモルタルの乾燥収縮特性について
    松尾暁, 川口隆, 安原英明, 本田美紀, 木下尚樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2011年08月05日
  • 熱環境下における岩石不連続面の透水特性について
    木下尚樹, 安原英明, 川下慧, 資源・素材学会春季大会講演集,   2011年
  • 製紙スラッジ灰造粒砂を用いたプレキャスト型枠の開発について(その2)
    松尾暁, 木下尚樹, 川口隆, 氏家勲, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2010年08月05日
  • 樹皮舗装の配合の確立と舗装材としての性能評価
    大本奈美, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 花崗岩不連続面の開口幅変化に及ぼす熱・水・応力の影響
    米田昂史, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 活量を考慮した力学‐化学連成数値モデルによる花崗岩不連続面の透水・物質輸送解析
    安原英明, 木下尚樹, 西山曜平, 重永三郎, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 鉱物の溶解が花崗岩不連続面の透水特性に及ぼす影響について
    重永三郎, 安原英明, 木下尚樹, 西山曜平, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 花崗岩のフロースルー溶解試験―温度・pHの依存性評価
    喜多亮太, 川下慧, 安原英明, 木下尚樹, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • PS灰造粒砂を用いたモルタル製埋設型枠によるコンクリートの耐久性能向上
    青木勝哉, 安原英明, 木下尚樹, 川口隆, 松尾暁, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 生体触媒を利用した炭酸カルシウム析出砂における透水・物質輸送解析
    杉本知弘, 林和幸, 木下尚樹, 安原英明, 岡村未対, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2010年07月15日
  • 熱・水・応力・化学連成現象を考慮した岩盤不連続面の透水・物質輸送解析
    安原 英明, 木下 尚樹, 中島 伸一郎, 岸田 潔, 日本鉱物科学会年会講演要旨集,   2010年04月07日
  • 地表面付近の地下空間利用―熱水貯蔵システムなど―
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材学会春季大会講演集,   2010年03月30日
  • 製紙スラッジ灰造粒砂を用いたプレキャスト型枠の開発について
    松尾暁, 木下尚樹, 川口隆, 氏家勲, 田中基博, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2009年08月03日
  • 炭酸カルシウムの結晶析出実験による透水特性の評価
    杉本知弘, 林和幸, 木下尚樹, 安原英明, 岡村未対, 地盤工学研究発表会発表講演集,   2009年07月13日
  • 花崗岩不連続面の透水性と鉱物溶解機構
    重永三郎, 西山曜平, 安原英明, 木下尚樹, 日本材料学会学術講演会講演論文集,   2009年05月22日
  • 花崗岩不連続面の透水による鉱物溶解作用
    木下尚樹, 安原英明, 西山曜平, 重永三郎, 資源・素材学会春季大会講演集,   2009年03月26日
  • 熱・水・応力・化学連成現象を考慮した岩盤不連続面の透水・物質輸送解析
    安原 英明, 木下 尚樹, 中島 伸一郎, 岸田 潔, 日本鉱物科学会年会講演要旨集,   2009年, 放射性廃棄物や二酸化炭素等のエネルギー生成後の副産物を深地層下の岩盤内に隔離し,長期に渡りその性能を保証するためには,対象となる岩盤の水理学特性を詳細に把握することが必要不可欠である.特に,低透水性岩石を有する不連続性岩盤では,流体の流れは不連続面で支配的となるため,不連続面内の流体の流動特性を時間的かつ空間的に把握することは非常に重要となる.本研究では,作用応力・温度に依存する鉱物の溶解現象を記述するモデルを用いて,ノバキュライトおよび花崗岩の不連続面透水性の経時変化を定量的に評価した.また,拘束圧・温度を制御した花崗岩不連続面の透水試験結果と比較することにより,モデルの有用性を検討した.
  • 高温下における花崗岩不連続面の透水性に関する実験的検討
    木下尚樹, 安原英明, 資源・素材,   2008年
  • 熱水環境下における各種岩石の透水特性の経時変化
    安原英明, 木下尚樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2007年09月01日
  • 熱水貯蔵システムにおける岩盤空洞の挙動について
    木下尚樹, 安原英明, 友永翔太, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2007年09月01日
  • 高温下における岩石の一軸圧縮クリープ特性
    木下尚樹, 稲田善紀, 資源・素材学会春季大会講演集,   2005年03月28日
  • 空洞内の熱水が周辺岩盤の温度分布および挙動に及ぼす影響
    木下尚樹, 稲田善紀, 資源・素材学会春季大会講演集,   2004年03月29日
  • 廃ガラスのコンクリート代替骨材としての適用性
    川口隆, 稲田善紀, 木下尚樹, 宮本洋志, 仁井岡弘司, 資源・素材,   2003年09月22日
  • スライド式油圧岩盤破砕機の破砕性に関する一考察
    山内秀基, 稲田善紀, 木下尚樹, 渡辺広明, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2003年09月01日
  • 廃ガラスを用いた高分子系樹脂歩道舗装における試験・評価方法の提案
    川口隆, 稲田善紀, 木下尚樹, 玉井昭典, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2003年09月01日
  • 熱水貯蔵時の岩盤空洞周辺の温度分布について
    木下尚樹, 稲田善紀, 資源・素材学会春季大会講演集,   2003年03月27日
  • 熱水の岩盤内貯蔵における空洞周辺の温度分布に関する考察
    木下尚樹, 稲田善紀, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2002年09月01日
  • 低温の影響を受けた岩石の引張応力下での力学特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材学会春季大会講演集,   2002年03月28日
  • 低温下における岩石の一軸引張試験と結果を用いた挙動解析
    稲田善紀, 木下尚樹, 伊与田亮, 山田公雄, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   2001年09月01日
  • 低温下・引張応力状態での岩石の強度・変形特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材学会春季大会講演集,   2001年03月29日
  • 熱水の岩盤内貯蔵における岩盤の挙動について
    稲田善紀, 木下尚樹, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   2000年08月31日
  • 高温の履歴を受ける岩盤内空洞の安定性について
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材学会春季大会講演集,   2000年03月29日
  • 温度履歴を受ける岩石の強度・変形特性について
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材,   1999年11月01日
  • 高温の熱履歴を受ける空洞周辺岩盤の安定性
    稲田善紀, 木下尚樹, 宮本賢人, 山田公雄, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1999年08月01日
  • 廃ガラス混入コンクリートの耐久性
    稲田善紀, 木下尚樹, 田中源太, 松下誠幸, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部,   1999年08月01日
  • 石炭灰を用いた断熱材の開発について
    稲田善紀, 木下尚樹, 池内寛叙, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第7部,   1999年08月01日
  • 極低温の熱履歴が岩盤内空洞の挙動に及ぼす影響
    稲田善紀, 木下尚樹, 伊与田亮, 山田公雄, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1999年05月22日
  • 環境に配慮した建設材料としての岩石に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 長井淳, 山下祐二, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1999年05月22日
  • 高温・低温の履歴を受ける空洞周辺岩盤の挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 甲村雄一, 今村公三, 資源・素材学会春季大会講演集,   1999年03月29日
  • 高温の温度履歴が岩石の強度・変形特性に及ぼす影響
    稲田 善紀, 木下 尚樹, 松嶋 信行, 一般発表(研究・業績発表)講演要旨集,   1999年03月25日
  • 高温・低音の履歴を受ける空洞周辺岩盤の挙動
    稲田 善紀, 木下 尚樹, 甲村 雄一, 今村 公三, 一般発表(研究・業績発表)講演要旨集,   1999年03月
  • 熱水貯蔵時の岩盤内空洞の挙動
    稲田善紀, 木下尚樹, 篠原淳一, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1998年10月
  • 低温の影響を繰り返し受ける岩石の強度・変形特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 田淵徹, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1998年10月
  • 種々の岩盤内に熱水を貯蔵した場合の岩盤の熱的挙動について
    稲田善紀, 木下尚樹, 篠原淳一, 佐藤善政, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1998年05月
  • 石炭灰を用いた断熱材の熱物性について
    稲田善紀, 木下尚樹, 池内寛叙, 国久清司, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1998年05月
  • 廃棄ガラスを利用した新建材の熱的特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 田中源太, 松下誠幸, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1998年05月
  • 高温の熱履歴を受ける空洞周辺岩盤の安定性
    稲田善紀, 木下尚樹, 宮本賢人, 山田公雄, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1998年05月
  • 熱水貯蔵時の空洞周辺岩盤の挙動について
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材学会春季大会講演集,   1998年03月
  • 不連続面をもつ地山岩盤内空洞への高温・低温物質貯蔵に関する問題点と対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 資源・素材,   1997年09月23日
  • 高温の影響を受ける岩盤内空洞の問題点と対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1997年09月
  • 低温の影響を受ける岩盤空洞へのウレタン樹脂の適応性
    稲田善紀, 木下尚樹, 松尾暁, 西岡哲, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1997年09月
  • 低温の熱履歴が岩石の強度・変形特性に及ぼす影響
    稲田善紀, 木下尚樹, 松尾暁, 田淵徹, 山田公雄, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1997年05月
  • 高温下における岩石のせん断強度特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 篠原淳一, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1997年05月
  • 高温の温度履歴が岩石の強度・変形特性に及ぼす影響
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 資源・素材学会研究・業績発表講演会講演要旨集,   1997年03月
  • 低温物質の岩盤内貯蔵における一二の問題点と対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 西岡哲, 越智健三, 資源・素材,   1996年10月21日
  • 低温物質地山岩盤内空洞貯蔵時の液・冷気漏出および熱応力軽減対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 松尾暁, 松嶋信行, 越智健三, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1996年09月
  • 熱水貯蔵時の漏出防止および熱応力軽減対策
    稲田善紀, 木下尚樹, 松嶋信行, 松下範徳, 山田公雄, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1996年05月
  • 低温下における泥岩のせん断強度特性
    稲田善紀, 木下尚樹, 松尾暁, 中戸和正, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1996年05月
  • 熱水貯蔵時の断熱材による熱応力軽減の効果
    稲田善紀, 木下尚樹, 高田元夫, 肖俊, 資源・素材学会研究・業績発表講演会講演要旨集,   1996年03月
  • 低温物質貯蔵時の断熱材による熱応力軽減の効果
    稲田善紀, 木下尚樹, 関正造, 兵頭学, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1995年09月
  • 熱水貯蔵時の岩盤空洞への断熱材の適用について
    稲田善紀, 木下尚樹, 上田貴夫, 甲村雄一, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1995年09月
  • 空孔が岩盤の破砕性に及ぼす影響
    稲田善紀, 木下尚樹, 上原健, 野原浩一, 新田稔, 長野正幸, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1995年05月
  • 低温の影響を受けた地山岩盤内空洞の熱変形
    稲田善紀, 木下尚樹, 関正造, 松尾暁, 土木学会四国支部技術研究発表会講演概要集,   1995年05月
  • 熱水の岩盤内空洞貯蔵時の漏出防止対策としての高分子系材料適用に関する一考察
    稲田善紀, 木下尚樹, 肖俊, 上田貴夫, 甲村雄一, 資源・素材学会研究・業績発表講演会講演要旨集,   1995年03月28日
  • 地盤支持によるURT工法を用いた線路下掘削 (2) 計測結果と解析
    前田宜信, 重光達, 木下尚樹, 杉木孝行, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第6部,   1994年09月
  • 高温・高圧下における岩盤の挙動および透水性
    稲田善紀, 木下尚樹, 中崎英彦, 上田貴夫, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1990年09月
  • 熱水の影響を受けた空洞周辺岩盤の透水性
    稲田善紀, 木下尚樹, 藤田元, 越田吉政, 土木学会中国四国支部研究発表会講演概要集,   1990年
  • 高温・高圧下における岩石の透水性
    稲田善紀, 木下尚樹, 沖原直生, 中崎英彦, 上田貴夫, 土木学会中国四国支部研究発表会講演概要集,   1989年
  • 熱水の貯蔵により影響を受けた空洞の安定性
    稲田善紀, 真鍋孝信, 木下尚樹, 徳田勝信, 土木学会年次学術講演会講演概要集 第3部,   1988年10月

特許

  • 意匠性コンクリートパネル, 木下 尚樹, 川口 隆, 三好 正忠, 松尾 暁, 特願2009-189607, 特開2011-042924

受賞

  •   2016年06月, 岩の力学連合会, 平成27年度岩の力学連合会論文賞
  •   2016年01月, 土木学会岩盤力学委員会, 第44回岩盤力学に関するシンポジウム 優秀ポスター賞
  •   2009年, 平成20年度岩の力学連合会論文賞
  •   2009年, 土木学会第38回岩盤力学に関するシンポジウム 優秀ポスター賞
  •   2007年, 土木学会第36回岩盤力学に関するシンポジウム 優秀講演論文賞


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.