研究者総覧

松本 長彦 (マツモト オサヒコ)

  • 法文学部 人文社会学科(人文学) 教授
Last Updated :2020/09/16

研究者情報

学位

  • 文学修士(広島大学)

J-Global ID

研究キーワード

  • 認識論   自己意識   超越論的哲学   カント哲学   Immanuel Kant   

研究分野

  • 人文・社会 / 哲学、倫理学 / ヨーロッパ近代哲学

経歴

  • 2015年04月 - 現在  愛媛大学法文学部教授
  • 2012年04月 - 2015年03月  愛媛大学理事・副学長(教育担当)
  • 2008年04月 - 2012年03月  愛媛大学共通教育センター長
  • 2008年04月 - 2012年03月  愛媛大学学長特別補佐(教育担当)
  • 2000年04月 - 2012年03月  愛媛大学法文学部教授
  • 2007年04月 - 2008年03月  愛媛大学アドミッションセンター長
  • 1990年04月 - 2000年03月  愛媛大学法文学部助教授
  • 1987年10月 - 1990年03月  広島大学文学部助手

学歴

  • 1984年04月 - 1987年03月   広島大学   大学院文学研究科博士課程後期   西洋哲学専攻
  • 1982年04月 - 1984年03月   広島大学   大学院文学研究科博士課程前期   西洋哲学専攻
  • 1981年04月 - 1982年03月   愛媛大学   法文学専攻科   文学専攻哲学コース
  • 1976年04月 - 1981年03月   愛媛大学   法文学部   文学科哲学専攻

所属学協会

  • 愛媛大学人文学会   日本フィヒテ協会   日本カント協会   関西哲学会   広島哲学会   日本哲学会   The Society of Letters and Human Sciences Ehime University   J. G. Fichte Association of Japan   Kant Association of Japan   Kansai Philosophical Association   Hiroshima Philosophical Society   

研究活動情報

論文

  • カント「美的判断力の批判」の一考察(三)
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学編 47 1 - 23 2019年09月
  • カントの理論哲学に於ける超越論的理念について
    松本 長彦
    日本カント研究 20 57 - 66 2019年 [招待有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 大学制度とニヒリズム
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学編 44 33 - 47 2018年02月
  • カント「美的判断力の批判」の一考察(二)
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学編 43 1 - 19 2017年09月
  • カント「美的判断力の批判」の一考察(一)
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学編 41 1 - 12 2016年09月
  • カントの大学論の一考察-学問の自由を実現する組織としての哲学部-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 39 1 - 20 2015年09月
  • 真理認識の能力としての悟性-『純粋理性批判』「超越論的論理学」序論の一考察-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 32 39 - 62 2012年02月
  • 心と身体-ヨーロッパ哲学に於ける心身二元論の考察-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 30 103 - 120 2011年02月
  • カント批判哲学に於ける構想力概念の成立(下)
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集人文学科編 27 27 - 43 2009年09月
  • カント批判哲学に於ける構想力概念の成立(上)
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集人文学科編 25 89 - 103 2008年09月
  • 人間存在と表象
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 23 95 - 111 2007年09月
  • 思考法のコペルニクス的転回-カントに於ける超越論的認識の一考察-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集人文学科編 22 31 - 50 2007年03月
  • 私はつねに考えているのか?-意識と経験を巡るデカルトとロックの対立-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集人文学科編 17 101 - 117 2004年09月
  • カントに於ける物それ自体の現存在について
    松本 長彦
    愛媛大学人文学会人文学論叢 4 105 - 116 2002年12月
  • カントに於ける自己認識の問題
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集人文学科編 12 123 - 146 2002年02月
  • 宗教と倫理-一試論-
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集 人文学科編 7 37 - 56 1999年09月
  • 意識と存在-≪デカルトの循環≫をめぐって-
    松本 長彦
    愛媛大学人文学会創立二十周年記念論集 1 - 18 1996年12月
  • フィヒテの大学論
    松本 長彦
    理想社理想 655 54 - 65 1995年05月 [招待有り]
  • カントに於ける質料的観念論の論駁
    松本 長彦
    広島哲学会哲學 45 11 - 25 1993年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • デカルトに於けるコギトと真理
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集文学科編 25 129 - 153 1992年11月
  • カントに於ける自己意識の超越論的構造
    松本 長彦
    愛媛大学法文学部論集文学科編 24 71 - 94 1991年11月
  • 統覚と自己意識
    松本 長彦
    愛媛大学人文学会創立十五周年記念論集 47 - 62 1991年09月
  • 実在性と真理-カントの真理論研究(4)-
    松本 長彦
    広島大学文学部哲学研究室シンポジオン 35 41 - 55 1990年03月
  • 認識の客観的妥当性-カントの真理論研究(3)-
    松本 長彦
    広島大学文学部紀要 49 20 - 38 1990年03月
  • 認識の客観的実在性-カントの真理論研究(2)-
    松本 長彦
    広島哲学会哲學 41 101 - 114 1989年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • 超越論的真理について-カントの真理論研究(1)-
    松本 長彦
    広島大学文学部紀要 48 42 - 61 1989年01月
  • カントに於ける内的触発について-『純粋理性批判』§24の一考察-
    松本 長彦
    広島哲学会哲學 39 30 - 44 1987年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • カントに於ける触発と物自体
    松本 長彦
    広島大学文学部哲学研究室シンポジオン 32 71 - 82 1987年03月
  • カントにおける綜合と統一-超越論的綜合の構造について-
    松本 長彦
    広島哲学会哲學 38 211 - 225 1986年10月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • カントに於ける触発の問題
    松本 長彦
    広島大学文学部哲学研究室シンポジオン 31 70 - 84 1986年03月
  • カントに於ける「構想力」について
    松本 長彦
    広島大学文学部哲学研究室シンポジオン 30 57 - 70 1985年03月

書籍

  • ドイツ応用倫理学の現在
    ルートヴィッヒ・ジープ (担当:共訳, 範囲:倫理学と人間学)
    ナカニシヤ出版 2002年03月 ISBN: 9784888486774 384 58-83, 295-299
  • 現象学の根本諸問題(ハイデッガー全集第24巻)
    マルティン・ハイデッガー (担当:共訳, 範囲:すべて)
    創文社 2001年02月 ISBN: 4423196344 i-x, 489, 1-29 485-489を除くすべて
  • 伝統・逸脱・創造 人文科学への招待
    愛媛大学人文 (担当:分担執筆, 範囲:伝統と創造-哲学的解釈学の視点から-)
    清文堂 1999年07月 ISBN: 479241346X 397 33-53
  • Tradition -Deviation-Crention-Invitation to the Humanities
    Seibundo 1999年
  • フィヒテ全集第22巻 教育論・大学論・学者論
    ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ (担当:共訳, 範囲:ベルリンに設立予定の高等教育施設の演繹的プラン, 大学自由の唯一可能な阻害要因について)
    晢書房 1998年10月 ISBN: 4915922510 582 205-330, 403-435, 534-536, 542, 569-573, 580-582
  • 知のアンソロジー-ドイツ的知の位相-
    隈元忠敬 (担当:分担執筆, 範囲:第Ⅱ部 カントの哲学 第5章 経験と自己意識-カント超越論的哲学の一考察-)
    ナカニシヤ出版 1996年04月 98-115
  • Anthology of Knowledge-Aspects of German Wisdom
    Nakanishiya Publishing Co, Ltd. 1996年
  • 根拠への営み-哲学入門-
    小川吉昭, 小野滋男, 片桐茂博, 阿部典子, 松本長彦 (担当:共著, 範囲:第4章第3節現象学)
    北樹出版 1988年04月 ISBN: 4893840754 214 168-182
  • Inquiry into the Ground-An Introduction to Philosophy-
    Hokuju Shuppan 1988年
  • 哲学名著解題
    隈元忠敬, 西川亮 (担当:分担執筆, 範囲:Ⅲ「近世哲学」のベーコン『ノヴム・オルガヌム』及びマルクス『ドイツ・イデオロギー』の項目)
    協同出版 1986年 70-73, 148-149

講演・口頭発表等

  • カントの理論哲学に於ける超越論的理念について  [招待講演]
    松本 長彦
    日本カント協会第43回学会シンポジウム「カントと理念の問題」 2018年11月 シンポジウム・ワークショップパネル(指名)
  • 宗教と倫理  [招待講演]
    松本 長彦
    高知県高等学校教育研究会公民科倫理部会平成七年度研究会 1995年12月 公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

MISC

  • 「愛媛大学学生として期待される能力 ~愛大学生コンピテンシー~」を解説する(試論)
    松本 長彦 大学教育実践ジャーナル 記事・総説・解説・論説等(大学・研究所紀要) (11) 1 -10 2013年03月
  • Mind and Body -A Study on Mind-Body Dualism in European Philosophy-
    The Faculty of Law and Letters, Ehime UniversityThe Bulletin of the Faculty of Law and Letters, Humanities (30) 103 -120 2011年
  • Human Being and Representation
    (23) 95 -111 2007年
  • The Copernican Revolution in the Way of Thinking - An Essay concerning the Transcendental Cognition in Kant -
    The Faculty of Law and Letters, Ehime UniversityThe Bulletin of the Faculty of Law and Letters, Humanities (22) 31 -50 2007年
  • Do I think always? -Descartes vs. Locke, On Consciousness and Experoence-
    Ehime University, Faculty of Law and LettersThe Bulletin of the Faculty of Law and Letters, Humanities, Ehime University (17) 101 -117 2004年
  • On the Existence of Things in themselves in Kant
    The Society of Letters and Human Sciences Ehime UniversityJINBUNGAKU RONSOO(Journal of the Society of Letters and Human Sciences Ehime University) (4) 105 -116 2002年
  • On Selfcognition in Kant
    Ehime University, Faculty of Law and LettersThe Bulletin of the Faculty of Law and Letters, Humanities, Ehime University (12) 123 -146 2002年
  • An Essay concerning Religion and Ethics
    Ehime University, Faculty of Law and LettersThe Bulletin of the Faculty of Law and Letters, Humanities, Ehime University (7) 37 -56 1999年
  • Consciousness and Being -Concerning ≪Cartesian Circle≫-
    The Society of Letters and Human Sciences Ehime UniversityCollected Papers in Commemoration of the Twentieth Anniversary of the Society of Letters and Human Sciences Ehime University 1 -18 1996年
  • J. G. Fichte's Plan of the University
    RisoshaRISO (655) 54 -65 1995年
  • Kant's Refutation of material Idealism
    Hiroshima Philosophical SocietyTETSUGAKU, The Journal of Hiroshima Philosophical Society (45) 11 -25 1993年
  • Cogito and Truth in Descartes
    Ehime University, Faculty of Law and LiteratureThe Bulletin of the Faculty of Law and Literature, Literature, Ehime University (25) 129 -153 1992年
  • The Transcendental Structure of Selfconsciousness in Kant
    Ehime University, Faculty of Law and LiteratureThe Bulletin of the Faculty of Law and Literature, Literature, Ehime University 24 1991年
  • Apperception and Selfconsciousness
    The Society of Letters and Human Sciences Ehime UniversityCollected Essays in Commemoration of the Fifteenth Anniversary of The Society of Letters and Human Sciences Ehime University 47 -62 1991年
  • Reality and Truth-Studies in Kant's Theory of Truth(4)-
    Hiroshima University, Faculty of Letters, Senimar of PhilosophySYMPOSION (35) 41 -55 1990年
  • Objective Validity of Knowledge-Studies in Kant's Theory of Truth(3)-
    Hiroshima University, Faculty of LettersHiroshima University Studies, Faculty of Letters 49 20 -38 1990年
  • Objective Reality of Knowledge-Studies in Kant's Theory of Truth(2)-
    Hiroshima Philosophical SocietyTETSUGAKU, The Journal of Hiroshima Philosophical Society (41) 101 -114 1989年
  • On the Transcendental Truth-Studies in Kant's Theory of Truth(1)-
    Hiroshima University, Faculty of LettersHiroshima University Studies, Faculty of Letters (48) 42 -61 1989年
  • Affection and Things in themselves in Kant
    Hiroshima University, Faculty of Letters, Seminar of PhilosophySYMPOSION (32) 71 -82 1987年
  • On the inner Affection in Kant-A Study in §24 of "Critique of Pure Reason"-
    Hiroshima Philosophical SocietyTETSUGAKU, The Journal of Hiroshima Philosophical Society (39) 30 -44 1987年
  • Synthesis and Unity in Kant-On the Structure of Transcendental Synthesis-
    Hiroshima Philosophical SocietyTETSUGAKU, The Journal of Hiroshima Philosophical Society (38) 211 -225 1986年
  • On Kant's "Imagination"
    Hiroshima University, Faculty of Letters, Seminar of PhilosophySYMPOSION (30) 57 -70 1985年

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • 表象概念の哲学的研究
    研究期間 : 2004年
  • A philosophical Study of Representation
    研究期間 : 2004年
  • 自己意識の哲学的研究
    研究期間 : 1990年
  • A philosophical Study of Selfconsciousness
    研究期間 : 1990年
  • カントの超越論的哲学の研究
    研究期間 : 1984年
  • A Study of Immanuel Kant's Transcendental Philosophy
    研究期間 : 1984年

委員歴

  • 2017年05月 - 現在   愛媛大学人文学会   会長
  • 1990年04月 - 現在   愛媛大学人文学会   委員   愛媛大学人文学会
  • 2009年06月 - 2011年05月   日本哲学会   委員   日本哲学会
  • 1987年10月 - 1990年03月   広島哲学会   庶務委員   広島哲学会
  • 1987年10月 - 1989年09月   日本フィヒテ協会   幹事   日本フィヒテ協会

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーA
  • 2019, 前期, 学部, 新入生セミナーB
  • 2019, 前期, 学部, 文化共生論
  • 2019, 前期, 学部, 文化共生論
  • 2019, 前期, 学部, 倫理思想史演習B
  • 2019, 前期, 学部, 哲学
  • 2019, 前期, 学部, 哲学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 哲学思想史専門演習
  • 2019, 前期, 学部, 哲学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 哲学概論Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 哲学概説
  • 2019, 前期, 学部, 哲学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 哲学思想史専門演習
  • 2019, 前期, 学部, 哲学基礎演習Ⅰ
  • 2019, 前期, 修士, 思想文化論課題研究


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.