研究者データベース

熊谷 隆至クマガイ タカシ

所属部署名教育学部 理科教育
職名教授
Last Updated :2019/07/17

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    熊谷 隆至
  • 氏名(カナ)

    クマガイ タカシ

所属

所属・職名

  • 部署

    教育学部
  • 職名

    教授

学歴等

学位

  • 理学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 日本化学会
  • 日本農芸化学会
  • 有機合成化学協会

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • ジシクロペンタジエン
  • 化学教育

著書・発表論文等

論文

講演・口頭発表等

MISC

  • 理想気体の状態方程式を用いた分子量測定に関する一考察, 熊谷隆至, 三浦孝之, 愛媛大学教育学部紀要(Web), 65, 151‐157 (WEB ONLY), 2018年, 2423-8589, http://jglobal.jst.go.jp/public/201802231430953774
  • 高校化学実験における一考察, 熊谷隆至, 三浦孝之, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.1PB‐005, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242174157059
  • 愛媛県高等学校における化学実験と教科書実験の比較, 熊谷隆至, 神森貴文, 愛媛大学教育学部紀要(Web), 63, 219‐225 (WEB ONLY), 2016年, 2423-8589, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702262927876556
  • 大学院生によるセントラルドグマに関する教材開発とその実践, 神森貴文, 橋本愛, 風呂圭祐, 和田敬行, 向平和, 隅田学, 中本剛, 大橋淳史, 熊谷隆至, 日詰雅博, 中村依子, 佐野栄, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 33, 21, 33, 2015年07月, 1347-3999, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502214178392271
  • 愛媛県高等学校における化学教育の現状, 神森貴文, 熊谷隆至, 日本化学会講演予稿集, 95th, 2, 517, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/public/201502295129928734
  • 準正課活動による観察・実験の指導力向上の試み, 向平和, 隅田学, 中本剛, 熊谷隆至, 大橋淳史, 日詰雅博, 中村依子, 佐野栄, 日本科学教育学会年会論文集(CD-ROM), 39th, 334‐335, 2015年, 2186-3628, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602245889963288
  • 準正課活動による観察・実験の指導力向上の試み, 向 平和, 隅田 学, 中本 剛, 熊谷 隆至, 大橋 淳史, 日詰 雅博, 中村 依子, 佐野 栄, 日本科学教育学会年会論文集, 一般社団法人 日本科学教育学会, 日本科学教育学会年会論文集, 39, 0, 334, 335, 2015年, 2186-3628, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007430371,

    本研究では愛媛大学教育学部理科教育講座で実践している「理科観察実験体験プログラム」で実施している質問紙を分析し,学生の観察・実験の指導力向上について考察した。その結果,観察・実験の指導力向上には観察・実験の指導に対する省察が重要であること,一度の実践では指導力育成には不十分であることが明らかとなった。また,観察・実験に関する知識理解と指導のスキルを統合する機会が必要であることが示唆された。

  • 24J-704 凝固の過程に着目した状態変化の指導法II(化学教材・教育法,一般研究発表(口頭発表)), 津田 謙太郎, 向 平和, 隅田 学, 熊谷 隆至, 日本理科教育学会全国大会要項, 日本理科教育学会, 日本理科教育学会全国大会要項, 64, 2014年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009898544
  • 次世代を担う理工系教員の養成・研修プログラムの開発 : 教育委員会と連携した養成と研修の連接に関する研究, 向 平和, 吉村 直道, 大西 義浩, 隅田 学, 中本 剛, 大橋 淳史, 熊谷 隆至, 日詰 雅博, 中村 依子, 日本教育大学協会研究年報, 日本教育大学協会第二常置委員会, 日本教育大学協会研究年報, 35, 241, 248, 2017年, 1881-7068, http://ci.nii.ac.jp/naid/40021180940
  • オープンソース統計解析システムを用いたアンケートの自動化, 富田 英司, 佐藤 栄作, 観音 幸雄, 熊谷 隆至, 藤原 誠, 鴛原 進, 田邉 隆, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 愛媛大学教育・学生支援機構, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 14, 35, 41, 2016年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006527163
  • 大学院生による「理科観察実験プログラム」における実践事例 2―ペルチェ素子を用いた霧箱に関する教材研究―, 佐伯友美, 関谷圭右, 竹本翔太, 津田謙太郎, 向平和, 隅田学, 中本剛, 大橋淳史, 熊谷隆至, 日詰雅博, 中村依子, 佐野栄, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 32, 41, 49, 2014年07月, 1347-3999, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402236790193151
  • 24J-503 エネルギーの量を実感できる教材の開発(物理教材・教育法,一般研究発表(口頭発表)), 清家 稔, 熊谷 隆至, 細田 宏樹, 日本理科教育学会全国大会要項, 日本理科教育学会, 日本理科教育学会全国大会要項, 64, 2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009898535
  • 観察・実験を指導できる教員の養成と現職教員への支援―第4回 理科教育シンポジウムの報告を中心に―, 向平和, 隅田学, 福山隆雄, 大橋淳史, 熊谷隆至, 日詰雅博, 家山博史, 佐野栄, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 31, 57, 64, 2013年07月, 1347-3999, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302257482886405
  • 簡易水蒸気蒸留装置を用いた匂い物質の分離, 熊谷隆至, 愛媛大学教育学部紀要(Web), 60, 167-173 (WEB ONLY), 2013年, 2423-8589, http://jglobal.jst.go.jp/public/201402248647961340
  • 愛媛大学教育学部における教員養成IRのデータベース運用, 原田 義明, 池田 あかり, 富田 英司, 吉村 直道, 田中 雅人, 山本 久雄, 熊谷 隆至, 山田 剛史, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 99, 104, 2012年10月, 1349-7243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006524989
  • 愛媛大学教育学部における教員養成IRのデータベース運用, 原田義明, 池田あかり, 富田英司, 吉村直道, 田中雅人, 山本久雄, 熊谷隆至, 山田剛史, 愛媛大学教育学部紀要(Web), 59, 99-104 (WEB ONLY), 2012年, 2423-8589, http://jglobal.jst.go.jp/public/201302220661368505
  • 探究型実験を通した生徒の科学的思考力を育成するための教材開発と授業実践, 福山 隆雄, 熊谷 隆至, 大橋 淳史, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 愛媛大学教育学部附属教育実践総合センター, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 29, 1, 6, 2011年, 13473999, http://ci.nii.ac.jp/naid/40018971174
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践(3)フィリピン教育実習に対する保護者の反応, 隅田 学, 深田 昭三, 菅谷 成子, 池野 修, 鴛原 進, 熊谷 隆至, 富田 英司, 藤田 昌子, 向 平和, 吉村 直道, アグカウィリ ザリナ バラキエル, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 愛媛大学教育・学生支援機構, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 12, 33, 39, 2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006526850
  • 芳香族カルボン酸のN,N-ジメチルアミド化における反応条件の検討, 熊谷 隆至, 瀬川 徹, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 191, 197, 2012年10月, 1349-7243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006525000
  • 1G1-D4 教員養成と教員研修をリンクした協同的な学びによる授業改善1 : 理科授業を理科教育研修会に結び付ける試み(科学教育人材養成(1),一般研究発表,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー), 渡邉 重義, 佐野 栄, 隅田 学, 熊谷 隆至, 家山 博史, 金子 省子, 日詰 雅博, 日本科学教育学会年会論文集, 一般社団法人 日本科学教育学会, 日本科学教育学会年会論文集, 32, 0, 81, 82, 2008年, 2186-3628, http://ci.nii.ac.jp/naid/130006740543, 理科の教員養成における授業改善を目的として,現職教員のための自主的研修会を開催し,その研修会と教員養成カリキュラムをリンクさせて,大学生と現職教員が協同的に学ぶ場をつくり,理科教育実践力の育成の効果をあげることを試みた。情報発信型,アシスト型,体験型など教員養成の授業とのリンクを工夫しながら,平成19年度は合計8回の理科教育研修会を開催し,延べ人数で111名の参加者があった。「理科教育実践研究1」では,授業の学習成果を理科教育研修会で情報発信したところ,学生の新たな課題発見につながる効果が得られた。
  • ジシクロペンタジエン誘導体の熱分解反応, 熊谷 隆至, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学, 愛媛大学教育学部紀要, 51, 1, 175, 179, 2004年10月, 03898539, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001048541
  • モレキュラーシーブを付加物として用いた(8-ジシクロペンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 崎本 麻美, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 54, 1, 141, 147, 2007年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006524603
  • アニメーション作成ソフトの化学教材への利用例, 熊谷 隆至, 青木 牧, 今宮 浩, 菅家 惇, 化学と教育, 社団法人日本化学会, 化学と教育, 39, 2, 2, 221, 1991年04月, 03862151, 10.20665/kakyoshi.39.2_220, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001827605
  • 乾燥剤を付加物として用いた(8-ジシクロぺンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 山本 千春, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 53, 1, 123, 129, 2006年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006524591
  • (8-ジシクロペンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 菊池 由未香, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 52, 1, 235, 240, 2005年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006524554
  • マイコンによるデータの補間およびグラフ表示, 菅家 惇, 熊谷 隆至, 大塚 真由美, 中矢 小夜, 化学と教育, 社団法人日本化学会, 化学と教育, 35, 6, 6, 577, 1987年12月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001827327
  • モノ置換エンド-ジシクロペンタジエン位置異性体のHPLCによる定量, 熊谷 隆至, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 12, 2, p1, 11, 1992年02月, 02850052, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006526000
  • モノ置換エンドージシクロペンタジエン位置異性体のHPLCによる定量, 熊谷 隆至, 愛媛大学教育学部紀要第(]G0003[)部自然科学, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 12, 2, 2, 11, 1992年02月, 02850052, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270476
  • 芳香族カルボン酸のN,N-ジメチルアミド化における反応条件の検討, 熊谷 隆至, 瀬川 徹, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 191, 197, 2012年10月, 1349-7243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005005451
  • イオンクロマトグラフィー簡易装置の製作とそのモデル実験およびFIA的利用, 菅家 惇, 熊谷 隆至, 武田 俊明, 河淵 計明, 化学と教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 34, 4, 4, 331, 1986年08月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001825200
  • マイコンを利用した電極電位の活用, 菅家 惇, 河淵 計明, 熊谷 隆至, 百合 美紀, 化学教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 33, 3, 256, 257, 1985年06月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001825134
  • 乾燥剤を付加物として用いた(8-ジシクロぺンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 山本 千春, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 53, 1, 123, 129, 2006年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003059379
  • 11D-102 観察・実験を指導できる小学校教員養成の試み3 : 2013年度「理科観察実験体験プログラム」の改善点を中心に(教員養成,一般研究発表(口頭発表)), 向 平和, 隅田 学, 熊谷 隆至, 大橋 淳史, 日詰 雅博, 中村 依子, 佐野 栄, 日本理科教育学会全国大会要項, 日本理科教育学会, 日本理科教育学会全国大会要項, 63, 2013年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009762330
  • マイコンの熱力学計算への利用, 菅家 惇, 河淵 計明, 熊谷 隆至, 百合 美紀, 化学教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 32, 6, 526, 527, 1984年12月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001823238
  • カリウム塩を用いる基礎的放射化学実験, 菅家 惇, 河淵 計明, 百合 美紀, 熊谷 隆至, 化学教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 31, 4, 296, 299, 1983年08月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001823046
  • 表計算ソフト(アシストカルク)の一般化学教育への利用(教育実践例), 菅家 惇, 熊谷 隆至, 河淵 計明, 化学と教育, 社団法人日本化学会, 化学と教育, 42, 12, 854, 855, 1994年12月, 03862151, 10.20665/kakyoshi.42.12_854, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001828645
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践(3)フィリピン教育実習に対する保護者の反応, 隅田 学, 深田 昭三, 菅谷 成子, 池野 修, 鴛原 進, 熊谷 隆至, 富田 英司, 藤田 昌子, 向 平和, 吉村 直道, アグカウィリ ザリナ バラキエル, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 愛媛大学教育・学生支援機構, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 12, 33, 39, 2014年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005442432
  • ガスセンサを用いる簡易ガス定量装置, 菅家 惇, 熊谷 隆至, 菅 昭彦, 河淵 計明, 化学教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 31, 2, 134, 135, 1983年04月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001823021
  • 1A-09 教員養成と教員研修をリンクした協同的な学びによる理科教育実践力育成の試み(教員養成,一般研究発表(口頭発表),日本理科教育学会第57回全国大会), 渡邉 重義, 隅田 学, 佐野 栄, 熊谷 隆至, 日詰 雅博, 日本理科教育学会全国大会要項, 日本理科教育学会, 日本理科教育学会全国大会要項, 57, 2007年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006476378
  • 1G1-D4 教員養成と教員研修をリンクした協同的な学びによる授業改善1 : 理科授業を理科教育研修会に結び付ける試み(科学教育人材養成(1),一般研究発表,転換期の科学教育:これからの科学的リテラシー), 渡邉 重義, 佐野 栄, 隅田 学, 熊谷 隆至, 家山 博史, 金子 省子, 日詰 雅博, 年会論文集, 一般社団法人日本科学教育学会, 年会論文集, 32, 81, 82, 2008年08月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007456026
  • 教員養成課程における教授学習観と教職動機づけの変化, 富田 英司, 吉村 直道, 山本 久雄, 田中 雅人, 原田 義明, 熊谷 隆至, 川岡 勉, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 愛媛大学教育・学生支援機構, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 11, 23, 27, 2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005270607
  • 愛媛大学教育学部における教員養成IRのデータベース運用, 原田 義明, 池田 あかり, 富田 英司, 吉村 直道, 田中 雅人, 山本 久雄, 熊谷 隆至, 山田 剛史, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 99, 104, 2012年10月, 1349-7243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005005440
  • 表計算ソフト (SC3) の化学計算への利用, 菅家 惇, 河淵 計明, 井居 さゆり, 熊谷 隆至, 化学教育, 社団法人日本化学会, 化学教育, 34, 6, 512, 513, 1986年12月, 03862151, http://ci.nii.ac.jp/naid/110001825239
  • アリルアセタ-トを有するゲラニオ-ル誘導体の2酸化セレンによる酸化反応, 熊谷 隆至, 田窪 和代子, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 7, p77, 87, 1987年02月, 02850052, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006526570
  • アリルアセタ-トを有するゲラニオ-ル誘導体の2酸化セレンによる酸化反応, 熊谷 隆至, 田窪 和代子, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要 第3部 自然科学, 7, p77, 87, 1987年02月, 02850052, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005327512
  • クスノキ精油の教材化-有機化合物の匂いの利用-, 別府 健二, 高岡 大輔, 熊谷 隆至, 化学と教育, 社団法人日本化学会, 化学と教育, 49, 49(5), 283, 285, 2001年05月, 03862151, 10.20665/kakyoshi.49.5_283, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008592228
  • 教科と教科教育の連携についての試行, 山崎 哲司, 渡邉 重義, 神垣 信生, 家山 博史, 目詰 雅博, 熊谷 隆至, 愛媛大学教育学部紀要 第Ⅰ部教育科学, 愛媛大学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 49, 49(1), 135, 147, 2002年09月, 03898539, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000045994
  • 中国と日本の中学生の理科の成績と理解の特徴, 隅田 学, 熊谷 隆至, 菊地 博明, 高橋 進, 小池 達士, 愛媛大学教育学部紀要第Ⅰ部教育科学, 愛媛大学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 50, 1, 93, 100, 2003年09月, 03898539, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000968612
  • 中国と日本の中学生における環境問題に対する意識, 隅田 学, 熊谷 隆至, 菊地 博明, 高橋 進, 小池 達士, 愛媛大学教育学部紀要第Ⅰ部教育科学, 愛媛大学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 50, 1, 101, 108, 2003年09月, 03898539, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000968613
  • アリルアセタートを有するゲラニオール誘導体の二酸化セレンによる酸化反応, 愛媛大学教育学部紀要自然化学, 7, 1987年
  • 中国と日本の中学生における理科に対する意識, 隅田 学, 熊谷 隆至, 菊地 博明, 高橋 進, 小池 達士, 愛媛大学教育学部紀要第Ⅰ部教育科学, 愛媛大学, 愛媛大学教育学部紀要. 第I部, 教育科学, 50, 1, 109, 117, 2003年09月, 03898539, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000968614
  • 表計算ソフト(SC3)の化学計算への応用, 化学と教育, 34, 6, 1986年
  • 表計算ソフト(アシストカルク)の一般化学教育への利用, 化学と教育, 42, 12, 854, 1994年, 10.20665/kakyoshi.42.12_854
  • (8-ジシクロペンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 菊池 由未香, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 52, 1, 235, 240, 2005年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003059359
  • Preparative Derivatization of endo-Dicyclopentadiene via Metallation, Bulletin of the Chemical society of Japan, 64, 4, 1991年, 10.1246/bcsj.64.1428
  • モレキュラシーブを付加物として用いた(8-ジシクロペンタジエニル)ジフェニルメチルアルコールの熱分解反応, 熊谷 隆至, 崎本 麻美, 愛媛大学教育学部愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部, 愛媛大学教育学部紀要, 第54, 第1, 141, 147, 2007年10月, 13497243, http://ci.nii.ac.jp/naid/120003059407
  • SELECTIVE LITHIATION AND FUNCTIONALZATION OF 6,6BIS(2-THIENYL)PENTAFULVENE, Chemistry Express, 6, 11, 1991年
  • Brominative Cyclization of Nerolidol and Geranyllinalool, Journal of Chemical Society Chemical Communication, 1980年, 10.1039/c39800001106
  • Synthesis of trans-4,8,12,15,15-pentamethyl bicyoclo[9.3.1]-pentadeca-3E, 7Z, 7Z-triene, a geometrical isomer of anhydroverticillol, Chemistry Letters, 1, 1981年, 10.1246/cl.1981.25
  • Thermolysis of Dicyclopentadienylmethyl Alcohol. A Novel Synthesis of Fulvenes, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 68, 1, 301, 304, 1995年, 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.68.301
  • 教職科目「小学校理科教育法」の授業評価Ⅱ-小学校教員養成における理科教育の課題-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 23, 33, 42, 2005年
  • 理科教育実践力を問う-理科教育シンポジウムと理科教育研修会の取り組み-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 25, 1, 14, 2007年
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践, 隅田 学, 深田 昭三, 菅谷 成子, 池野 修, 鴛原 進, 上館 美緒里, 苅田 知則, 熊谷 隆至, ファウスティーノ ジョエル, 杉林英彦, 高橋治郎, ボグダン デイビッド, 富田 英司, 福田 安典, 藤田 昌子, 向 平和, 吉村 直道, バージン ルース, 大学教育実践ジャーナル, 愛媛大学大学教育総合センター, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 9, 9, 65, 73, 2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/120006527602
  • 教員養成と教員研修をリンクした協同的な学びによる授業改善1‐理科授業を理科教育研修会に結び付ける試み-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 26, 9, 21, 2008年
  • 教員養成と教員研修をリンクした協同的な学びによる授業改善2 -理科教育の授業改善の成果と今後の展望-, 愛媛大学教育実践総合センター紀要, 27, 79, 93, 2009年
  • An effective synthesis of N,N-dimethylamides from carboxylic acids and a new route from N,N-dimethylamides to 1,2-diaryl-1,2-diketones, KUMAGAI Takashi, ANKI Tomohiro, EBI Takahiro, KONISHI Akihito, MATSUMOTO Kouzou, KURATA Hiroyuki, KUBO Takashi, KATSUMOTO Kenta, KITAMURA Chitoshi, KAWASE Takeshi, ELSEVIERTetrahedron, 66, 46, 8968, 8973, 2010年11月, 0040-4020, 10.1016/j.tet.2010.09.037, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=77958169941&origin=inward, Carboxylic acids were heated at 150 °C in DMF in the presence of 1.25 equiv of thionyl chloride to give corresponding N,N-dimethylamides in good yields. Tandem chlorination and amidation reactions occurred in the one-pot procedure. Dicarboxylic acids needed prolonged reaction time to produce bisamides in good yields. Some benzamides were efficiently converted into corresponding 1,2-diaryl-1,2-diketones (benzils) under acyloin condensation conditions in the presence of 4,4′-di-tert-butylbiphenyl (DBB) in THF. Ultrasonic irradiation effectively accelerates the reaction, but it is not critical. However, the presence of DBB is fatal to the reaction. Although a few synthetic methods for benzils from benzoic acids have been reported so far, this method is one of the most convenient and highly reproducible procedures. © 2010 Elsevier Ltd. All rights reserved.
  • 64, 4, 1991年, 10.1246/bcsj.64.1428
  • 6, 11, 1991年
  • 1980年, 10.1039/c39800001106
  • 1, 1981年, 10.1246/cl.1981.25
  • 68, 1, 301, 304, 1995年, 0009-2673|1348-0634, 10.1246/bcsj.68.301
  • 2007年
  • 26, 9, 21, 2008年

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

論文指導(B07)

  • 2018, 1, 1
  • 2017, 2

論文審査(B10)

  • 2018, 1
  • 2017, 1


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.