研究者データベース

田中 進タナカ ススム

所属部署名
職名
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    田中 進
  • 氏名(カナ)

    タナカ ススム

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1986年04月 - 1988年03月, 九州大学, 大学院工学研究科修士課程, 造船学専攻
  • 1982年04月 - 1986年03月, 九州大学, 工学部, 造船学科

学位

  • 博士(工学)
  • 修士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • エネルギー・資源学会
  • 日本航海学会
  • 日本船舶海洋工学会

委員歴

  • 2017年04月 - 現在, 日本船舶海洋工学会造船設計・生産技術研究会 造船設計部会, 部会長
  • 2015年04月 - 現在, 日本船舶海洋工学会西部支部, 運営委員
  • 2009年06月 - 現在, 西部造船会技術研究会性能部会, 委員
  • 2016年04月 - 2019年03月, ガスハイドレート産業創出イノベーション, 幹事会員
  • 2009年06月 - 2017年03月, 日本船舶海洋工学会造船設計・生産技術研究会造船設計部会, 委員
  • 2012年04月 - 2014年03月, 日本船舶海洋工学会船舶操縦運動予測モデルの高度化に関する研究委員会, 委員
  • 2010年06月 - 2012年03月, 日本船舶海洋工学会船舶操縦運動予測モデルの標準化に関する研究委員会, 委員

経歴

  • 2019年04月 - 現在, 愛媛大学(教授)
  • 2019年10月 - 2020年03月, 広島大学(客員教授)
  • 2016年04月 - 2019年03月, 国立研究開発法人産業技術総合研究所(客員研究員)
  • 2007年04月 - 2019年03月, 広島大学(准教授)
  • 2004年04月 - 2007年03月, 株式会社三井造船昭島研究所(室長)
  • 1993年04月 - 2004年03月, 株式会社三井造船昭島研究所
  • 1988年04月 - 1993年03月, 九州大学(助手)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 総合工学, 船舶海洋工学

研究キーワード

  • 数値シミュレーション
  • 縮尺模型試験
  • 実船計測
  • 艤装品
  • 運動制御
  • 船舶性能

著書・発表論文等

論文

  • Numerical Study on Methane Hydrate Crystallization in a Stirred Tank Reactor, Susumu Tanaka and Masanori Fukushima, Proceedings of the 9th International Conference on Gas Hydrates (ICGH 2017), 2017年06月, [査読有り]
  • Study on Turning Ability of a Ship with Azimuthing Podded Propellers, Takuya Sato, and Susumu Tanaka, Proc. of Workshop on Environmental Technologies in Naval Architecture and Ocean Engineering (WETNAOE 2016), 2016年12月, [査読有り]
  • ASCENDING CHAIN TESTING AND ANALYSIS FOR SHIP’S CHAIN LOCKER DESIGN, Susumu Tanaka, Noritaka Hirata, Koji Handa and Hiroshi Seki, 12th International Marine Design Conference (IMDC 2015), 2015年05月, [査読有り]
  • 2015A-GS1-5 原油タンカーの貨物油タンク加熱模型試験とCFD解析, 山下 直也, 田中 進, 関 和隆, 柏原 章吾, 山内 聡, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2015年
  • 2015A-GS14-2 プロペラ逆転時の船体に働く操縦流体力に関する模型試験とCFD解析, 田中 進, 堀 辰之介, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2015年, 2185-1840
  • IMPROVEMENT OF PACKING AND FLOWABILITY OF HYDRATE FOR GAS STORAGE AND TRANSPORT, Susumu TANAKA, Sho HAMASAKI, Proceedings of the 8th International Conference on Gas Hydrates (ICGH8-2014), Beijing, China, 28 July - 1 August, 2014, 2014年07月, [査読有り]
  • Stern Skeg Effects on Course Stability of a Ship with Azimuthing Propellers, Susumu Tanaka, Takuya Fukushima, Noritaka Hirata and Hironori Yasukawa, Proceedings of the 24th International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2014), 2014年06月, [査読有り]
  • 首振り型推進器を有する船の針路安定性に及ぼすスケグ影響, 福島拓也, 萩尾宏則, 藤田裕子, 田中進, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM), 2013年11月, 2185-1840
  • Fundamental Study on Thermal Insulation of Bulk Storage Tank of Hydrate for Natural Gas Transport, Masatoshi Sadano and Susumu Tanaka, The 6th Asia-Pacific Workshop on Marine Hydrodynamics (APHydro 2012), 2012年09月, [査読有り]
  • Heat Transfer Analysis of Hydrate Packed Bed under Storage and Discharge Conditions, Susumu Tanaka and Masatoshi Sadano, Proceedings of the 22nd International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2012), 2012年06月, [査読有り]
  • バウスラスタを有する2軸2舵船の操縦流体力特性, 安川宏紀, 平田法隆, 田中進, 伊藤聡志, 日本航海学会論文集, 2011年09月, 0388-7405
  • HEAT TRANSFER ANALYSIS OF RE-GASIFICATION OF PACKED BED OF HYDRATES, Susumu Tanaka, Yosuke Nakai, Kiyoshi Shimada, Osamu Takano and Go Oishi, roceedings of the 7th International Conference on Gas Hydrates (ICGH 2011), 2011年07月, [査読有り]
  • 上昇する錨鎖の横振動について, 田中 進, 平田 法隆, 半田 晃士, 関 広史, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 2011年06月, 18803717
  • Performance Analysis of a Bulk Carrier in Service at Sea Using Abstract Logbook, Susumu Tanaka, Yuko Fujita, Jiangang Shi and Guiwei Tan., Proceedings of the 21st International Offshore and Polar Engineering Conference (ISOPE-2011), 2011年06月, [査読有り]
  • ベックツイン舵を備えた船の低速操縦運動の水槽試験, 安川宏紀, 平田法隆, 田中進, 秦寛樹, 日本航海学会論文集, 2011年03月, 0388-7405
  • 上昇する鎖の横振動について, 田中進, 平田法隆, 半田晃士, 関広史, 日本船舶海洋工学会講演会論文集(CD-ROM), 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2010年11月, 2185-1840
  • 首振り型推進器を有する船の針路安定性改善, 安川 宏紀, 田中 進, 平田 法隆, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 2009年12月, [査読有り], 18803717, 10.2534/jjasnaoe.10.123
  • 強制対流下におけるハイドレートペレット充填層の熱伝達特性, 田中進, 島田潔, 高野宰, 大石剛央, 第28回エネルギー・資源学会研究発表会講演論文集, 2009年06月, [査読有り], 1881-9907
  • HYDRODYNAMIC FORCES INVESTIGATION ON A SHIP WITH AZIMUTHING PROPELLERS IN MANEUVERING MOTIONS, S. Tanaka, N. Hirata and H. Yasukawa, roceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Manoeuvrability 2009 (MARSIM'09), 2009年08月, [査読有り]
  • 首振り型推進器を有する船の操縦性に関する研究, 安川 宏紀, 平田 法隆, 田中 進, 小瀬 邦治, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 日本船舶海洋工学会論文集 = Journal of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 2009年06月, [査読有り], 18803717
  • 首振り式推進器を備えた船の針路安定性改善, 安川 宏紀, 田中 進, 平田 法隆, 日本船舶海洋工学会論文集, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2009年05月, 18806538
  • Evaluation of ship-bank and ship-ship interaction forces using a 3D panel method, H. Yasukawa, S. Kawamura, S. Tanaka, and M. Sano, Proc. of International Conference on Ship Manoeuvring in Shallow and Confined Water, 2009年05月, [査読有り]
  • 首振り型推進器を有した船舶の操縦流体力特性, 安川宏紀, 平田法隆, 田中進, 小瀬邦治, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2008年05月, 1880-6538
  • 電気推進内航船「千祥」の操縦運動シミュレーション, 安川宏紀, 平田法隆, 田中進, 小瀬邦治, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2008年05月, 1880-6538
  • セーリング型洋上風力発電浮体の位置保持性能および安全性に関する検討, 宮島省吾, 山口弘志, 田中進, 木下健, 高木健, 植弘崇嗣, 内山政弘, 江嵜宏志, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 第20回海洋工学シンポジウム, 2008年03月
  • 帆装型洋上風力発電浮体の最適航行に関する研究, 辻本勝, 植弘崇嗣, 内山政弘, 江嵜宏至, 木下健, 高木健, 田中進, 山口弘志, 岡村秀夫, 佐藤増穂, 南佳成, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2007年11月, 1880-6538
  • Navigation Simulation of a VLMOS for Wind Power Generation, Junpei Hotta, Ken Takagi, Takeshi Kinoshita, Susumu Tanaka, Hiroshi Yamaguchi, Masaru Tsujimoto, Hideo Okamura and Takashi Uehiro, OCEANS’07, 2007年09月, [査読有り]
  • 帆走型大型浮体風力発電システムの浮体構造に関する研究, 真鍋英男, 田中進, 宮島省吾, 木下健, 高木健, 岡村秀夫, 佐藤増穂, 江嵜宏至, 内山政弘, 植弘崇嗣, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2007年05月, 1880-6538
  • 帆走型洋上風力発電施設の設備利用率向上と成立性評価に関する研究, 木下健, 初岡秀憲, 田中進, 辻本勝, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2007年05月, 1880-6538
  • セイリング型洋上風力発電のエネルギー収支, 江嵜宏至, 田中進, 真鍋英男, 宮島省吾, 木下健, 高木健, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 内山政弘, 植弘崇嗣, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2006年11月, 1880-6538
  • 帆走型洋上風力発電浮体に関する研究, 田中進, 井上憲一, 山田通政, 宮島省吾, 木下健, 高木健, 寺尾裕, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 江嵜宏至, 内山政弘, 植弘崇嗣, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 2006年11月, 1880-6538
  • 帆走型洋上風力発電施設, 高木健, 木下健, 寺尾裕, 井上憲一, 田中進, 小林顕太郎, 山田通政, 高橋雅博, 植弘崇嗣, 内山政弘, 江崎宏至, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 理論応用力学講演会講演論文集, 2006年01月
  • 帆走型洋上発電施設, 高木 健, 内山 政弘, 江嵜 宏至, 佐藤 増穂, 岡村 秀夫, 木下 健, 寺尾 裕, 井上 憲一, 田中 進, 小林 顕太郎, 山田 通政, 高橋 雅博, 植弘 崇嗣, 理論応用力学講演会 講演論文集, 理論応用力学講演会 講演論文集, 2006年
  • 帆走型大型浮体風力発電システムの検討, 田中進, 井上憲一, 山田通政, 宮島省吾, 木下健, 高木健, 寺尾裕, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 江嵜宏至, 内山政弘, 植弘崇嗣, 海洋工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 2006年
  • GAS HYDRATE FORMATION TECHNOLOGY USING LOW-TEMPERATUTE AND LOW-PRESSURE CONDITIONS PART2 – STUDY ON APPLICATION TO CO2 SEPARATION WITH A BENCH PLANT, Susumu Tanaka, Osamu Takano, Kazuo Uchida, Hiroshi Emi, Mitsuhiro Kohara, Yoshitaka Yamamoto, Taro Kawamura, Michica Ohtake, Satoshi Takeya, J Ji-Ho Yoon, Proceedings of the 5th International Conference on Gas Hydrates (ICGH 2005), 2005年06月, [査読有り]
  • EXPERIMENTAL STUDY ON CO2 STORAGE AND SEQUESTRATION IN FORM OF HYDRATE PELLETS, Susumu Tanaka, Fumio Maruyama, Osamu Takano, Kazuo Uchida, roceedings of the 5th International Conference on Gas Hydrates (ICGH 2005), 2005年06月, [査読有り]
  • 環境負荷の小さい基幹エネルギーとしての帆走型洋上発電, 木下健, 高木健, 寺尾裕, 井上憲一, 田中進, 小林顕太郎, 山田通政, 高橋雅博, 植弘崇嗣, 内山政弘, 江崎宏至, 佐藤増穂, 岡村秀夫, 日本船舶海洋工学会論文集, 2005年06月, [査読有り], 1880-3717
  • Optimum routing of a sailing wind farm, Tsujimoto, Masaru; Uehiro, Takashi; Esaki, Hiroshi; Kinoshita, Takeshi; Takagi, Ken; Tanaka, Susumu; Yamaguchi, Hiroshi; Okamura, Hideo; Satou, Masuho; Minami, Yoshimasa, JOURNAL OF MARINE SCIENCE AND TECHNOLOGY, 2007年05月, [査読有り], 0948-4280, 10.1007/s00773-008-0034-1
  • Development of riser angle control DPS for a deep sea drilling vessel, Susumu Tanaka, Akihiko Imakita, Yasutaka Amitani, International Symposium on Technology of Ultra Deep Ocean Engineering (UDOE ’05) , 2005年02月, [査読有り]
  • 非係留超大型浮体による外洋利用大規模風力発電システムの検討, 井上憲一, 田中進, 木下健, 高木健, 寺尾裕, 岡村秀夫, 高橋雅博, 江崎宏至, 植弘崇嗣, 海洋工学シンポジウム講演論文集(CD-ROM), 2005年
  • 2004A-OS4-3 深海掘削船DPS制御装置の開発(オーガナイズドセッション(OS4):海洋位置保持技術の動向), 田中 進, 齊藤 昌勝, 五十嵐 和之, 宮崎 英剛, 日本造船学会講演会論文集, 日本造船学会講演会論文集, 2004年
  • A NUMERICAL STUDY ON HYDRODYNAMIC INTERACTION AMONG OBLIQUE SHIP HULL, PROPELLER AND RUDDER, Susumu Tanaka, Koyu Kimura, Proceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Manoeuvrability 2003, 2003年08月, [査読有り]
  • ニューラルネットワーク手法を応用した漁場ナビゲーション装置の開発, 橋本民雄, 寺島隆, 田中進, 山口弘志, 春谷芳明, 乾悦郎, 海洋工学シンポジウム, 2003年07月
  • 境界要素法を用いた浮体近傍での気泡崩壊に関する数値解析, 高比良 裕之, 村上 健太, 大森 英行, 田中 進, 上入佐 光, 日本機械学会論文集B編, 日本機械学会論文集B編, 2003年, 0387-5016
  • 斜航船体と舵の干渉に関するCFD計算, 田中 進, 木村 校優, 日本造船学会論文集 = Journal of the Society of Naval Architects of Japan, 日本造船学会論文集 = Journal of the Society of Naval Architects of Japan, 2002年12月, 05148499, 10.2534/jjasnaoe1968.2002.113
  • INTELLIGENT RISER ANGLE CONTROL DPS, Akihiko Imakita, Susumu Tanaka, Shinichi Takagawa, Yasutaka Amitani, Proceedings of DYNAMIC POSITIONING CONFERENCE, 2000年10月, [査読有り]
  • INTELLIGENT RISER ANGLE CONTROL DPS, Akihiko Imakita, Susumu Tanaka, Yasutaka Amitani, Shinichi Takagawa, Proceedings of ETCE/OMAE 2000 Joint Conference, 2000年02月, [査読有り]
  • 大水深ライザーのアンチリコイル制御に関する研究, 鈴木英之, 田中進, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1999年12月, 0514-8499, 10.2534/jjasnaoe1968.1999.186_393
  • ON HYDRODYNAMIC FORCES ACTING ON A SHIP MOVING WITH LARGE DRIFT ANGLES, Susumu TANAKA, Proceedings of International Symposium and workshop on Force Acting on a Manoeuvring Vessel, 1998年09月, [査読有り]
  • A Study on the accuracy of recent prediction technique of ship’s manoeuvrability at the early design stage, T. Ishiguro, S.Tanaka, Y. Yoshimura, roceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Manoeuvrability 1996 (MARSIM'96), 1996年09月, [査読有り]
  • 大偏角時の船体流体力推定に関する一考察, 田中進, 西部造船会会報, 西部造船会々報, 1996年03月, 0389-911X
  • 22 横運動時の船体に作用する流体力の推定法に関する研究(続報), 田中 進, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1996年
  • 26 横運動時の船体に作用する流体力の推定法に関する研究, 田中 進, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1995年
  • Cross Flowを基にした斜航船体に働く流体力の計算, 田中 進, 貴島 勝郎, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1994年, 0514-8499
  • 横移動時の船体に働くCross Flow Dragの船長方向分布について, 田中進, 貴島勝郎, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1993年12月, 0514-8499, 10.2534/jjasnaoe1968.1993.174_357
  • A PREDICTION METHOD OF SHIP MANOEUVRING CHRACTERISTICS, Katsuro Kijima, Susumu Tanaka, Yoshitaka Furukawa, Tatsuaki Hori, roceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Manoeuvrability 1993 (MARSIM'93), 1993年09月, [査読有り]
  • かどに丸みを有する矩形断面に働くcross flow dragに関する研究, 貴島勝郎, 田中進, 日本造船学会論文集, Techno marine 日本造船学会誌, 1992年12月, 0514-8499, 10.2534/jjasnaoe1968.1992.172_1
  • 船の操縦特性に及ぼす載荷状態および深水の影響に関する一考察, 貴島勝郎, 田中進, 前川和義, 堀龍明, 西部造船会会報, 西部造船会々報, 1992年08月, 0389-911X
  • Manoeuvring Characteristics of a Ship in Deep and Shallow Waters as function of Loading Condition, K. Kijima, S. Tanaka, M. Matsunaga, T.Hori, roceedings of Manoeuvring and Control of Marine Craft (MCMC'92) , 1992年07月, [査読有り]
  • 渦放出モデルを用したcross flow dragの計算法について, 貴島勝郎, 田中進, 日本造船学会論文集, 日本造船学会論文集, 1991年12月, 0514-8499, 10.2534/jjasnaoe1968.1991.170_235
  • 浮体構造物の定点保持に関する一考察, 貴島勝郎, 古川芳孝, 高平智明, 田中進, 西部造船会会報, 1991年08月, 0389-911X
  • ON THE TRACK-KEEPING PERFORMANCE OF A CABLE SHIP, Sadao Kakizaki, Susumu Tanaka,He Qing, ON THE TRACK-KEEPING PERFORMANCE OF A CABLE SHIP, Proceedings of International Conference on Marine Simulation and Ship Manoeuvrability (MARSIM & ICSM 90) , 1990年06月, [査読有り]
  • ケーブル布設船の針路保持に関する研究(第三報), かき崎貞雄, 貴島勝郎, 田中進, 西部造船会会報, 1990年03月, 0389-911X
  • ケーブル布設船の針路保持に関する研究 II, かき崎貞雄, 貴島勝郎, 田中進, 西部造船会会報, 西部造船会々報, 1989年08月, 0389-911X
  • ケーブル布設船の針路保持に関する研究(第一報), 硴崎 貞雄, 貴島 勝郎, 田中 進, 西部造船会々報, 西部造船会々報, 1989年, 0389911X
  • バウスラスター性能に及ぼす浅水影響, 貴島 勝郎, 松本 憲洋, 二村 正, 田中 進, 西部造船会々報, 西部造船会々報, 1987年, 0389911X

講演・口頭発表等

MISC

  • ばら積み船のプロペラ逆転停止運動の計算, 田中 進, 堀 辰之介, 西部造船会技術研究会性能部会, 2018年12月
  • 油槽船の模型タンク貨物油加熱解析, 山下直也, 田中進, 関和隆, 柏原章吾, 山内聡, 日本機械学会熱工学コンファレンス講演論文集(CD-ROM), 2015, ROMBUNNO.H131, 2015年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602291793877226
  • 春季講演会「特別企画」実施報告, 田中 進, Kanrin : 咸臨 : 日本船舶海洋工学会誌 : bulletin of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, Kanrin : 咸臨 : 日本船舶海洋工学会誌 : bulletin of the Japan Society of Naval Architects and Ocean Engineers, 49, 2013年07月, 18803725, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031204216
  • D221 タンカー荷油加熱に及ぼす放熱影響に関する基礎研究(一般講演(8)), 清水 優樹, 田中 進, 関 和隆, 柏原 章吾, 熱工学コンファレンス講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 熱工学コンファレンス講演論文集, 2013, 0, 345, 346, 2013年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009955764, Oil tankers carrying high viscous oil are usually equipped with the cargo-oil heating system. For design of oil heating system, three dimensional numerical analysis of unsteady flow and heat transfer was conducted to grasp the influence of heat loss from cargo-oil tank on natural heat convection in rectangular cargo-oil tank during heating up as fundamental study. From the numerical analysis, typical flow pattern and distribution of oil temperature in oil tank when heated were obtained. Additionally, the relations between the minimum oil temperatures in tank and the overall heat transfer coefficient for walls were discussed.
  • I223 貯槽内における貯残ハイドレートの分解に関する数値解析(一般講演(10)), 左田野 雅俊, 田中 進, 熱工学コンファレンス講演論文集, 一般社団法人 日本機械学会, 熱工学コンファレンス講演論文集, 2011, 0, 393, 394, 2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009656962, This paper describes residual hydrate dissociation in a storage tank by heat conduction simulation. The suitable hydrate storage tank is necessary in the project which is supply the fuel gas by marine transport of natural gas hydrate. The amount of hydrate in the tank will change on demand. Two dimensional heat equation was solved using an implicit finite difference method namely the Crank-Nicolson scheme and Gauss-Seidel iteration technique. Temperature and hydrate volume fraction in a tank are calculated. The results of simulation indicated that the volume fraction of hydrate dissociation increases gradually with the heat-receiving surface.
  • 上昇する錨鎖の横振動について(学会賞授賞論文紹介(2),平成24年度日本船舶海洋工学会賞授賞論文紹介), 田中 進, 平田 法隆, 半田 晃士, 関 広史, 日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨), 公益社団法人 日本船舶海洋工学会, 日本船舶海洋工学会誌 KANRIN(咸臨), 43, 0, 2012年, 1880-3725, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009489138
  • 帆装型洋上風力発電浮体の最適航行に関する研究(所外発表論文等概要), 辻本 勝, 植弘 崇嗣, 内山 政弘, 江嵜 宏至, 木下 健, 高木 健, 田中 進, 山口 弘志, 岡村 秀夫, 佐藤 増穂, 南 佳成, 海上技術安全研究所報告, 海上技術安全研究所, 海上技術安全研究所報告, 8, 2, 2008年, 13465066, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007661591
  • 低温・低圧下のガスハイドレート生成‐3, 山本佳孝, 川村太郎, 大竹道香, 江見浩, 小原光裕, 田中進, 高野宰, 山口弘志, 内田和男, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 15th, 93, 94, 2006年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224190747872
  • 2-22.低温・低圧下のガスハイドレート生成-3((6)メタンハイドレート2,Session 2 天然ガス・メタンハイドレート等), 山本 佳孝, Yoon Ji-Ho, 川村 太郎, 大竹 道香, 江見 浩, 小原 光裕, 田中 進, 高野 宰, 山口 弘志, 内田 和男, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 一般社団法人 日本エネルギー学会, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 15, 0, 93, 94, 2006年, 2423-8317, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006796285
  • 地球深部探査船“ちきゅう” 地球深部探査船“ちきゅう”の船体基本特性, 吉野亥三郎, 藤井昭彦, 上入佐光, 田中進, 神田雅光, 三井造船技報, 186, 9, 17, 2005年10月, 0026-6825, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902282115931480
  • ガスハイドレートを利用した高効率CO<sub>2</sub>分離, 川村太郎, 山本佳孝, 大竹道香, 樋口知, YOON Ji‐Ho, 江見浩, 小原充裕, 田中進, 高野宰, 資源・素材学会春季大会講演集, 2, 125, 126, 2005年03月, 1343-9898, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902224683396610
  • ガスハイドレートを利用した高効率CO_2分離, 川村 太郎, 山本 佳孝, 大竹 道香, 樋口 知, YOON Ji-Ho, 江見 浩, 小原 充裕, 田中 進, 高野 宰, 内田 和男, 春季大会講演集. I, 資源編, 春季大会講演集. I, 資源編, 17, 2, 125, 126, 2005年03月, 13439898, http://ci.nii.ac.jp/naid/10022576190
  • 2-17.低温・低圧下のガスハイドレート生成-2((5)MH基礎と生成,Session 2 天然ガス・メタンハイドレート等), 山本 佳孝, 内田 和男, 川村 太郎, 大竹 道香, 竹谷 敏, Yoon Ji-Ho, 江見 浩, 小原 充裕, 田中 進, 高野 宰, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 一般社団法人 日本エネルギー学会, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 14, 0, 80, 81, 2005年, 2423-8317, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006796095
  • Lateral Oscillation of an Ascending Anchor Chain, S. Tanaka, N. Hirata, K. Handa and H. Seki, ClassNK TECHNICAL BULLETIN, 31, 23, 32, 2013年12月
  • 低温・低圧下のガスハイドレート生成, 山本佳孝, 川村太郎, 大竹道香, YOON J‐H, 江見浩, 田中進, 高野宰, 内田和男, 日本エネルギー学会大会講演要旨集, 13th, 90, 91, 2004年07月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902219365421688
  • 操縦性 2 操縦流体力の推定法, 大森拓也, 田中進, 野中晃二, 前川和義, Techno Marine, 869, 557, 561, 2002年09月, 0916-8699, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123602557320
  • (12) 斜航船体と舵の干渉に関するCFD計算(平成14年秋季講演論文概要), 田中 進, 木村 校優, Techno marine 日本造船学会誌, 公益社団法人 日本船舶海洋工学会, Techno marine 日本造船学会誌, 869, 0, 2002年, 0916-8699, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003861179
  • (43) 大水深ライザーのアンチリコイル制御に関する研究(平成11年秋季講演論文概要), 鈴木 英之, 田中 進, Techno marine 日本造船学会誌, 公益社団法人 日本船舶海洋工学会, Techno marine 日本造船学会誌, 844, 0, 1999年, 0916-8699, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006837649
  • 大斜航時の船体流体力推定法の開発, 田中進, 三井造船技報, 164, 1, 5, 1998年06月, 0026-6825, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902170841027420
  • 実船操縦性能の予測, 芳村康男,石黒 剛,田中 進, 日本造船学会,運動性能研究委員会,第12回シンポジウム, 1995年12月
  • 大偏角時の船体流体力推定に関する一考察, 田中進, 西部造船会例会論文梗概, 91st, 33, 38, 1995年10月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902123536040125
  • (27)Cross Flowを基にした斜航船体に働く流体力の計算, 田中 進, 貴島 勝郎, Techno marine 日本造船学会誌, 公益社団法人 日本船舶海洋工学会, Techno marine 日本造船学会誌, 784, 0, 1994年, 0916-8699, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003867753
  • (35) 横移動時の船体に働く Cross Flow Dragの船長方向分布について : 平成5年秋季講演論文概要, 田中 進, 貴鳥 勝郎, Techno marine 日本造船学会誌, 公益社団法人 日本船舶海洋工学会, Techno marine 日本造船学会誌, 772, 0, 1993年, 0916-8699, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003867464
  • 船の操縦特性に及ぼす載荷状態および水深の影響に関する一考察, 貴島勝郎, 田中進, 前川和義, 塀龍明, 西部造船会例会論文梗概, 84th, 43, 48, 1992年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902095846482787
  • ケーブル布設船の針路保持に関する研究 I, はな崎貞雄, 貴島勝郎, 田中進, 西部造船会例会論文梗概, 1988, 41, 44, 1988年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/200902058037671720
  • バウスラスター性能に及ぼす浅水影響(運動性能部,所外発表論文等概要), 二村 正, 貴島 勝郎, 松本 憲洋, 田中 進, 船舶技術研究所報告, 運輸省船舶技術研究所, 船舶技術研究所報告, 24, 5, 1987年, 0495775x, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007663541

その他研究情報

受賞

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

プロフィール(A)

学内兼務職(A02)

  • 工学部附属船舶海洋工学センター, 2019, 2020

教育活動(B)

論文指導(B07)

  • 2019年, 3, 2


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.