詳細検索はこちら

鍔本 武久ツバモト タケヒサ

所属部署
大学院理工学研究科 数理物質科学専攻
職名准教授
メールアドレスtsubamoto.takehisa.yt[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttps://kaken.nii.ac.jp/d/r/20522139.ja.html
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究者基本情報

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 愛媛大学 大学院理工学研究科, 教授
  •   2014年04月,  - 2017年03月, 愛媛大学, 大学院理工学研究科, 准教授
  •   2013年04月,  - 2014年03月, 岡山理科大学, 生物地球学部, 研究員
  •   2006年03月,  - 2014年03月, 林原自然科学博物館, 研究員
  •   2008年07月,  - 2013年03月, 林原類人猿研究センター, 研究員
  •   2001年04月,  - 2006年02月, 京都大学, 霊長類研究所, ポスドク

研究活動情報

研究分野

  • 層位・古生物学
  • 自然人類学
  • 生物多様性・分類

研究キーワード

    古脊椎動物学, 哺乳類化石, 形態, 体重推定, 古生物地理

論文

MISC

  • ケニアの下部中新統から産出した原始的で大型のカバ科の下顎臼歯化石
    鍔本武久, 化石, (99) 108 - 108,   2016年
  • ミャンマーに分布する始新統ポンダウン層から発見された鈍頭歯型偶蹄類の新属新種の化石
    鍔本武久, 化石, (96) 51 - 52,   2014年
  • New specimens of Entelodon gobiensis (Mammalia; Artiodactyla; Entelodontidae) from the Eocene Ergilin Dzo Formation, Mongolia
    Tsubamoto, T., Tsogtbaatar, Kh., Saneyoshi, M., Mainbayar, B., Watabe, M., Chinzorig, Ts., Khatanbaatar, P., and Nishido, H., The Bulletin of Research Institute of Natural Sciences, Okayama University of Science, (39) 37 - 41,   2013年03月31日
  • Dental morphology of ‘Pterodon sp.’ (Mammalia; Hyaenodontidae) described from the Eocene Ergilin Dzo Formation, Mongolia
    Tsubamoto, T., Tsogtbaatar, Kh., Chinzorig, Ts., Mainbayar, B., Egi, N., Saneyoshi, M., and Nishido, H., The Bulletin of Research Institute of Natural Sciences, Okayama University of Science, (39) 43 - 44,   2013年03月31日
  • 3次元データを活用した化石の新しい展示方法
    岩間由希・西本昌司・近藤光一郎・飯田浩史・ヒシグジャウ=ツォクトバートル・鍔本武久, 名古屋市科学館紀要, (39) 39 - 43,   2013年03月31日
  • モンゴルに分布する上部始新統エルギリンゾー層から発見されたメソニクス類の化石
    鍔本武久, 化石, (93) 141 - 142,   2013年
  • Report of the HMNS-MPC Joint Paleontological Expedition in 2006
    Watabe, M., Suzuki, S., Tsogtbaatar, Kh., Tsubamoto, T., and Saneyoshi, M., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月31日
  • Report of the HMNS-MPC Joint Paleontological Expedition in 2007
    Saneyoshi, M., Watabe, M., Tsubamoto, T., Tsogtbaatar, Kh., Chinzorig, Ts., and Suzuki, S., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月31日
  • Report of the HMNS-MPC Joint Paleontological Expedition in 2008
    Tsubamoto, T., Saneyoshi, M., Tsogtbaatar, Kh., Chinzorig, Ts., Khatanbaatar, P., Mainbayar, B. and Suzuki, S., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月31日
  • Additional specimens of the Anthracotheriidae (Mammalia; Artiodactyla) from the upper Eocene Ergilin Dzo Formation of Mongolia
    Tsubamoto, T., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月31日
  • Lithostratigraphic and sedimentological analysis of the upper Eocene Ergilin Dzo Formation of Ergilin Dzo locality, Mongolia
    Saneyoshi, M., Tsubamoto, T., Watabe, M., and Tsogtbaatar, Kh., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月31日
  • A list of the publications and presentations on the results by the HMNS-MPC Joint Paleontological Expedition: 2003–2009
    Suzuki, S. and Tsubamoto, T., Hayashibara Museum of Natural Sciences Research Bulletin, 3,   2010年03月
  • 前期白亜紀の桑島層から見つかる日本最古の哺乳類化石
    楠橋直・鍔本武久, 桑島化石壁産出化石調査報告書,   2010年03月31日
  • A summary of the Pondaung fossil expeditions
    Tsubamoto, T., Egi, N., Takai, M., Shigehara, N., Suzuki, H., Nishimura, T., Ugai, H., Maung-Maung, Chit-Sein, Soe Thura Tun, Aung Naing Soe, Aye Ko Aung, Tin Thein, Thaung-Htike, and Zin-Maung-Maung-Thein, Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Stratigraphic positions of the Eocene vertebrate localities in the Paukkaung area (Pondaung Formation, central Myanmar)
    Suzuki, H., Maung Maung, Zaw Win, Tsubamoto, T., Zin Maung Maung Thein, Egi, N., Takai, M., and Shigehara, N., Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Notes on fish, reptilian, and several fragmentary mammalian dental fossils from the Pondaung Formation
    Tsubamoto, T., Egi, N., and Takai, M., Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Postcranial materials of Pondaung mammals (middle Eocene, Myanmar)
    Egi, N., Tsubamoto, T., Nishimura, T., and Shigehara, N., Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Discovery of chalicothere and Dorcabune from the upper part (lower Pleistocene) of the Irrawaddy Formation, Myanmar
    Tsubamoto, T., Zin-Maung-Maung-Thein, Thaung-Htike, Egi, N., Chit-Sein, Maung-Maung, and Takai, M., Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Discovery of Propotamochoerus (Artiodactyla, Suidae) from the Neogene of Myanmar
    Thaung-Htike, Tsubamoto, T., Takai, M., Egi, N., Zin-Maung-Maung-Thein, Chit-Sein, and Maung-Maung, Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • New discovery of a large-type Tetraconodon (Artiodactyla, Suidae) from the lower part of Irrawaddy Formation, Myanmar
    Chit-Sein, Thaung-Htike, Tsubamoto, T., Tin-Thein, and R_ssner, G. E., Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • Early Pleistocene Javan rhinoceros from the Irrawaddy Formation, Myanmar
    Zin-Maung-Maung-Thein, Thaung-Htike, Tsubamoto, T., Takai, M., Egi, N., and Maung-Maung, Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • A preliminary report on the freshwater molluscan fossils from Myanmar
    Ugai, H., Takai, M., Tsubamoto, T., Egi, N., Maung-Maung, Chit-Sein, Thaung-Htike, and Zin-Maung-Maung-Thein, Asian Paleoprimatology, 4,   2006年04月01日
  • モンゴルの上部始新統Ergilin Dzo層から産出する脊椎動物化石群
    鍔本武久・渡部真人・鈴木茂・ヒシグジャウ=ツォクトバートル, 地質学雑誌, 112, (3) V - VI,   2006年03月15日
  • 原始哺乳類のあご
    鍔本武久, Clinical Calcium, 15, (6) 135 - 138,   2005年05月28日
  • A report on the paleontological excavation in the primate-bearing Krabi basin (late Eocene; Thailand)
    Tsubamoto, T., Ratanasthien, B., Kunimatsu, Y., Nakaya, H., Udomkan, B., Silaratana, T., Thasod, Y., Hanta, R., and Nakai, M., 平成10年度〜平成14年度科学研究費補助金(COE;研究代表者,竹中修)研究成果報告書(III),   2003年05月01日
  • 荒井猫田遺跡出土の哺乳類
    茂原信生・鍔本武久, 荒井猫田遺跡(II区)--第14次発掘調査報告--,   2002年
  • ミャンマーでの哺乳類化石発掘調査
    鍔本武久・鈴木寿志・江木直子・高井正成・茂原信生, 地質学雑誌, 107, (9) XVII - XVIII,   2001年09月15日
  • 御船層群“上部層”のフィッション・トラック年代
    鍔本武久, 御船町恐竜博物館年報, 1,   2001年03月31日
  • The latest middle Eocene Primate Fauna in Pondaung area, Central Myanmar
    Takai, M., Shigehara, N., Tsubamoto, T., Egi, N., Aye Ko Aung, Tin Thein, Aung Naing Soe, and Soe Thura Tun, Asian Paleoprimatology, 1,   2000年04月01日
  • A preliminary report on the Eocene mammals of the Pondaung fauna, Myanmar
    Tsubamoto, T., Egi, N., Takai, M., Shigehara, N., Aye Ko Aung, Tin Thein, Aung Naing Soe, and Soe Thura Tun, Asian Paleoprimatology, 1,   2000年04月01日
  • A preliminary report on carnivorous mammals from Pondaung fauna
    Egi, N. and Tsubamoto, T., Asian Paleoprimatology, 1,   2000年04月01日
  • Field notes on the fossil localities in northern Thailand visited during the field season of February 1999
    Kunimatsu, Y., Saegusa, H., Nakaya, H., Ratanasthien, B., Nagaoka, S., and Tsubamoto, T., Asian Paleoprimatology, 1,   2000年04月01日
  • 御船層群の哺乳類化石
    瀬戸口烈司・鍔本武久, 熊本県重要化石分布確認調査報告「御船層群の恐竜化石」,   1998年

書籍等出版物

  • モンゴルゴビ砂漠の恐竜たち
    林原自然科学博物館(編), 分担執筆, モンゴルの哺乳類化石, p. 134-135, 御船町恐竜博物館・読売新聞社,   2014年
  • 古生物学事典第2版
    日本古生物学会(編), 分担執筆, アミノドン類,三錐歯類,相称歯類,多丘歯類,単孔類, 朝倉書店,   2010年
  • 恐竜学がわかる
    アエラムック(編), 分担執筆, 恐竜学がわかるキーワード50,p. 126-132, アエラムック,朝日新聞社,   2001年

講演・口頭発表等

  • ミャンマー中部始新世ポンダウン動物相のヒエノドン類(Hyaenodontia, Mammalia)集団の古生物地理学的起源
    江木直子・鍔本武久・ジンマウンマウンテイン・タウンタイ・高井正成, 日本古生物学会第166回例会,   2017年01月28日
  • Two rare artiodactyl mammals from the upper Miocene Nakali Formation of Kenya, East Africa
    Tsubamoto, T., Kunimatsu, Y., Sakai, T., Saneyoshi, M., Shimizu, D., Morimoto, N., Nakaya, H., and Nakatsukasa, M., 76th Annual Meeting, Society of Vertebrate Paleontology,,   2016年10月28日
  • 距骨と踵骨からの体重推定:霊長類と様々な哺乳類との比較
    鍔本 武久, 第32回日本霊長類学会大会,   2016年07月16日
  • ケニアの上部中新統ナカリ層から産出した原始的カバ科Kenyapotamusの追加標本
    鍔本武久・國松 豊・仲谷英夫・酒井哲弥・実吉玄貴・エマ=ムブア・中務真人, 日本古生物学会2016年年会,   2016年06月25日
  • 長崎県松浦市鷹島産サイ化石の系統解析
    村上達郎・宮田和周・加藤敬史・鍔本武久, 日本古生物学会2016年年会,   2016年06月25日
  • 東南アジアの初期ウシ族SelenoportaxとPachyportaxの分類学的・層序学的再検討
    西岡佑一郎・高井正成・江木直子・鍔本武久, 日本古生物学会第165回例会(京都大学,京都市,京都府),   2016年01月30日
  • ケニアの下部中新統から発見された原始的カバ科の化石
    鍔本武久, 國松豊, 中務真人, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2016年01月29日
  • ミャンマー中部始新統ポンダウン層から産出した純肉食適応形態を示すヒエノドン目の新属(Hyaenodontia,Mammalia)
    江木直子, 鍔本武久, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, THAUNG‐HTIKE, 高井正成, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2016年01月29日
  • タヌキの歯に見られる異常形態とそれが化石哺乳類の歯牙形態の解釈に与える影響
    鍔本武久, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2015年06月26日
  • イラワジ堆積物(ミャンマー;中部中新統上部~下部更新統)から産出した食肉類についての予備的報告
    江木直子, 荻野慎諧, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, CHIT‐SEIN, THAUNG‐HTIKE, 西岡佑一郎, 鍔本武久, 高井正成, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2015年06月26日
  • 現生霊長類における踵骨からの体重推定にむけて
    鍔本武久, 霊長類研究,   2015年06月20日
  • 霊長類における距骨からの体重推定とポンダウン化石霊長類への応用
    鍔本武久, 江木直子, 高井正成, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2015年01月30日
  • 白水層群石城層の地質時代:化石哺乳類相からの証拠
    鍔本武久, 国府田良樹, 長谷川善和, 菜花智, 冨田幸光, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2014年06月27日
  • 成長過程における距骨および踵骨のサイズと形態の変異:現生ニホンザルの幼獣の例
    鍔本武久, 名取真人, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2014年01月24日
  • 現生ニホンザルの幼獣における距骨および踵骨のサイズと形態の変異
    鍔本武久, 名取真人, 霊長類研究,   2013年09月06日
  • ポンダウン層からの新種偶蹄類:ラオエラ科はポンダウン層にいたか?
    鍔本武久, 鍔本武久, 江木直子, 高井正成, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG Thein, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2013年06月28日
  • 距骨サイズの変異:現生ニホンザルの例
    鍔本武久, 名取真人, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2013年01月25日
  • ミャンマー中部の後期鮮新世‐前期更新世の哺乳類相
    西岡佑一郎, 江木直子, 鍔本武久, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 高井正成, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2013年01月25日
  • 現生ニホンザルにおける距骨サイズの変異および臼歯サイズ・体重との関係
    鍔本武久, 名取真人, 霊長類研究,   2012年07月01日
  • モンゴル上部始新統産出のネコ亜目食肉類と食肉類冠群の初期の拡散についての解釈
    江木直子, 鍔本武久, 渡部真人, 実吉玄貴, TSOGTBAATAR Kh., MAINBAYAR B., CHINZORIG Ts., KHATANBAATAR P., 日本古生物学会年会講演予稿集,   2012年06月15日
  • 距骨による化石哺乳類の体重推定
    鍔本武久, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2012年06月15日
  • モンゴル北部およびザバイカリアの鮮新世哺乳類産地の地質について
    渡部真人, TSOGTBAATAR Kh., ESHEEV V. E., 鍔本武久, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2012年01月15日
  • モンゴルの上部始新統Ergilin Dzo層産の哺乳類化石群:最新の研究成果
    鍔本武久, TSOGTBAATAR Kh., 実吉玄貴, MAINBAYAR B., 渡部真人, CHINZORIG Ts., 鈴木茂, KHATANBAATAR P., 江木直子, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2012年01月15日
  • 初期霊長類を産するポンダウン哺乳動物相(中期始新世;ミャンマー)の古生物地理的特徴
    江木直子, 鍔本武久, 高井正成, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, THAUNG‐HTIKE, 霊長類研究,   2011年07月01日
  • 現生霊長類の距骨サイズの計測とポンダウンの化石霊長類の体重推定への応用
    鍔本武久, 江木直子, 高井正成, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 霊長類研究,   2011年07月01日
  • ミャンマー中央部の新第三紀におけるアントラコテリウム類(哺乳綱偶蹄目)の進化
    鍔本武久, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 江木直子, 西岡佑一郎, MAUNG‐MAUNG, 高井正成, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2011年06月15日
  • 古第三紀東ユーラシアの肉食哺乳動物相:構成要素の時間的変化と地理的変異
    江木直子, 鍔本武久, 高井正成, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2011年06月15日
  • 長崎県産アントラコテリウム類“Brachyodus”japonicusの再検討
    鍔本武久, 甲能直樹, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2011年01月15日
  • 現生哺乳動物の距骨サイズの計測:化石哺乳類の体重推定への応用に向けて
    鍔本武久, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2011年01月15日
  • 石川県白山市手取層群桑島層産の前期白亜紀“三錐歯類”
    楠橋直, 鍔本武久, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2010年06月01日
  • 中国の始新統産“Anthracokeryx birmanicus”(アントラコテリウム科偶蹄類)の再検討
    鍔本武久, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2010年01月15日
  • ポンダウン動物群の年代について:ミャンマー中央部チョードー地域の酸性凝灰岩のフィッショントラック年代
    鈴木寿志, 鍔本武久, HTIKE Thaung, MAUNG Maung, 岩野英樹, 檀原徹, 高井正成, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2010年01月15日
  • ミャンマー中央部パッカウン地域に分布するポンダウン層上部層のフィッショントラック年代
    鍔本武久, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 鈴木寿志, MAUNG‐MAUNG, 岩野英樹, 檀原徹, 高井正成, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2009年09月01日
  • 中部始新統ポンダウン層から産出したアントラコテリウム類の新標本
    鍔本武久, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 江木直子, 西村剛, THAUNG‐HTIKE, 高井正成, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2009年06月26日
  • ヘクサプロトドン(偶蹄類;カバ科)のエナメル質の炭素・酸素同位体に基づくミャンマー中央部の後期中新世‐前期鮮新世チャインザウク相の古環境復元
    鵜野光, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, WYNN Jonathan, 江木直子, 鍔本武久, 高井正成, THAUNG‐HTAIKE, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2009年06月26日
  • 中生代における哺乳類の歯の進化
    鍔本武久, 解剖学雑誌,   2009年03月
  • ポンダウン相とクラビ相産出の食肉類:始新世後半の東アジア南部における肉食哺乳動物相の変化
    江木直子, 鍔本武久, 仲谷英夫, 國松豊, 高井正成, 日本古生物学会例会講演予稿集,   2009年01月30日
  • モンゴルの上部始新統Ergilin Dzo層からのHyaenodonの小型種とヒエノドン科の化石相
    鍔本武久, 渡部真人, TSOGTBAATAR Khishigjav, 日本古生物学会年会講演予稿集,   2008年07月04日
  • Tetraconodontine suids from the lower part of Irrawaddy Formation, Myanmar
    Htike Thaung, Tsubamoto Takehisa, Sein Chit, Takai Masanaru, Egi Naoko, Thein Zin-Maung-Maung, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • 南アジアを中心とした古第三紀の霊長類の進化プロセスについて
    高井正成, 鍔本武久, THAUNG‐HTIKE, ZIN‐MAUNG‐MAUNG‐THEIN, 茂原信生, 江木直子, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • モンゴルに分布する上部始新統Ergilin Dzo層の脊椎動物化石発掘調査の予備報告
    鍔本武久, 渡部真人, 鈴木茂, TSOGTBAATAR Khishigjav, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • 神戸層群産ほ乳類化石の追加標本
    三枝春生, 鍔本武久, 田中里志, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • モンゴルに分布する上部始新統Ergilin Dzo層の脊椎動物化石発掘調査の予備報告(20.脊椎動物化石)
    鍔本 武久, 渡部 真人, 鈴木 茂, ツォクトバートル ヒシグジャウ, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • 神戸層群産哺乳類化石の追加標本(20.脊椎動物化石)
    三枝 春生, 鍔本 武久, 田中 里志, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • 南アジアを中心とした古第三紀の霊長類の進化プロセスについて(20.脊椎動物化石)
    高井 正成, 鍔本 武久, タイ タウン, マウン・テイン ジン・マウン, 茂原 信夫, 江木 直子, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2005年09月10日
  • O-314 タイの後期新生代哺乳類生層序(25. 脊椎動物化石,口頭発表,一般講演)
    仲谷 英夫, 三枝 春生, 國松 豊, 鍔本 武久, Ratanasthien Benjavun, Thasod Yupa, Chintasakul Pratueng, 長岡 信治, 福地 亮, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • タイの後期新生代ほ乳類生層序
    仲谷英夫, 三枝春生, 国松豊, 鍔本武久, RATANASTHIEN B, THASOD Y, CHINTASAKUL P, 長岡信治, 福地亮, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2002年09月10日
  • O-27 原始的真猿類を産出する始新統ポンダウン層(ミャンマー)の哺乳類化石動物群とその古環境(5. 東部ユーラシアの類人猿とヒトの起源及びその年代・古環境,口頭発表,一般発表)
    鍔本 武久, 高井 正成, 茂原 信生, 江木 直子, Tun Soe Thura, Aung Aye Ko, Soe Aung Naing, Thein Tin, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2000年09月25日
  • O-28 ポンダウン層(中期始新世末期、ミャンマー)から見つかった化石霊長類の系統的位置について(5. 東部ユーラシアの類人猿とヒトの起源及びその年代・古環境,口頭発表,一般発表)
    高井 正成, 茂原 信生, 鍔本 武久, 江木 直子, Aung Aye Ko, Tun Soe Thura, Thein Tin, Soe Aung Naing, Maung Maung, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2000年09月25日
  • ポンダウン層(中期始新世末期,ミャンマー)から見つかった化石霊長類の系統的位置について
    高井正成, 茂原信生, 鍔本武久, 江木直子, AUNG A K, TUN S T, THEIN T, SOE A N, MAUNG M, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2000年09月25日
  • 原始的真猿類を産出する始新統ポンダウン層(ミャンマー)のほ乳類化石動物群とその古環境
    鍔本武久, 高井正成, 茂原信生, 江木直子, TUN S‐T, AUNG A K, SOE A N, THEIN T, 日本地質学会学術大会講演要旨,   2000年09月25日
  • 557 日本海のリフト期 : 岩手県門ノ沢地域からの証拠(地域地質)
    辻野 匠, 鍔本 武久, 山路 敦, 松原 尚志, 鎮西 清高, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1996年03月20日
  • 日本海のリフト期:岩手県門ノ沢地域からの証拠
    辻野匠, 鍔本武久, 山路敦, 松原尚志, 鎮西清高, 日本地質学会学術大会講演要旨,   1996年03月

競争的資金

  • 後期中新世ナカリ層の発掘による人類・アフリカ類人猿分岐過程の解明
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(A)), 中務 眞人, 8月から9月に、ケニア共和国ナカリ地区で発掘・地質調査を行った。調査には中務、酒井、實吉、國松が参加した。発掘調査では、ナカリ層で化石 の表面採集、NA39地点での発掘、ロソゴル層の踏査を行った。NA39の発掘では、オナガザル科を含む約100点の化石資料を収集した。ナカリよりも9キロ南に位置するロソゴル周辺で地質調査を行い、新たに4箇所の化石産地を確認した。しかしながら、これらの露頭は当初予想していたロソゴル層(1200万年前)ではなく、ナカリ層(1000万年前)の延長であることが明らかになった。化石研究では、ケニア国立博物館で関連比較資料を分析した。中務、國松は、ナカリから収集された霊長類の記載準備を行った。仲谷と田邊は、げっ歯類化石の記載準備を行った。鍔本はナカリ産哺乳類標本の全般的な同定作業を進め、データベースを更新した。こうした研究成果について、田邊、中務、國松、仲谷らがEast African Association of Paleoanthropologists and Paleontologists (モンバサ、ケニア)、Congress of the Society of Vertebrate Paleontology (ロサンジェルス、米国)、日本アフリカ学会(駒場、東京)日本人類学会(科学博物館、筑波)で発表した。日仏学術フォーラム「時間を通じたヒト科と環境の相互作用」(学術振興会、パリ主催)において、招待講演を行った。ナカリ産サイ科の記載論文の原稿をまとめ投稿準備を進めた。また、化石骨の骨梁分析に関する研究論文を発表した。
  • 霊長類における踵骨の形態およびサイズの変異と化石への応用
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 鍔本 武久, 霊長類の骨格の中で、踵骨は比較的よく機能形態学的・古生物学的研究がされている。しかし、現生の踵骨サイズの種内変異を詳しく調べた研究はまだ少ないので、化石の踵骨の変異を考えるときの基準に乏しかった。本研究の目的は、標本をもとにした基礎研究により、化石踵骨の論理的な同定・分類を可能にし、化石霊長類やその他の化石哺乳類の古生態や古環境のような発展的研究の進展に活かすことである。初年度である本年度は、まず踵骨の計測部位の確定のため、骨格標本が数多くされている京都大学霊長類研究所で、ニホンザルの踵骨(および比較研究のための歯)の細かい様々な部位の計測、および写真撮影、体重やその他のデータの取得をおこなった。その結果、踵骨についてノギスで安定して計測できる部位をほぼ特定できた。そして、それらの距骨の計測部位について、データベースを作る基礎が出来上がった。また、予備的な統計解析をおこなった。その結果、踵骨には全体のサイズにのみ雄雌差があるらしいことがわかった。また、幼獣に関して、自然対数変換したデータを用いて、体重と踵骨の各計測値との単変量アロメトリーを調べたところ、reduced major axisについての雌雄差はほとんどなかった。これは、成獣における雌雄差は、性の違いというよりもむしろ体重(身体の大きさ)の違いに起因することをしめしていると考えられる。さらに、化石哺乳類の踵骨について予備的な計測や比較・記載研究をモンゴル古生物学センターおよびロサンゼルス郡自然史博物館でおこなった。上記の結果については、ニホンザルについての予備的な発表を霊長類学会・哺乳類学会合同大会および古生物学会で発表した。モンゴルから見つかったエンテロドン類(化石偶蹄類)の踵骨化石については、記載論文を発表した。
  • 絶滅哺乳類肉歯目の系統的位置と地理的分布についての研究
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 江木 直子, 現生哺乳類の系統関係は分子系統解析の適用によって近年大きく再編され,生物地理と高次分類群レベルの系統関係との相関が強く示唆されたが,分子データを抽出できない絶滅分類群はこの再編から取り残されている。本課題では,絶滅哺乳類の肉歯目ヒエノドン科について,アジア産の属を中心とした系統分類の見直しと各系統群の産出範囲の再検討を行い,アジアへのアフリカ起源のグループの始新世初期までの移入やこれとは別に北半球中~高緯度地域での拡散が複数回起きたことを明らかにした。また,体肢骨形態的特徴と古生物地理的証拠から肉歯類の近縁とされてきた食肉類との違いを示した。
  • 霊長類および哺乳類の距骨サイズの変異:化石研究への応用に向けて
    文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 鍔本 武久, 哺乳類の距骨(足首の骨)は化石の研究に有用であるが、距骨サイズと体重との関係や変異については詳しくわかっていなかった。そこで、哺乳類・霊長類の距骨の化石を使って絶滅動物の体重を推定する式を作成した。それに基づいていくつかの化石哺乳類の体重を推定し、分類学的再検討もおこなった。また、ニホンザルの距骨の種内変異を明らかにした。種内での距骨サイズと歯サイズとの間の相関は弱かった。距骨サイズには雌雄差が認められた。


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.