研究者データベース

木下 英文キノシタ ヒデフミ

所属部署名法文学部 人文社会学科(人文学)
職名教授
Last Updated :2020/07/04

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    木下 英文
  • 氏名(カナ)

    キノシタ ヒデフミ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部 人文社会学科
  • 職名

    教授

学歴等

学位

  • 文学修士

その他基本情報

所属学協会

  • 国際語用論学会(International Pragmatics Association)
  • 社会言語科学会

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 社会言語学
  • 語用論
  • 英語学
  • English Linguistics Pragmatics Sociolinguistics

著書・発表論文等

MISC

  • Plantation Boyに見られるハワイ日系人のアイデンティティ~Bulaheadの用例をめぐって~, 木下 英文, 英米文学から見る「移動」と「変容」-エスニック・アイデンティティの多様化-(平成21年度~平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(C)課題番号21520260 研究成果報告書), 英米文学から見る「移動」と「変容」-エスニック・アイデンティティの多様化-(平成21年度~平成23年度科学研究費補助金 基盤研究(C)課題番号21520260 研究成果報告書), 23, 39, 2012年03月
  • All I Asking for Is My Bodyに見られるハワイ日系人のアイデンティティ, 木下 英文, 愛媛大学法文学部論集・人文学科編, 愛媛大学法文学部論集・人文学科編, 31, 75, 89, 2011年09月
  • Kotonk使用に見られる日系米国人のアイデンティティについて, 木下 英文, 愛媛大学法文学部論集・人文学科編, 愛媛大学法文学部論集・人文学科編, 29, 23, 36, 2009年09月
  • ハワイ日系人の用例に見るhaoleの社会的意味, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集人文学科編, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集人文学科編, 27, 69, 82, 2009年
  • 日本人英語話者の断り行動:回避ストラテジーの解釈を巡って, 大阪教育図書言語・文化研究の諸相 -藤井健夫教授退任記念論集-, 大阪教育図書言語・文化研究の諸相 -藤井健夫教授退任記念論集-, 95, 110, 2008年
  • 書評:Irma Taavitsainen and Andreas H.Jucker(eds.)Diachronic Perspectives on Address Terms Systems., 近代英語協会近代英語研究, 近代英語協会近代英語研究, 22, 167, 172, 2006年
  • 断り談話における代案提示の機能について, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 21, 103, 117, 2006年
  • 制度的場面における呼称のメタ語用論的機能について, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 18, 71, 85, 2005年
  • TEFLカリキュラムへのCross-Cultural Dialogues導入の有用性について, 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 愛媛大学法文学部愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 17, 113, 130, 2004年
  • On Usability of Cross-Cultural Dialogues in TEFL Curricula, The Faculty of Law and Letters, Ehime UniversityTHE BULLETIN OF THE FACULTY OF LAW AND LETTERS (HUMANITIES), The Faculty of Law and Letters, Ehime UniversityTHE BULLETIN OF THE FACULTY OF LAW AND LETTERS (HUMANITIES), 17, 113, 130, 2004年
  • 謝罪ストラテジーとポライトネス --えひめ丸事故をめぐって --, 開文社アメリカ帝国と多文化社会のあいだ, 開文社アメリカ帝国と多文化社会のあいだ, 250, 267, 2003年
  • 高コンテクスト・コミュニケーションとステレオタイプ:日系米国人のコミュニカティブ・スタイル分析, 愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 愛媛大学法文学部論集(人文学科編), 11, 121, 137, 2001年
  • High Context Communication and Stereotypes -- An Analysis of Japanese Americans' Communicative Styles --, 11, 121, 137, 2001年
  • 書評:Andreas H.Jucker(ed.)Historical Pragmatics:Pragmatic Developments in the History of English., 近代英語協会近代英語研究, 近代英語協会近代英語研究, 14, 114, 121, 1998年
  • 呼称機能の記述をめぐって -- メタメッセージの意味するもの --, 北斗書房SENTENTIAE 水鳥喜喬教授還暦記念論文集, 北斗書房SENTENTIAE 水鳥喜喬教授還暦記念論文集, 181, 188, 1995年
  • On Metalingnistic Functions of Vocatives, The Faculty of General Education, Ehime UniversityMemoirs of the Faculty of General Education, Ehime University, The Faculty of General Education, Ehime UniversityMemoirs of the Faculty of General Education, Ehime University, 26, 37, 49, 1993年
  • On Metalingnistic Functions of Vocatives, The Faculty of General Education, Ehime UniversityMemoirs of the Faculty of General Education, Ehime University, The Faculty of General Education, Ehime UniversityMemoirs of the Faculty of General Education, Ehime University, 26, 37, 49, 1993年
  • The Usability of Dramatic Conversation for Conversation Analysis : Artificial Aspects of Vocative Use in Drama, The Kwansai English and American Literary Society of JapanKWANSAI REVIEW, The Kwansai English and American Literary Society of JapanKWANSAI REVIEW, 9, 99, 112, 1989年
  • The Usability of Dramatic Conversation for Conversation Analysis : Artificial Aspects of Vocative Use in Drama, The Kwansai English and American Literary Society of JapanKWANSAI REVIEW, The Kwansai English and American Literary Society of JapanKWANSAI REVIEW, 9, 99, 112, 1989年
  • The Dance Song Cycle at Tanokami Festival in Gero, Kansai University of Foreign StudiesThe Journal of Intercultural Studies, Kansai University of Foreign StudiesThe Journal of Intercultural Studies, 14, 1, 32, 1987年
  • ファースト・ネーミングの機能と制約:現代米語における親称の規範性について, 関西英語英米文学会KWANSAI REVIEW, 関西英語英米文学会KWANSAI REVIEW, 7, 61, 74, 1987年
  • The Dance Song Cycle at Tanokami Festival in Gero, Kansai University of Foreign StudiesThe Journal of Intercultural Studies, Kansai University of Foreign StudiesThe Journal of Intercultural Studies, 14, 1, 32, 1987年

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論基礎演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論専門演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論基礎演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論概論Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論基礎演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論専門演習Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 英語コミュニケーション論基礎演習Ⅰ


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.