研究者データベース

幸泉 満夫コイズミ ミツオ

所属部署名法文学部 人文社会学科(人文学)
職名准教授
Last Updated :2019/07/17

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    幸泉 満夫
  • 氏名(カナ)

    コイズミ ミツオ

基本情報

  • プロフィール

     主に、博物館園資料等の再評価をもとに、西日本における縄文文化の独自性解明や、博物館資料学(文化財学)、博物館教育学、民俗陶芸学(工芸史学)の基盤整備に向けた各種研究に取り組んでいます。  
  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=225078

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部人文社会学科
  • 職名

    准教授

学歴等

学位

  • 博士(文学)

その他基本情報

所属学協会

  • 物質文化研究会
  • 縄文時代文化研究会
  • 全国大学博物館学講座協議会西日本部会
  • 日本考古学協会
  • 日本動物考古学会
  • THE SOCIETY FOR THE STUDY OF MATERIAL CULTURE

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 文化財科学・博物館学, 文化財科学・博物館学, 博物館教育学
  • 史学, 考古学, 先史考古学/博物館資料学(文化財学)
  • 地域研究, 地域研究, 地域工芸史

研究キーワード

  • 博物館学
  • 文化資源論
  • 廃棄文化論
  • 無文土器
  • 工芸史(民俗陶芸)学
  • 文化財学
  • 博物館教育論
  • 博物館資料論
  • 貝塚文化
  • The local history
  • 狛犬 (The shrine guardian dog statues)
  • 縄文農耕論(The farming theory of the Jomon period )
  • 埋蔵文化財
  • 物質文化
  • 出土文化財論(博物館資料学)
  • 縄文土器

著書・発表論文等

論文

書籍等出版物

講演・口頭発表等

作品

MISC

  • 西日本における縄文時代後期後葉土器群の小地域差 - 凹線文ホライズン期の斉一性理論をめぐって - The Minimum Regionality of Jomon Pottery in the Latter Half of the Late Jomon Period in the Western Japan: Over the Uniformity Theory of the“Osenmon”Horizon, 幸泉満夫・宇藤栄晃, 人文学論叢, 20, 75, 84, 2018年12月
  • 愛媛県周辺域における未公開縄文土器群の研究(2)―文化財保管庫に埋もれていた博物館資料の再整理を通じて― The Study of the Unpublished Jomon Pottery in the Around Ehime Area(2): Recognizing the Museum Objects Buried in Strage, 岩田尭之・宇藤栄晃・幸泉満夫, 人文学論叢, 20, 85, 92, 2018年12月
  • 縄文後晩期における九州系土器の中国・四国地方への波及 The Influence to Chugoku & Shikoku District of the Potteries originated from Kyushu in to the Late and Final Jomon Period, 幸泉 満夫, 中四国地方の外来系土器 The 29th Jomon Study Meeting of Chugoku and Shikoku Region -Interchange between Areas of the Jomon Period in the Chugoku and Shikoku District-, 29, 23, 32, 2018年05月
  • 愛媛県周辺域における未公開縄文土器群の研究(1)-文化財保管庫に埋もれていた博物館資料の再整理を通じて- The Study of the Unpublished Jomon Pottery in the Around Ehime Area(1) : Recognizing the Museum Objects Buried in Strage, 幸泉 満夫ほか, 人文学論叢, 19, 103, 110, 2017年12月
  • 四国新発見の縄文土製品 -文化財保管庫に埋もれていた博物館資料の再整理を通じて- The Newly Discovered Jomon Clay Objects in Shikoku:Recognizing the Museum Objects Buried in Strage, 幸泉 満夫ほか, 人文学論叢, 18, 149, 156, 2016年12月
  • 縄文土器にみるもう一つの地域間交流 Interchange between Another Area that Looked at from The Jomon Pottery, 幸泉 満夫, 中四国地方における縄文時代の地域間交流 Interchange between Areas of the Jomon Period in the Chugoku and Shikoku District, 27, 9, 25, 2016年07月
  • 地方国立大学における博物館学芸員養成課程の現状と課題 The Present Conditions and Problem of the Museum Curator Training Course in the Local National University, 幸泉 満夫, 2016年度 全国大学博物館学講座協議会 全国大会資料集 The Collection of the Announcement Documents of The Museology Meeting National Convention;National in 2016, 1, 5, 2016年06月
  • 平城貝塚出土文化財の研究をめぐる新視点 -博物館資料学的視座を加味した「平城論争」に対する新たな展望- New viewpoint over the study of Hirajyo shell mound excavation cultural assets, 幸泉 満夫, 中四国の縄文貝塚 The shell mound of Chugoku and Shikoku Region in Jomon Period, 5, 15, 2015年07月
  • 芸予諸島における脚台式製塩土器の製作技法をめぐる実験考古学的考察 Experiment archeological consideration over the production technique of the Kyakudai-type salt manufacture pottery in Geiyo Islands, 幸泉 満夫, 製塩・祭祀・交流 -第13回愛媛大学考古学研究室公開シンポジウム発表要旨集-, 13, 1, 26, 2013年02月
  • 中国・四国地方における先史編組技術の様相 Technical Aspects of Prehistoric Knittings in Chugoku and Shikoku Regions, 幸泉 満夫, 月刊考古学ジャーナル Arcaeological Journal, 636, 22, 25, 2012年12月
  • 上島町佐島・宮ノ浦遺跡の第1次発掘調査成果 The first excavation of Miyanoura site in Ueshima-town in Sasima Island, 幸泉 満夫, 愛媛大学考古学研究室第12回公開シンポジウム発表要旨集, 12, 1, 12, 2012年02月
  • 土器から見た山地域と沿岸域 The Mountainous and Shore Area that looked at from a pottery, 幸泉 満夫, 日本考古学協会 研究発表資料集 2004年度広島大会 The Collection of association of Japanese archeology meeting for the study documents 2004 Hiroshima, 39, 60, 2004年11月
  • 芝生上遺跡出土の埋蔵銭 The Reserved Money of the Remains of the Site of Shibow-Ue, 幸泉 満夫, 総合学術調査 三野町 徳島県立図書館, 49, 132, 132, 2003年03月
  • 相生町における縄文遺跡の研究 The Study of the Sites of Jomon Period in Aioi Town, 幸泉 満夫, 総合学術調査報告 相生町  徳島県立図書館, 47, 195, 206, 2001年03月
  • 石井国友遺跡出土の縄文後期土器について The Study on the Late Jomon Period in Ishii-Kunitomo Site, 幸泉 満夫, 石井国友遺跡, 111, 113, 1999年03月
  • 貝塚からイヌの糞石 The Fossil of the Feces of the Dogs was unearthed from the Haginoka Shell Mounds of Imabari City, Ehime Prefecture, 幸泉 満夫, 月刊文化財発掘出土情報, 176, 25, 25, 1997年04月

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.