研究者データベース

折戸 洋子オリト ヨウコ

所属部署名社会共創学部 産業マネジメント学科
職名准教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    折戸 洋子
  • 氏名(カナ)

    オリト ヨウコ

基本情報

  • ORCID ID

    0000-0002-4293-1722

所属

所属・職名

  • 部署

    社会共創学部

学歴等

学位

  • 修士
  • 博士

その他基本情報

所属学協会

  • 経営情報学会
  • 日本情報経営学会

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • ソーシャルメディア
  • プライバシー
  • 経営情報
  • 情報倫理
  • 個人情報保護

著書・発表論文等

論文

  • Do Honest People Pull the Short Straw? The Paradox of Openness, Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Miha Takubo, Kreps, D., Ess, C., Leenen, L., Kimppa, K. (Eds.), This Changes Everything - ICT and Climate Change: What Can We Do?. HCC13 2018. IFIP Advances in Information and Communication Technology, 2018年08月, [査読有り], 10.1007/978-3-319-99605-9_21
  • 国家による監視と日本社会:エドワード・スノーデンが教えてくれたこと, 村田 潔,折戸洋子,福田康典, 経営情報学会誌, 2018年06月, [招待有り]
  • 女性のキャリアチェンジとキャリア形成がもたらすアドバンテージ―愛媛県・東京都におけるインタビュー調査に基づく探索的考察―, 園田 雅江,折戸 洋子, Journal of Ehime Management Society, 2018年03月
  • 女性のキャリア形成と人的・組織的環境要因 ― 愛媛県・東京都におけるインタビュー調査に基づく探索的考察 ―, 折戸 洋子, 園田 雅江, Journal of Ehime Management Society, 2018年03月
  • Personal Data Sensitivity in Japan An Exploratory study, Fukuta, Y., Murata, K., Adams, A. A., Orito, Y., & Lara Palma,, ORBIT Journal, 2017年10月, [査読有り]
  • Few Youngsters Would Follow Snowden's Lead in Japan, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Andrew A. Adams, Journal of Information, Communication and Ethics in Society, 2017年09月, [査読有り]
  • Following Snowden around the World: International Comparison of Attitudes to Snowden's Revelations about the NSA/GCHQ, Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Ana María Lara Palma, Journal of Information, Communication and Ethics in Society, 2017年09月, [査読有り]
  • 草の根型医療情報化:医師および患者による クチコミ情報の発信・共有と 共感型コミュニティ形成, 折戸 洋子, 日本情報経営学会誌, 2017年03月, [査読有り], 10.20627/jsim.37.2_64
  • 参加型監視環境の自己同一性への影響 : 「解離」現象を題材にして (「2015年大会発表」特集号), 折戸洋子, 青木理奈, 村田潔, 経営情報学会誌, 経営情報学会誌, 2016年03月, [査読有り], 0918-7324
  • Influence of the Social Networking Services-Derived Participatory Surveillance Environment over the Psychiatric State of Individuals., Yohko Orito,Kiyoshi Murata, Multidisciplinary Social Networks Research - Second International Conference, MISNC 2015, Matsuyama, Japan, September 1-3, 2015. Proceedings, 2015年, [査読有り], 10.1007/978-3-662-48319-0_45
  • The view from the gallery: international comparison of attitudes to Snowden's revelations about the NSA/GCHQ., Andrew A. Adams,Kiyoshi Murata,Yasunori Fukuta,Yohko Orito,Ana María Lara Palma, SIGCAS Computers and Society, 2015年, [査読有り]
  • So what if the state is monitoring us?: Snowden's revelations have little social impact in Japan., Kiyoshi Murata,Yasunori Fukuta,Yohko Orito,Andrew A. Adams,Ana María Lara Palma, SIGCAS Computers and Society, 2015年, [査読有り]
  • 情報倫理研究の最前線(2) ソシアルメディアの進展とビッグデータ時代を迎えてのプライバシー, 折戸洋子, 村田潔, 経営情報学会誌, 2014年03月, 0918-7324
  • 誰がプライバシーを侵害するのか : ビッグデータ時代のプライバシー保護 (「2013年大会発表」特集号), 村田 潔, 折戸 洋子, 経営情報学会誌, 経営情報学会誌, 2014年03月, 0918-7324
  • Real name social networking services and risks of digital identity: Can we manage our digital identity?, Yohko Orito, IT Enabled Services, 2013年07月, 10.1007/978-3-7091-1425-4_13
  • Do online privacy policies and seals affect corporate trustworthiness and reputation?, YohkoOrito, Kiyoshi Murata and Yasunori Fukuta, International Review of Information Ethics, 2013年, [査読有り]
  • Social Attitudes of Young People in Japan towards Online Privacy, Kiyoshi Murata, Yohko Orito, Yasunori Fukuta, Journal of Law, Information and Science, 2013年, [査読有り]
  • The Schizophrenic Society: The Potential Risk of Individual Identity Crises in the Participatory Surveillance Environment, Kiyoshi Murata, Yohko Orito, ICT-ethics: Sweden and Japan, Studies in Applied Ethics, 2013年, [査読有り], [招待有り]
  • Emerging Social Norms in the UK and Japan on Privacy and Revelation in SNS, Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Pat Parslow, International Review of Information Ethics, 2011年, [査読有り]
  • The counter-control revolution: "silent control" of individuals through dataveillance systems., Yohko Orito, J. Inf., Comm, Ethics in Society, 2011年, [査読有り], 10.1108/14779961111123197
  • 反「コントロール革命」 : データベイランス・アーキテクチャがもたらすサイレント・コントロール(<特集>情報倫理), 折戸 洋子, 日本情報経営学会誌, 日本情報経営学会誌, 2010年03月, 18822614, 10.20627/jsim.30.3_58
  • The Development of Japanese Data Protection, Andrew,A. Adams, Kiyoshi Murata, Yohko Orito, Policy & Internet, 2010年, [査読有り], 10.2202/1944-2866.1038
  • Japanese risk society: trying to create complete security and safety using information and communication technology., Kiyoshi Murata,Yohko Orito, SIGCAS Computers and Society, 2010年, [査読有り]
  • Balancing between Efficiency and Effectiveness in Manufacturing through a Masscustomisation System: The High-low Entropy Framework, ZANG Wei, ORITO Yohko, YAMASHITA Hiroshi, MURATA Kiyoshi, 日本情報経営学会誌, 2009年11月, 1882-2614, 10.20627/jsim.30.2_90
  • The Japanese sense of information privacy., Andrew A. Adams,Kiyoshi Murata,Yohko Orito, AI Soc., 2009年, [査読有り], 10.1007/s00146-009-0228-z
  • 企業における個人情報品質の管理(<特集>情報品質), 折戸 洋子, 日本情報経営学会誌, 日本情報経営学会誌, 2008年04月, 18822614, 10.20627/jsim.28.4_64
  • Rethinking the concept of the right to information privacy: a Japanese perspective., Kiyoshi Murata,Yohko Orito, J. Inf., Comm, Ethics in Society, 2008年, [査読有り], 10.1108/14779960810916237
  • Socio-cultural analysis of personal information leakage in Japan., Yohko Orito,Kiyoshi Murata, J. Inf., Comm, Ethics in Society, 2008年, [査読有り], 10.1108/14779960810888365
  • 「情報の取り扱いに関する問題構造」の視点からのコンピュータ・ウィルス問題の考察, Japan Society for Business Ethics Study日本経営倫理学会誌, 2008年
  • 日本企業における消費者個人情報の利用と保護(投稿論文), 折戸 洋子, 村田 潔, オフィス・オートメーション, オフィス・オートメーション, 2007年05月, 0389570X
  • 「第三のリスク」のタイムラグに関する研究, 日本経営倫理学会日本経営倫理学会誌, 2007年
  • 情報の取り扱いに関する問題構造とコンピュータ・ウィルス対策のカタストロフィー・モデル, 松丸 正延, 山下 洋史, 折戸 洋子, 川中 孝章, 日本セキュリティ・マネジメント学会誌, 日本セキュリティ・マネジメント学会誌, 2006年09月, 13436619
  • 企業の社会的責任と個人情報保護:予備的考察, 折戸 洋子, 明大商学論叢, 明大商学論叢, 2006年03月, 03895955
  • CSRと個人情報保護:予備的考察, 明治大学商学研究所明大商学論叢, 2006年
  • 情報プライバシーは「ユニバーサル概念」なのか?」,, 折戸 洋子, 明治大学大学院商学研究科明治大学大学院商学研究論集, 商学研究論集, 2006年, 1340914X
  • 情報所有の問題構造と個人情報保護, 明治大学商学研究所明大商学論叢, 2006年
  • 循環型SCMにおけるリバース・ロジスティクスの二面性(自由論題), 山下 洋史, 折戸 洋子, 日本経営倫理学会誌, 日本経営倫理学会誌, 2005年03月, 13436627
  • 個人情報保護の戦略的価値--日米の比較研究, 折戸 洋子, 商学研究論集, 商学研究論集, 2004年, 1340914X
  • Personal Data Use and Morality in the eBusiness Environment, Electronic Science and Technology of ChinaJournal of Electronic Science and Technology of China, 2004年
  • 企業組織における個人情報管理制度, 折戸 洋子, 商学研究論集, 商学研究論集, 2003年, 1340914X

書籍等出版物

  • Do Honest People Pull the Short Straw? The Paradox of Openness, Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Miha Takubo, 共著, Springer, 2018年08月, 978-3-319-99604-2, Widespread acceptance of the value of the culture of openness and honesty in cyberspace, due to the proliferation of (in many cases, ostensibly free) online services such as social media, paradoxically encourages ‘clever’ or ‘crafty’ people to use those services in a closed or controlled fashion to their own advantage. Online services that would motivate such people to exploit ‘honest’ or ‘innocent’ users undermining the open and honest culture have been provided. This situation will lead to social issues, such as the spread of online behaviour that treats others as only a means, the distortion of digital as well as real identities of a wide range of individuals, and human alienation. Nobody except social media platform companies seems to get the benefit from people’s social media usage in the longer term. In this paper, the nature of these issues is examined with referring to actual cases, and measures to address them, such as the establishment of the right to be translucent and the notion of co-ownership of digital objects, are proposed.
  • Ethics and Communication: Global Perspectives, Kiyoshi Murata and Yohko Orito, 共著, Communication Ethics in Japan: A Sociocultural Perspective on Privacy in the Networked World, Rowman & Littlefield International, 2016年06月, 1783485973
  • ここから始める経営入門, 崔 英靖, 大西 正志, 折戸 洋子, 共編者, 8,9,10章執筆, 晃洋書房, 2016年03月, 4771027013
  • IT Enabled Services, 折戸洋子, 分担執筆, Real name social networking services and risks of digital identity: Can we manage our digital identity?, Springer, 2015年07月, 3709116880
  • 明日のIT経営のための情報システム発展史 総合編, 折戸洋子, 分担執筆, 193-217, 専修大学出版局, 2010年09月, 4881252526
  • 情報化社会のリテラシー―情報と技術・経済・経営・倫理・法律・福祉, 岡本 隆, 橘 惠昭, 97-108, 晃洋書房, 2010年04月, 4771021465
  • スマート・シンクロナイゼーション―eビジネスとSCMによる二重の情報共有, 山下 洋史, 村田 潔, 分担執筆, 同文舘出版, 2006年03月, 4495374818

講演・口頭発表等

  • Management in a Smart Society: business and technological challenges, 折戸 洋子, XXVIII AEDEM International Conference, 2019年09月, 招待有り, The European Academy of Management and Business Economics (AEDEM), Meiji university
  • サイボーグ倫理研究の課題, 村田潔,折戸洋子,福田康典, 日本情報経営学会第78回全国大会, 2019年06月, pp.145-148
  • A comparative study of the sharing economy in Japan and Sweden, Per Fors, Yuu Inutsuka, Takashi Majima, Yohko Orito, Second workshop of Information and Communication Technology for Sustainability and Ethics: Cross-national Studies between Japan and Sweden, 2019年03月
  • オンラインアテンションゲーム:アテンション競争によるアイデンティティ変化の体験, 田窪美葉,折戸洋子,村田潔, 横浜国立大学ビジネスシミュレーション研究拠点会議 兼 第18回YBGユーザ会議, 2019年02月, 横浜国立大学ビジネスシミュレーション研究拠点
  • 高齢化地域コミュニティにおける災害時対応のための個人情報管理ー備前市片上地区町内会による「声かけ名簿」事例ー, 折戸洋子・鈴木静・村田潔・崔英靖, 日本情報経営学会第77回全国大会, 2018年11月, 日本情報経営学会, 西南学院大学, 61-64
  • オンラインネットワークで行うアテンションゲームの試作, 田窪美葉・折戸洋子・村田潔, 日本シミュレーション&ゲーミング学会 2018年度秋期全国大会, 2018年11月, 熊本学園大学, 44-51
  • Cyborg Athletes or Technodoping: How Far Can People Become Cyborgs to Play Sports?, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito, Andrew A. Adams, Mario Arias-Oliva and Jorge Pelegrin-Borondo, ETHICOMP 2018, 2018年09月
  • 配慮すべき個人情報とは何か:要配慮個人情報に対する批判的検討, 福田康典・村田潔・折戸洋子, 日本情報経営学会第76回全国大会(北海道情報大学), 2018年06月, 175-178頁
  • Honest People Pull the Short Straw: The Paradox of Openness, Kiyoshi Murata, Yohko Orito and Hidenobu Sai, The 6th Asian Privacy Scholars Network International Conferenc, 2017年09月
  • 国家による監視と日本社会:エドワード・スノーデンが教えてくれたこと, 村田潔,折戸洋子,福田康典, 経営情報学会2017年秋季全国研究発表大会, 2017年09月
  • サイボーグ化する人間の倫理, 村田潔,福田康典,折戸洋子, 日本情報経営学会第74回全国大会 , 2017年06月
  • Japanese data sensitivity: A preliminary study, Kiyoshi Murata,Andrew A. Adams, Yasunori Fukuta, Yohko Orito,Ana María Lara Palma, 5th Asian Privacy Schlars Network, 2016年12月
  • センシティブデータとは何か:個人情報の適切な保護に向けて, 福田康典,村田潔,折戸洋子, 日本情報経営学会第73回全国大会, 2016年09月
  • 下からの医療情報化:医師および患者による口コミ情報の発信・共有と共感型コミュニティ形成, 折戸洋子,崔英靖,村田潔, 日本情報経営学会第72回全国大会, 2016年05月, 東海大学, pp.107-110
  • Despite feeling vaguely uneasy:Japanese youngsters still to continue to use social media, Yohko Orito, CIST 2016, 2016年05月, 招待有り, Ottawa, Canada
  • Would You Do What Snowden Did? An International Study of University Students' Reactions to Snowden's Actions and Revelations, Andrew A. Adams, Kiyoshi Murata, Yasunori Fukuta, Yohko Orito and Ana María Lara Palma, 7th Biennial Surveillance & Society Conference, 2016年04月, Surveillance Studies Network, University of Barcelona
  • 参加型監視環境の自己同一性への影響:「解離」を題材にして, 折戸洋子,青木理奈,村田潔, 経営情報学会2015年秋季全国研究発表大会, 2015年11月
  • 統合失調症社会, 村田潔, 折戸洋子, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2015年06月
  • エドワード・スノーデン事件の社会的影響:産官複合体による監視とプライバシー, 村田潔、折戸洋子、八鍬幸信、上杉志朗, 日本情報経営学会第69回全国大会, 2014年11月
  • I Will Use This, Because I Just Want to: Social Media Users' Groundless Reliance on Social Media Companies, Yohko Orito, Yasunori Fukuta,Kiyoshi Murata, The 2nd International Conference on Multimedia and Human-Computer Interaction (MHCI), 2014年08月
  • Social Impacts of Snowden's Revelations in Japan: Exploratory Research, Kiyoshi Murata, Andrew A. Adams, Yohko Orito, Yasumori Fukuta and Ana Maria Lara Palma, Asian Privacy Scholars Network 4th International Conference, 2014年07月
  • Dividualisation: objectified and partialised human beings, Yohko Orito and Kiyoshi Murata, CEPE 2014, 2014年06月
  • Privacy after death, Kiyoshi Murata and Yohko Orito, ETHICOMP 2014, 2014年06月
  • ソーシャルメディア企業のビジネスモデルとプライバシー保護に関するユーザの意識, 折戸洋子、村田潔, 日本情報経営学会 第68回全国大会, 2014年05月
  • ネットユーザのオンラインプライバシー保護意識:理論と現実, 村田潔, 折戸洋子, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2013年09月
  • 日本におけるネット選挙運動解禁前夜の状況, 折戸洋子, 守屋英一, 中西晶, 村田潔, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2013年09月
  • 誰がプライバシーを侵害するのか:ビッグデータ時代のプライバシー保護, 村田潔, 折戸洋子, 経営情報学会全国研究発表大会要旨集(Web), 2013年
  • The schizophrenic society, Kiyoshi Murata, Yohko Orito, Proceedings of the IADIS International Conference ICT, Society and Human Beings 2012, Proceedings of the IADIS International Conference e-Commerce 2012, 2012年12月, This study deals with pathology similar to schizophrenia, which may be developed by the widespread use of social media, based on careful observation of individual and organisational behaviour in the current Net society and the results of studies on phenomenological psychiatry. Anyone can undergo an identity crisis with the feeling of strangeness that his/her independence is taken over by others, a symptom unique to schizophrenia, in the current Net environment which is characterised by the vanishing boundary between real space and cyberspace and great difficulty in protecting information privacy. © 2012 IADIS.
  • ソーシャルメディアを活用した就職活動とデジタル・アイデンティティの構築, 折戸 洋子, 村田 潔, 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集, 2012年, 近年、「ソー活」と総称されるソーシャルメディアを活用した採用・就職活動が行われており、特に就職活動中のあるいは就職活動を行う予定の大学生にとっては、ソーシャルメディアを使いこなしながら、どのように就職活動を進めていくかが関心事項となりつつある。そのような状況の中で、ソーシャルメディアなどを通じてネット上で表現された自己像(デジタル・アイデンティティ)をいかに構築していくのかは、就職活動だけではなく、個人の社会生活全般に影響をもたらしうることが考えられる。本研究ではソーシャルメディアを活用した就職活動の現状をふまえながら、若者世代のデジタル・アイデンティティ構築およびそのための教育方法について考察する。
  • 若者のオンラインプライバシー感覚:個人情報提供行動に関する意識とその要因, 折戸洋子, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2011年11月
  • Information Offering by Anonymous in Japanese Human Flesh Search: Analysis of Motivation in Social Media Platform., Hidenobu Sai,Yohko Orito, 11th Annual International Symposium on Applications and the Internet, SAINT 2011, Munich, Germany, 18-21 July, 2011, Proceedings, 2011年
  • Private Information Transmission on the Consumer Generated Media: Information Privacy in the Japanese Context., Yohko Orito,Hitoshi Okada,Hidenobu Sai, International Conference on Advances in Social Networks Analysis and Mining, ASONAM 2011, Kaohsiung, Taiwan, 25-27 July 2011, 2011年
  • B to Cネットビジネスにおけるオンラインプライバシーポリシーとプライバシーシールの有効性, 村山賢哉, 折戸洋子, 村田潔, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2009年11月
  • 日本人の情報プライバシー意識, 村田潔, 折戸洋子, ADAMS Andrew A., 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2009年11月
  • ウェブ空間における認識ならびに意図のコンフリクト:日本人の私的情報発信行動と情報プライバシー意識, 折戸洋子, 日本情報経営学会全国大会予稿集, 2009年05月
  • 安全・安心社会のジレンマ, 折戸洋子, 横幹連合コンファレンス(CD-ROM), 2009年
  • 情報システム部門の役割変遷, 折戸 洋子, 経営情報学会 全国研究発表大会要旨集, 2008年, 日本における情報システム部門は、1950年代から現在に至るまで、企業内外にわたる様々な変化に対応するために変遷を続け、多様な機能を提供することが期待されてきた。しかし現在、情報システム部門の提供する機能は、アウトソーシングのように、外部から調達されることも珍しくない。本稿では、1950年代から現在までの情報システム部門の役割変遷を概観した上で、現在の情報システム部門に期待される役割と課題について検討する。
  • 手段の目的化と局所最適化行動, 村山賢哉, 山下洋史, 折戸洋子, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2007年12月
  • 組織間PMフレームワークとJITシステム, 折戸洋子, JUNG Nyunho, MNIF Wassim, 山下洋史, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2006年12月
  • インターンシップのRH(ランク・ヒエラルキー)的ジレンマとインターネット活用, 大割時子, 折戸洋子, 山下洋史, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2006年05月
  • 情報の取扱いに関する問題構造フレームワークとコンピュータ・ウィルス, 折戸洋子, 川中孝章, 山下洋史, 松丸正延, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2006年05月
  • 個人情報保護のための高‐低エントロピー・フレームワーク, 折戸洋子, 久保敏, 山下洋史, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2006年05月
  • 「社会のゲートキーパー」としてのマスコミの役割, 池田洸一, 折戸洋子, 山下洋史, 日本経営システム学会全国研究発表大会講演論文集, 2006年05月

作品

  • 平成 30 年度 えひめ女性財団助成研究報告書 「愛媛県における女性の就業およびキャリア志向性に関する比較研究 :金融系組織を中心に」, 折戸洋子・曽我亘由・園田雅江, その他, 2019年04月 - 現在
  • Share: What Do You Want to Share with Others, 村田潔・折戸洋子編 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール5期生、明治大学商学部 村田ゼミナール21期生, その他, 2019年03月 - 現在,  「シェア」という概念、およびその現象に注目し、情報およびモノのシェアが現在どのように行われており、また特に日本でのホームシェアリングがどのような状況にあるのかについて調査を行った。本書は、その文献研究の結果、およびアンケート調査(日本語、英語、中国語、スペイン語での実施)やインタビュー調査の結果をまとめたものである。
  • 飲食店に関するクチコミサイトの利用実態 ~大学生にとってのクチコミ、飲食店にとってのクチコミ~, 折戸洋子編 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール4期生、調査協力:明治大学商学部 村田ゼミナール20期生 , その他, 2017年07月 - 現在, 本研究では、若者世代の消費者が飲食店を選択する際にクチコミ情報やクチコミサイトがどのように利用されているのか、クチコミを書かれる飲食店側にとってのクチコミ情報の意義や価値があるのかについて、アンケート調査やインタビュー調査を通じて考察する。
  • 小学生・中学生・高校生の保護者および指導者向けのLINEガイド「LINEの歩き方」, 村田潔・折戸洋子編 明治大学商学部村田ゼミナール18期生 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール2期生, 教材, 2016年03月 - 現在, 小学生、中学生、高校生の子供を持つ保護者の方、また小学校、中学校、高等学校で児童・生徒たちの生活指導に関わっている方々を対象に、現在急速に普及しつつあるメッセンジャーアプリLINEの利用実態とその利用のあるべき姿について、子供あるいは児童・生徒とともに学ぶための資料として、また簡単な教材として役立つよう編集されたものである。
  • ソシアルメディアを利用した就職活動のための「ソー活ガイド」, 村田潔・折戸洋子編 明治大学商学部村田ゼミナール17期生 愛媛大学法文学部折戸ゼミナール1期生, 教材, 2015年03月 - 現在,  ソシアルメディアを活用した就職活動、「ソー活」についての調査報告書
  • あなたがあなたであるために<中学生・高校生版:教員・保護者向けガイド>, ビジネス情報倫理研究所編, 教材, 2012年 - 現在
  • あなたがあなたであるために<大学生版>, ビジネス情報倫理研究所編, 教材, 2012年 - 現在

MISC

  • 20, 333, 351, 2004年
  • 21, 377, 395, 2004年
  • 22, 353, 372, 2005年
  • 12, 197, 203, 2005年
  • 23, 319, 338, 2005年
  • 88, 3, 99, 113, 2006年
  • 88, 4, 19, 32, 2006年
  • 88, 4, 137, 149, 2006年
  • 22, 2, 33, 39, 2006年
  • 14, 239, 251, 2007年
  • 27, 4, 83, 92, 2007年
  • 15, 129, 134, 2008年
  • 28, 4, 64, 71, 2008年
  • 88, 4, 19, 32, 2006年

その他研究情報

受賞

  • 2014年, 一般社団法人社会情報学会, 優秀文献賞, Shiro Uesugi edits, "IT Enabled Services" (章分担共著者として)
  • 2009年, 日本情報経営学会, 論文奨励賞(涌田宏昭賞), 反『コントロール革命』:データベイランス・アーキテクチャがもたらすサイレント・コントロール

競争的資金

  • 文部科学省:科学研究費補助金 基盤C, 地方在住女性のキャリア意識形成に関する国際比較研究, 曽我亘由 , 分担者 園田雅江 浅井亮子 折戸洋子
  • 公益財団法人科学技術融合振興財団, 平成30年度 調査研究助成, ネットワークを応用したアテンションゲームの制作, 田窪美葉
  • 日本学術振興会・STINT, 二国間交流事業共同研究, 持続可能性と倫理の実現に資する情報通信技術の開発と利用に関する日瑞比較研究, 村田潔
  • 文部科学省, 科学研究費補助金:基盤研究C, ソーシャルメディアの利用が若者の自己同一性形成に与える影響に関する学際的研究, 折戸 洋子, 分担者:村田潔、田窪美葉
  • (公財)えひめ女性財団, 平成30年度 調査研究助成事業, 愛媛県における女性の就業およびキャリア志向性に関する比較研究:金融系組織を中心に, 折戸洋子 曽我亘由 園田雅江
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 基盤研究(B), ユーザ中心のプライバシー保護と個人情報セキュリティ確立に関する学際的国際比較研究, Andrew A Adams
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 国民番号制度の有効性と社会的課題に関する学際的比較研究:日本と北欧諸国を中心に, 長井 偉訓
  • 文部科学省, 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業, 組織情報倫理学:営利および非営利組織における情報倫理問題への対応のための政策提言に関する研究, 村田潔
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 基盤研究(B), ICTベースドサービスによる疎外とそれに関わる組織の社会責任に関する国際比較研究, 村田潔
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 若手研究(B) , 若年世代のオンラインでの情報発信行動とデジタルアイデンティティ形成に関する研究, 折戸 洋子
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 基盤研究(B), ソーシャルメディア時代における組織ならびに個人の行動と個人情報保護に関する研究, Andrew A Adams
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 基盤研究(C), 企業における情報倫理問題の分析とそれへの対応策の提言:企業情報倫理に関する研究, 村田潔
  • 文部科学省: 科学研究費補助金, 若手研究(B) , ビジネス組織におけるデータベイランスとオンラインプライバシー保護に関する研究, 折戸 洋子
  • 学術振興会, 特別研究員奨励費(DC2), 経営情報倫理学に関する研究-個人・企業・環境の視点から-, 折戸 洋子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.