詳細検索はこちら

亀山 真典カメヤマ マサノリ

所属部署
地球深部ダイナミクス研究センター
職名教授
メールアドレスkameyama.masanori.my[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://www.sci.ehime-u.ac.jp/~kameyama/index-j.html
生年月日
Last Updated :2018/08/04

研究者基本情報

基本情報

    プロフィール:数値シミュレーションによるマントルダイナミクスの解明、及びシミュレーションに必要な計算手法の開発をテーマに研究しています。

学歴

  • 1995年04月 - 1998年03月, 東京大学, 大学院理学系研究科, 地球惑星物理学専攻
  • 1993年04月 - 1995年03月, 東京大学, 大学院理学系研究科, 地球惑星物理学専攻
  • 1989年04月 - 1993年03月, 東京大学, 理学部, 地球物理学科

学位

  • 博士(理学)

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 愛媛大学, 地球深部ダイナミクス研究センター, 教授
  •   2007年09月,  - 2016年03月, 愛媛大学, 地球深部ダイナミクス研究センター, 准教授
  •   2003年04月,  - 2007年08月, 海洋研究開発機構, 地球シミュレータセンター, 研究員

所属学協会

  • 日本地震学会
  • 日本惑星科学会
  • 米国地球物理学連合
  • 可視化情報学会

研究活動情報

研究分野

  • 固体地球惑星物理学

研究キーワード

    数値シミュレーション, マントル対流, 並列計算, 多重格子法

論文

MISC

  • 研究会開催報告:計算惑星科学シンポジウム
    林 祥介, 梅田 隆行, 梅村 雅之, 小河 正基, 亀山 真典, 玄田 英典, 小久保 英一郎, 高橋 芳幸, 寺田 直樹, 中本 泰史, 西澤 誠也, 牧野 淳一郎, 遊・星・人 : 日本惑星科学会誌, 23, (1) 64 - 69,   2014年03月25日
  • マントル対流 : 「固体」地球内部の「流れ」(<小特集>流体ではない流れ)
    亀山 真典, 日本機械学會誌, 116, (1136) 478 - 480,   2013年07月05日
  • マントル対流の流体力学 (特集 自然界から学ぶフルードの世界(3))
    亀山 真典, 油空圧技術, 51, (13) 17 - 22,   2012年12月
  • マントル対流 : 地球深部で「流れる」「固体」(<特集>地球惑星科学における流体現象1〜地球内部編〜)
    亀山 真典, ながれ : 日本流体力学会誌, 30, (4) 305 - 310,   2011年08月25日
  • Ubiquitous interactive visualization of 3-D mantle convection through web applications using java
    Jonathan C. Mc Lane, Wojciech W. Czech, David A. Yuen, Michael R. Knox, James B S G Greensky, M. Charley Kameyama, Vincent M. Wheeler, Rahul Panday, Hiroki Senshu, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 5359,   2008年12月01日, We have designed a new system for real-time interactive visualization of results taken directly from large-scale simulations of 3-D mantle convection and other large-scale simulations. This approach allows for intense visualization sessions for a couple of hours as opposed to storing massive amounts of data in a storage system. Our data sets consist of 3-D data for volume rendering with sets ranging as high as over 10 million unknowns at each timestep. Large scale visualization on a display wall holding around 13 million pixels has already been accomplished with extension to hand-held devices, such as the OQO and Nokia N800. We are developing web-based software in Java to extend the use of this system across long distances. The software is aimed at creating an interactive and functional application capable of running on multiple browsers by taking advantage of two AJAX-enabled web frameworks: Echo2 and Google Web Toolkit. © 2008 Springer Berlin Heidelberg.
  • マントル対流を可視化する
    亀山 真典, 可視化情報学会誌 = Journal of the Visualization Society of Japan, 28, (110) 174 - 179,   2008年07月01日
  • The dynamical influences from physical properties in the lower mantle and post-perovskite phase transition
    David A. Yuen, Ctirad Matyska, Ondřej Čadek, Masanori Kameyama, Geophysical Monograph Series, 174,   2007年01月01日, © 2007 by the American Geophysical Union. The discovery of post-perovskite phase transition near the core-mantle boundary (CMB) has turned our heads to the potentially important role played by the increasing complexity of the physical properties in the lower-mantle models. In this study we have investigated the influences on lower mantle dynamics by the strongly depth-dependent coefficient of thermal expansion and radiative thermal conductivity together with the post-perovskite transition within the framework of isochemical models. We have carried out the simulations in both 2-D and 3-D Cartesian geometries. First, we review the basic connection between the temperature profile a nd the Clapeyron slope, calling attention to the special relationship between the temperature intercept of the post-perovskite phase change and the temperature at the core-mantle boundary. Double-crossing of the post-perovskite boundary takes place only, when the temperature of the CMB is greater than the temperature intercept of the phase change. We find that mantle plumes become multiscale in nature because of the combined effects exerted by variable mantle viscosity, strongly depth-dependent thermal expansivity, radiative thermal conductivity at the bottom of the mantle, the spinel to perovskite phase transition and the perovskite to post-perovskite phase change in the deep mantle. Both radiative thermal conductivity and strongly decreasing thermal expansivity in the lower mantle can help to induce partially layered convection with slabs stagnating in the transition zone. In our isochemical models a second low viscosity zone is created under the transition zone accompanied by intense shear heating. Secondary mantle plumes emerge from this region at the base of the transition zone. Large-scale upwellings in the lower mantle are induced mainly by both the style of lower-mantle stratification and the decrease in thermal expansivity. They control the location and the local dynamics of the upper-mantle plumes. In these models with variable thermal conductivity and viscosity, an increase in the temperature of the CMB causes a greater tendency for layered convection. From the same depth-dependent thermal expansivity, we can deduce the 3-D density anomalies from the seismic velocity anomalies inferred from seismic tomographic inversion. Using these density distributions, we can calculate the viscous responses of the Earth due to these density anomalies for a given viscosity structure. We then focus on the lateral viscosity variations of the deep mantle on the solution of the inverse problem involving the inferences of the viscosity from the long-wavelength geoid. Our solution for the large-scale lateral viscosity structure in the lowermost mantle shows that the region underneath hot spots have significantly higher viscosity in the deep mantle than the region below subduction regions. Recent inferences from firstprinciples calculations and laboratory experiments on analogue post-perovskite material also surmise the rheology of post-perovskite would be dominated by dislocation mechanism and be softer than perovskite. We put forth a hypothetical scenario in which the bottom portions of the superplumes in the deep mantle are stiffer than the adjacent post-perovskite mantle and are held fixed by the surrounding horizontal flow of post-perovskite.
  • A 15.2 TFlops simulation of geodynamo on the earth simulator
    Akira Kageyama, Masanori Kameyama, Satoru Fujihara, Masaki Yoshida, Mamoru Hyodo, Yoshinori Tsuda, Proceedings of the ACM/IEEE SC 2004 Conference: Bridging Communities,   2004年01月01日, © 2004 IEEE. For realistic geodynamo simulations, one must solve the magnetohydrodynamic equations to follow time development of thermal convection motion of electrically conducting fluid in a rotating spherical shell. We have developed a new geodynamo simulation code by combining the finite difference method with the recently proposed spherical overset grid called Yin-Yang grid. We achieved performance of 15.2 Tflops (46% of theoretical peak performance) on 4096 processors of the Earth Simulator.

書籍等出版物

  • The earth simulator
    北脇 重宗, 佐久間 弘文, 亀山 真典, 円山 重直, 橋田 俊之, Tohoku University Press,   2007年, ISBN:9784861630804

講演・口頭発表等

  • 超大陸サイクルとマントル内熱化学構造との相互関係: 2次元マントル対流シミュレーションに基づく考察
    亀山 真典、原田 あかり, 日本地質学会第124年学術大会,   2017年09月18日, 招待有り
  • 火成活動を伴うマントル対流シミュレーションの試み: モデル形状の効果はいかほどか
    亀山 真典、小河 正基, 日本地球惑星科学連合2017年大会,   2017年05月22日
  • 熱伝導率の深さ依存性と強い圧縮性をもつ流体の熱対流シミュレーション: スーパー地球のマントル対流に対する考察
    亀山 真典、山本 真由美, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月26日
  • 巨大スーパーアースのマントル対流シミュレーション
    宮腰 剛広、亀山 真典、小河 正基, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月24日
  • マントル対流シミュレーションの技術開発: 地球型惑星内部の解明に向けて
    亀山 真典、宮腰 剛広、柳澤 孝寿、小河 正基, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月24日
  • Estimate of subduction rate of island arcs to the deep mantle
    市川 浩樹、山本伸次、河合 研志、亀山 真典, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月23日
  • Numerical simulations on the upwelling plumes in the mantle of super-Earths in 2-D axisymmetric geometry
    亀山 真典, 日本地球惑星科学連合2016年大会,   2016年05月22日
  • スーパーアースのマントル対流シミュレーション
    宮腰剛広, 亀山真典, 小河正基, 日本天文学会年会講演予稿集,   2016年02月20日
  • マントル対流シミュレーション:地球型惑星内部の解明に向けて
    亀山真典, 宮腰剛広, 柳澤孝寿, 小河正基, 日本天文学会年会講演予稿集,   2016年02月20日
  • マグマオーシャンでの金属とシリケイトの分離過程における熱・元素の分配過程(オーラルセッション3 内惑星・ハビタブルプラネット)
    市川 浩樹, Labrosse Stephane, 亀山 真典, 日本惑星科学会秋期講演会予稿集,   2010年10月06日
  • 数値モデリングによる付加体内部温度構造の推定 南海トラフの例
    亀山真典, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   2001年10月15日
  • 構造探査結果および地震活動を用いて推定したフィリピン海プレートの形状
    馬場俊孝, 堀高峰, CUMMIS P R, 亀山真典, 宇平幸一, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   2000年11月09日
  • 熱と変形の相互作用からみた摩擦構成則の一解釈
    亀山真典, 堀高峰, CUMMINS P R, 平野聡, 馬場俊孝, 宇平幸一, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   2000年11月09日
  • P波速度から推定される堆積物のポアソン比
    東方外志彦, 亀山真典, 平野聡, 宇平幸一, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   2000年11月09日
  • 海山の沈み込みに伴う変形と破壊
    馬場俊孝, 堀高峰, PARK J‐O, 平野聡, 亀山真典, CUMMINS P R, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   1999年11月09日
  • プレート境界地震後の余効変動 下部地殻での応力緩和とアフタースリップ
    堀高峰, CUMMINS P R, 亀山真典, 平野聡, 馬場俊孝, 金田義行, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   1999年11月09日
  • 地殻内の弾性波速度と密度の関係
    東方外志彦, 亀山真典, 金田義行, 河野芳輝, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   1999年11月09日
  • 粘性率が温度に強く依存する場合の熱対流 2次元極座標
    中川貴司, 亀山真典, 藤本博巳, 浜野洋三, 理論応用力学講演会講演論文集,   1999年01月25日
  • 103 粘性率が温度に強く依存する場合の熱対流 : 2次元極座標(セッションI)
    中川 貴司, 亀山 真典, 浜野 洋三, 日本惑星科学会秋期講演会予稿集,   1998年10月13日, The viscosity of the mantle is the strongly dependence of the temperature. We simulate the thermal convection with temperature dependent viscosity in the cylindrical polar coordiate. The model is considered basal-heating and time-dependent convection model of the Boussinesq approximation, infinite Prandtl number and Newtonian fluid. The viscosity of modelled mantle is the function of exponential to the temperature. The ratio across inner and outer boundary is used 0.5. The Rayleigh number is used 6×10^6. The viscosity contrast is used up to 10^5. The result of our calculation is similar to 2D box model: we find three styles of convection, which is Whole layer mode, Sluggish lid mode and Stagnant lid mode. Appearance of the Stagnant lid mode, cylindical annulus case is lower viscosity contrast compared with 2D box model. In this presentation, we discuss about temperature dependence of viscosity required the numerical modelling of mantle convection with geometry and dynamics of the lithosphere based on our simulation result.
  • 局所的すべり帯形成時における粘性加熱の粒度依存レオロジーとの相互作用(原標題は英語)
    亀山真典, 藤本博巳, YUEN D A, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1998年05月
  • 幅広箱中における温度依存粘性の移動するふたモデル
    亀山真典, 小河正基, 藤本博巳, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1998年05月
  • 粒径依存レオロジーを持つマントル対流の数値計算
    亀山真典, 藤本博巳, 小河正基, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1997年03月
  • マントル対流‐プレート運動の数値シミュレーションの試み
    亀山真典, 藤本博巳, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   1996年09月
  • マントル対流‐マグマ移動の数値シミュレーション
    亀山真典, 藤本博巳, 小河正基, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1996年03月
  • 対流するマントル中でのマグマ移動
    亀山真典, 小河正基, 藤本博巳, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1995年03月
  • 火成活動を伴うマントル対流の数値計算
    亀山真典, 小河正基, 藤本博巳, 地球惑星科学関連学会合同大会予稿集,   1995年03月
  • 216 上部マントルの熱・化学進化に与える密度逆転の影響(セッション3)
    亀山 真典, 小河 正基, 藤本 博巳, 日本惑星科学会秋期講演会予稿集,   1994年10月03日
  • 上部マントルの熱・化学進化に与える固液密度逆転の影響
    亀山真典, 小河正基, 藤本博巳, 日本地震学会秋季大会講演予稿集,   1994年10月
  • 上部マントルの熱・化学進化に与える密度逆転の影響
    亀山真典, 小河正基, 藤本博巳, 日本惑星科学会秋季講演会予稿集,   1994年10月

受賞

  •   2010年, 可視化情報学会第21期映像賞

競争的資金

  • 『大きなマントルウェッジ』(BMW) 内の3次元マントル対流シミュレーション
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 亀山 真典
  • 固液2相系・多成分系を扱う3次元マントル対流シミュレーションプログラムの開発
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 亀山 真典
  • マントル下降流に伴う滞留スラブの形成・崩落過程の数値モデリング
    文部科学省, 科学研究費補助金(特定領域研究), 吉岡 祥一, 本研究では、主として、3次元箱型、2次元箱型の熱対流を用いたスラブ沈み込みモデルを構築した。3次元箱型モデルでは、高速な数値解法アルゴリズムの開発を進め、海洋プレートの沈み込みを実現し、410km、660kmでの相転移、660kmでの粘性ジャンプ、粘性率の温度・圧力依存性、海溝の後退などをモデルに取り入れた。数値シミュレーションの結果、滞留スラブの形成には海溝の後退が重要であることを示した。2次元モデルでは、プレートに強制的な沈み込み速度を与えるモデルと、自発的にプレートが沈み込むモデルを構築した。前者では、海溝の後退がある場合、660kmでの相転移によってスラブを浮かせるモードと下部マントルの高粘性によってスラブを支えるモードがあることを示した。また、海溝後退によって生成された滞留スラブが、下部マントルへと崩落するメカニズムとして、海溝後退の停止や前進が重要であることを示した。後者のモデルでは、マントル遷移層でのスラブの振る舞いと地表のテクトニクスの相互作用を扱うことを可能にし、様々な構造を持つ滞留スラブを再現した。また、滞留スラブの形成には、海溝の後退が非常に重要であり、滞留・崩落の過程には、2つの様式があることを明らかにした。
  • 世界最高速の3次元マントル対流シミュレーションプログラムの開発
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 亀山 真典
  • 地球磁場ダイナモの発生と逆転の物理
    文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 佐藤 哲也


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.