研究者データベース

寺谷 亮司テラヤ リョウジ

所属部署名社会共創学部 地域資源マネジメント学科
職名教授
Last Updated :2020/07/04

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    寺谷 亮司
  • 氏名(カナ)

    テラヤ リョウジ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/read0171245/avatar.jpg
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    社会共創学部 地域資源マネジメント学科
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1988年03月, 東北大学, 理学研究科 博士後期課程
  • 1988年, 東北大学
  • 1982年03月, 東北大学, 理学部
  • 1982年, 東北大学

学位

  • 理学修士
  • 博士(理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 愛媛大学人文学会
  • 愛媛地理学会
  • 北海道地理学会
  • 日本アフリカ学会
  • 日本酒造史学会
  • 日本醸造学会
  • 中・四国都市学会
  • 日本都市学会
  • 地理科学学会
  • 東北地理学会
  • 日本地理学会
  • Ehime University
  • The Society of Letters and Human Sciences
  • Ehime Geographical Society
  • Hokkaido Geographical Society
  • Japan Association for African Studies
  • Brewing History Society of Japan
  • Brewing Society of Japan
  • Hokkaido Society for Urbanology
  • Chugoku and Shikoku Society for Urbanology
  • Japan Society for Urbanology
  • Tokyo Geographical Society
  • The Japanese Society for Geographical Sciences
  • The Tohoku Geographical Association
  • The Association of Japanese Geographers

委員歴

  • 2019年04月 - 現在, 愛媛県文化財団, 「文化愛媛」編集委員会委員長
  • 2018年04月 - 現在, 松山市文化創造支援協議会, 会長
  • 2015年04月 - 現在, 愛媛の地酒で乾杯推進協議会, 理事
  • 2015年04月 - 現在, 道後温泉活性化懇談会, 委員
  • 2013年07月 - 現在, 松山市清水地区まちづくり協議会, 委員
  • 2012年05月 - 現在, 松山市中心市街地活性化協議会, 委員
  • 2011年 - 現在, 愛媛地理学会, 会長, 愛媛地理学会
  • 2006年10月 - 現在, 日本・モザンビーク市民友好協会, 理事
  • 2006年 - 現在, 地理科学学会, 評議員, 地理科学学会
  • 2006年 - 現在, 日本地理学会, 代議員, 日本地理学会
  • 2005年 - 現在, 東北地理学会, 評議員, 東北地理学会
  • 2013年05月 - 2019年04月, 松山市景観審議会, 委員
  • 2017年06月 - 2018年03月, 新幹線を活かした四国の地域づくりビジョン調査委員会, 委員
  • 2016年06月 - 2018年03月, 松山市文化計画談話会, 委員
  • 2015年04月 - 2018年03月, 環境省・地域活性化に向けた協働取組の加速化事業, 審査委員
  • 2006年06月 - 2016年06月, 愛媛県大規模小売店舗立地審議会, 委員
  • 2015年06月 - 2016年03月, 今治市中心市街地基本計画策定審議会, 委員
  • 2013年12月 - 2014年07月, 西条市市民憲章制定委員会, オブザーバー
  • 2013年04月 - 2014年03月, 松山市一時駐輪対策検討懇談会, 会長
  • 2007年10月 - 2009年03月, 愛媛運輸支局, アドバイザー
  • 2005年 - , 愛媛大学人文学会, 運営委員, 愛媛大学人文学会
  • 2002年 - , 中・四国都市学会, 会長, 中・四国都市学会

経歴

  • 2019年04月 - 現在, 愛媛大学 社会連携推進機構地域文化研究部門 部門長
  • 2019年04月 - 現在, 愛媛大学 地域共創研究センター センター長
  • 2018年06月 - 現在, 松山ブンカ・ラボ ラボ長
  • 2016年04月 - 現在, 愛媛大学 社会共創学部 教授
  • 2014年04月 - 現在, 愛媛大学 国際連携推進機構 モザンビーク交流推進班 班長
  • 2018年04月 - 2020年03月, 愛媛大学 社会共創学部 地域資源マネジメント学科 学科長
  • 2019年04月 - , 愛媛大学 社会連携推進機構 地域文化研究部門部門長
  • 2012年04月 - 2019年03月, 愛媛大学 地域創成研究センター センター長
  • 2012年04月 - 2016年03月, 愛媛大学 地域創成研究センター 教授
  • 2003年04月 - 2012年03月, 愛媛大学 法文学部 教授
  • 2008年03月 - 2008年05月, ケープタウン大学 環境・地理学部 客員研究員
  • 1996年04月 - 2003年03月, 愛媛大学 法文学部 助教授
  • 2000年10月 - 2001年03月, モーリシャス大学 社会・人文学部 客員研究員
  • 2000年02月 - 2000年03月, ロンドン大学 アジア・アフリカ研究学院(SOAS) 客員研究員
  • 1994年04月 - 1996年03月, 愛媛大学 教養部 助教授
  • 1991年05月 - 1994年03月, 愛媛大学 教養部 専任講師
  • 1988年04月 - 1991年05月, 北海道大学 文学部 助手

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 人文・社会, 人文地理学

研究キーワード

  • モザンビーク
  • 南アフリカ共和国
  • 都市
  • 飲食文化
  • 北海道
  • モーリシャス
  • アフリカ
  • 人文地理学
  • Mozambique
  • South Africa
  • City
  • Eating and Drinking Culture
  • Alcoholic Drinks
  • Hokkaido
  • Mauritius
  • Africa
  • Human Geography

著書・発表論文等

論文

書籍等出版物

講演・口頭発表等

作品

MISC

  • えひめ・酒風土①-日本酒醸造業-, 寺谷亮司, 文化愛媛, 文化愛媛, 83, 9, 9, 2020年01月
  • 愛媛大学地域創成研究センター活動報告, 寺谷 亮司, 地域創成研究年報, 地域創成研究年報, 14, 137, 139, 2019年03月
  • 愛媛地理学会50年の回顧と展望, 寺谷 亮司, 愛媛の地理, 愛媛の地理, 25, 1, 3, 2018年09月
  • 都市論・オムニバスエセー⑥-シュリンキング・シティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 655, 25, 25, 2018年01月
  • 都市論・オムニバスエセー⑤-シティ・イン・シティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 653, 3, 3, 2017年11月
  • 都市論・オムニバスエセー④-スローシティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 651, 3, 3, 2017年09月
  • 地域資源マネジメント学科文化資源マネジメントコースにおけるフィールドワーク「松山市中心部の文化資源を探る」の実践, 寺谷 亮司, 愛媛大学社会共創学部紀要, 愛媛大学社会共創学部紀要, 1, 2, 33, 38, 2017年09月
  • インドネシアにおける「海外インターンシップ」パイロットプログラムの実施報告, 寺谷 亮司, 愛媛大学社会共創学部紀要, 愛媛大学社会共創学部紀要, 1, 2, 25, 32, 2017年09月
  • 都市論・オムニバスエセー③-グリッド・シティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 649, 3, 3, 2017年07月
  • 都市論・オムニバスエセー②-クリエィテイブ・シティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 647, 11, 11, 2017年05月
  • 都市論・オムニバスエセー①-ゲートウェイ・シティ, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 645, 11, 11, 2017年03月
  • 書評 伊藤千尋著『都市と農村を架ける-ザンビア農村社会の変容と人びとの流動性-』, 寺谷 亮司, 人文地理, 人文地理, 68, 230, 231, 2016年08月
  • 北海道の酒風土⑥-ビール, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 637, 19, 19, 2016年07月
  • 北海道の酒風土⑤-日本酒その2, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 635, 22, 22, 2016年05月
  • 北海道の酒風土④-日本酒その1, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 633, 11, 11, 2016年03月
  • 北海道の酒風土③-ウィスキー-, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 631, 15, 15, 2016年01月
  • 書評 内藤辰美著「北の商都「小樽の」近代」, 寺谷 亮司, 図書新聞, 図書新聞, 3234, 53, 2015年12月
  • 北海道の酒風土②-甲類焼酎-, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 629, 26, 26, 2015年11月
  • 北海道の酒風土①-ワイン-, 寺谷 亮司, 開発こうほう, 開発こうほう, 627, 7, 7, 2015年09月
  • 2015年春季学術大会シンポジウム「1990年代以降の日本の都市システムの構造変化」, 寺谷 亮司, 日本地理学会E-journal, 日本地理学会E-journal, 10, 1, 1, 5, 2015年
  • 法文学部地理学教室50年のあゆみ, 寺谷 亮司, 愛媛の地理, 愛媛の地理, 23, 1, 2, 2014年06月
  • 日本都市学会60周年記念大会挨拶, 寺谷 亮司, 日本都市学会年報, 日本都市学会年報, 47, 7, 8, 2014年
  • モーリシャスとモーリシャン, (財)日本国際協力センターJICE, (財)日本国際協力センターJICE, 50, 5, 6, 2005年
  • 書評 嶋田義仁・松田素二・和崎春日著『アフリカの都市的世界』, アフリカ研究, アフリカ研究, 62, 86, 88, 2003年
  • Touring rural hilly areas and traditional local towns in Northwestern Shikoku and on A-bombed modern city Hiroshima, International Geographical Congress 2000 : A Field Trip Guidebook of Post-congress Sientific Field Trip F-H, International Geographical Congress 2000 : A Field Trip Guidebook of Post-congress Sientific Field Trip F-H, 65, 84, 2000年
  • Touring rural hilly areas and traditional local towns in Northwestern Shikoku and on A-bombed modern city Hiroshima, International Geographical Congress 2000 : A Field Trip Guidebook of Post-congress Sientific Field Trip F-H, International Geographical Congress 2000 : A Field Trip Guidebook of Post-congress Sientific Field Trip F-H, 65, 84, 2000年

その他研究情報

受賞

競争的資金

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019年, 前期, 学部, 海外フィールド実習
  • 2019年, 前期, 学部, プロジェクト実践演習
  • 2019年, 前期, 学部, 文化資源マネジメント論
  • 2019年, 前期, 学部, 文化資源論Ⅰ
  • 2019年, 前期, 学部, 都市景観論
  • 2019年, 前期, 学部, フィールド実習
  • 2019年, 前期, 学部, 国際比較観光論


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.