詳細検索はこちら

全 邦釘チョン パンジョ

所属部署
大学院理工学研究科 生産環境工学専攻
職名准教授
メールアドレスchun[at]cee.ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURL
生年月日
Last Updated :2017/09/12

研究者基本情報

学歴

  • 2006年09月 - 2010年05月, Wayne State University, College of Engineering, Department of Civil and Environmental Engineering
  • 2005年04月 - 2006年09月, 東京大学大学院, 工学系研究科, 社会基盤学専攻 博士後期課程
  • 2003年04月 - 2005年03月, 東京大学大学院, 工学系研究科, 社会基盤学専攻 博士前期課程
  • 2003年04月 - 2004年03月, 延世大学大学院, 工学系研究科, 土木工学専攻
  •  - 2003年03月, 東京大学, 工学部, 土木工学科

経歴

  •   2016年04月,  - 現在, 愛媛大学大学院, 理工学研究科 生産環境工学専攻, 准教授
  •   2010年12月,  - 2016年03月, 愛媛大学大学院, 理工学研究科 生産環境工学専攻, 助教
  •   2010年06月,  - 2010年11月, 延世大学大学院, 工学系研究科, Postdoctoral Research Associate

所属学協会

  • 日本コンクリート工学会
  • 土木学会

委員歴

  •   2017年06月 - 現在, JCI四国支部 四国におけるインフラ維持管理新技術研究委員会, 委員長
  •   2017年02月 - 現在, 四国地方整備局 路面性状を簡易に把握可能な新技術評価のための舗装WG, 委員
  •   2016年04月 - 現在, 土木学会 複合構造委員会 複合構造物の構造検査と性能評価に関する研究小委員会, 幹事
  •   2016年04月 - 現在, 四国地方整備局 四国地域橋梁管理委員会, 委員
  •   2016年04月 - 現在, 四国地方整備局 四国建設業BCP等審査会, 愛媛県審査部会員
  •   2016年04月 - 現在, 愛媛県 えひめ建設業BCP等審査会, 委員
  •   2016年04月 - 現在, 愛媛県建設工事総合評価, 審査委員
  •   2015年09月 - 現在, 土木学会 応用力学委員会, 地区幹事
  •   2011年04月 - 現在, 土木学会 鋼構造委員会 構造物の長寿命化技術に関する検討小委員会, 幹事・WG長
  •   2016年04月 - 2018年03月, JCI四国支部 次世代のコンクリート構造物の劣化診断に関する特別研究委員会, 委員

研究活動情報

研究分野

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

研究キーワード

    画像解析, 人工知能, 構造工学, 橋梁工学, インフラマネジメント

論文

  • 鉄筋腐食と載荷による損傷がRCはりの固有振動数に及ぼす影響と有限要素法によるモデリング手法の提案
    近藤 健一,佐久間 啓蔵,大窪 和明,全 邦釘, コンクリート工学年次論文集, 39, (2) 823 - 828,   2017年
  • Tensile Strength Prediction of Corroded Steel Plates by Using Machine Learning Approach
    Cindy N. N. Karina, Pang-jo Chun, Kazuaki Okubo, Steel and Composite Structures, 24, (5) 635 - 641,   2017年
  • 多点同時計測と機械学習を用いた損傷同定手法のI型断面はり部材への適用
    全 邦釘, 蔵本 直弥, 熊岡 幸司, 土木学会論文集A2, 72, (2) I_623 - I_631,   2016年
  • 排水性舗装におけるポットホール発生リスクに関する定量分析
    橋爪 謙治,橋本 和明,全 邦釘,中畑 和之,石田 哲也, 土木学会論文集E1, 72, (3) I_115 - I_123,   2016年
  • Damage Detection of Corroded Steel Specimens by Using Machine Learning Approach
    C.N.N. Karina, Pang-jo Chun, The 7th International Conference on Sustainable Built Environment (ICSBE),   2016年
  • Finite Element Analysis for Bridge due to Corrosion
    C.N.N. Karina, Pang-jo Chun, The 7th International Conference on Sustainable Built Environment (ICSBE),   2016年
  • Bridge Damage Severity Quantification Using Multipoint Acceleration Measurement and Artificial Neural Networks
    Pang Jo Chun, Hiroaki Yamashita, Seiji Furukawa, Shock and Vibration, 2015,   2015年01月
  • Random Forestによるコンクリート表面ひび割れの検出
    全 邦釘, 井後 敦史, 土木学会論文集F3, 71, (2) I_1 - I_8,   2015年
  • ニューラルネットワークを用いた腐食鋼板の座屈耐荷力推定
    全 邦釘, 秋山 大誠, 真鍋 祐輔, 土木学会論文集A2, 71, (2) I_39 - I_47,   2015年
  • 決定木によるアスファルト舗装ひび割れの検出
    蔵本 直弥, 全 邦釘, 土木学会論文集A2, 71, (2) I_823 - I_830,   2015年
  • アスファルト舗装撮影画像からのひび割れ半自動検出システムの開発
    全 邦釘, 橋本 和明, 土木学会論文集E1, 71, (3) I_31 - I_38,   2015年
  • スーパーグローバルハイスクール事業でのインフラ維持管理教育の試み
    全 邦釘, 土木学会論文集H, 71, (1) 105 - 113,   2015年
  • 画像解析によるひび割れ検出とハフ変換による型枠跡およびPコン跡の同定
    全 邦釘, 井後 敦史, 橋本 和明, コンクリート工学年次論文集, 37, (1) 1777 - 1782,   2015年
  • 統計的特徴および幾何学的特徴に着目したコンクリート表面ひび割れの画像解析による検出
    全 邦釘, 片岡 望, 三輪 知寛, 橋本 和明, 大賀 水田生, 土木学会論文集F3, 70, (2) I_1 - I_8,   2014年
  • 三次元画像計測および有限要素解析による腐食鋼板の座屈挙動の検討
    全 邦釘, 真鍋 佑輔, 片岡 望, 有友 優太, 古川 清司, 大賀 水田生, 土木学会論文集A2, 70, (2) I_877 - I_886,   2014年
  • Buckling Experiment of Corroded Steel Plates Using Simple and Inexpensive Measurement System
    P. Chun, L. Sulaiman, N. Kataoka, Y. Manabe, N. Kuramoto, and M. Ohga, International Conference on Sustainable Built Environment,   2014年
  • Experimental Study of the Performance of Paint Coatings on the Weathering Steel Bridges
    S. Furukawa, P. Chun, H. Yamashita, and M. Ohga, International Conference on Sustainable Built Environment,   2014年
  • Evaluation and Prediction of Load Bearing Capacity of Weathering Steel Bridges with Abnormal Corrosion Damage
    S. Furukawa, P. Chun, H. Yamashita, N. Kataoka, N. Kuramoto, and M. Ohga, International Conference on Sustainable Built Environment,   2014年
  • 耐候性鋼橋梁の腐食損傷による耐荷力劣化の評価および将来予測
    古川 清司, 全 邦釘, 山下 弘晃, 大賀 水田生, 土木構造・材料論文集, 30, 37 - 43,   2014年
  • 四国の高速道路における耐候性鋼橋梁の現状
    古川 清司, 山下 弘晃, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木構造・材料論文集, 30, 27 - 35,   2014年
  • ナイーブベイズ法によるアスファルト舗装撮影画像からのひび割れ自動検出手法
    全 邦釘, 橋本 和明, 片岡 望, 蔵本 直弥, 大賀 水田生, 土木学会論文集E1, 70, (3) I_1 - I_8,   2014年
  • 排水性舗装の基層以深の劣化を要因としたポットホール発生予測手法の一提案
    橋爪 謙治, 橋本 和明, 明石 行雄, 全 邦釘, 土木学会論文集E1, 70, (3) I_17 - I_24,   2014年
  • Estimation of Dynamic Vertical Displacement using Artificial Neural Network and Axial strain in Girder Bridge
    S.Y. Ok, H.S. Moon, P. Chun, and Y.M. Lim, 大韓土木學會論文集, 34, (6) 1655 - 1665,   2014年
  • 同時生起行列を用いた赤外線サーモグラフィ法自動診断支援システムの 基礎研究
    橋爪 謙治, 橋本 和明, 全 邦釘, コンクリート工学年次論文集, 36, (1) 2002 - 2007,   2014年
  • Grade classification of corrosion damage on the surface of weathering steel members by digital image processing
    P. Chun, K. Funatani, S. Furukawa, M. Ohga, Proceedings of the 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, EASEC 2013,   2013年01月
  • A numerical study of effects of bridge deterioration, and changes in supporting conditions on natural frequencies
    P. Chun, A. Aono, S. Mori, M. Ohga, Proceedings of the 13th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering and Construction, EASEC 2013,   2013年01月
  • Buckling strength estimation of corroded steel plates with irregular surface
    P. Chun, M. Ohga, T. Yokogawa, Lusman, J.M.R.S. Appuhamy, S. Furukawa, and P.B.R. Dissanayake, International Conference on Structural Engineering and Construction Management,   2013年
  • A parametric study on factors affecting vibration characteristic of skewed bridges by finite element modeling
    P. Chun, A. Aono, K. Ohkubo, N.N.K. Cindy, M. Ohga, and S. Mori, International Conference on Structural Engineering and Construction Management,   2013年
  • Efficient maintenance management strategy for aged steel bridge structures
    J.M.R.S. Appuhamy, P.D.C. Perera, S.N. Malkanthi, M. Ohga, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, International Conference on Structural Engineering and Construction Management,   2013年
  • Experimental and numerical analysis of corroded steel plates subjected to compression buckling load
    Lusman, P. Chun, T. Yokogawa, M. Ohga, and S. Furukawa, The 2013 World Congress on Advances in Structural Engineering and Mechanics,   2013年
  • Numerical Investigation of Residual Strength and Energy Dissipation Capacities of Corroded Bridge Members Under Earthquake Loading
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, Journal of Earthquake Engineering, 17, (2) 171 - 186,   2013年
  • 腐食鋼板の応力状態の考察と要求精度に応じた残存引張強度評価式の構築
    全 邦釘, 池田 裕幸, 海田 辰将, 古川 清司, 大賀 水田生, 土木学会論文集A2, 69, (2) I_665 - I_676,   2013年
  • Experimental Study on Blast Resistance of SIFCON
    P. Chun, S.H. Lee, S.H. Cho, and Y.M. Lim, Journal of Advanced Concrete Technology, 11, 144 - 150,   2013年
  • Development of an Efficient Maintenance Strategy for Corroded Steel Bridge Infrastructures
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, and R. Dissanayake, Journal of Bridge Engineering, 18, (6) 464 - 475,   2013年
  • Role of Corrosion & Earthquakes on Degradation of Dynamic Behaviour of Steel Bridge Plates
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, P.B.R. Dissanayake, Journal of Civil Engineering and Science, 2, (1) 7 - 14,   2013年
  • Enhanced analytical method of predicting residual strength capacities of corroded steel bridge plates
    J. M R S Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, S. Furukawa, P. B R Dissanayake, Bridge Maintenance, Safety, Management, Resilience and Sustainability - Proceedings of the Sixth International Conference on Bridge Maintenance, Safety and Management, 2713 - 2720,   2012年07月
  • 橋梁点検のためのセンサ内蔵支承の開発
    全 邦釘, 工学ジャーナル, 工学ジャーナル, 11, 184 - 190,   2012年03月
  • Evaluation of Impact Factor for Skewed I-Girder Bridges
    P. Chun, M. Ohga, K. Lee, and Y.M. Lim, First International Conference on Performance-based and Life-cycle Structural Engineering,   2012年
  • Evaluation of Residual Tensile Strength and Seismic Strength Capacities of Steel Bridge Members due to Corrosion - An Analytical Method
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, First International Conference on Performance-based and Life-cycle Structural Engineering,   2012年
  • Development of bridge inspection and deterioration prediction methods for appropriate maintenance action
    P. Chun, 2012 East Asian Symposium on Civil & Environmental Technology,   2012年
  • Development of a GIS bridge database and degradation prediction in consideration of geographical conditions
    T. Inoue, M. Ohga, and P. Chun, 2012 East Asian Symposium on Civil & Environmental Technology,   2012年
  • Estimation of Seismic Behaviour of Corroded Steel Bridge Plates
    R. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, S. Furukawa, and R. Dissanayake, 18th IABSE Congress,   2012年
  • Deterioration prediction of bridge by Markov chain model and Bayesian theory
    D. Seto, M. Ohga, and P. Chun, International Conference on Sustainable Built Environment -2012,   2012年
  • International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management
    P. Chun, D. Seto, and M. Ohga, International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management,   2012年
  • Bridge deterioration prediction with stochastic Markov transition matrix
    P. Chun, D. Seto, and M. Ohga, International Symposium on Reliability Engineering and Risk Management,   2012年
  • Finite Element Analysis of Corroded Steel Bridge Plates under Earthquake Loading
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, Annual Research Journal of SLSAJ, 12, 32 - 41,   2012年
  • Winkler基礎上の厚肉斜板の曲げ解析手法
    全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会論文集A2, 68, (2) I_33 - I_43,   2012年
  • 確率分布表現されたマルコフ連鎖モデルによる劣化予測区間の導出とベイズ理論による個体劣化特性の反映
    全 邦釘, 瀬戸 大輔, 大賀 水田生, 土木学会論文集A2, 68, (2) I_771 - I_781,   2012年
  • Effect of fiber diameter on fatigue strength of fiber reinforced concrete and its design
    P. Chun and M. Ohga, Advances in Mechanical Engineering, 2, (3) 16 - 22,   2012年
  • Tensile behavior prediction of steel plates with pitting corrosion
    P. Chun, D. Yoshii, J.M.R.S. Appuhamy, and M. Ohga, Applied Mechanics and Materials, 138-139, 816 - 820,   2012年
  • New combined high and low-cycle fatigue model to estimate life of steel bridges considering interaction of high and low amplitudes loadings
    K. Karunananda, M. Ohga, R. Dissanayake, S. Siriwardane, and P. Chun, Advances in Structural Engineering, 15, (2) 313 - 328,   2012年
  • Yet Another Possible Mechanism for Anomalous Transport: Theory, Numerical Method, and Experiments
    P. Chun and J. Inoue, KSCE Journal of Civil Engineering, 16, (1) 45 - 53,   2012年
  • Prediction of skewed bridge behaviors with arbitrary boundary conditions - theoretical approach and its design application
    P. Chun and G. Fu, Journal of Civil Engineering and Architecture, 6, (6) 639 - 650,   2012年
  • Influence of Corrosion Damage on Prediction of Residual Strength Capacities - An Experimental Analysis
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, K. Fujii, and R. Dissanayake, Journal of Solid Mechanics and Materials Engineering, 6, (6) 454 - 465,   2012年
  • Enhanced Method of Predicting Tensile Strength Degradation of Steel Bridge Members Due to Corrosion
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, and R. Dissanayake, Recent Patents on Corrosion Science, 2, 30 - 41,   2012年
  • Prediction of bridge deterioration using GIS-based Markov transition matrix
    P. Chun, T. Inoue, D. Seto, and M. Ohga, Journal of Society for Social Management Systems, 12,   2012年
  • Consequence of Corrosion on Dynamic Behaviour of Steel Bridge Members
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and R. Dissanayake, International Journal of Modern Engineering Research, 2, (1) 281 - 288,   2012年
  • Tensile fatigue behavior prediction of FRC using a micromechanics-based theoretical model and a simple regression model
    P. Chun and M. Ohga, Journal of Engineering and Technology, 1, (3) 161 - 171,   2012年
  • Effects of corrosion on degradation of tensile strength of steel bridge members
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, International Conference on Structural Engineering, Construction and Management,   2011年
  • Tensile behavior prediction of steel plates with pitting corrosion
    P. Chun, D. Yoshii, J.M.R.S. Appuhamy, and M. Ohga, International Conference On Applied Mechanics And Mechanical Engineering,   2011年
  • Effect of fiber diameter on fatigue strength of fiber reinforced concrete and its design
    P. Chun and M. Ohga, International Conference On Applied Mechanics And Mechanical Engineering,   2011年
  • Experimental study on blast resistance of SIFCON
    P. Chun, S. Lee, S.H. Cho, and Y.M. Lim, The International Conference on Advances in Construction Materials through Science and Engineering,   2011年
  • Degradation of tensile strength with the severity of corrosion condition
    M. Ohga, J.M.R.S. Appuhamy, T. Kaita, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, The 2011 International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics,   2011年
  • The Effect of Skewness on Dynamic Amplification Factor
    P. Chun, M. Ohga, K. Lee, and Y.M. Lim, The 2011 International Conference on Advances in Structural Engineering and Mechanics,   2011年
  • The Effect of Liquefaction-induced Settlement on Dynamic Amplification Factor of Bridges
    P. Chun, M. Ohga, S. Mori, and Y.M. Lim, The 2011 International Conference on Advances in Interaction and Multiscale Mechanics,   2011年
  • Fundamental Study on Estimation Method of Bridge Displacement by using Artificial Neural Network
    S. Ok, P. Chun, and Y.M. Lim, KSCE Conference & Civil Expo 2011,   2011年
  • Experimental investigation of the influence of corrosion damage on prediction of residual strength capacities
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, K. Fujii, and R. Dissanayake, nternational Conference on Advanced Technology in Experimental Mechanics 2011,   2011年
  • Sensored elastomeric bridge bearing and its application
    Y. Zhuang, G. Fu, P. Chun, J. Feng, International Conference on Structures and Building Materials ,   2011年
  • Optimal design of DFRCC subjected to fatigue loading
    P. Chun and T. Matsumoto, Advanced Building Materials, 250, 430 - 433,   2011年
  • Analytical solution for skewed bridges
    P. Chun and G. Fu, Advances in Civil Engineering and Architecture, 243, 1518 - 1523,   2011年
  • Analytical solutions for skewed thick plates subjected to transverse loading
    P. Chun, G. Fu, and Y.M. Lim, Structural Engineering and Mechanics, 38, (5) 549 - 571,   2011年
  • Analytical behavior prediction for skewed thick plates on elastic foundation
    P. Chun and Y.M. Lim, Mathematical Problems in Engineering, 2011, 1 - 19,   2011年
  • Estimation of corrosion-induced strength deterioration of steel bridge plates - an analytical method
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, T. Kaita, P. Chun, and P.B.R. Dissanayake, Annual Research Journal of SLSAJ, 11, 19 - 25,   2011年
  • Skewed bridge behaviors: Experimental, analytical, and numerical analysis
    Pang-jo Chun, Wayne State University,   2010年
  • Analytical solutions for skewed thick plates on the elastic foundation subjected to transverse loading
    P. Chun and Y.M. Lim, Proceedings of the JSCE 12th International Summer Symposium, 29 - 32,   2010年
  • Effect of the end condition on the skewed bridge behavior
    P. Chun, G. Fu, and Y.M. Lim, Proceedings of the JSCE 12th International Summer Symposium, 45 - 48,   2010年
  • Sensored elastomeric bridge bearing and its application
    Y. Zhuang, G. Fu, P. Chun, J. Feng, Advanced Materials Research, 163-167, 2887 - 2890,   2010年
  • 厚肉補剛斜板の曲げ解析解の導出と斜橋解析への適用
    全 邦釘, G. Fu, 応用力学論文集, 13, 9 - 18,   2010年
  • Extraction of geometrical information for fiber pull-out using 3D image processing
    Y. Lim, H. Sohn, G. Kim, S. Shin, and P. Chun, Materials Letters, 63, (8) 645 - 648,   2009年
  • Numerical studies of the effect of residual imperfection on the mechanical behavior of heat-corrected steel plates, and analysis of a further repair method
    P. Chun and J. Inoue, Steel and Composite Structures, 9, (3) 209 - 221,   2009年
  • 厚肉斜板の曲げに関する支配方程式の導出とその解析解
    全 邦釘, G. Fu, 応用力学論文集, 12, 15 - 25,   2009年
  • Smart bearings for structural behavior monitoring
    Falah M. Wegian, Gongkang Fu, Gongkang Fu, Jihang Feng, Yizhou Zhuang, Pang Jo Chun, Bridge Maintenance, Safety, Management, Health Monitoring and Informatics - Proceedings of the 4th International Conference on Bridge Maintenance, Safety and Management,   2008年12月
  • Numerical studies on mechanical behavior of heat-corrected steel structures and much further repairing method
    P. Chun and J. Inoue, JSCE, Proceedings of the Ninth International Summer Symposium, 59 - 62,   2007年
  • 繊維補強コンクリート破断面の三次元形状復元による繊維長計測手法の構築
    全 邦釘, G.H. Kim, Y.M. Lim and H.G. Sohn, Meeting on Image Recognition and Understanding 論文集,   2006年
  • 粘性流体を媒体とした物質移行における異常拡散現象の解明と解析手法の構築
    全 邦釘, 井上 純哉, 土木学会論文集, 62, (1) 85 - 96,   2006年
  • Yet Another Possible Mechanism for Anomalous Transport: Theory, Numerical Method, and Experiments
    J. Inoue and P. Chun, American Geophysical Union, Fall Meeting 2005,   2005年
  • Effect of fiber fatigue rupture on bridging stress degradation in fiber reinforced cementitious composites
    T. Matsumoto, P. Chun and S. Peerapong, Proceedings of the Fifth International Conference on Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures, 653 - 660,   2004年
  • Streamline based analysis of non-Fickian dispersion in porous media with multi-scale heterogeneity
    J. Inoue, T. Motoshima, and P. Chun, American Geophysical Union, Fall Meeting,   2004年
  • non-Fickian拡散を考慮した解析手法の提案
    井上 純哉,全 邦釘, 西日本岩盤工学シンポジウム論文集,   2004年

MISC

  • 愛媛大学における社会基盤メンテナンスエキスパート養成講座の取組み
    全 邦釘, 土木学会誌, 102, (3) 14 - 15,   2017年03月

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 橋梁の劣化過程の地域性の解明と地域アセットマネジメント手法の提案
    全 邦釘,大窪 和明,浅本 晋吾,岡崎 慎一郎, 土木計画学研究・講演集(CD-ROM), Vol.55, No.05-03,   2017年06月10日
  • 土木×ICTの未来
    全 邦釘, 平成28年度会長特別タスクフォース「現場イノベーションプロジェクト」シンポジウム,   2017年06月01日
  • ディープラーニングによる風速の短期予測方法の高精度化
    今村 実,全 邦釘,藤森 祥文,森脇 亮 , 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • GPVの風速成分データを用いた愛媛沿岸域における飛来塩分量の推定
    浅岡 佑亮,全 邦釘,藤森 祥文,森脇 亮 , 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 社会基盤ME養成講座の改革と展開及び受講者アンケート
    山下 祐一,全 邦釘,森脇 亮,吉井 稔雄,矢田部 龍一, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 階層ベイズを活用した橋梁劣化予測モデルの構築
    三島 和紀,Debri Hasian Harianja,石水 貴久,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • ゼロ過剰特性を加味した橋梁の劣化予測モデルの構築
    北川 健,Debri Harianja,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 舗装および主桁の損傷が動的増幅率に与える影響についての研究
    近藤 健一,佐久間 啓蔵,秋山 大誠,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 非破壊測定と機械学習を用いた劣化評価手法の提案
    白石 喬久,上林 弘典,佐久間 啓蔵,近藤 健一,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 構造・材料の変化に頑健な機械学習による損傷同定手法についての研究
    佐久間 啓蔵,近藤 健一,熊岡 幸司,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 拡幅された狭小RC橋の拡幅部における耐荷力の検討
    佐久間 啓蔵,江良 沙也加,近藤 健一,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • 深層学習を用いた舗装の損傷評価およびGISマッピング
    黒木 航太,井後 敦史,嶋本 ゆり,南免羅 裕治,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • RCはりの損傷が振動特性に及ぼす影響とFEMモデリング
    近藤 健一,佐久間 啓蔵,全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2017年05月20日
  • インフラメンテナンスのための人材育成と技術開発
    全 邦釘, 平成29年度四国支部第23回技術研究発表会フォーラム,   2017年05月20日
  • 人工知能に関する研究
    全 邦釘, 応用力学委員会 若手研究者交流ワークショップ,   2017年03月22日, 招待有り
  • 愛媛大学におけるインフラ維持管理の取り組み
    全 邦釘, 平成28年度全国アセットマネジメント担当者会議,   2017年02月09日, 招待有り
  • Seismic Response and Health Monitoring System for Takamatsu Bridge using Smart Devices
    Ashish Shrestha, Ji Dang, Xin Wang, Shogo Matsunaga, Pang-jo Chun, and Shingo Asamoto, 第20回性能に基づく橋梁等の耐震設計に関するシンポジウム,   2017年
  • 多点同時計測と機械学習を用いた損傷同定手法のI型断面はり部材への適用
    全 邦釘, 蔵本 直弥,熊岡 幸司, 第19回応用力学シンポジウム,   2016年05月22日
  • 社会基盤メンテナンスエキスパート(ME)養成講座のアンケート調査結果について
    山下 祐一, 森脇 亮, 全 邦釘, 竹田 正彦, 吉井 稔雄, 矢田部 龍一, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • RCIW構造において材料の不均質性が固有周期に与える影響
    三島 和紀, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 鉄筋腐食したRC桁の振動特性とFEMを用いたモデル化
    近藤 健一, 大賀 水田生, 川口 隆, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 鉄筋腐食と載荷による損傷がRCはりの固有振動数に及ぼす影響
    佐久間 啓蔵, 大賀 水田生, 川口 隆, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • Deep Learningを用いたコンクリート表面のひび割れ検出に関する基礎的研究
    井後 敦史, 三輪 知寛, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 二段階の決定木を用いたコンクリート表面のひび割れ検出手法の提案
    嶋本 ゆり, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 多点同時振動計測と機械学習を用いた損傷判定手法に関する研究
    秋山 大誠, 蔵本 直弥, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 機械学習による腐食鋼板の残存強度評価手法の提案
    秋山 大誠, 真鍋 佑輔, 大賀 水田生, 川口 隆, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2016年
  • 決定木によるアスファルト舗装ひび割れの検出
    蔵本 直弥, 全 邦釘, 応用力学シンポジウム,   2015年
  • ニューラルネットワークを用いた腐食鋼板の座屈耐荷力推定
    全 邦釘, 秋山 大誠,真鍋 佑輔, 応用力学シンポジウム,   2015年
  • 様々なアスファルト舗装で適用可能な画像解析によるひび割れ検出
    井後 敦史, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • 振動計測と機械学習を用いた損傷同定に関する基礎的研究
    蔵本 直弥, 宮内 雅弘, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • ニューラルネットワークによるI 型鋼の損傷同定
    熊岡 幸司, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • トラス部材の損傷同定手法の数値的検討
    石水 貴久, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • 腐食鋼板の圧縮試験および数値解析による残存強度評価手法の提案
    真鍋 佑輔, 横川 達哉, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • 腐食フランジの残存圧縮挙動に関する研究
    秋山 大誠, 全 邦釘, 大賀 水田生, 川口 隆, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2015年
  • 同時生起行列を用いた赤外線サーモグラフィ法自動診断支援システムの基礎的研究
    橋爪 謙治, 橋本 和明, 全 邦釘, 土木学会年次学術講演会,   2014年
  • ランダムフォレスト法によるアスファルト舗装ひび割れ検出
    蔵本 直弥, 片岡 望, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 画像解析および統計的手法によるアスファルト舗装上のひび割れ評価手法の提案
    片岡 望, 吉井 大地, 全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 領域拡張法を用いたコンクリート表面のひび割れ自動化判定手法の構築
    三輪 知寛, 片岡 望, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 三次元画像解析による腐食鋼板の計測手法の開発
    有友 優太, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 腐食劣化を受ける耐候性鋼橋の簡易的な耐震性能予測手法の提案
    蔵本 直弥, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 腐食劣化を受ける耐候性鋼橋のベイズ理論を用いた性能予測手法の提案
    瀬戸 大輔, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 腐食鋼板の残存圧縮強度評価に関する実験的および数値的研究
    真鍋 佑輔, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • GIS橋梁データベースの構築・活用による橋梁維持管理支援手法
    井上 達雄, 大賀 水田生, 全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2014年
  • 三次元画像計測および有限要素解析による腐食鋼板の座屈挙動の検討
    全 邦釘, 真鍋 佑輔, 片岡 望, 有友 優太, 古川 清司, 大賀 水田生, 応用力学シンポジウム,   2014年
  • 統計学的特徴および幾何学的特徴に着目したコンクリート表面ひび割れの画像解析による検出
    全 邦釘, 片岡 望, 三輪 知寛, 土木情報学シンポジウム,   2014年
  • 画像解析とナイーブベイズ分類器を組み合わせたコンクリート表面のひび割れ検出手法
    片岡 望, 全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2013年
  • 腐食鋼板の座屈挙動に関する実験的および数値的研究
    横川 達哉, 大賀 水田生, 全 邦釘, 川口 隆, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2013年
  • 有限要素解析による振動特性を利用した橋梁の損傷評価法の提案
    青野 愛梨, 全 邦釘, 森 伸一郎, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2013年
  • 腐食劣化を受ける耐候性鋼橋梁の残存耐荷力予測手法の提案
    宮内 雅弘, 全 邦釘, 古川 清司, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2013年
  • 画像解析を援用した耐候性鋼材の外観評価判定
    船谷 恵, 全 邦釘, 古川 清司, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2013年
  • マルコフ連鎖モデルを用いた目視点検による劣化予測手法研究
    瀬戸 大輔, 全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2012年
  • GIS橋梁データベースの構築と地理条件を考慮した劣化予測
    井上 達雄, 全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2012年
  • 画像解析による面的計測技術の開発と腐食鋼材の挙動解析への適用
    全 邦釘, 中島 千尋, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2012年
  • Numerical Investigation of Residual Strength Capacities of Steel Bridge Members under Earthquake Loading
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, and P. Chun, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2012年
  • 腐食鋼板の残存圧縮強度解析に関する基礎的研究
    糸川 和樹, 全 邦釘, 大賀 水田生, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2012年
  • 引張力を受ける腐食鋼板の力学特性と残存強度
    池田 裕幸, 全 邦釘, 大賀 水田生, 旧余部橋梁に学ぶ鋼構造物長寿命化ワークショップ,   2012年
  • センサ埋め込みゴム支承を用いた劣化診断
    全 邦釘, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2011年
  • Effect of Surface Measurement Intensity on Remaining Strength Prediction of Corroded Steel Members
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and T. Kaita, 土木学会四国支部技術研究発表会,   2011年
  • Investigation of Brisk Finite Element Analytical Model for Prediction of Remaining Strength Capacities of Corroded Steel Plates
    J.M.R.S. Appuhamy, M. Ohga, P. Chun, and T. Kaita, 土木学会年次学術講演会,   2011年
  • 弾性基礎上の厚肉斜板の曲げ解析手法
    全 邦釘, 土木学会年次学術講演会,   2010年
  • 斜め平板の3次元応力解析へのB-spline Ritz法の適用性に関する基礎的検討
    平村 萌, 名木野 晴暢, 全 邦釘, 三上 隆, 水澤 富作, 土木学会西部支部技術発表会,   2010年
  • 繊維の疲労を考慮した架橋応力劣化則のモデル化とFRCの疲労実験による検証
    P. Chun, 松本 高志, 土木学会年次学術講演会,   2004年
  • non-Fickian拡散を考慮した解析手法の提案
    全 邦釘, 井上 純哉, 西日本岩盤工学シンポジウム,   2004年

受賞

  •   2015年07月, 日本コンクリート工学会, 年次論文奨励賞

競争的資金

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 建設倫理, 愛媛大学
  • 新入生セミナー, 愛媛大学
  • 構造力学および同演習I, 愛媛大学
  • 環境建設デザイン演習II, 愛媛大学
  • 微分方程式, 愛媛大学
  • 構造力学および同演習II, 愛媛大学
  • 環境建設工学実験II, 愛媛大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 社会基盤メンテナンスエキスパート養成講座, 講師,   2014年 - 現在
  • 高校生を対象とした橋梁修繕研修会, 講師, 国土交通省,   2014年 - 2016年
  • 市町土木技術職員研修, 講師, NPO法人愛媛県建設技術支援センター,   2014年 - 2016年
  • 松山東高校スーパーグローバルハイスクール事業, 講師,   2014年 - 現在


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.