詳細検索はこちら

佐藤 嘉展サトウ ヨシノブ

所属部署
大学院農学研究科 生物環境学専攻
職名准教授
メールアドレスsato.yoshinobu.nb[at]ehime-u.ac.jp ※[at]を@に書き換えて送信して下さい
ホームページURLhttp://kenqweb.office.ehime-u.ac.jp/Profiles/0005/0003841/profile.html
生年月日
Last Updated :2017/08/18

研究者基本情報

学歴

  • 2000年04月 - 2003年09月, 九州大学, 生物資源環境科学府, 森林資源科学専攻 博士後期課程
  • 1998年04月 - 2000年03月, 九州大学, 生物資源環境科学研究科, 林業学専攻 修士課程
  • 1994年04月 - 1998年03月, 九州大学, 農学部, 林学科

経歴

  •   2014年,  - 現在, 愛媛大学, 農学部, 准教授
  •   2009年,  - 2013年, 京都大学防災研究所 特定准教授
  •   2008年,  - 2009年, 京都大学防災研究所 特任助教
  •   2006年,  - 2008年, 総合地球環境学研究所 プロジェクト上級研究員
  •   2004年,  - 2006年, 総合地球環境学研究所 産学官連携研究員
  •   2003年,  - 2004年, 九州大学熱帯農学研究センター 非常勤研究員
  •   2000年,  - 2003年, 日本学術振興会 特別研究員(DC1)

所属学協会

  • 日本農業気象学会
  • IAHS
  • IAHR
  • 水文・水資源学会

研究活動情報

研究分野

  • 地域環境工学・計画学, 地域水文気象学・地域環境水文学
  • 森林科学, 森林水文学・流域環境制御学
  • 水工学, 水資源工学
  • 自然災害科学・防災学, 水文環境システム
  • 気象・海洋物理・陸水学, 水文気象学・流域水文学

研究キーワード

    水文学, 気候変動, 影響評価, 水資源管理, 適応策

論文

  • 森林流域中における積雪分布の推定
    藤原洋一, 中西裕亮, 高瀬恵次, 小倉晃, 一恩英二, 長野峻介, 佐藤嘉展, 応用水文, (27) 65 - 77,   2015年03月23日
  • 全国都道府県別における将来水需給ギャップの把握
    大西 暁生, 佐藤 嘉展, 佐尾 博志, 土木学会論文集G(環境), 土木学会論文集G(環境), 71, (5) I_369 - I_382,   2015年
  • 気候変動や人間活動が水文・水環境に及ぼす影響―手取川流域およびメコンデルタを対象として―
    藤原洋一, 佐藤嘉展, 星川圭介, 藤井秀人, 作物研究, (59) 49 - 53,   2014年07月15日
  • 水温の将来変化がアユの遡上時期に及ぼす影響について
    鈴木靖, 本間基寛, 佐藤嘉展, 道広有理, 竹門康弘, 土木学会論文集 B1(水工学)(Web), 70, (4) ,   2014年
  • Assessment of climate change impacts on river discharge in Japan using the super-high-resolution MRI-AGCM
    Yoshinobu Sato, Toshiharu Kojiri, Yuri Michihiro, Yasushi Suzuki and Eiichi Nakakita, HYDROLOGICAL PROCESSES, 27, 3264 - 3279,   2013年
  • マルチモデルアンサンブルによる伊勢湾水温の将来変化予測と気候変化外力の影響分析
    鈴木靖, 佐藤嘉展, 本間基寛, 道広有理, VARLAMOV Sergey M., 土木学会論文集 B2(海岸工学)(Web), 69, (2) ,   2013年
  • 河川海洋結合モデルによる伊勢湾の河川流出水の影響について
    鈴木靖, 佐藤嘉展, 道広有理, 土木学会論文集 B3(海洋開発)(Web), 68, (2) ,   2012年
  • Estimates of climate change impact on river discharge in Japan based on a super-high-resolution climate model
    Sato Y, Kojiri T, Michihiro Y, Suzuki Y, Nakakita E, Terrestrial, Atmospheric & Ocean Science, 23, (5) 13 - 24,   2012年
  • 気候変動情報データベースの開発とその利用
    道広有理, 鈴木靖, 佐藤嘉展, 土木学会論文集 B2(海岸工学), 67, (2,Pt.2) ,   2011年10月31日
  • CMIP3マルチ気候モデルにおける日本陸域を対象とした地上気象要素の再現性・不確実性評価
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 水文・水資源学会誌, 24, (5) 280 - 291,   2011年09月05日
  • Examination of the water budget in upstream and midstream regions of the Yellow River, China
    Xieyao Ma, Yoshihiro Fukushima, Tetsuzo Yasunari, Masayuki Matsuoka,Yoshinobu Sato, Fujio Kimura, Hongxing Zheng, HYDROLOGICAL PROCESSES, 24, 618 - 630,   2010年01月
  • Responses of streamflow to climate and land surface change in the headwaters of the Yellow River Basin
    Hongxing Zheng,Lu Zhang,Ruirui Zhu,Changming Liu,Yoshinobu Sato,Yoshihiro Fukushima, WATER RESOURCES RESEARCH, 45,   2009年
  • 中国における農業用水効率性の地域差とその評価
    大西暁生, 佐藤嘉展, 森杉雅史, 渡邉紹裕, 福嶌義宏, 水文・水資源学会誌, 22, (5) ,   2009年
  • Analysis of long-term water balance in the source area of the Yellow River basin
    Sato, Y., Ma, X., Xu, J., Matsuoka, M., Zheng, H., Liu, C. and Fukushima, Y, Hydrological Processes,   2007年
  • Annual water balance and seasonality of evapotranspiration in a Bornean tropical rainforest
    Tomo’omi Kumagai, Taku M. Saitoh, Yoshinobu Sato, Hiroshi Takahashi, Odair J. Manfroi, Toshiyuki Morooka, Koichiro Kuraji, Masakazu Suzuki, Tetsuzo Yasunari, Hikaru Komatsu, Agricultural and Forest Meteorology, 128, 81 - 92,   2005年
  • 樹冠内CO2濃度プロファイル自動計測装置について
    斎藤琢, 熊谷朝臣, 佐藤嘉展, 鈴木雅一, 水文・水資源学会誌, 17, (6) 648 - 653,   2004年11月05日
  • Water cycling in a Bornean tropical rain forest under current and projected precipitation scenarios
    Tomo‘omi Kumagai,Gabriel G. Katul,Taku M. Saitoh,Yoshinobu Sato,Odair J. Manfroi,Toshiyuki Morooka,Tomoaki Ichie, Koichiro Kuraji, Masakazu Suzuki, Amilcare Porporato, WATER RESOURCES RESEARCH,, 40, (W01104) ,   2004年
  • Transpiration, canopy conductance and the decoupling coefficient of a lowland mixed dipterocarp forest in Sarawak, Borneo: dry spell effects
    Tomo’omi Kumagai, Taku M. Saitoh, Yoshinobu Sato, Toshiyuki Morooka,Odair J. Manfroi, Koichiro Kuraji, Masakazu Suzuki, Journal of Hydrology, 284, 237 - 251,   2004年
  • Experimental analysis of moisture dynamics of the litter layer –The effects of rainfall conditions and litter shapes-
    Sato, Y., Kumagai, T., Kume, A., Otsuki, K. and Ogawa, S., Hydrological Processes, 18, 3007 - 3018,   2004年
  • 常緑樹林地におけるリター遮断損失量の推定
    佐藤嘉展・大槻恭一・小川 滋, 水文・水資源学会誌, 16, (6) 640 - 651,   2003年
  • 樹冠構造の違いが樹冠通過雨の分布特性に及ぼす影響 -スギ林とマテバシイ林における樹冠通過雨特性の比較―
    佐藤嘉展・久米 篤・大槻恭一・小川 滋, 水文・水資源学会誌 , 16, (6) 605 - 617,   2003年
  • リター層による雨水遮断と土壌蒸発抑制
    佐藤嘉展・熊谷朝臣・小川 滋, 日本林学会誌, 81, (3) 250 - 253,   1999年08月16日

MISC

  • 全国都道府県別における将来水需給ギャップの把握
    大西 暁生, 佐藤 嘉展, 佐尾 博志, 地球環境研究論文集 = Global environment engineering research : 地球環境シンポジウム, 23,   2015年
  • 地球温暖化による積雪量の変化がスキー場の営業に及ぼす影響―富山県を対象として―
    大田原望海, 大西暁生, 佐藤嘉展, 佐尾博志, 森杉雅史, 地球環境研究論文集, 22, (5) I.21-I.29 - I_29,   2014年09月03日,  地球温暖化はもはや避けることのできない深刻な問題である.特に寒冷地域では将来の雪の状況(降雪,積雪,融雪)が現状と比べ大きく変化することが指摘されている.そこで本研究では,将来の地球温暖化に伴う積雪量変化がスキー場の営業に及ぼす影響の分析を試みた.まず,富山県にあるスキー場来客数と観測積雪量との関係を回帰分析によって推定する.次に,観測積雪量とGCM(Global Climate Model,全球気候モデル)並びにSVAT(Soil Vegetation Atmosphere Transfer,地表面熱収支モデル)によって推計された積雪量データを用いて,観測積雪量と整合性のとれた将来積雪量の予測データを作成した.さらに,現在の来客数と積雪量の関係ならびに将来の積雪量予測データ(2075~2099年)を用いることによって,将来の積雪量変化が来客数や営業利益に与える影響を算出した.その結果,来客数と営業利益は現状と比較して半分程度に減少することが分かった.最後に実際のスキー場経営者に,本研究で得られた結果を踏まえた温暖化適応策についてのアンケート調査を実施し,より適切な対応方法について考察した.
  • 気候変動を考慮したダム堆砂進行による牧尾ダムの長期的便益評価
    寺田和暉, 角哲也, 竹門康弘, 佐藤嘉展, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2015年09月
  • 流域圏環境統合モデリング構築に関する基礎的研究
    浜口俊雄, 田中茂信, 角哲也, 鈴木靖, 佐藤嘉展, 竹門康弘, 田中拓馬, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2014年09月
  • 長良川におけるアユの遡上と水温の関係について
    鈴木靖, 本間基寛, 佐藤嘉展, 道広有理, 竹門康弘, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2014年09月
  • 牧尾ダムの水資源管理に対するダム堆砂および気候変動の長期的影響
    角哲也, 寺田和暉, 竹門康弘, 佐藤嘉展, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2014年09月
  • Suspended sediment transport in the Kiso River basin
    Y.Sato, M. Honma, Y.Suzuki, M.Michihiro, Advances in River Sediment Research – Fukuoka et al. (eds),   2013年09月
  • 木曽川水系統合流出解析モデルの高度化(II)
    佐藤嘉展, 本間基寛, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2013年09月
  • 伊勢湾の水文環境への温暖化影響について
    鈴木靖, 佐藤嘉展, 本間基寛, 道広有理, VARLAMOV Sergey M., 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2013年09月
  • 将来シナリオ分析による都道府県別水需給バランスの評価
    大西暁生, 佐藤嘉展, 奥岡桂次郎, 森杉雅史, 環境情報科学, 41,   2013年01月29日
  • 気候変動に対する一般市民の意識啓発のための情報提供方策の検討
    本間基寛, 鈴木靖, 佐藤嘉展, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2013年09月
  • Assessment of climate change impact on river discharge in cold and mountainous region in Japan
    Yoshinobu SATO, Motohiro HONMA, Yasushi SUZUKI, Kenji TANAKA, Eiichi NAKAKITA, IAHS Publ., 360,   2013年07月
  • 流域圏統合モデルによる伊勢湾への河川水の影響評価
    鈴木靖, 佐藤嘉展, 道広有理, 本間基寛, VARLAMOV M. Sergey, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2012年09月
  • CMIP3マルチ気候モデルにおける日本の気候の再現性比較
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2010年10月20日
  • 河川流出が東京湾の水域環境に及ぼす影響について
    鈴木靖, 佐藤嘉展, 道広有理, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2010年10月20日
  • 気候変動に伴う木曽三川流域の流況予測
    佐藤嘉展, 道広有理, 鈴木靖, 中北英一, 小尻利治, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM), 53, (53) ROMBUNNO.53B,74 - 735,   2010年10月20日
  • Analysis of Extreme Hydrological Events in Major River Basins in Japan under Climate Change
    Sato Y, Kojiri T, Michihiro Y, Suzuki Y, Nakakita E., Proceedings of the 34th IAHR Congress,   2011年
  • マルチ気候モデルと貯水池操作を考慮した分布型水文モデルの木曽三川流域への適用
    佐藤嘉展, 小尻利治, 道広有理, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM), 54, (54) ROMBUNNO.54B,76 - 769,   2011年10月20日
  • 気候変動情報データベースの構築とその活用手法
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2011年10月20日
  • GCMデータによる日本における降水特性の再現性と将来変化について
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2012年09月
  • 木曽川水系統合流出解析モデルの高度化
    佐藤嘉展, 道広有理, 鈴木靖, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2012年09月
  • 極端気象現象とその気候変動による影響評価に関する研究集会~より良い将来予測を目指して~
    佐藤嘉展, 猪股広典, 中野満寿男, 奥勇一郎, KIM Sunmin, ABULIZ Aynur, 上口賢治, 水文・水資源学会誌, 23, (3) 261 - 265,   2010年05月05日
  • Regional impact of climate change on water resources from hydrological viewpoints
    Sato Y, Michihiro Y, Suzuki Y, Kojiri T., Water 2010,   2010年
  • 時空間地球統計学を用いた水文データ補間分布推定手法
    浜口俊雄, 佐藤嘉展, 小尻利治, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2009年10月30日
  • 気候変動に対する先行適応のための流域スケールでの洪水および渇水リスク評価
    佐藤嘉展, 森英祐, 浜口俊雄, 田中賢治, 小尻利治, 中北英一, 京都大学防災研究所年報(CD-ROM),   2009年10月30日
  • Anticipatory Adaptation to Flood and Drought Disaster due to Climate Change
    Y. Sato, K. Tanaka, E. Nakakita and T. Kojiri, Proceedings of the 33rd IAHR Congress: Water Engineering for a Sustainable Environment,   2009年
  • Impacts of human activity on long-term water balance in the middle-reaches of the Yellow River basin
    Sato, Y., Ma, X., Matsuoka, M. and Fukushima, Y, Changes in Water Resources Systems: Methodologies to Maintain Water Security and Ensure Integrated Management, IAHS Publication, 315,   2007年
  • TUWMEST(TVA・UGA Whitehall Forest 視察)報告
    佐藤 嘉展, 水文・水資源学会誌 = JOURNAL OF JAPAN SOCIETY OF HYDROLOGY & WATER RESOURCES, 19, (1) 67 - 69,   2006年01月05日
  • Characteristics of soil temperature and soil heat flux within a tropical rainforest, Lambir Hills National Park, Sarawak, Malaysia
    Sato, Y., Kumagai, T., Saitoh, T.M. and Suzuki, M, Bulletin of the Institute of Tropical Agriculture, Kyushu University, 27,   2004年
  • スギ林およびマテバシイ林におけるリター遮断量の推定
    佐藤嘉展, 大槻恭一, 小川滋, 九州大学農学部演習林報告, 84, (84) 1 - 20,   2003年03月27日, 森林地における林床水分動態を明らかにするため,九州大学農学部附属福岡演習林に植裁された常緑針葉樹のスギ(Cryptomeria japonica)および常緑広葉樹のマテバシイ(Lithocarpus edulis)人工林分を対象として,林床に堆積する落葉・落枝の堆積層(リター層)における雨水遮断特性のモデル化を試みた.このモデルは,各降雨時におけるリター層の雨水遮断特性と降雨後の蒸発特性を再現し,リターの堆積量(L_w)と各降雨時にリター層へ供給される樹冠通過雨量(TF)から,降雨時および降雨後におけるリター層内の含水率の変化を推定するものである.降雨時におけるリター層の雨水遮断特性は,リター層の最大保水容量(S_max)と降雨条件下での遮断容量(L_i)の2つのパラメータで表現され,それぞれ浸水実験および人工降雨装置を用いた散水実験のデータから同定した.降雨後のリター層からの蒸発速度は,小型ライシメータを用いた現地観測データから求めた.本研究で構築したモデルによる推定値は,実際の林地における観測値とよく一致し,各林分におけるリター遮断の特性を良好に再現できることがわかった.A numerical model to evaluate the effect of forest floor moisture dynamics in the Cryptomeria japonica and Lithocarpus edulis plantation stand was developed. This model enabled to simulate the litter interception and evaporation rate under the different rainfall conditions and different accumulation structures of the litter layer. To estimate the litter interception characteristics under the various rainfall conditions, two model parameters, S_max(Maximum water storage capacity) and L_i(Interception storage capacity under the rainfall conditions), were estimated by the laboratory experiments. Evaporation rates from the litter layer during the dry periods were estimated by the lysimeter observations conducted in each stand. The result of model simulation showed good agreement with the field observation and also indicated that hydrological significance of the litter interception process.
  • Experimental studies on litter interception of Cryptomeria japonica and Lithcarpus edulis
    Sato, Y., Otsuki, K. and Ogawa, S, INTERPAEVENT 2002, 2,   2002年
  • リター層による降雨遮断量の推定
    佐藤嘉展・大槻恭一・小川滋, 第6回 水資源に関するシンポジウム 論文集,   2002年
  • マテバシイ林における年間樹冠遮断量の推定
    佐藤嘉展, 大槻恭一, 小川滋, 九州大学農学部演習林報告, 83, (83) 15 - 29,   2002年03月27日, 森林地における水循環のメカ二ズムを定量的に評価するために,九州大学農学部附属演習林内のマテバシイ(Lithocarpus edulis Nakai)林において2000年7月から1年間,林内雨量および樹幹流下量を観測し,また隣接する草地で林外雨量を測定することによって年間樹冠遮断量の推定を行った.林内雨量は,林内雨の空間的ばらつきの影響を考慮するため,林内に設置された4台の転倒マス雨量計の観測値を,36個の貯留式雨量計の測定値から補正して算出した.樹幹流については,測定対象木の1.5mの高さに採取器を設置し,転倒マス雨量計と大型流量計によって計測を行った.樹幹流計測対象木は長期連続観測用に3本,樹木サイズと樹幹流下量の対応関係検証用に4本選定した.2000年7月11日から2001年の7月10日までの期間における連続観測の結果,全降雨イベントを対象とした年間林外雨量は1582.5mmであり,林内に設置した雨量計による実測データから樹冠遮断量を計算できた期間(欠測期間の雨量:42.6mmを除いた値)における林外雨量は1539.9mm,林内雨量が457.Omm(林外雨量の29.7%),樹幹流下量が773.3mm(林外雨量の50.2%)となり,年間の樹冠遮断量は309.6mm(林外雨量の20.1%)となった.林内雨の空間的ばらつきについては,平均林内雨量の2倍以上の値を示す集中滴下点が存在したが,転倒マス雨量計1台につき9個の貯留式雨量計を用いてデータを補正することにより,平均的な林内雨の値が得られた.また本研究が対象とした林分における樹幹流下量は,胸高直径よりも樹冠投影面積に依存して変化することがわかった.To estimate annual canopy interception loss, observations of gross rainfall, throughfall and stemflow were made in mature Lithocarpus edulis Nakai stand at the Kyushu University Forests in Fukuoka prefecture from 11 July 2000 to 10 July 2001. To obtain continuous long-term dataset, rainfall measurement were conducted by plural tipping bucket raingages. Due to large spatial variability, throughfall data obtained by tipping bucket raingages which were calibrated by manual measurements with 36 storage type raingages. The results showed that the amount of annual gross rainfall was 1539.9mm, whereas throughfall and stemflow were 457.0mm (29.7% of gross rainfall) and 779.3mm (50.2%of gross rainfall) respectively. These results clearly showed that the effect of throughfall was relatively small compared to that of stemflow in this stand. Consequently, estimated annual canopy interception loss was 309.6mm (20.1%of gross rainfall) in this study.
  • 樹冠形態の異なる樹種における林内雨および樹幹流中の水質の比較
    佐藤嘉展, 井倉洋二, 大崎進, 杉原真司, 吉村和久, 小川滋, 九州大学農学部演習林報告, 77, (77) 13 - 24,   1997年12月

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 週間アンサンブル降水予測情報を考慮したダム貯水池の治水操作支援に関する基礎的研究
    西岡佑弥, 堀智晴, 野原大督, 佐藤嘉展, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2014年08月01日
  • 週間アンサンブル降水予測情報を考慮したダム貯水池の治水操作支援に関する基礎的研究
    西岡佑弥, 堀智晴, 野原大督, 佐藤嘉展, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2014年05月10日
  • ダム堆砂および気候変動を考慮した牧尾ダムの水資源管理に関する研究
    寺田和暉, 角哲也, 竹門康弘, 佐藤嘉展, 土木学会関西支部年次学術講演会講演概要集(CD-ROM),   2014年05月10日
  • 気候値を用いた多雪山地流域における冬季降水量の補正について
    佐藤嘉展, 大上博基, 日本農業気象学会全国大会講演要旨,   2014年
  • 気候変動対策の必要性認識を促進するための情報提供方策の検討
    本間 基寛, 鈴木 靖, 佐藤 嘉展, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2013年, 一般市民を対象とした気候変動対策としては,緩和策に対する啓発活動が盛んに行われているが,適応策に関しては一般市民への啓発に関しては必ずしも十分とは言えない.その原因として,自らが住まう地域に対する気候変動による具体的な影響のイメージが不足していることが考えられる.本研究では,富山県在住の一般市民を対象にインターネットアンケート調査を行い,一般利用者の気候変動に対するイメージを把握するとともに,気候変動対策の必要性を認識するための情報提供方策について検討を行った.
    現在までに感じている富山県内での気候変化について,夏場の高温や短時間強雨,冬季の雪の減少を感じている人が多かった.また,富山県内で将来発生すると思われる気候変化については,現在までの気候変化と同様の現象が将来さらに発生すると思っている人が多いことがわかった.現在までの気候変化を感じている人ほど,将来にも気候の変化があると感じている傾向にあり,モニタリング結果等を一般市民に対して公開し,既に発生している気候変化に対する理解を促進することの重要性が示された.
    10~20年後の気候変化によって富山県で生じると思われる具体的な影響について,高温化に伴う熱中症や農作物・水産物の変化,冬季レジャー機会の減少のほか,浸水被害の増加を懸念する人が多かった.一方で,渇水や冷害による農作物被害を懸念する人は少なかった.将来の気候変化予測について理解している人ほど,気候変化に伴う影響の発生を想起する傾向にあり,気候変化の具体的な影響のイメージの補強に,将来の気候変化予測の理解が有効であることが示された.
    気候変化対策の必要性を認識するために必要な事項について分析を行った.緩和策実施の必要性に関しては,気候変化に対する全般のイメージができていれば感じることができること,富山で生じる気候変化の具体的影響の理解が必ずしも緩和策実施の必要性理解に繋がっていないことが示された.適応策実施の必要性認識に関しては,ダムなどの施設建設について,他の対策よりも必要性の認識がやや低かった.理由としては将来の渇水被害の発生可能性が低いと思われていることが考えられる.適応策実施の必要性を幅広く認識してもらうためには,現在発生していなくても将来発生する可能性がある気候変化についても説明をしっかり行っていくことが重要である.
  • 流域圏(河川・沿岸)統合モデルによる伊勢湾水温の将来変化
    鈴木 靖, 本間 基寛, 佐藤 嘉展, 道広 有理, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2013年, 本研究では,地球温暖化により伊勢湾の水文環境がどのような影響を受ける可能性があるかを評価するため,流域圏統合モデルを用いて伊勢湾の海面水温の将来変化を予測し,水温変化に及ぼす大気・河川・外洋の各境界条件のインパクトを調べることを目的とした.
    現在気候再現性を検証した結果,夏季の水温再現性はよいが,冬季は5℃近くの正バイアスがあり,モデル改良の必要性があることがわかった.CMIP3マル チモデルアンサンブルによるA1Bシナリオ将来予測計算によると,伊勢湾全体の水温は約2℃以上上昇し,特に沿岸部での上昇が顕著であることがわかった. また外力の感度分析の結果,将来水温予測計算に影響する外力影響度は外洋>大気>河川の順であることがわかった.
  • 都道府県別水需要モデルの構築に関する基礎的研究
    大西暁生, 佐藤嘉展, 奥岡桂次郎, SHI Feng, 森杉雅史, 環境システム研究論文発表会講演集,   2012年10月20日
  • GCMによる日本周辺の降水量予測結果とモデル解像度の関係性について
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 日本気象学会大会講演予稿集,   2012年04月30日
  • 流域圏(河川・沿岸)統合モデルの開発(その3)
    鈴木 靖, 佐藤 嘉展, 道広 有理, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2012年, 河川から沿岸部までの流域圏を統合的に環境管理を行うことを目標に,河川モデルと三次元海洋循環モデルを結合し,河川源流域から沿岸部までの流域圏の水と物質循環を統合的に評価するモデルの開発を行った.木曽三川流域から伊勢湾を対象として2003年4月の大雨事例の計算を行った.その結果,拡散モデルによる伊勢湾内への浮遊土砂流出拡散計算結果が,MODIS衛星観測による濁度の拡がりをよく再現していることがわかった.
  • CMIP3マルチ気候モデルを用いた現在気候再現性指標の関係性について
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 日本気象学会大会講演予稿集,   2011年10月31日
  • CMIP3気候変動情報の活用―大気海洋間CO2フラックス評価―
    鈴木靖, 道広有理, 佐藤嘉展, 日本気象学会大会講演予稿集,   2011年04月30日
  • GCMおよび排出シナリオの違いによるCMIP3マルチ気候モデルの予測不確実性について
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 日本気象学会大会講演予稿集,   2011年04月30日
  • GCMによる月降水量変動幅および日降水量強度の将来変化
    道広 有理, 佐藤 嘉展, 鈴木 靖, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2011年, 地球温暖化の影響は,気候の平均的な変化にとどまらず,洪水や渇水の頻度や規模が変化すると考えられている.本研究では,IPCCの第4次評価報告書に用いられたCMIP3の24モデルと,気象研の超高解像度大気モデルMRI-AGCM(3.1Sおよび3.2Sの2モデル)の実験結果を解析し,日本国内における降水量特性の将来変化について検証した.その結果,月降水量の変動幅と日降水量の強度は将来的に増大傾向にあり,渇水や洪水が深刻化する可能性が示唆された.
  • 複数の気候予測シナリオによる日本河川流域の将来流況変化
    佐藤 嘉展, 道広 有理, 鈴木 靖, 小尻 利治, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2011年, 近年,極端な大雨や少雨に伴う洪水や渇水の被害が日本各地で頻発している。今後,温暖化が進行すると,極端な気象現象がさらに増加すると予想されており,それに伴って河川災害の発生頻度や被害規模も増加すると考えられる。急峻で複雑な地形を有し,地域により気候が大きく異なる日本の河川流域では,流域別に異なるその地域の特性にあった河川管理が必要とされ,そのためには,将来,各流域の流況が現在に比べてどのように変化するのかを流域別に明らかにしておく必要がある。そこで本研究では,CMIP3(第3次結合モデル相互比較プロジェクト)による複数の気候モデルを用い,異なる将来予測シナリオの下で日本の様々な地域の河川流況がどのように変化するのかを明らかにすることを目的とした。
  • 流域圏(河川・沿岸)統合モデルの開発(その2)
    鈴木 靖, 佐藤 嘉展, 道広 有理, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2011年, 河川源流域から沿岸部までの流域圏の水と物質循環を統合的に評価するツールとして,流域圏統合モデルの開発を進めている.東京湾に流入する荒川,江戸川,多摩川の河川流量を300m3/s増加させた計算によると,河川水の広がりは千葉から横浜沖まで,反時計回りに拡大することが明らかとなった.沿岸の芝浦における平均水位は約1cm上昇する.今後は移流拡散モデルを組み込み,温暖化による土砂や水温などの沿岸環境への影響を調べる予定である.
  • 流域スケールの解析に向けたCMIP3マルチ気候モデルのデータ活用法について
    道広有理, 佐藤嘉展, 鈴木靖, 日本気象学会大会講演予稿集,   2010年09月30日
  • AGCM20とCMIP3マルチ気候モデルを用いた日本の主要河川における流域災害予測
    佐藤嘉展, 道広有理, 鈴木靖, 小尻利治, 中北英一, 日本気象学会大会講演予稿集,   2010年09月30日
  • 流域圏(河川・沿岸)統合モデルの開発 -東京湾への適用-
    鈴木 靖, 佐藤 嘉展, 道広 有理, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2010年, 防災的な側面と総合的な環境管理の両面から,河川源流域から沿岸部までの流域圏の水と物質循環を統合的に評価するツールとして,流域圏統合モデルの開発を進めている.本論文では関東平野から東京湾を対象エリアとして,Hydro-BEAMとRIAMOMを結合した流域圏統合モデルを構築し,計算結果を検証した成果を報告する.
  • 温暖化に伴う日本主要河川流域の極端水文現象予測
    佐藤 嘉展, 道広 有理, 鈴木 靖, 中北 英一, 小尻 利治, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2010年, 近年,極端な大雨や少雨に伴う洪水や渇水の被害が日本各地で頻発している。今後,温暖化が進行すると,極端な気象現象(大型の台風や局地的な豪雨など)がさらに増加すると予想されており,それに伴って流域スケールでの災害発生の頻度や被害の規模も増加すると考えられる。しかし,急峻で複雑な地形を有し,地域により気候が大きく異なる日本の河川流域では,流域別にその地域の特性にあった異なる河川管理が必要とされ,そのためには,将来,各流域の流況が現在に比べてどのように変化するのかを明らかにしておく必要がある。そこで,本研究では,高解像度の全球気候モデルと分布型流出モデルを用いて,温暖化に伴う日本の主要河川流域の流況変化と確率水文量の解析を実施し,各流域における将来の極端水文現象(主に洪水および渇水)の変動予測を試みた。
  • 日本陸域を対象としたCMIP3 マルチ気候モデルの評価
    道広 有理, 佐藤 嘉展, 鈴木 靖, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2010年, 気候変動の定量的な評価については気候モデルを用いた数値実験結果に大きく依存しており,気候モデルの出力について正確に理解しておくことが重要である.本研究では,IPCCの第4次報告書で用いられているCMIP3マルチ気候モデルのデータを解析し,日本陸域を対象に再現性の精度を比較検証した.陸域に対象を限定したのは解像度が異なることによる海陸判定の誤差を除外し,各気候モデルによる予測結果の違いをより明確にすることが狙いである.降水量をはじめとする水文・水資源分野において重要な複数の気象要素について同時に評価し,日本国内を対象とした場合の適切な気候モデルの選択方法および予測結果の不確実性についても考察した.
  • 気候変動に伴う石狩川流域の災害環境変動予測
    佐藤 嘉展, 小尻 利治, 中北 英一, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2009年, IPCCの第4次評価報告書(AR4)における排出シナリオ(SRES)A1Bに基づく水平空間解像度約20kmの超高解像度全球大気大循環モデル(MRI AGCM20, TL969)出力を用いて、石狩川流域の気候変動に伴う将来の流域災害環境の予測を試みた。流域スケールで起こりうる様々な災害(洪水・渇水・土砂流出等)の影響をより詳細に評価するために、空間分解能1km、時間分解能10分の分布型流域環境評価モデル(Hydro-BEAM)を用いた。Hydro-BEAMへの入力となるGCMの気象要素としては、地表到達雨量と融雪量および実蒸発散量を用い、さらにGCM出力の時空間的な特徴を把握するため、地上気象観測データ(AMeDAS/SDP)を用いた地表面熱収支(SVAT)モデルの出力値との比較も試みた。
  • 時空間統計モデルに基づく地下水文データ分布の最適推定
    浜口 俊雄, 佐藤 嘉展, 小尻 利治, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2009年, 本研究では,時間距離換算パラメータを提案・導入し,地下水文データに対するkrigingの時空間適用への拡張を試みた.地下水位分布を解析例として時空間統計モデルの最適化した分布を推定したところ,概ね良好な結果を得た.これより本提案手法は時空間の相関性を考えた分布として大変有効であると言え,特に観測データの相関性を時空間で一元的に考えて分布モデル評価をする場合に有用性・応用性に富むとがわかった.ただし,時間と空間の相関性を一元的に考える場合は同換算パラメータが効果的に評価に関わるため,その最適値が存在するとわかるが,各時空間軸毎に相関性をとるようにすれば時間距離換算の効果が薄れて時間と空間の相関が独立性を持ってしまい,最適値の存在は保証の限りではないと言える.
  • 黄河流域における詳細水需給空間構造の把握に関する研究
    大西暁生, 佐藤嘉展, 井村秀文, SHI Feng, 森杉雅史, 東修, 白川博章, 環境システム研究論文発表会講演集,   2008年10月18日
  • 気候変動と人間活動に伴う黄河下流域の長期水収支変動解析-黄河断流のメカニズム-
    佐藤 嘉展, 馬 燮銚, 大西 暁生, 福嶌 義宏, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2008年, 本研究では、1960年代から1990年代までの40年間を対象に、黄河全流域の水収支を半分布型水文モデルを用いて解析し、新たな黄河断流のメカニズム解明を試みた。その結果、黄河下流域の河川流量の減少の大部分(約7割)は、下流域に水を供給する黄河源流域から中流域までの河川流量の減少によるもので、残りの3割が、下流域内での水消費量の増加によることがわかった。下流域内での水消費量は主に灌漑面積の増加に伴う灌漑用水量の増加に規定されており、下流域への供給水量の減少は、黄河中流域からの流出量の減少に起因することがわかった。
  • バイアス補正をした超高解像度GCMによる淀川流域の将来流量予測
    浜口 俊雄, 佐藤 嘉展, 森 英祐, 田中 賢治, 小尻 利治, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2008年, 本研究では、水平解像度20kmの超高解像度GCMデータを用いて、淀川流域の将来流量の予測を試みた。その結果、高解像度のGCMであってもバイアス補正を行わないと流域の降水量やその季節変化特性を正確に再現できないことがわかった。また、淀川流域では、温暖化に伴って将来の降水量は増加するが、それと同時に蒸発散量も増加するため、年間の水収支には大きな変化はみられなかったが、貯水池操作の影響を考慮したモデル(HydroBEAM)の出力結果からは、極端現象(夏期の洪水や冬期の渇水)に伴う災害リスクが増加する可能性があることが示唆された。本研究で得られる流量予測は、将来起こりうる極端現象時の斜面崩壊リスクや都市域の洪水氾濫リスク評価にも貢献しうる。また、現状ダム操作の将来における有効性や下流への治水・利水安全性の検討から将来を見据えた総合流域管理手法の確立を目指していきたい。
  • ダム操作を考慮した地球温暖化による流域水資源分布評価とその応用
    森 英祐, 浜口 俊雄, 佐藤 嘉展, 小尻 利治, 田中 賢治, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2008年, 近年,各地で異常気象の発生が報告されており,安定的な水資源供給に不安が生じている.この傾向は,気候変動によりさらに助長されることも示唆されており,流域単位での総合的水資源管理が不可欠である.本研究では,GCM出力値を流域単位で適用し,気候変動前後の水資源分布の時空間的な推定,比較を行った.結果,河川流況の変化,洪水ピーク時の大幅な上昇など,水資源管理がより困難になることが示唆され,気候変動の影響が流域単位においても顕著にあらわれることが示された.将来,渇水や洪水の危険性の増大が懸念される.また,Hydro-BEAMの長所として,分布型流出モデルの特性を生かし,ダムモデル同様,様々なモデルをその中に組み込むことが出来る点が挙げられる.本研究では,条件を単純化し,生態系への評価も合わせて行った.
  • An integrated hydrological model for the long-term water balance analysis of the Yellow River Basin, China
    HydroChange2008,   2008年
  • 気候変動と人間活動に伴う黄河下流域の長期水収支解析-黄河断流のメカニズム-
    水文・水資源学会2008年度研究発表会,   2008年
  • 黄河流域の農業水利用効率性に関する手法の検討
    大西 暁生, 佐藤 嘉展, 曹 鑫, 松岡 真如, 森杉 雅史, 渡邉 紹裕, 福嶌 義宏, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2007年, 中国の爆発的な人口増加と社会経済の急速な発展に伴い食糧の需要が増加している.そのため,食糧増産が国家の主要な政策課題の一つとして挙げられている.こうした中,黄河流域では単収(単位面積当たりの食糧生産量)を増加させることによって食糧生産を飛躍的に増大してきた.しかし,黄河流域は水資源の非常に乏しい地域であり,過剰な水利用が河川の枯渇を引き起こす怖れがある.実際に,黄河流域では1972年から深刻な水不足問題に直面し,1990年代に入り河川に水が全くない現象,断流が悪化した.このような水不足の原因の一端は,灌漑農業の発達による水利用の増加が起因していると言われている.このように限られた水資源状況下に置かれた流域の持続可能な発展のためには,どの地域でどの程度の水が削減可能かなどの情報を知る必要がある.そのため,本研究では,統計資料,土地利用データ,水文モデル,を用いることによって, 黄河流域の2000年の農業水利用効率性を計測する手法を検討した.この結果,上流域における水利用の非効率性が明らかとなり,特に大型灌漑区において悪化していることが示唆された.
  • Impacts of human activity on long-term water balance in the middle-reaches of the Yellow River basin
    IUGG2007,   2007年
  • 黄土高原の植生変化が黄河中流域の水収支に与える影響
    佐藤 嘉展, 馬 燮銚, 松岡 真如, 徐 健青, 福嶌 義宏, 水文・水資源学会2007年度研究発表会,   2007年, 黄土高原における大規模な水土保持対策事業に伴う人為的な土地利用形態の改変が黄河中流域の長期水収支(1960-2000)に与える影響を分布型水文モデル用いて解析した。長期的な地表面植生の変化が水収支に与える影響を評価するために、植生被覆率(VCR)という指標を導入し、様々な気候条件下で、VCRの変化に伴う水収支の変化について考察を行った。その結果、黄土高原では植生変化に伴う蒸発散量の増加量と河川流出量の減少量は、気候条件が乾燥していくに従って減少することがわかった。これは、土壌の乾燥に伴い、蒸発散量が大きく抑制されているためであると考えられた。
  • 黄土高原における植生と水の関係
    第118回日本林学会大会 水文ワークショップ,   2007年
  • 黄河流域における人為要因を考慮した長期水収支解析
    佐藤 嘉展, 福嶌 義宏, 渡邉 紹裕, 松岡 真如, 馬 燮銚, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2006年, 黄河のような大規模河川流域の水収支を把握するためには,自然要因だけではなく人為要因も考慮する必要がある.特に,大型ダムによる貯水池操作や大規模灌漑による河道からの取水,土地利用(被覆)の変化は,水収支に影響を及ぼす重要な人為要因である.本研究では,これらの人為要因を考慮し,過去41年間(1960-2000年)にわたる長期気象データと実測流量データを利用して,0.1度グリッドスケールの高解像度モデルを用いて,黄河源流域から中流域までの水収支を解析した結果について報告する.
  • 黄河流域における人為的要因を考慮した長期水収支解析
    水文・水資源学会2006年度研究発表会,   2006年
  • マレーシア国ランビルヒルズ国立公園内流域における土層厚分布と土壌水分分布の実態について
    白木克繁, 大和輝子, 佐藤嘉展, 蔵治光一郎, 熊谷朝臣, 日本森林学会大会講演要旨集(CD-ROM),   2005年03月20日
  • 黄河上流域における流出量の長期変化特性および人為的流量操作のモデル化
    佐藤 嘉展, 馬 燮銚, 松岡 真如, 渡邉 紹裕, 福嶌 義宏, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   2005年,  黄河のような大規模河川の流量形成機構を考える場合には,降水,日射,風速,温湿度といった気象要因(自然要因)だけでなく,大規模ダムによる流量調節や農業生産のための大規模な灌漑取水といった人為的な河川流量操作の実態を反映した水文・水資源モデルの構築が必要不可欠である.
     本研究では,まず黄河領域のうち大規模な人為的流量操作の行われていない黄河源流域の流量を,寒冷地(シベリア)や乾燥地(モンゴル)などの大規模(広域)河川流域への適用実績がある"SVAT_-_HYCYモデル"を用いて再現することを試みた.次に,蘭州より上流に設置された大規模ダムによる流量調節の実態を把握し,ダム操作を反映したサブモデルの構築を試みた.最後に,頭道拐流量観測点における長期実測流量データを解析することにより,大規模灌漑地域における取水(水利用)の実態把握を行った.
  • 黄河流域における流出量の長期変化および人為的流量操作のモデル化
    水文・水資源学会2005年度研究発表会,   2005年
  • 流域生態圏における水・熱・物質循環の長期変動モニタリングと広域比較研究
    佐藤嘉展, 久米篤, 大槻恭一, 小川滋, 第115回日本林学会大会,   2004年03月20日
  • スギ林とマテバシイ林における雨水配分特性の比較
    佐藤嘉展, 久米篤, 大槻恭一, 小川滋, 日本林学会大会学術講演集,   2003年03月20日
  • マレーシア,ボルネオ島,熱帯雨林におけるCO2,H2Oフラックスの長期観測
    斎藤琢, 熊谷朝臣, 佐藤嘉展, 諸岡利幸, MANFROI O J, 蔵冶光一郎, 鈴木雅一, 日本気象学会大会講演予稿集,   2002年05月
  • マテバシイ林における年間降雨遮断量の推定
    佐藤嘉展, 大槻恭一, 小川滋, 日本林学会大会学術講演集,   2002年03月20日
  • リター層の保水・通水機構に関する実証的検討
    佐藤嘉展, 熊谷朝臣, 小川滋, 日本林学会大会学術講演集,   2000年03月30日
  • リター層による雨水遮断と土壌蒸発抑制
    佐藤嘉展, 熊谷朝臣, 小川滋, 日本林学会大会学術講演集,   1999年04月01日
  • 落葉層による雨水遮断と土壌蒸発抑制
    佐藤嘉展, 熊谷朝臣, 井倉洋二, 小川滋, 水文・水資源学会研究発表会要旨集,   1998年08月

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.