研究者データベース

島上 宗子シマガミ モトコ

所属部署名国際連携推進機構
職名准教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    島上 宗子
  • 氏名(カナ)

    シマガミ モトコ

所属

所属・職名

  • 部署

    国際連携推進機構
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 1996年, 京都大学, 人間・環境学研究科, 文化・地域環境学
  • 1988年, 津田塾大学, 学芸学部, 英文学
  • 1996年
  • 1988年

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 社会学, 社会学

研究キーワード

  • 農村開発

著書・発表論文等

作品

MISC

  • 日本とインドネシアの農山漁村で展開するサービスラーニング・プログラムの試み 異文化交流を通じた地域未来づくり (特集 国際交流と地域づくり), 島上 宗子, 小林 修, ECPR : Ehime Center for Policy Research, えひめ地域政策研究センター, ECPR : Ehime Center for Policy Research, 2015, 2, 27, 31, 2015年, 1349-3221, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020823010
  • 開発への対応から地域社会を理解する : インドネシアの事例から (特集 アジア農村における住民組織のつくりかた), 島上 宗子, アジ研ワールド・トレンド, 日本貿易振興機構アジア経済研究所研究支援部, アジ研ワールド・トレンド, 19, 10, 4, 7, 2013年10月, 1341-3406, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019837676
  • <朽木フィールドステーション>ホトラヤマ聞き書き : 椋川での取り組みから, 島上 宗子, 実践型地域研究最終報告書 : ざいちのち, 京都大学東南アジア研究所実践型地域研究推進室, 実践型地域研究最終報告書 : ざいちのち, 113, 126, 2012年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120004007595
  • 座談会 北富士から発信するコモンズの精神 (特集 新たなコモンズにむけて : 21世紀の「公共」を問う), 礒村 洋之, 齋藤 暖生, 島上 宗子, Seeder : 種まく人 : 地球環境情報から考える地球の未来, 昭和堂, Seeder : 種まく人 : 地球環境情報から考える地球の未来, 7, 40, 51, 2012年, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019542790
  • インドネシア : 「村落自治」をめぐる理念と現実(パネル1「分権化時代の地方行政とガバナンス:インドネシア、フィリピン、マレーシア」,第85回研究大会報告), 島上 宗子, 東南アジア学会会報, 東南アジア学会, 東南アジア学会会報, 95, 2011年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008798747
  • 日本とインドネシアの山村の知恵を結ぶ--コモンズの保全をめざして (シンポジウム 2005年龍谷大学国際社会文化研究所シンポジウム 国境を越えた村おこし--日本と東南アジアをつなぐ実践〔含 質疑応答〕), 島上 宗子, 龍谷大学国際社会文化研究所紀要, 龍谷大学国際社会文化研究所, 龍谷大学国際社会文化研究所紀要, 8, 372, 383, 2006年05月, 18800807, http://ci.nii.ac.jp/naid/40015278363
  • 地方分権化と村落自治 : タナ・トラジャ県における「慣習復興」の背景と問題点(シンポジウム2)(第71回研究大会報告), 島上 宗子, 東南アジア史学会会報, 東南アジア史学会, 東南アジア史学会会報, 81, 2004年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003744787
  • 《現地からのレポート》「原燃城下町」六ケ所村と住民による地域再生の試み, 島上 宗子, 環境と公害, 岩波書店, 環境と公害, 28, 3, 66, 67, 1999年01月, 09187537, http://ci.nii.ac.jp/naid/40004974208
  • インドネシア・ジャワ島におけるデサ(村)住民の組織化:開発政策の一断面, 島上 宗子, 東南アジア史学会第59回研究大会, 東南アジア史学会, 東南アジア史学会会報, 69, 6, 7, 1998年, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003744371
  • ジャワ農村における住民組織のインボリューション, 島上 宗子, 東南アジア研究, 京都大学東南アジア研究センター, 東南アジア研究, 38, 4, 512, 551, 2001年, 05638682, http://ci.nii.ac.jp/naid/110000200882, この論文は国立情報学研究所の学術雑誌公開支援事業により電子化されました。One of the conspicuous features of &quot;village development&quot; (pembangunan masyarakat desa) under the New Order is the mushrooming of various types of groups and organizations at the village level. These groups were formed as intermediaries to promote villagers' &quot;participation&quot; in the government development programs. Rural Java is one of the most advanced areas in &quot;village development&quot; in Indonesia. In K village in central Java, where I conducted a year of fieldwork in 1994/95,more than 140 groups were identified inside the village of about 900 households, and more than 80 percent of the groups were those introduced by the government during the New Order. Especially since the late 1980s, the number of groups has rapidly increased. At the time of my fieldwork, the village was highly organized, showing a very different complexion from the Javanese village of the 1950s, which Clifford Geertz characterized as &quot;formless, &quot; &quot;vague, &quot; &quot;loose, &quot; and unable &quot;to cooperate or to organize anything effectively.&quot; Based on the field data obtained in K village in 1994/95,this paper attempts to describe dynamic relations between the government and village community as reflected in the activities of the government-initiated village-based organizations, and to reveal the characteristics of the New Order's &quot;village development&quot; seen at the village level. First, I identify all the groups that existed in K village in 1994/95 and examine the degree of villagers' participation by taking one of the hamlets as a case. To put the situation in 1994/95 into perspective, the history of group activities in the village is reconstructed through oral histories. The following four points are discussed as remarkable features of group activities : 1) villagers' mobilization for political events, such as events for Golkar, the ruling party under the New Order, 2) unending elaboration and complication of organizational administrative technique, 3) patterned and routinized group meetings, and 4) development of rotating saving and credit activities (arisan etc.). Under strong pressure for continued realization of &quot;development&quot; under the New Order, the village has, I argue, fallen into a state that can be expressed as &quot;organizational involution, &quot; which is characterized by &quot;increasing tenacity of basic pattern; internal elaboration and ornateness; technical hairsplitting, and unending virtuosity.&quot; For comparison, the rapid changes that have been taking place in the village since the fall of President Suharto are also described based on my field observation in 1998 and 1999.
  • 1998年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.