研究者データベース

佐藤 久子サトウ ヒサコ

所属部署名大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
職名教授
Last Updated :2019/10/19

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    佐藤 久子
  • 氏名(カナ)

    サトウ ヒサコ

所属

所属・職名

  • 部署

    大学院理工学研究科 環境機能科学専攻
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1981年04月 - 1983年03月, 東京大学, 大学院理学系研究科, 化学専攻
  • 1977年04月 - 1981年03月, 早稲田大学, 理工学部, 応用化学科

学位

  • 理学(博士)
  • 工学(博士)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本分光学会
  • 日本女性科学者の会
  • 分子科学会
  • モレキュラーキラリティ
  • 低次元光機能材料研究会
  • 環境放射能除染学会
  • 錯体化学会
  • 日本粘土学会
  • 応用物理学会
  • 日本化学会

委員歴

  • 2017年03月 - 現在, 日本化学会 中国四国支部, 代表正会員
  • - 現在, 日本粘土学会, 粘土科学 編集委員
  • - 現在, 日本化学会 低次元系光機能材料研究会, 運営委員
  • - 現在, 環境放射能除染学会 ,  評議員
  • - 現在, モレキュラーキラリティ学会 , 実行委員
  • 2018年11月, 日本化学会中国四国支部大会, 実行委員
  • 2017年, Chirality2017(ISCD-29)実行委員
  • 2016年10月, 日本化学会 中国四国支部, 代議員
  • 2015年,  15th International Conference on Chiroptical Spectroscopy (CD2015), Executive Committee

経歴

  • 2010年 - 現在, 愛媛大学(教授)
  • 2009年04月 - 2010年03月, 愛媛大学大学院理工学研究科(准教授)
  • 2006年10月 - 2009年03月, JST(さきがけ研究者(東京大学大学院理学系研究科))
  • 2003年03月 - 2006年09月, JST(CREST研究員(東京大学大学院理学系研究科))
  • 2002年07月 - 2003年02月, 東京大学大学院理学系研究科(研究員)
  • 1983年04月 - 2002年06月, 日立製作所勤務

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 基礎化学, 無機化学
  • 基礎化学, 物理化学
  • 複合化学, 機能物性化学
  • 複合化学, 機能物質化学
  • 材料化学, 無機工業材料

研究キーワード

  • D-アミノ酸
  • 振動円二色性分光法
  • 粘土鉱物
  • 超分子キラリティ
  • キラルテクトニクス
  • 有機無機ハイブリッド
  • センサー
  • トランジスタ
  • イリジウム錯体
  • 伝導性
  • ニオブ酸ナノシート
  • キラリティ
  • 無機材料
  • ナノシート
  • 電子デバイス
  • 粘土LB法
  • ダイオード
  • 合成サポナイト
  • 層状化合物ナノシート
  • 層間・層状化合物
  • 光伝導性
  • 層状・層間化合物
  • 光電流
  • 光学分割
  • 粘土鉱物ナノシート
  • 酸素センシング
  • 発光

著書・発表論文等

論文

  • A comparative study on interactions of antimicrobial peptides L- and D-phenylseptin with 1,2-dimyristoyl-sn-glycero-3-phosphocholine, Batsaikhan Mijiddorj, Yuta Matsuo, Hisako Sato, Kazuyoshi Ueda, Izuru Kawamura, Applied Sciences (Switzerland), 2019年07月, [査読有り], 10.3390/app9132601
  • 福島において採取された放射能汚染土壌の物理的化学的特性, 森田昌敏, 山岸晧彦, 山下浩, 佐藤久子, 環境放射能除染学会誌, 2019年06月, [査読有り], 2187-8382
  • D‐アミノ酸生物学の展開 両生類由来抗菌ペプチドのD‐アミノ酸の機能, 川村出, 川村出, BATSAIKHAN Mijiddorj, BATSAIKHAN Mijiddorj, 大山暁史, 佐藤久子, 生化学, 2019年06月, [招待有り], 0037-1017
  • Application of Solid-State Vibrational Circular Dichroism for Intercalation Compounds of Layered Double Hydroxide and Amino Acids: Conformation of an Intercalated Phenylalanine, Hisako Sato*, Kazuyoshi Takimoto, Izuru Kawamura and Sumio Aisawa, Bull. Chem. Soc. Jpn., 2019年10月, [査読有り]
  • Self-assembly of tripeptides into γ-turn nanostructures., Ozawa Y, Sato H, Kayano Y, Yamaki N, Izato YI, Miyake A, Naito A, Kawamura I, Physical chemistry chemical physics : PCCP, 2019年06月, [査読有り], 1463-9076, 10.1039/c9cp00233b
  • Experimental and Theoretical Analysis of Two-Fold Helix-Based Chiral Crystallization by Confined Interhelical CH/π Contacts, Toshiyuki Sasaki, Toshiyuki Sasaki, Mikiji Miyata, Seiji Tsuzuki, Hisako Sato, Crystal Growth and Design, 2019年02月, [査読有り], 15287483, 10.1021/acs.cgd.8b01815
  • Chiral Tectonics toward Square Planar Tetranuclear Pd(II) Complexes: Propagation of Axial Chirality through a Long Molecular Axis, Yutaro Goto,Yutaka Watanabe, Aoki Noboriguchi, Jun Yoshida, Shigeki Mori and Hisako Sato*, Dalton Trans., 2019年06月, [査読有り], 1477-9226, 10.1039/c9dt01913h
  • Solid-state vibrational circular dichroism studies of L- and D-serine, Izuru KAWAMURA, Hisako Sato, Analytical Biochemistry, 2019年05月, [査読有り], 0003-2697, 10.1016/j.ab.2019.05.016
  • Fabrication of Perfusable Pseudo Blood Vessels by Controlling Sol-Gel Transition of Gellan Gum Templates, Michiya Matsusaki, Haruki Ikeguchi, Chihiro Kubo, Hisako Sato, Yuzuru Kuramochi, Daisuke Takagi, ACS Biomaterials Science and Engineering, 2019年04月, [査読有り], 10.1021/acsbiomaterials.8b01272
  • Luminescent color control of Langmuir-Blodgett film by emission enhancement using a planar metal layer, Ryotaro Ozaki*, Tatsuya Yamada, Shinji Yudate , Kazunori Kadowaki , Hisako Sato, Scientific Report, 2018年11月, [査読有り], 10.1038/s41598-018-35467-4
  • Stereoselective interactions as manifested by vibrational circular dichroism spectra: the interplay between chiral metal complexes co-adsorbed in a montmorillonite clay., Sato H, Takimoto K, Mori H, Yamagishi A, Physical chemistry chemical physics : PCCP, 2018年10月, [査読有り], 1463-9076, 10.1039/c8cp04753g
  • Comprehensive Understanding of Host- and Guest-Dependent Helix Inversion in Chiral Nematic Liquid Crystals: Experimental and Molecular Dynamics Simulation Study, Jun Yoshida, Syuhei Tamura, Keisuke Hoshino, Hidetaka Yuge, Hisako Sato, Akane Yamazaki, Shigetaka Yoneda, and Go Watanabe, J. Phys. Chem. B, 2018年11月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/acs.jpcb.8b07653
  • Variation in thickness of a layered silicate on spherical silica particles affected HPLC chiral chromatographic resolution, Tomohiko Okada, Mutsuki Oguri, Kazuki Tajima, Tomohiko Yamakami, Hisako Sato, Applied Clay Science, 2018年10月, [査読有り], 01691317, 10.1016/j.clay.2018.07.017
  • Chiral tectonics: VCD and ECD application for epimerization of a star-burst tetranuclear complex with a abile central core, Hisako Sato, Fumi Sato, Akihiko Yamagishi, Inorganics, 2018年09月, [査読有り], [招待有り], 10.3390/inorganics6030070
  • 汚染土壌の減容化に向けた放射性セシウムイオン除去:ミニフィールド装置によるオンサイト実験, 佐藤久子*、山下浩、大森大輔、田村堅志、金子芳郎、山岸晧彦、森田昌敏, 環境放射能除染学会誌, 2018年09月, [査読有り], [招待有り], 2187-8382
  • In-Situ Monitoring of Sol-Gel Transition by Temperature-dependent VCD Method: Signal Enhancement Induced by Gelation, Hisako Sato, * Keisuke Watanabe, and Jun Koshoubu, Chem.Lett., 2018年11月, [査読有り], 0366-7022, 10.1246/cl.180729
  • Helicity and Topological Chirality in Hydrogen-Bonded Supermolecules Characterized by Advanced Graph Set Analysis and Solid-State Vibrational Circular Dichroism Spectroscopy, Toshiyuki Sasaki, Toshiyuki Sasaki, Mikiji Miyata, Hisako Sato, Crystal Growth and Design, 2018年08月, [査読有り], 15287483, 10.1021/acs.cgd.8b00599
  • Unusual Molecular and Supramolecular Structures of Chiral Low Molecular Weight Organogelators with Long Perfluoroalkyl Chains, Toshiyuki Sasaki, Akiko Egami, Tomoko Yajima, Hidehiro Uekusa, Hisako Sato, Crystal Growth and Design, 2018年07月, [査読有り], 15287483, 10.1021/acs.cgd.8b00779
  • Intermediate length-scale chirality related to the vibrational circular dichroism intensity enhancement upon fibril formation in a gelation process, Hajime Torii and Hisako Sato, Phys. Chem. Chem. Phys., 2018年05月, [査読有り], 14639076, 10.1039/c8cp02121j
  • NMR Spectroscopic Determination of Enantiomeric Excess using Small Prochiral Molecules, Shinsuke Ishihara, Jan Labuta, Zdenek Futera, Shigeki Mori, Hisako Sato, Katsuhiko Ariga, and Jonathan P Hill, J. Phys. Chem. B, 2018年05月, [査読有り], 1520-6106, 10.1021/acs.jpcb.8b03684
  • Different Origins of Strain-Induced Chirality Inversion of Co<sup>2+</sup>-Triggered Supramolecular Peptide Polymers, Hyesong Park, Ka Young Kim, Sung Ho Jung, Yeonweon Choi, Hisako Sato, Jong Hwa Jung, Chemistry of Materials, 2018年03月, [査読有り], 08974756, 10.1021/acs.chemmater.8b00057
  • Improvement of signal-to-noise ratio in oxygen sensitive emission from hybrid Langmuir-Blodgett films of amphiphilic iridium complexes with the exfoliated nanosheets using a metal layer, Ryotaro Ozaki, Tetsuya Yamada, Shinji Yudate, Kazunori Kadowaki, Hisako Sato, Japanese Journal of Applied Physics, 2018年03月, [査読有り], 00214922, 10.7567/JJAP.57.03EG03
  • Bio-inorganic hybrid photoanodes of Photosystem II and ferricyanide-intercalated layered double hydroxide for visible-light-driven water oxidation, Masaru Kato, Hisako Sato , Ichizo Yagi , Miwa Sugiura, Electrochimica Acta, 2018年02月, [査読有り], 10.1016/j.electacta.2018.01.133
  • The role of d-allo-isoleucine in the deposition of the anti-Leishmania peptide bombinin H4 as revealed by <sup>31</sup>P solid-state NMR, VCD spectroscopy, and MD simulation., Mijiddorj B, Kaneda S, Sato H, Kitahashi Y, Javkhlantugs N, Naito A, Ueda K, Kawamura I, Biochimica et biophysica acta, 2018年05月, [査読有り], 0006-3002, 10.1016/j.bbapap.2018.01.005
  • Microscopic chiral pockets in a tris(chelated) iridium(III) complex as sites for dynamic enantioselective quenching, Kazuyoshi Takimoto, Kenji Tamura, Yutaka Watanabe, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, New Journal of Chemistry, 2018年04月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c7nj04688j
  • Stereochemical Effects on Dynamics in Two-component Systems of Gelators with Perfluoroalkyl and Alkyl Chains as Revealed by Vibrational Circular Dichroism, Hisako Sato*, Tomoko Yajima and Akihiko Yamagishi, Physical Chemistry Chemical Physics, 2018年02月, [査読有り], 1463-9076, 10.1039/c7cp06264h
  • Solid state vibrational circular dichroism towards molecular recognition: chiral metal complexes intercalated in a clay mineral., Sato H, Tamura K, Takimoto K, Yamagishi A, (2018 HOT article) Physical chemistry chemical physics, 2018年02月, [査読有り], 1463-9076, 10.1039/c7cp05114j
  • Oxygen sensing by the hybrid Langmuir-Blodgett films of iridium(III) complexes and synthetic saponite on the basis of energy transfer, Hisako Sato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Chemosensors, 2017年12月, [査読有り], 10.3390/chemosensors5040027
  • Vibrational circular dichroism and single crystal X-Ray diffraction analyses of [Ir(bzq)<sub>2</sub>(phen)]<sup>+</sup> (bzq = benzo[h]quinoline; phen = 1,10-phenanthroline): absolute configuration and role of CH-π interaction in molecular packing., Takimoto K, Watanabe Y, Mori S, Sato H, Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 2017年03月, [査読有り], 1477-9226, 10.1039/c7dt00606c
  • Two-dimensional arrays of molecular rods as a precursor of gel fibrils, Akihiko Yamagishi, Kenji Tamura, Tomoko Yajima, Hisako Sato, Chemistry Letters, 2017年11月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.170774
  • Solid-state vibrational circular dichroism spectra of isoleucine and its related compounds: Effects of interplay between two chiral centers, Hisako Sato, Izuru Kawamura, Akihiko Yamagishi, Fumi Sato, Chemistry Letters, 2017年01月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.161043
  • Chiral phosphorescent probes for amino acids: hybrids of iridium(III) complexes with synthetic saponite, Hisako Sato, Kenji Tamura, Tomoko Yajima, Fumi Sato and Akihiko Yamagishi, New J. Chem., 2017年03月, [査読有り], 1144-0546, 10.1039/c6nj03777a
  • Thermodynamic Approach for Formation of Layered Double Hydrotalcites; Effects of Intercalated Anions, Peijie Yang, The late Junxiang He, Akihiko Yamagishi and Hisako Sato, Clay Science, 2016年06月, [査読有り], 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience.20.2_27
  • Structural changes of layered alkylsiloxanes during the reversible melting-solidification process., Fujii K, Hayashi S, Hashizume H, Shimomura S, Jimura K, Fujita T, Iyi N, Yamagishi A, Sato H, Ando T, Physical chemistry chemical physics : PCCP, 2016年06月, [査読有り], 1463-9076, 10.1039/c6cp02363k
  • Emission behaviour of a series of bimetallic Cd(ii)-Au(i) coordination polymers., Yamagishi A, Kawasaki T, Hiruma K, Sato H, Kitazawa T, Dalton transactions (Cambridge, England : 2003), 2016年04月, [査読有り], 1477-9226, 10.1039/c6dt00537c
  • Application of Hectorite-Coated Silica Gel Particles as a Packing Material for Chromatographic Resolution., Okada T, Kumasaki A, Shimizu K, Yamagishi A, Sato H, Journal of chromatographic science, 2016年04月, [査読有り], 0021-9665, 10.1093/chromsci/bmw058
  • Construction of Chiral Polar Crystals from Achiral Molecules by Stacking Control of Hydrogen-Bonded Layers Using Type II Halogen Bonds, Toshiyuki Sasaki, Toshiyuki Sasaki, Yoko Ida, Ichiro Hisaki, Seiji Tsuzuki, Norimitsu Tohnai, Gérard Coquerel, Hisako Sato, Mikiji Miyata, Mikiji Miyata, Crystal Growth and Design, 2016年03月, [査読有り], 15287483, 10.1021/acs.cgd.5b01724
  • Chiral-Linkage-Induced Hierarchical Ordering of Colloidal Achiral Nanotubes in their Thixotropic Gel., Shikinaka K, Kikuchi H, Maki T, Shigehara K, Masunaga H, Sato H, Langmuir : the ACS journal of surfaces and colloids, 2016年03月, [査読有り], 0743-7463, 10.1021/acs.langmuir.6b00352
  • QCM STUDIES ON ADSORPTION OF WATER MOLECULES ON A SINGLE-LAYERED CLAY FILM, KOMATSU Masataka, TAMURA Kenji, SARUWATARI Kazuko, YAMAGISHI Akihiko, SATO Hisako, Clay Science, 2016年03月, [査読有り], 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience.20.1_13
  • APPLICATION OF VERMICULITE CLAY FOR SELECTIVE ADSORPTION OF CESIUM IONS BY HIGH PERFORMANCE LIQUID CHROMATOGRAPHY, SATO Hisako, KANEKO Yoshiro, MORITA Masatoshi, TAMURA Kenji, YAMAGISHI Akihiko, Clay Science, 2016年03月, [査読有り], 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience.20.1_7
  • Helical Inversion of Gel Fibrils by Elongation of Perfluoroalkyl Chains as Studied by Vibrational Circular Dichroism, Hisako Sato, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, Chirality, 2016年01月, [査読有り], 08990042, 10.1002/chir.22592
  • Synthesis of inorganic-organic composite phosphors with lanthanide complexes embedded in fibrous clays, Sumio Kaizakia,*, Dai Shirotania, ,Keiko Toyaa, Masako Iwamatsua, Yumiko Katoa, Mikiko Makia, Takanori Hirami, Hiroshi Seki, Hiroyasu Nakata and Hisako Sato, 2016年, [査読有り]
  • 赤外放射光の円偏光特性を利用した振動円二色性測定, 池本夕佳、佐藤久子、森脇太郎, SPring-8利用研究成果集, 2016年, [査読有り]
  • Chiroptical Studies on Supramolecular Chirality of Molecular Aggregates, Hisako Sato, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, Chirality, 2015年10月, [査読有り], 08990042, 10.1002/chir.22482
  • Perfluorinated gelators for solidifying fluorous solvents: Effects of chain length and molecular chirality, Tomoko Yajima, Erika Tabuchi, Emiko Nogami, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, RSC Advances, 2015年09月, [査読有り], 10.1039/c5ra12656h
  • Harvesting light energy by iridium(III) complexes on a clay surface, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Takafumi Kitazawa, Takafumi Kitazawa, Hisako Sato, Physical Chemistry Chemical Physics, 2015年07月, [査読有り], 14639076, 10.1039/C5CP02414E
  • Harvesting light energy by iridium(III) complexes on a clay surface, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Takafumi Kitazawa, Takafumi Kitazawa, Hisako Sato, Physical Chemistry Chemical Physics, 2015年07月, [査読有り], 14639076, 10.1039/C5CP02414E
  • Effects of auxiliary ligands of Pd(ii) dimers on induction of chiral nematic phases: Chirality inversion and the photo-responsive structural change, Kenji Tamura, Jun Yoshida, Masahiro Taniguchi, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Dalton Transactions, 2015年02月, [査読有り], 14779226, 10.1039/C4DT02812K
  • Effects of auxiliary ligands of Pd(ii) dimers on induction of chiral nematic phases: Chirality inversion and the photo-responsive structural change, Kenji Tamura, Jun Yoshida, Masahiro Taniguchi, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Dalton Transactions, 2015年02月, [査読有り], 14779226, 10.1039/C4DT02812K
  • Desorption of Cs+ ions from a vermiculite by exchanging with Mg2+ ions: effects of Cs+-capturing ligand, Kenji Tamura, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry, 2015年01月, [査読有り], 02365731, 10.1007/s10967-014-3744-3
  • Energy transfer in hybrid Langmuir-Blodgett films of iridium complexes and synthetic saponite: Dependence of transfer efficiency on the interlayer distance, Hisako Sato, Miwa Ochi, Masaru Kato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2014年12月, 11440546, 10.1039/c4nj00818a
  • Energy transfer in hybrid Langmuir-Blodgett films of iridium complexes and synthetic saponite: Dependence of transfer efficiency on the interlayer distance, Hisako Sato, Miwa Ochi, Masaru Kato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2014年12月, [査読有り], 11440546, 10.1039/C4NJ00818A
  • Energy transfer in hybrid Langmuir-Blodgett films of iridium complexes and synthetic saponite: Dependence of transfer efficiency on the interlayer distance, Hisako Sato, Miwa Ochi, Masaru Kato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2014年12月, [査読有り], 11440546, 10.1039/C4NJ00818A
  • Luminescent oxygen gas sensors based on nanometer-thick hybrid films of iridium complexes and clay minerals, Hisako Sato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Chemosensors, 2014年03月, 10.3390/chemosensors2010041
  • An intermediate state in gelation as revealed by vibrational circular dichroism spectroscopy, Hisako Sato, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, RSC Advances, 2014年01月, [査読有り], 10.1039/c4ra02526a
  • Multi-emitting properties of hybrid Langmuir-Blodgett films of amphiphilic iridium complexes and the exfoliated nanosheets of saponite clay, Hisako Sato, Kenji Tamura, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka, New Journal of Chemistry, 2014年01月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c3nj00879g
  • Efficient energy transfer of cationic iridium(III) complexes on the surface of a colloidal clay, Hisako Sato, Kenji Tamura, Masahiro Taniguchi, Akihiko Yamagishi, Applied Clay Science, 2014年01月, [査読有り], 01691317, 10.1016/j.clay.2014.05.008
  • Terminal effects on gelation by low molecular weight chiral gelators, Hisako Sato, Emiko Nogami, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, RSC Advances, 2014年01月, [査読有り], 10.1039/c3ra44070b
  • An emitting Hofmann-type compound: Evidence for interlayer aurophilic interactions, Takafumi Kitazawa, Kei Hiruma, Hisako Sato, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2013年12月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c3dt52303a
  • Inversion of axial chirality in coordinated bis-β-diketonato ligands, Hisako Sato, Yukie Mori, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Journal of the Chemical Society. Dalton Transactions, 2013年10月, 14779226, 10.1039/c2dt31746j
  • Inversion of axial chirality in coordinated bis-β-diketonato ligands, Hisako Sato, Yukie Mori, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Journal of the Chemical Society. Dalton Transactions, 2013年10月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c2dt31746j
  • Axially chiral monomeric and dimeric square planar Pd(ii) complexes and their application to chiral tectonics, Hisako Sato, Kazuya Morimoto, Yukie Mori, Yuji Shinagawa, Takafumi Kitazawa, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2013年06月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c3dt50420d
  • A novel correlation of vibrational circular dichroism spectra with the electronic ground state for Δ-SAPR-8-cesium-tetrakis((+)- heptafluorobutyryl-camphorato)lanthanide(iii) complexes, Sumio Kaizaki, Dai Shirotani, Hisako Sato, Physical Chemistry Chemical Physics, 2013年06月, [査読有り], 14639076, 10.1039/c3cp50509j
  • Conformational change of a chiral Schiff base Ni(ii) complex with a binaphthyl moiety: Application of vibrational circular dichroism spectroscopy, Hisako Sato, Yukie Mori, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2013年05月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c3dt00112a
  • Linkage control between molecular and supramolecular chirality in 2 1 -helical hydrogen-bonded networks using achiral components, Toshiyuki Sasaki, Ichiro Hisaki, Tetsuya Miyano, Norimitsu Tohnai, Kazuya Morimoto, Hisako Sato, Seiji Tsuzuki, Mikiji Miyata, Nature Communications, 2013年05月, [査読有り], 10.1038/ncomms2756
  • Rewritable optical memory in liquid crystals containing photo-epimerizing Cr(iii) complexes, Hisako Sato, Fumi Sato, Akihiko Yamagishi, Chemical Communications, 2013年05月, [査読有り], 13597345, 10.1039/c3cc39199j
  • Reversibly meltable layered alkylsiloxanes with melting points controllable by alkyl chain lengths, Kazuko Fujii, Hiroshi Kodama, Nobuo Iyi, Taketoshi Fujita, Kenji Kitamura, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Shigenobu Hayashi, New Journal of Chemistry, 2013年04月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c3nj41008k
  • VCD studies on chiral characters of metal complex oligomers, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, International Journal of Molecular Sciences, 2013年01月, [査読有り], 16616596, 10.3390/ijms14010964
  • Chiroptical spectra of tetrakis (+)-3-heptafluorobutylrylcamphorate Ln(III) complexes with an encapsulated alkali metal ion: Solution structures as revealed by chiroptical spectra, Dai Shirotani, Kazuaki Yamanari, Reiko Kuroda, Reiko Kuroda, Takunori Harada, Takunori Harada, Jamie L. Lunkley, Gilles Muller, Hisako Sato, Sumio Kaizaki, Sumio Kaizaki, Chirality, 2012年12月, [査読有り], 08990042, 10.1002/chir.22097
  • Desorption of Cs+ ions intercalated in vermiculite clay through cation exchange with Mg2+ ions, Kazuya Morimoto, Toshihiro Kogure, Kenji Tamura, Saki Tomofuji, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Chemistry Letters, 2012年12月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2012.1715
  • Dual emitting Langmuir-Blodgett films of cationic iridium complexes and montmorillonite clay for oxygen sensing, Kazuya Morimoto, Takahiro Nakae, Keishi Ohara, Kenji Tamura, Shin Ichi Nagaoka, Hisako Sato, New Journal of Chemistry, 2012年12月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c2nj40351j
  • Electronic circular dichroism in the 4f-4f transitions of a series of cesium tetrakis (+)-3-heptafluorobutyrylcamphorate Ln(iii) complexes, Dai Shirotani, Dai Shirotani, Hisako Sato, Kazuaki Yamanari, Sumio Kaizaki, Sumio Kaizaki, Dalton Transactions, 2012年09月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c2dt30951c
  • Stereochemistry and molecular recognition on the surface of a smectite clay mineral, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Clays and Clay Minerals, 2012年08月, [査読有り], 00098604, 10.1346/CCMN.2012.0600407
  • Promotion effects of optical antipodes on the formation of helical fibrils: Chiral perfluorinated gelators, Kazuhiro Kohno, Kazuya Morimoto, Naoko Manabe, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Chemical Communications, 2012年04月, [査読有り], 13597345, 10.1039/c2cc18164a
  • XRD and HRTEM evidence for fixation of cesium ions in vermiculite clay, Toshihiro Kogure, Kazuya Morimoto, Kenji Tamura, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2012年04月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2012.380
  • Effective synthesis of diiodinated picene and dibenzo[a,h]anthracene by AuCl-catalyzed double cyclization, Takahiro Nakae, Ryuji Ohnishi, Yoshiharu Kitahata, Tatsuya Soukawa, Hisako Sato, Shigeki Mori, Tetsuo Okujima, Hidemitsu Uno, Hiroshi Sakaguchi, Tetrahedron Letters, 2012年03月, [査読有り], 00404039, 10.1016/j.tetlet.2012.01.071
  • Benzo[b]trithiophene polymer network prepared by electrochemical polymerization with a combination of thermal conversion, Takahiro Nakae, Shingo Mizobuchi, Maki Yano, Takuya Ukai, Hisako Sato, Toru Shinmei, Toru Inoue, Tetsuo Irifune, Hiroshi Sakaguchi, Chemistry Letters, 2012年02月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2012.140
  • Chirality effects on core-periphery connection in a star-burst type tetranuclear Ru(iii) complex: Application of vibrational circular dichroism spectroscopy, Hisako Sato, Fumi Sato, Masahiro Taniguchi, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2012年02月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c1dt11510c
  • Critical effects of alkyl chain length on fibril structures in benzene-trans(RR)- or (SS)-N,N′-alkanoyl-1,2-diaminocyclohexane gels, Hisako Sato, Takahiro Nakae, Kazuya Morimoto, Kenji Tamura, Organic and Biomolecular Chemistry, 2012年02月, [査読有り], 14770520, 10.1039/c1ob06460f
  • Can a meso-type dinuclear complex be chiral?: Dinuclear β-diketonato Ru(III) complexes, Hisako Sato, Ryoichi Takase, Yukie Mori, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2012年01月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c1dt11133g
  • Capture of radioactive nuclear wastes from sea water by use of clay minerals, Kazuya Morimoto, Kenji Tamura, Yasushi Umemura, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2011年12月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2011.867
  • Preparation of chiral ladder-like polysilsesquioxanes and their chiral induction to anionic dye compound, Yoshiro Kaneko, Hisaya Toyodome, Hisako Sato, Journal of Materials Chemistry, 2011年11月, [査読有り], 09599428, 10.1039/c1jm13414k
  • Formation of chiral heterometallic oligomers by combination of inert Ru(iii) tectons and labile Ni(ii) connectors, Hisako Sato, Aiko Nakao, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2011年09月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c1nj20381a
  • Theoretical study on vibrational circular dichroism spectra of tris(acetylacetonato)metal(III) complexes: Anharmonic effects and low-lying excited states, Hirotoshi Mori, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Journal of Chemical Physics, 2011年08月, [査読有り], 00219606, 10.1063/1.3624605
  • Molecular origin for helical winding of fibrils formed by perfluorinated gelators, Hisako Sato, Tomoko Yajima, Akihiko Yamagishi, Chemical Communications, 2011年04月, [査読有り], 13597345, 10.1039/c0cc05802e
  • Hybridization of clay minerals with the floating film of a cationic Ir(iii) complex at an air-water interface, Hisako Sato, Kenji Tamura, Keishi Ohara, Shin Ichi Nagaoka, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2011年02月, [査読有り], 11440546, 10.1039/c0nj00534g
  • Identification of geometrical isomers using vibrational circular dichroism spectroscopy: A series of mixed-ligand complexes of diamagnetic Co(III) ions, Hisako Sato, Hidemitsu Uno, Haruyuki Nakano, Dalton Transactions, 2011年02月, [査読有り], 14779226, 10.1039/c0dt01342k
  • Comparison of vibrational circular dichroism between the Langmuir-Blodgett films and gels of 12-hydroxyoctadecanoic acid, Hisako Sato, Takara Sakurai, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2011年01月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2011.25
  • Enantioselective sensing by luminescence from cyclometalated iridium(III) complexes adsorbed on a colloidal saponite clay, Hisako Sato, Kenji Tamura, Rie Aoki, Masako Kato, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2011年01月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2011.63
  • Molecular recognition of star-burst tetranuclear Ru(iii) complexes on a chirally modified clay surface, Noriko Fujimoto, Yukie Mori, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Hisako Sato, Chemical Communications, 2010年08月, [査読有り], 13597345, 10.1039/c0cc00685h
  • Highly luminescent Langmuir-Blodgett films of amphiphilic Ir(iii) complexes for application in gas sensing, Hisako Sato, Hisako Sato, Kenji Tamura, Masahiro Taniguchi, Akihiko Yamagishi, New Journal of Chemistry, 2010年04月, [査読有り], 11440546, 10.1039/b9nj00714h
  • A comparative study on chiral and racemic 12-hydroxyoctadecanoic acids in the solutions and aggregation states: does the racemic form really form a gel?, Takara Sakurai, Yuichi Masuda, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Hitoshi Kawaji, Tooru Atake, Kayako Hori, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2010年02月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.20090242
  • Vibrational circular dichroism of Δ-SAPR-8-tetrakis[(+)- heptafluorobutyrylcamphorato]lanthanide(III) complexes with an encapsulated alkali metal ion, Hisako Sato, Hisako Sato, Dai Shirotani, Kazuaki Yamanari, Sumio Kaizaki, Inorganic Chemistry, 2010年01月, [査読有り], 00201669, 10.1021/ic9016646
  • Non-centrosymmetric behavior of a clay film ion-exchanged with chiral metal complexes, Yasutaka Suzuki, Ryoya Matsunaga, Hisako Sato, Hisako Sato, Toshihiro Kogure, Akihiko Yamagishi, Jun Kawamata, Chemical Communications, 2009年12月, [査読有り], 13597345, 10.1039/b908806g
  • Identification of absolute helical structures of aromatic multilayered oligo(m-phenylurea)s in solution, Mayumi Kudo, Takayuki Hanashima, Atsuya Muranaka, Hisako Sato, Hisako Sato, Hisako Sato, Masanobu Uchiyama, Isao Azumaya, Tomoya Hirano, Hiroyuki Kagechika, Aya Tanatani, Aya Tanatani, Journal of Organic Chemistry, 2009年11月, [査読有り], 00223263, 10.1021/jo901934r
  • Application of Δ- and Λ-isomerism of octahedral metal complexes for inducing chiral nematic phases, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, International Journal of Molecular Sciences, 2009年10月, [査読有り], 10.3390/ijms10104559
  • Structure and enantio-differentiating behaviors of nickel(ii) complexes with chiral schiff base ligands derived from 1, 1' binaphthyl-2, 2'-diamine, Mariko Saito, Hisako Sato, Hisako Sato, Hisako Sato, Yukie Mori, Yukie Mori, Yutaka Fukuda, Bulletin of the Chemical Society of Japan, 2009年10月, [査読有り], 00092673, 10.1246/bcsj.82.1266
  • Metal ion sensing by luminescence from an ion-exchange adduct of clay and cationic cyclometalated iridium(III) complex, Hisako Sato, Hisako Sato, Kenji Tamura, Masahiro Taniguchi, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2009年07月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2009.14
  • Syntheses and vibrational circular dichroism spectra of the complete series of [Ru((-)- Or (+)-tfac)n(acac)3-n] n = 0 - 3, tfac = 3-trifluoroacetylcamphorato and acac = acetylacetonato, Hisako Sato, Hisako Sato, Yukie Mori, Yukie Mori, Yutaka Fukuda, Akihiko Yamagishi, Inorganic Chemistry, 2009年05月, [査読有り], 00201669, 10.1021/ic801971p
  • Syntheses and photophysical properties of optical-active blue-phosphorescent iridium complexes bearing asymmetric tridentate ligands, Misa Ashizawa, Misa Ashizawa, Lifen Yang, Katsuaki Kobayashi, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Fumio Okuda, Takunori Harada, Reiko Kuroda, Masa Aki Haga, Dalton Transactions, 2009年03月, [査読有り], 14779226, 10.1039/b820821m
  • Highly enantioselective asymmetric autocatalysis using chiral ruthenium complex-ion-exchanged synthetic hectorite as a chiral initiator, Tsuneomi Kawasaki, Tsuneomi Kawasaki, Toshiki Omine, Kenta Suzuki, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Kenso Soai, Kenso Soai, Organic and Biomolecular Chemistry, 2009年03月, [査読有り], 14770520, 10.1039/b823282b
  • Long distance chiral transfer in a gel: Experimental and ab initio analyses of vibrational circular dichroism spectra of R- and S-12-hydroxyoctadecanoic acid gels, Hisako Sato, Hisako Sato, Kayako Hori, Takara Sakurai, Akihiko Yamagishi, Chemical Physics Letters, 2008年12月, [査読有り], 00092614, 10.1016/j.cplett.2008.11.024
  • Induction and structural control of chiral nematic phases by the use of photoresponsive tris(β-diketonato) Co(III) and Ru(III) complexes, Jun Yoshida, Jun Yoshida, Hisako Sato, Hisako Sato, Naomi Hoshino, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2008年08月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp8011206
  • Chiral bead-like trimer of tris(2,4-pentanedionato)ruthenium(III), Hisako Sato, Hisako Sato, Jun Kameda, Yutaka Fukuda, Masa Aki Haga, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2008年07月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2008.716
  • A heterojunction photodiode operating at inorganic nanosheet interfaces, Hisako Sato, Kentaro Okamoto, Kenji Tamura, Hirohisa Yamada, Kazuko Saruwatari, Toshihiro Kogure, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Applied Physics Express, 2008年03月, [査読有り], 18820778, 10.1143/APEX.1.035001
  • Crystallization induced chiral locking of a central labile core in a star-shaped tetra-nuclear complex, Hisako Sato, Hisako Sato, Yuka Furuno, Yutaka Fukuda, Kentaro Okamoto, Akihiko Yamagishi, Dalton Transactions, 2008年03月, [査読有り], 14779226, 10.1039/b717429b
  • Crystallization induced chiral locking of a central labile core in a star-shaped tetra-nuclear complex, Hisako Sato, Yuka Furuno, Yutaka Fukuda, Kentaro Okamoto, Akihiko Yamagishi, Journal of the Chemical Society. Dalton Transactions, 2008年02月, 14779226, 10.1039/b717429b
  • Application of the ΔΛ isomerism of octahedral metal complexes as a chiral source in photochemistry, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Photochemistry and Photobiology C: Photochemistry Reviews, 2007年10月, [査読有り], 13895567, 10.1016/j.jphotochemrev.2007.04.001
  • Different magnetic properties for diastereomers of alkoxide-bridged (β-diketonato)ruthenium(III) binuclear complexes, Takeshi Hashimoto, Yuji Kawamoto, Yousuke Ishitobi, Tatsuya Sasaki, Yutaka Fukuda, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Hisako Sato, Kunio Shimizu, Takashi Hayashita, Chemistry Letters, Chemistry Letters, 2007年09月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2007.1174
  • Persistent phenomena in photocurrent of niobate nanosheets, Kentaro Okamoto, Kentaro Okamoto, Hisako Sato, Hisako Sato, Kazuko Saruwatari, Kenji Tamura, Jun Kameda, Toshihiro Kogure, Toshihiro Kogure, Yasushi Umemura, Yasushi Umemura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry C, 2007年08月, [査読有り], 19327447, 10.1021/jp073380k
  • Effects of central metal ions on vibrational circular dichroism spectra of tris-(β-diketonato)metal(III) complexes, Hisako Sato, Hisako Sato, Tohru Taniguchi, Atsufumi Nakahashi, Kenji Monde, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Inorganic Chemistry, 2007年08月, [査読有り], 00201669, 10.1021/ic070300i
  • Linkage effects of chromium(III) acetylacetonato units on chiral induction of liquid crystal phases, Yuka Furuno, Hisako Sato, Hisako Sato, Jun Yoshida, Naomi Hoshino, Yutaka Fukuda, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2007年01月, [査読有り], 15206106, 10.1021/jp065586b
  • Rewinding of helical systems by use of the Cr(III) complex as a photoresponsive chiral dopant, Tohru Taniguchi, Kenji Monde, Shin Ichiro Nishimura, Jun Yoshida, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Molecular Crystals and Liquid Crystals, 2006年12月, [査読有り], 15421406, 10.1080/15421400600914916
  • Humidity-sensitive electrical conductivity of a langmuir-blodgett film of titania nanosheets: Surface modification as induced by light irradiation under humid conditions, Kazuko Saruwatari, Hisako Sato, Hisako Sato, Toshihiro Kogure, Toshihiro Kogure, Takayuki Wakayama, Masanori Iitake, Kosho Akatsuka, Masaaki Haga, Takayoshi Sasaki, Takayoshi Sasaki, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Langmuir, 2006年11月, [査読有り], 07437463, 10.1021/la0621618
  • Electron transfer through clay monolayer films fabricated by the Langmuir-Blodgett technique, Jun Yoshida, Jun Yoshida, Kazuko Saruwatari, Jun Kameda, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Laisheng Sun, Laisheng Sun, Maria Corriea, Gilles Villemure, Langmuir, 2006年11月, [査読有り], 07437463, 10.1021/la061668f
  • Photomodulation of a chiral nematic liquid crystal by the use of a photoresponsive ruthenium(III) complex, Tadashi Mitsuoka, Hisako Sato, Hisako Sato, Jun Yoshida, Akihiko Yamasishi, Akihiko Yamasishi, Yasuaki Einaga, Chemistry of Materials, 2006年07月, [査読有り], 08974756, 10.1021/cm060282n
  • Dramatic effects of d-electron configurations on vibrational circular dichroism spectra of tris(acetylacetonato)metal(III), Hisako Sato, Hisako Sato, Tohru Taniguchi, Kenji Monde, Shin Ichiro Nishimura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Chemistry Letters, 2006年04月, [査読有り], 03667022, 10.1246/cl.2006.364
  • Enantioselective photooxidation of a sulfide by a chiral ruthenium(II) complex immobilized on a montmorillonite clay surface: The role of weak interactions in asymmetric induction, Shuji Fujita, Shuji Fujita, Hisako Sato, Hisako Sato, Norishige Kakegawa, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2006年02月, 15206106, 10.1021/jp055254r
  • First-principles studies on the elastic constants of a 1:1 layered kaolinite mineral, Hisako Sato, Hisako Sato, Kanta Ono, Kanta Ono, Cliff T. Johnston, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, American Mineralogist, 2005年11月, 0003004X, 10.2138/am.2005.1832
  • Orientation tuning of a polypyridyl Ru(II) complex immobilized on a clay surface toward chiral discrimination, Hisako Sato, Hisako Sato, Yoshihisa Hiroe, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2005年10月, 15206106, 10.1021/jp053541p
  • ΔΛ-isomerism of mixed 1,3-diketonate complexes of Ru(III) - A designed new source of chirality in nematic liquid crystals, Yuki Matsuoka, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Kentaro Okamoto, Naomi Hoshino, Chemistry of Materials, 2005年10月, 08974756, 10.1021/cm048121b
  • Photoconductive properties of organic-inorganic hybrid films of layered perovskite-type niobate, Kazuko Saruwatari, Hisako Sato, Hisako Sato, Tomochika Idei, Jun Kameda, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Atsushi Takagaki, Kazunari Domen, Journal of Physical Chemistry B, 2005年06月, 15206106, 10.1021/jp0505476
  • On the parity in helical twisting power of Ru(III) 1,3-diketonates of C2 symmetry in nematic liquid crystals, Jun Yoshida, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Naomi Hoshino, Journal of the American Chemical Society, 2005年06月, 00027863, 10.1021/ja042549u
  • A microscopic model for helical twisting power by the optical isomers of an octahedral metal complex, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Jun Yoshida, Haruyuki Nakano, Naomi Hoshino, Japanese Journal of Applied Physics, Part 1: Regular Papers and Short Notes and Review Papers, 2005年06月, 00214922, 10.1143/JJAP.44.4067
  • Evidence for the role of organic layers in photoconductivity of organic/inorganic hybrid nanosheets as prepared by Langmuir-Blodgett methods, Kazuko Saruwatari, Hisako Sato, Hisako Sato, Jun Kameda, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Kazunari Domen, Chemical Communications, 2005年04月, 13597345, 10.1039/b419064e
  • Sensing of molecular chirality on an electrode modified with a clay-metal complex hybrid film, He Junxiang, Hisako Sato, Hisako Sato, Yasushi Umemura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2005年03月, 15206106, 10.1021/jp0451086
  • Spectroscopic evidence for Pt-Pt interaction in a Langmuir-Blodgett film of an amphiphilic platinum(II) complex, Kentaro Kobayashi, Hisako Sato, Hisako Sato, Shinobu Kishi, Masako Kato, Shoji Ishizaka, Noboru Kitamura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2004年12月, 15206106, 10.1021/jp047459q
  • Electric dichroism studies on an aqueous dispersion of unilamellar titanium oxides: Optical anisotropy near the absorption edge, Hisako Sato, Hisako Sato, Yoshihisa Hiroe, Takayoshi Sasaki, Takayoshi Sasaki, Kanta Ono, Kanta Ono, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2004年11月, 15206106, 10.1021/jp047754a
  • First-principle study of polytype structures of 1:1 dioctahedral phyllosilicates, Hisako Sato, Hisako Sato, Kanta Ono, Kanta Ono, Cliff T. Johnston, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, American Mineralogist, 2004年11月, 0003004X
  • Orientational tuning of monolayers of amphiphilic ruthenium(II) complexes for optimizing chirality distinction capability, Kenji Tamura, Hisako Sato, Hisako Sato, Satoko Yamashita, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Hirohisa Yamada, Journal of Physical Chemistry B, 2004年06月, 15206106, 10.1021/jp049349p
  • RACEMIC ADSORPTION OF TRIS (1, 10-PHENANTHROLINE)RUTHENIUM (II) : ONTO A MICA SURFACE, WAKABAYASHI NOBORU, NISHIMURA SHINICHIRO, KAKEGAWA NORISHIGE, SATO HISAKO, YAMAGISHI AKIHIKO, Clay science, Clay science, 2004年06月, 00098574, 10.11362/jcssjclayscience1960.12.259
  • Effects of Ag-photodeposition on photocurrent of an ITO electrode modified by a hybrid film of TiO2 nanosheets, Junxiang He, Peijie Yang, Hisako Sato, Hisako Sato, Yasushi Umemura, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Electroanalytical Chemistry, 2004年05月, 00220728, 10.1016/j.jelechem.2003.11.031
  • RACEMIC ADSORPTION OF TRIS(1,10-PHENANTHROLINE)RUTHENIUM(II) ONTO A MICA SURFACE, WAKABAYASHI NOBORU, NISHIMURA SHIN-ICHIRO, KAKEGAWA NORISHIGE, SATO HISAKO, YAMAGISI AKIHIKO, Clay Science, Clay Science, 2004年, 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience1960.12.259
  • Preparation of a novel clay/metal complex hybrid film and its catalytic oxidation to chiral 1,1′-binaphthol, Junxiang He, Hisako Sato, Hisako Sato, Peijie Yang, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Electroanalytical Chemistry, 2003年12月, 00220728, 10.1016/j.jelechem.2003.07.012
  • First-Principles Study of Two-Dimensional Titanium Dioxides, Hisako Sato, Hisako Sato, Kanta Ono, Kanta Ono, Takayoshi Sasaki, Takayoshi Sasaki, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2003年09月, 15206106, 10.1021/jp035017t
  • Induction of circular dichroism by coadsorption of chiral and achiral metal complexes on a colloidal clay, Kazunari Naka, Hisako Sato, Hisako Sato, Taketoshi Fujita, Nobuo Iyi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Journal of Physical Chemistry B, 2003年08月, 15206106, 10.1021/jp022412v
  • Templating effects on the mineralization of layered inorganic compounds: (1) Density functional calculations of the formation of single-layered magnesium hydroxide as a brucite model, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiro Morita, Kanta Ono, Kanta Ono, Haruyuki Nakano, Noboru Wakabayashi, Akihiko Yamagishi, Akihiko Yamagishi, Langmuir, 2003年08月, 07437463, 10.1021/la034546l
  • Creation of a stereoselective solid surface by self-assembly of a chiral metal complex onto a nano-thick clay film, Junxiang He, Hisako Sato, Peijie Yang, Akihiko Yamagishi, Electrochemistry Communications, 2003年05月, 13882481, 10.1016/S1388-2481(03)00074-2
  • Efficient Application of Hot-Carrier Reliability Simulation to Delay Library Screening for Reliability of Logic Designs, Hisako Sato, Hisako Sato, Mariko Ohtsuka, Kazuya Makabe, Kazuya Makabe, Yuichi Kondo, Kazumasa Yanagisawa, Kazumasa Yanagisawa, Peter M. Lee, Peter M. Lee, IEICE Transactions on Electronics, 2003年05月, 09168524
  • Efficient Application of Hot-Carrier Reliability Simulation to Delay Library Screening for Reliability of Logic Designs(Electronic Circuits), SATO Hisako, OHTSUKA Mariko, MAKABE Kazuya, KONDO Yuichi, YANAGISAWA Kazumasa, LEE Peter M., IEICE transactions on electronics, IEICE transactions on electronics, 2003年05月, 09168524
  • Molecular simulation for flexibility of a single clay layer, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Katsuyuki Kawamura, Journal of Physical Chemistry B, 2001年08月, 10895647, 10.1021/jp004491l
  • A statistical design methodology of a 0.12-μm CMOS device for MPU applications, T. Fukuda, A. Honzawa, S. Wada, K. Mori, H. Kunitomo, H. Sato, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 2001年01月
  • Delay library generation with high efficiency and accuracy on the basis of RSM, Hisako Sato, Hisako Sato, Yuko Ito, Hisaaki Kunitomq, Hiroyuki Baba, Satoru Isomura, Hiroo Masuda, IEICE Transactions on Electronics, 2000年08月, 09168524
  • A new defect distribution metrology with a consistent discrete exponential formula and its applications, Hisako Sato, Masami Ikota, Aritoshi Sugimoto, Hiroo Masuda, Hiroo Masuda, IEEE Transactions on Semiconductor Manufacturing, 1999年12月, 08946507, 10.1109/66.806118
  • Efficient and accurate delay library generation with RSM, Hisako Sato, Yuko Ito, Hisaaki Kunitomo, Hiroyuki Baba, Satoru Isomura, Hiroo Masuda, International Conference on Simulation of Semiconductor Processes and Devices, SISPAD, 1999年12月
  • Inactivation of low-dose implanted phosphorus pileup in the silicon side of an Si/SiO2 interface after oxidation, Hisako Sato, Yasunobu Yanagisawa, Journal of the Electrochemical Society, 1999年12月, 00134651, 10.1149/1.1391615
  • Surface sensitive redistribution of low energy implanted B in Si substrate, N. Natsuaki, A. Shima, M. Honda, S. Nagayama, H. Sato, T. Hashimoto, Proceedings of the International Conference on Ion Implantation Technology, 1999年12月
  • TCAD-prototyping with new accurate worst-case definition for a 0.2 micron CMOS-ASIC process, Hisaaki Kunitomo, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Ryuichi Ikematsu, Hiroo Masuda, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 1999年12月
  • Accurate statistical process variation analysis for 0.25-μm CMOS with advanced TCAD methodology, Hisako Sato, Hisaaki Kunitomo, Katsumi Tsuneno, Kazutaka Mori, Hiroo Masuda, Hiroo Masuda, IEEE Transactions on Semiconductor Manufacturing, 1998年12月, 08946507, 10.1109/66.728554
  • New defect distribution metrology with a consistent discrete exponential formula and its applications, Hisako Sato, Masami Ikota, Aritoshi Sugimoto, Hiroo Masuda, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 1998年12月
  • Novel unified Transient Enhanced Diffusion model on the basis of RSF with process database, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Hiroo Masuda, IEEE International Conference on Microelectronic Test Structures, 1998年01月
  • TCAD/DA for MPU and ASIC Development., Hiroo Masuda,Katsumi Tsuneno,Hisako Sato,Kazutaka Mori, Proceedings of the ASP-DAC '98, Asia and South Pacific Design Automation Conference 1998, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan, February 10-13, 1998, 1998年, [査読有り]
  • A new characterization of sub-μm parallel multilevel interconnects and experimental verification, Kimiko Aoyama, Kiyoshi Ise, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Hiroo Masuda, Hiroo Masuda, IEEE Transactions on Semiconductor Manufacturing, 1996年12月, 08946507, 10.1109/66.484279
  • A new hierarchical rsm for tcad-based device design in 0.4μm cmos development, Hisako Sato, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Katsumi Tsuneno, Kimiko Aoyama, Kimiko Aoyama, Takahide Nakamura, Takahide Nakamura, Hisaaki Kunitomo, Hisaaki Kunitomo, Hiroo Masuda, Hiroo Masuda, IEICE Transactions on Electronics, 1996年12月, 09168524
  • Clay column chromatography for optical resolution: Selectivities of Λ-[Ru(phen)3]2+ and Λ-[Ru(bpy)3]2+ laponite columns towards 1,1′-binaphthol, Akihiko Yamagishi, Masahiro Taniguchi, Yoshimi Imamura, Hisako Sato, Applied Clay Science, 1996年10月, 01691317, 10.1016/0169-1317(96)00010-5
  • Monte Carlo simulations on intercalation of tris(1,10-phenanthroline)metal(II) by saponite clay, Hisako Sato, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Kazunari Naka, Shigeki Kato, Journal of Physical Chemistry, 1996年02月, 00223654, 10.1021/jp950768j
  • Electric dichroism studies on adsorption of tris(5,5′-dimethyl-2,2′-bipyridyl)ruthenium(II) by a colloidally dispersed clay, Akihiko Yamagishi, Masahiro Taniguchi, Masayuki Takahashi, Chikako Asada, Nobuyuki Matsushita, Hisako Sato, Journal of Physical Chemistry, 1994年12月, 00223654, 10.1021/j100082a028
  • Evaluation of two-dimensional transient enhanced diffusion of phosphorus during shallow junction formation, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Hiroo Masuda, IEICE Transactions on Electronics, 1994年02月, 09168524
  • Modeling and simulation on degradation of submicron NMOSFET current drive due to velocity-saturation effects, Katsumi Tsuneno, Hisako Sato, Hiroo Masuda, IEICE Transactions on Electronics, 1994年02月, 09168524
  • Monte Carlo simulations for the interactions of metal complexes with the silicate sheets of a clay: Comparison of binding states between tris(1,10-phenanthroline)metal(II) and tris(2,2′-bipyridyl)metal(II) chelates, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Shigeki Kato, Journal of the American Chemical Society, 1992年12月, 00027863, 10.1021/ja00053a034
  • Theoretical studies on racemic adsorption of tris(1,10-phenanthroline)metal(II) by a clay: Monte Carlo simulations, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Shigeki Kato, Journal of Physical Chemistry, 1992年12月, 00223654, 10.1021/j100202a059
  • Theoretical study on the interactions between a metal chelate and a clay: Monte Carlo simulations, Hisako Sato, Akihiko Yamagishi, Shigeki Kato, Journal of Physical Chemistry, 1992年12月, 00223654, 10.1021/j100202a058
  • Separation of isomers of cobalt(III) complexes by liquid chromatography on a column packed with a clay, ruthenium(II) complex adduct, Akihiko Yamagishi, Hiroshi Makino, Yuji Nakamura, Hisako Sato, Clays and Clay Minerals, 1992年01月, 00098604, 10.1346/CCMN.1992.0400318
  • Theoretical studies on the interactions between a metal complex and a clay., SATO HISAKO, YAMAGISHI AKIHIKO, KATO SHIGEKI, Clay Science, Clay Science, 1991年, 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience1960.8.147
  • A theoretical study on the interaction between talc layers., SATO HISAKO, Clay Science, Clay Science, 1991年, 0009-8574, 10.11362/jcssjclayscience1960.8.117

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • イリジウム錯体の配位アミノ酸によるキラリティ効果:振動円二色性分光法の応用 , 瀧本 和誉,渡邉 裕,佐藤 久子 , MC2019 (モレキュラーキラリティ2019), 2019年06月
  • 固体振動円二色性分光法の分子認識への応用, 佐藤久子、瀧本和誉、山岸晧彦, MC2019 (モレキュラーキラリティ2019), 2019年06月
  • 合成サポナイトに吸着したイリジウム錯体の発光挙動におよぼすキラリティの影響, 秦泉寺 良樹・瀧本 和誉・渡邉 裕・佐藤 久子, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月
  • 粘土鉱物に吸着したイリジウム(III)錯体の発光特性, 瀧本 和誉・秦泉寺 良樹・渡邉 裕・佐藤 久子, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月
  • 振動円二色性分光法を用いた軸性キラリティをもつPd二核錯体の絶対配置の決定, 登口 碧・後藤 勇太朗・渡邉 裕・佐藤 久子, 日本化学会第99春季年会, 2019年03月
  • 酸を用いた除染法, 佐藤久子, 環境放射能除染学会第15回講演会, 2019年01月, 招待有り
  • 振動円二色性分光法の超分子キラリティへの応用, 佐藤久子, 59th RAP Seminor RIKEN, 2018年12月, 招待有り
  • 振動円二色性測定によるインスリン凝集体の超分子キラリティ, 中西文香・佐藤久子・座古保, 日本化学会中国四国支部大会 愛媛, 2018年11月
  • 末端に非対称配位子を持つ軸不斉二核パラジウム(Ⅱ)錯体の合成とその性質, 登口 碧・後藤 勇太朗・渡邉 裕・佐藤 久子, 日本化学会中国四国支部大会 愛媛, 2018年11月
  • 振動円二色性分光法を用いた固体表面での分子不斉認識機構の研究, 佐藤久子・瀧本和誉, 日本化学会中国四国支部大会 愛媛, 2018年11月
  • 粘土鉱物に吸着したキラルイリジウム(III)錯体の発光特, ○瀧本和誉・渡邉裕・佐藤久子, 日本化学会中国四国支部大会 愛媛, 2018年11月
  • 平面型多核パラジウム錯体における軸性キラリティの発現, 後藤勇太朗・渡邉裕・佐藤久子, 日本化学会中国四国支部大会 愛媛, 2018年11月
  • Controlling the self-assembly of tri-peptide with d-amino acid and probing the nano-structural difference, Yumi OZAWA1, Hisako Sato2, Akira Naito1, Izuru Kawamura1 , ANNIC 2018 @ Langenbeck Virchow Haus, 2018年10月
  • Stereochemistry-dependent nanostructure of phenylalanine-based tripeptide self-assembly, Yumi Ozawa1*, Hisako Sato2, Nana Yamaki3, Yuichiro Izato3, Atsumi Miyake3, Akira Naito1, Izuru Kawamura, The Asian Pacific Prion Symposium 2018 (APPS2018),, 2018年10月
  • An Initial Interaction Difference between Bombinin H2 and H4 on Leishmania mimetic membrane, Batsaikhan Mijiddorj,Shiho Kaneda1 , Hisako Sato3, Yuki Kitahashi1, Namsrai Javkhlantugs2, Akira Naito1, Kazuyoshi Ueda1*, Izuru Kawamura, The 56th Annual Meeting of The Biophysical Society of Japan, 2018年09月
  • マイクロ波照射による汚染土壌の脱セシウム化, 山岸晧彦・田村堅志・山下浩・佐藤久子・森田昌敏 , 第62回粘土科学討論会, 2018年09月
  • 層状複水酸化物にインターカレートした酒石酸誘導体の振動円二色性スペクトル , 佐藤久子、松尾拓哉、瀧本和誉、田村堅志、山岸晧彦, 第62回粘土科学討論会, 2018年09月
  • 層状複水酸化物中にインターカレートしたアミノ酸の振動円二色性スペクトル, 瀧本和誉、佐藤久子、會澤純雄, 第62回粘土科学討論会, 2018年09月
  • 合成サポナイトとイリジウム(III)錯体のハイブリッド化による発光特性, 秦泉寺良樹、瀧本和誉、渡邉裕、佐藤久子, 第62回粘土科学討論会, 2018年09月
  • 合成サポナイトに吸着したキラルイリジウム(III)錯体の発光特性, 瀧本和誉、秦泉寺良樹、渡邉裕、佐藤久子, 第62回粘土科学討論会, 2018年09月
  • Synthesis of tetranuclear Pd(II) Complex with Axial Chirality , Yutaro Goto, Yutaka Watanabe, Hisako Sato, ICCC2018 仙台, 2018年07月
  • Enhancement of Luminescence for Chiral Iridium(III) Complex by Adsorption onSynthetic Saponite, Kazuyoshi Takimoto, Yutaka Watanabe, Shigeki Mori, Ahiko Yamagishi, Hisako Sato , ICCC2018 仙台, 2018年07月
  • Molecular Recognition of Chiral Metal Complexes intercalated in Montmorillonite as revealed by Vibrational Circular Dichroism, Hisako Sato, Kazuyoshi Takimoto, Akihiko Yamagishi , ICCC2018 仙台, 2018年07月
  • 軸性キラリティを持つ四核Pd錯体の合成, 後藤勇太朗、渡邉裕、佐藤久子 , 第68回錯体化学討論会, 2018年07月
  • キラルイリジウム錯体の合成と発光特性, 瀧本和誉、渡邉裕、森重樹、佐藤久子, 第68回錯体化学討論会, 2018年07月
  • 汚染土壌のマイクロ波処理による脱セシウム化機構の研究, 山岸晧彦、田村堅志、山下浩、佐藤久子、森田昌敏, 第7回環境放射能除染研究発表会, 2018年07月
  • 振動円二色性分光法VCDの超分子キラリティへの応用:Dアミノ酸含有ペプチドの構造解析, 佐藤久子, 横浜国大, 2018年06月, 招待有り
  • モンモリロナイト表面上での不斉認識に対する振動円二色性分光法の適用, 佐藤久子、瀧本和誉、山岸晧彦, 第16回ホストーゲスト・超分子化学シンポジウム, 2018年06月
  • 陽イオン性金属錯体への振動円二色性分光法の応用, 佐藤久子、瀧本和誉、山岸晧彦 , モレキュラーキラリティ2018), 2018年05月
  • ミニフィールド装置を用いた汚染土壌からのセシウム除去のオンサイト実験, 佐藤久子、山下浩、大森大輔、田村堅志、山岸晧彦、森田昌敏, 第7回環境放射能除染研究発表会, 2018年07月
  • Construction and Functional Characterization of Chiral Twodimensional, SASAKI, Toshiyuki; SATO, Hisako; MIYATA, Mikiji; HISAKI,, 日本化学会第98春季年会(2018), 2018年03月
  • Syntheses of Multinuclear Pd(II) Complexes with Axial Chirality, GOTO, Yutaro; SATO, Hisako;WATANABE, Yutaka, 日本化学会第98春季年会(2018), 2018年03月
  • 合成サポナイトに吸着したキラルイリジウム錯体の発光挙動, 瀧本和誉・渡邉裕・山岸晧彦・佐藤久子, 日本化学会第98春季年会(2018), 2018年03月
  • ペルフルオロアルキル鎖とフェニル基を有する低分子ゲル化剤, 叶野花菜子・佐藤久子・山岸晧彦・矢島知子, 日本化学会第98春季年会(2018), 2018年03月
  • 振動円二色性分光法による固体表面における不斉識別機構の解明, 佐藤久子・瀧本和誉・山岸晧彦 , 日本化学会第98春季年会(2018), 2018年03月
  • 干渉法による発光性イリジウム錯体LB膜の発光特性の向上, 山田 達也,尾崎 良太郎,弓達 新治,門脇 一則,佐藤 久子, 第2回フォトニクス研究会, 2017年12月
  • 繊維状粘土に取り込まれた光増感配位子を含むランタニド錯体からなる無機有機複合の安定性, 海崎純男 ・城谷大 ・岩松雅子 ・加藤由美子 ・佐藤久子 ・日置亜矢子 ・梶原篤, 第61回粘土科学討論会, 2017年09月
  • 粘土鉱物へのイリジウム錯体吸着による発光キラルセンシグ , 山岸晧彦 ・瀧本和誉 ・田村堅志 ・渡邉裕 ・佐藤久子, 第61回粘土科学討論会, 2017年09月
  • 風化バイオタトへのCsイオン吸着サイトの考察, 田村堅志 ・清水禎 ・佐藤久子 ・山下浩 ・山岸晧彦 ・森田昌敏, 第61回粘土科学討論会, 2017年09月
  • キラル分離用 HPLCHPLC カラム充填剤応用に適したヘクトイ被覆シリ粒子の合成, 小栗睦基 ・佐藤久子 ・山岸晧彦 ・岡田友彦, 第61回粘土科学討論会, 2017年09月
  • 汚染土壌の減容化に向けた粘カラム方式ミニフィールド装置よる実証実験 , 佐藤久子、田村堅志、山下浩、金子芳郎、山岸晧彦, 森田昌敏, 第61回粘土科学討論会, 2017年09月
  • 干渉を用いたイリジウム錯体LB膜の発光特性, 山田 達也,尾崎 良太郎,弓達 新治,門脇 一則,佐藤 久子, 平成29年度 電気関係学会四国支部連合大会, 2017年09月
  • フェニル基を有する含フッ素化合物の合成と超分子ゲルの形成 , 叶野花菜子・佐藤久子・山岸晧彦・矢島知子, 第66回高分子討論会 , 2017年09月
  • 繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体からなる多機能性無機有機複合発光体の光安定性, 海崎純男,城谷大,岩松雅子,加藤由美子,佐藤久子,日置亜矢子,梶原篤,山崎鈴子, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • 発光性イリジウム錯体の粘土面への吸着:発光キラルセンシングへの応用, 山岸晧彦,瀧本和誉,田村堅志,渡邉裕,佐藤久子, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • リジウム錯体のLB膜を用いた光集約系の構築, 佐藤久子,田村堅志,山岸晧彦, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • 軸性キラリティを持つ多核パラジウム錯体の合成と性質, 後藤勇太朗,渡邉裕,佐藤久子, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • キラルイリジウム錯体の合成と性質, 瀧本和誉,渡邉裕,森重樹,佐藤久子, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • Application of Vibrational Circular Dichroism to Chiral Iridium and Ruthenium Complexes, Hisako Sato,Kazuyoshi Takimoto,Jun Yoshida,Akihiko Yamagishi, 第67回錯体化学討論会, 2017年09月
  • セシウムイオンの土壌中での動態および、汚染土壌の減容化に向けた粘土カラム方式ミニフィールド装置を用いたセシウム除去方法, 佐藤久子, 日本分析化学会中国四国支部主催の第54回日本分析化学会中国四国支部分析化学講習会, 2017年08月, 招待有り
  • 干渉作用による発光性イリジウム錯体LB膜の発光変化, 山田 達也,尾崎 良太郎,弓達 新治,門脇 一則,佐藤 久子, 2017年度 応用物理・物理系学会 中国四国支部 合同学術講演会, 2017年07月
  • 土壌中の放射性セシウムの特性と酸抽出効果, 森田昌敏,山岸皓彦(NPO法人環境測定品質管理センター),田村堅志(物質・材料研究機構),山下浩,佐藤久子(愛媛大院理工) , 第6回環境放射能除染研究発表会, 2017年07月
  • 遊星ボールミル粉砕法を併用した汚染土壌の脱セシウム化, 山下浩(愛媛大院理工)・田村堅志(物質・材料研究機構)・佐藤久子(愛媛大院理工)・森田昌敏(環境測定品質管理センター) , 第6回環境放射能除染研究発表会, 2017年07月
  • マイクロ波処理による汚染土壌の脱セシウム化, 山岸晧彦(環境測定品質管理センター),田村堅志(物質・材料研究機構),山下浩(愛媛大院理工),佐藤久子(愛媛, 第6回環境放射能除染研究発表会, 2017年07月
  • 汚染土壌の減容化に向けた粘土化学的手法の開発 , 佐藤久子(愛媛大院理工),田村堅志(物材機構),山下浩(愛媛大院理工),大森大輔((株)ダイキアクシス),金子芳郎(鹿児島大院理工),山岸晧彦,森田昌敏(環境測定品質管理センター) , 第6回環境放射能除染研究発表会, 2017年07月
  • Structure of bombinin H4 containing a D-allo-isoleucine by solid-state VCD and solid-state NMR, Yumi Ozawa, Batsaikhan Mijiddorj, Hisako Sato, Namsrai Javkhlantugs, Akira Naito, Kazuyoshi Ueda, Izuru Kawamura, IDAR2017, 2017年07月
  • Structural difference of functional peptide fibers between L-Phe-L-Phe-OH, L-Phe-D-Phe-OH and D-Phe-D-Phe-OH, Yumi Ozawa, Batsaikhan Mijiddorj, Hisako Sato, Namsrai Javkhlantugs, Akira Naito, Kazuyoshi Ueda, Izuru Kawamura, IDAR2017, 2017年07月
  • Enhanced emission from hybrid Langmuir-Blodgett films of amphiphilic iridium complexes with the exfoliated nanosheets on a metal layer , Ryotaro Ozaki, Tatsuya Yamada, Kazunori Kadowaki, Hisako Sato , 9th International conference on Molecular Electronics and Bioelectronics, 2017年06月
  • Solid State VCD Spectra of Amino Acids: Effects of Interplay between Two Chiral Centers in Isoleucine, Hisako Sato, Izuru Kawamura, Fumi Sato and Akihiko Yamagishi , Chirality2017, 2017年06月
  • 立体反転によって誘起されるペプチドファイバーの形態変化と固体NMRによる構造解析, 尾澤夢実,佐藤久子,内藤晶・川村出 , 高分子学会17-1NMR研究会, 2017年05月
  • 繊維状粘土に取り込まれた希土類錯体からなる多機能性無機有機複合発光体の光安定性, 海崎純男・城谷 大・岩松雅子・加藤由美子・佐藤久子・山崎鈴子・梶原 篤・ , 第33回希土類討論会, 2017年05月

MISC

  • トリペプチドのガンマターン構造への自己組織化, 川村出, 川村出, 佐藤久子, 尾澤夢実, 茅野洋平, 吉田純, 内藤晶, ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム講演要旨集, 17th, 22, 2019年05月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201902227411063668
  • 粘土面における分子認識のその後の展開, 佐藤久子, 低次元系光機能材料研究会 ニュースレター , 17, 2018年05月
  • 干渉を用いたイリジウム錯体LB膜の発光特性の向上, 山田達也, 尾崎良太郎, 弓達新治, 門脇一則, 佐藤久子, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.11‐7, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702213725838479
  • フェニル基を有する含フッ素化合物の合成と超分子ゲルの形成, 叶野花菜子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 矢島知子, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 66, 2, ROMBUNNO.2Pb064, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702283383719706
  • 軸性キラリティを持つ多核Pd錯体の合成と性質, 後藤勇太朗, 渡邉裕, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 67th, 187, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702288292559413
  • イリジウム錯体のLB膜を用いた光集約系の構築, 佐藤久子, 田村堅志, 山岸晧彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 67th, 240, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702256245020385
  • キラルイリジウム錯体の合成と性質, 瀧本和誉, 渡邉裕, 森重樹, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 67th, 283, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702252529651071
  • 繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体からなる多機能性無機有機複合発光体の光安定性, 海崎純男, 城谷大, 岩松雅子, 加藤由美子, 佐藤久子, 日置亜矢子, 梶原篤, 山崎鈴子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 67th, 323, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702244229021533
  • 発光性イリジウム錯体の粘土面への吸着:発光キラルセンシングへの応用, 山岸晧彦, 瀧本和誉, 田村堅志, 渡邉裕, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 67th, 241, 2017年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702226954486439
  • Membrane binding structure of Bombinin H2 and H4 peptides in leishmania mimetic membrane as studied by solid-state NMR and MD simulation, BATSAIKHAN Mijiddorj, BATSAIKHAN Mijiddorj, KANEDA Shiho, JAVKHLANTUGS Namsrai, UEDA Kazuyoshi, SATO Hisako, NAITO Akira, KAWAMURA Izuru, 生物物理(Web), 57, Supplement 1-2, S244 (WEB ONLY), 2017年08月, 1347-4219, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702286423999138
  • 繊維状粘土に取り込まれた希土類錯体からなる多機能性無機有機複合発光体の光安定性, 海崎純男, 城谷大, 岩松雅子, 加藤由美子, 佐藤久子, 山崎鈴子, 梶原篤, 日置亜矢子, 松村竹子, 山下和則, 岸宗孝, 希土類, 70, 14‐15, 2017年05月, 0910-2205, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702266602752620
  • 嵩高い金属錯体を用いたキラル液晶の構造研究, 吉田純, 渡辺豪, 佐藤久子, 液晶(表紙に採択), 21, 2, 105‐112, 112, 2017年04月, 1880-6449, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702262312277269
  • パーフルオロ基をもつゲル化剤の単分子膜の性質, 山岸晧彦, 矢島知子, 田村堅志, 佐藤久子, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 97th, ROMBUNNO.3B6‐35, 2017年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702241719419957
  • 発光膜の製造とセンシングへの応用, 佐藤久子, 日本化学会低次元系光機能材料研究会のニュースレター, 14, 2017年03月
  • らせん間相互作用の調整によるキラル結晶化の制御, 佐々木俊之, 上杉飛翔, 宮田幹二, 久木一朗, 佐藤久子, 藤内謙光, 松尾吉晃, 日本結晶学会年会講演要旨集, 2016, 66, 2016年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602222825905609
  • Al/PMMA膜上のイリジウム錯体LB膜の発光特性, 山田達也, 尾崎良太郎, 門脇一則, 佐藤久子, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2016, ROMBUNNO.11‐1, 2016年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702243831092069
  • 超分子キラリティー発現によるイモゴライトチクソトロピー性ゲルの高次秩序化, 敷中一洋, 菊地洋人, 増永啓康, 牧偵, 牧偵, 佐藤久子, 重原淳孝, 粘土科学討論会講演要旨集, 60th, 124‐125, 2016年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602259115769232
  • 合成サポナイトとハイブリッド化したイリジウム錯体膜による酸素センシング, 佐藤久子, 田村堅志, 渡辺裕, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 60th, 154‐155, 2016年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602249743605472
  • 無機・有機複合体からなる繊維状粘土に取込まれたユウロピウム(III)錯体の合成と発光特性, 海崎純男, 城谷大, 岩松雅子, 加藤由美子, 佐藤久子, 山崎鈴子, 松村竹子, 岸宗孝, 粘土科学討論会講演要旨集, 60th, 126‐127, 2016年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602241878381430
  • Al/PMMA膜上の発光性イリジウム錯体LB膜の酸素応答特性, 山田達也, 尾崎良太郎, 門脇一則, 佐藤久子, 応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 77th, ROMBUNNO.14a‐P5‐11, 2016年09月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602289170421079
  • 繊維状粘土に取込まれたユウロピウム(III)錯体の合成と発光特性, 海崎純男, 城谷大, 岩松雅子, 加藤由美子, 佐藤久子, 山崎鈴子, 松村竹子, 岸宗孝, 錯体化学会討論会講演要旨集, 66th, 180, 2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602220628258381
  • 発光性イリジウム(III)錯体とアミノ酸との相互作用, 山岸晧彦, 佐藤久子, 北澤孝史, 佐藤二美, 錯体化学会討論会講演要旨集, 66th, 236, 2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602284275474060
  • イリジウム錯体LB膜のエネルギー移動を利用した酸素センシング, 佐藤久子, 瀧本和誉, 渡辺裕, 山岸晧彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 66th, 246, 2016年08月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602256387191390
  • イリジウム錯体ハイブリッドLB膜のエネルギー移動を利用した多色発光酸素センシング, 佐藤久子, 光化学 = Photochemistry : 光化学協会会誌, 光化学協会, 光化学 = Photochemistry : 光化学協会会誌, 47, 2, 96, 99, 2016年08月, 0913-4689, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020938517
  • 光化学系II複合体で表面修飾された層状複水酸化物電極による水の光酸化, 加藤優, 佐藤久子, 杉浦美羽, 八木一三, 電気化学会大会講演要旨集(CD-ROM), 83rd, ROMBUNNO.3J23, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602242275941417
  • 粘土‐シリカコアシェル球状粒子による有機金属錯体の光学分割, 小栗睦基, 岡田友彦, 山岸晧彦, 佐藤久子, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2PA‐167, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602260849819420
  • 振動円二色性分光法を用いたパーフルオロ基をもつゲル構造の研究, 佐藤久子, 矢島知子, 山岸晧彦, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2B8‐38, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602255662687487
  • 短鎖パーフルオロアルキル鎖およびアルキル鎖を有する低分子量ゲル化剤の合成とその物性, 近藤瑛里, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.2B8‐39, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602253812383003
  • 含フッ素キラルゲル化剤の合成と物性, 近藤瑛里, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.1PC‐089, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602248175155115
  • 粘土面における一価キラルルテニウム(II)錯体の吸着挙動, 山岸晧彦, 田村堅志, 北澤孝史, 佐藤久子, 日本化学会春季年会講演予稿集(CD-ROM), 96th, ROMBUNNO.3D3‐37, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602226306935163
  • 無機ナノシート/イリジウム錯体複合薄膜の金属上での発光特性, 尾崎良太郎, 山田達也, 門脇一則, 佐藤久子, 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM), 63rd, ROMBUNNO.20P-W351-4, 2016年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602208739009950
  • Cooperative Effects of Perfluorinated and Alkylated Chains on Formation of Gels, YAJIMA Tomoko, KONDO Eri, YAMAGISHI Akihiko, SATO Hisako, 超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2016, 98, 2016年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201702269408662600
  • キラルな水素結合性多次元超分子の集積に基づく階層的結晶設計, 佐々木俊之, 宮田幹二, 久木一朗, 藤内謙光, 佐藤久子, 日本化学会中国四国支部大会講演要旨集, 2015, 64, 2015年11月, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602255607077785
  • ハロゲン間相互作用を利用した水素結合性シート型超分子の集積によるキラル極性結晶の構築, 佐々木俊之, 宮田幹二, 久木一朗, 藤内謙光, 佐藤久子, 日本結晶学会年会講演要旨集, 2015, 70, 2015年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602207576176563
  • アキラル有機塩を用いたキラルかつ極性を持つシート型超分子の構築とハロゲン結合による集積制御, 佐々木俊之, 宮田幹二, 久木一朗, 藤内謙光, 佐藤久子, 基礎有機化学討論会要旨集, 26th, 146, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502212721751519
  • 短鎖のパーフルオロアルキル鎖とアルキル鎖を有するキラルゲル化剤の合成と物性, 近藤瑛里, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, フッ素化学討論会講演要旨集, 38th, 88, 89, 2015年09月, 1880-6201, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602208162126064
  • パーフルオロアルキルカルボン酸アンモニウム塩を用いた2次元フッ素化表面の構築, 佐々木俊之, 佐藤久子, フッ素化学討論会講演要旨集, 38th, 86, 87, 2015年09月, 1880-6201, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602217285020111
  • 無機・有機複合体における繊維状粘土セピオライトに取り込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 戸屋圭子, 加藤由美子, 岩松雅子, 牧幹子, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 59th, 98, 99, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602200325521267
  • 無機・有機複合体における繊維状粘土セピオライトに取り込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 戸屋圭子, 加藤由美子, 岩松雅子, 牧幹子, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 59th, 178, 179, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602204201317373
  • 合成サポナイト面を利用した光エネルギー集約系の構築, 佐藤久子, 田村堅志, 北澤孝史, 山岸皓彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 59th, 176, 177, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602212342417153
  • バーミキュライトからのCsイオンの脱離:Cs捕獲配位子の効果, 田村堅志, 佐藤久子, 山岸皓彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 59th, 168, 169, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602219005014009
  • イリジウム錯体を用いた粘土面における光エネルギー集約系の構築, 佐藤久子, 北澤孝史, 田村堅志, 山岸晧彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 65th, 222, 2015年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602204875345178
  • Harvesting light energy by iridium(III) complexes on a clay surface, Kenji Tamura, Akihiko Yamagishi, Takafumi Kitazawa, Hisako Sato, Physical Chemistry Chemical Physics, 17, 18288, 18293, 2015年07月, 14639076, 10.1039/c5cp02414e, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84936952513&origin=inward, This journal is © the Owner Societies. Energy transfer was investigated between two types of iridium(III) complexes, [Ir(dfppy)<inf>2</inf>(C<inf>n</inf>-bpy)]<sup>+</sup> (dfppyH = 2-(2′,4′-difluorophenyl)pyridine; C<inf>n</inf>-bpy = 4,4′-dialkyl-2,2′-bipyridine; dialkyl = dimethyl (C<inf>1</inf>), didodecyl (C<inf>12</inf>), and dinonyldecyl (C<inf>19</inf>)) and [Ir(piq)<inf>2</inf>(C<inf>n</inf>-bpy)]<sup>+</sup> (piqH = 1-phenylisoquinoline) as a donor and an acceptor, respectively. The complexes were co-adsorbed by colloidally dispersed synthetic saponite. The efficiency of energy transfer (η<inf>ET</inf>) was obtained from emission spectra at various donor-to-acceptor ratios (D/A) on the basis of the Förster-type energy transfer mechanism. For C<inf>1</inf>-bpy, η<inf>ET</inf> was as high as 0.5 with a D/A of ca. 20. The results implied that the photon energy captured by several donor molecules was collected by a single acceptor molecule (i.e. the harvesting of light energy). Enantioselectivity was observed, which indicates the participation of a contact pair of donor and acceptor molecules. For C<inf>12</inf>-bpy and C<inf>19</inf>-bpy, η<inf>ET</inf> was low and exhibited no enantioselectivity, because their long alkyl chains inhibited close contact between the donor and acceptor molecules.
  • ハロゲン結合を利用した水素結合性2次元シート構造の集積に基づくキラル極性結晶の構築, 佐々木俊之, 久木一朗, 藤内謙光, 宮田幹二, 佐藤久子, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015, 101 (JA),100 (EN), 2015年06月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602206175182467
  • ヘクトライト‐シリカコアシェル粒子を充填剤に用いた光学分割用HPLCカラム, 山岸晧彦, 岡田友彦, 熊崎愛作, 小栗睦基, 北澤孝史, 佐藤久子, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015, 143 (JA),142 (EN), 2015年06月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602207910232674
  • ゲル化におけるアルキル基とパーフルオロ基の協同効果:振動円二色性分光法の応用, 佐藤久子, 佐々木美香, 矢島知子, 山岸晧彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2015, 129 (JA),128 (EN), 2015年06月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602215634934026
  • Δ‐SAPR‐8‐M[Ln<sup>III</sup>((+)‐hfbc)<sub>4</sub>](M<sup>+</sup>=Na,K,Rb,Cs):hfbc=heptafluorobutyrylcamphorato)錯体のキラル分光―円二色性・円偏光ルミネッセンス・振動円二色性―, 海崎純男, 城谷大, LUNKLEY Jamie L., MULLER Gilles, 佐藤久子, 森寛敏, 希土類, 66, 100, 101, 2015年05月, 0910-2205, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502286846601120
  • 無機・有機複合体における繊維状粘土に取り込まれた希土類錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 戸屋圭子, 牧幹子, 岩松雅子, 加藤由美子, 佐藤久子, 希土類, 66, 98, 99, 2015年05月, 0910-2205, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502297279079215
  • 振動円二色性分光法を用いたゲル形成過程の解析, 佐藤久子, 矢島知子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 783, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502201619498717
  • エチレンパーフルオロアルキル基を有する含フッ素キラルゲル化剤の合成とその物性, 田淵恵里香, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 782, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502241857856607
  • ヘクトライト‐シリカコアシェル粒子のHPLCカラム充填剤への応用, 岡田友彦, 熊崎愛作, 清水慶, 中山駿佑, 北澤孝史, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 655, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502210101632729
  • 粘土面における光エネルギー集約をめざしたイリジウム錯体の発光挙動, 山岸晧彦, 田村堅志, 北澤孝史, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 998, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502295632892569
  • キラル体およびラセミ体の含フッ素ゲル化剤のゲル化能と分子配列, 野上栄美子, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 95th, 3, 782, 2015年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502219496900260
  • Effects of auxiliary ligands of Pd(ii) dimers on induction of chiral nematic phases: Chirality inversion and the photo-responsive structural change, Kenji Tamura, Jun Yoshida, Masahiro Taniguchi, Takafumi Kitazawa, Akihiko Yamagishi, Hisako Sato, Dalton Transactions, 44, 3209, 3215, 2015年02月, 14779226, 10.1039/c4dt02812k, https://www.scopus.com/inward/record.uri?partnerID=HzOxMe3b&scp=84922636659&origin=inward, © The Royal Society of Chemistry. Dinuclear square planar palladium(ii) complexes, [{Pd(ii)L a } 2 (baet)] (L a- = β-diketonato and baet 2- = 1,2-diacetyl-1,2-bis(3-methylbutanoyl)ethanato), were prepared and used as chiral dopants to induce chiral nematic phases. The following β-diketones were used as L a H: pentane-2,4-dione (acacH), dibenzoylmethane (dbmH), di-4-nonyloxybenzoylmethane (C 9 -dbmH) and 3-[4′-(4′′-(octyloxy)phenylazo)phenyl]-2,4-dione (C 8 -azoacacH). When the enantiomers were doped in a nematic liquid crystal, they induced a chiral nematic phase with a helical twisting power (HTP) of 5-50 μm -1 . In particular, the sample doped with [{Pd(ii)(C 8 -azoacac)} 2 (baet)] exhibited a reversible change of the circular dichroism spectrum under alternate irradiation at 350 nm and 460 nm. It implied that the HTP changed reversibly in response to the cis-trans isomerization of the coordinated C 8 -azoacac ligand. This journal is
  • 進化するキラル化学のイノベーション キラル金属錯体の機能化, 佐藤久子, 化学工業, 66, 2, 125, 132, 2015年02月, 0451-2014, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201502219766455604
  • キラル金属錯体の機能化 (特集 進化するキラル化学のイノベーション), 佐藤 久子, 化學工業, 小峰工業出版, 化學工業, 66, 2, 125, 132, 2015年02月, 0451-2014, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020348418
  • ペルフルオロアルキル鎖とアルキル鎖を有する新規含フッ素キラルゲル化剤の合成とその物性, 矢島知子, 佐々木美香, 佐藤久子, 山岸晧彦, フッ素化学討論会講演要旨集, 37th, 83, 84, 2014年10月, 1880-6201, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402267728498674
  • 層状複水酸化物修飾電極を用いた光化学系IIの光電気化学, 加藤優, 佐藤久子, 杉浦美羽, 電気化学秋季大会講演要旨集, 2014, 200, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402293438574254
  • P39 無機・有機複合体における繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体の発光特性(ポスター発表,一般講演), 海崎 純男, 城谷 大, 戸屋 圭子, 加藤 由美子, 岩松 雅子, 牧 幹子, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 58, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_64, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009866418
  • A19 無機・有機複合体における繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体の発光特性(口頭発表,一般講演), 海崎 純男, 城谷 大, 戸屋 圭子, 加藤 由美子, 岩松 雅子, 牧 幹子, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 58, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_64, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009866351
  • A10 粘土鉱物のHPLCカラム充填剤への応用についての検討(口頭発表,一般講演), 熊崎 愛作, 清水 慶, 岡田 友彦, 中山 駿佑, 北澤 孝史, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 58, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_47, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009866342
  • A17 合成サポナイトに吸着した陽イオン性イリジウム錯体間の光エネルギー集約(口頭発表,一般講演), 佐藤 久子, 田村 堅志, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 58, 60, 61, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_60, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009866349
  • 粘土鉱物のHPLCカラム充填剤への応用についての検討, 熊崎愛作, 清水慶, 岡田友彦, 中山駿佑, 北澤孝史, 佐藤久子, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 58th, 47, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_47, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402222567856490
  • 合成サポナイトに吸着した陽イオン性イリジウム錯体間の光エネルギー集約, 佐藤久子, 田村堅志, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 58th, 60, 61, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_60, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402240994961465
  • 無機・有機複合体における繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 戸屋圭子, 加藤由美子, 岩松雅子, 牧幹子, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 58th, 188, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_188, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402245981401810
  • 無機・有機複合体における繊維状粘土に取り込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 戸屋圭子, 加藤由美子, 岩松雅子, 牧幹子, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 58th, 64, 2014年09月, 10.11362/cssj2.58.0_64, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402261018088878
  • cesium‐tetrakis((+)‐heptafluorobutyrylcamphorato)lanthanide(III)錯体の振動円二色性に関する電子論的考察, 森寛敏, 海崎純男, 城谷大, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 309, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402200486808366
  • 無機有機複合体からなる維状粘土に取込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 佐藤久子, 戸屋圭子, 岩松雅子, 加藤由美子, 牧幹子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 37, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402200734911993
  • 親金相互作用を有するシス‐トランス混在型配位高分子錯体の発光挙動, 蛭間慶, 山岸皓彦, 佐藤久子, 北澤孝史, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 251, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402212680177901
  • キラルテクトニクス法による配位性Ru(III)錯体の2次元界面への応用, 佐藤久子, 田村堅志, 山岸皓彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 257, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402215212703301
  • cesium‐tetrakis((+)‐heptafluobutyrylcamphorato)lanthanide(III)錯体の基底状態項の奇偶性と振動円二色性, 海崎純男, 城谷大, 佐藤久子, 森寛敏, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 38, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402228635594430
  • 無機有機複合体からなる維状粘土に取込まれたランタニド錯体の発光特性, 海崎純男, 城谷大, 佐藤久子, 戸屋圭子, 岩松雅子, 加藤由美子, 牧幹子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 340, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402274176133427
  • 粘土に吸着したイリジウム(III)錯体のエネルギー移動:キラリティの効果, 住恵理子, 北澤孝史, 山岸晧彦, 田村堅志, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 64th, 214, 2014年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402286012613264
  • Bio-inorganic hybrid water oxidation electrodes of Photosystem II and layered double hydroxide, KATO Masaru, SATO Hisako, SUGIURA Miwa, SUGIURA Miwa, 生物物理, 54, Supplement 1-2 (Web), 2P251 (WEB ONLY), 2014年08月, 0582-4052, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201602204524347255
  • ピリジン誘導体による親金相互作用の発光への影響, 蛭間慶, 山岸晧彦, 佐藤久子, 北澤孝史, 配位化合物の光化学討論会講演要旨集, 26th, 88, 89, 2014年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402249580324584
  • 振動円二色性分光法のパーフルオロアルキル基ゲルへの応用, 佐藤久子, 野上栄美子, 矢島知子, 山岸皓彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2014, (JA)45,(EN)44, 2014年06月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402268656350622
  • 粘土鉱物ナノシートを用いた多重発光性極微量酸素センサーの開発を目指して(<シンポジウム特集>女性研究者が拓く粘土科学), 佐藤 久子, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 52, 3, 104, 108, 2014年05月, 04706455, 10.11362/jcssjnendokagaku.52.3_104, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009818555, Photo-responsive molecular devices for sensing oxygen gas are manipulated on the basis of the thin film formation of clay minerals. In the attempts, luminescent Ir(III) complexes (guests) were hybridized with clay minerals (hosts) in order to enhance robustness and reliability. Nanometer-thick hybrid films were constructed by applying the Langmuir-Blodgett method to an aqueous dispersion of clay minerals as a subphase. The achievement of dual-emitting properties in response to oxygen pressure is described.
  • 人工積層法したイリジウム錯体ハイブリッドLB膜による光エネルギー集約, 山岸晧彦, 田村堅志, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 995, 2014年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402206937154479
  • 振動円二色性分光法を用いたパーフルオロアルキル基をもつゲル構造の解析, 佐藤久子, 矢島知子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 743, 2014年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402257840165402
  • N,N’‐n‐bromoalkanoyl‐1,2‐diaminocyclohexaneの低分子量ゲル化剤としての物性と構造, 野上栄美子, 佐藤久子, 矢島知子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 744, 2014年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402298185105157
  • パーフルオロアルキル,アルキル基を有するキラルゲル化剤の合成とその物性, 佐々木美香, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 94th, 3, 743, 2014年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402299795484350
  • 粘土鉱物へのセシウムイオンの吸着と脱離, 山岸晧彦, 佐藤久子, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会講演要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.1A11, 2014年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402214310860214
  • 配位高分子錯体からの親金相互作用による発光, 蛭間慶, 山岸晧彦, 佐藤久子, 北澤孝史, 光化学討論会要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.3P110, 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602287027368767
  • 光エネルギー集約をめざした人工積層法イリジウム錯体ハイブリッドLB膜の製造, 佐藤久子, 田村堅志, 北澤孝史, 山岸晧彦, 光化学討論会要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.1P021, 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602281052507332
  • 単一膜で多機能性を有する有機・無機ハイブリッド発光デバイスの開発, 佐藤久子, 日本板硝子材料工学助成会成果報告書(CD-ROM), 32, 118, 123, 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402299918390992
  • 自然界唯一の水の酸化触媒である光化学系IIの酵素電気光化学, 加藤優, 佐藤久子, 杉浦美羽, 光化学討論会要旨集(CD-ROM), 2014, ROMBUNNO.1B20, 2014年, http://jglobal.jst.go.jp/public/201602219565692257
  • 層状粘土鉱物とキラル金属錯体の複合体を用いた分子認識能の発現, 佐藤 久子, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 無機マテリアル学会, Journal of the Society of Inorganic Materials, Japan : セッコウ・石灰・セメント・地球環境の科学, 20, 367, 408, 413, 2013年11月, 13453769, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031197106
  • 無機層状化合物(I)層状粘土鉱物とキラル金属錯体の複合体を用いた分子認識能の発現, 佐藤久子, J Soc Inorg Mater Jpn, 20, 367, 408, 413, 2013年11月, 1345-3769, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302295003501277
  • 振動円二色性分光法の超分子キラリティへの応用, 佐藤 久子, Jasco report, ジャスコレポート社, Jasco report, 55, 1, 13, 17, 2013年11月, 0916-3492, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019864799
  • 発光性イリジウム(III)錯体の消光作用におけるエナンチオ選択性の研究, 住恵理子, 田村堅志, 佐藤久子, 山岸晧彦, 北澤孝史, 錯体化学会討論会講演要旨集, 63rd, 402, 2013年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302213058815711
  • 両親媒性イリジウム錯体LB膜を用いた多重発光特性, 佐藤久子, 田村堅志, 山岸晧彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 63rd, 52, 2013年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302250113023300
  • 軸性キラリティを有するPd(II)2核錯体の液晶キラルドーパントへの応用, 山岸晧彦, 谷口昌宏, 佐藤久子, 北澤孝史, 錯体化学会討論会講演要旨集, 63rd, 131, 2013年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302290162999608
  • パーフルオロアルキル,アルキル基を有するキラルゲル化剤の合成とその物性, 佐々木美香, 矢島知子, 佐藤久子, 山岸晧彦, フッ素化学討論会講演要旨集, 36th, 126, 127, 2013年10月, 1880-6201, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302222696014210
  • P27 粘土絶縁膜の伝導性素子への接合(ポスター発表,一般講演), 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 田村 堅志, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 57, 196, 197, 2013年09月, 10.11362/cssj2.57.0_196, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009753933
  • 粘土鉱物ナノシートを用いた多重発光性極微量酸素センサーの開発を目指して, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 57th, 24, 25, 2013年09月, 10.11362/cssj2.57.0_24, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302220920654333
  • 粘土絶縁膜の伝導性素子への接合, 山岸晧彦, 佐藤久子, 田村堅志, 粘土科学討論会講演要旨集, 57th, 196, 197, 2013年09月, 10.11362/cssj2.57.0_196, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302247604270740
  • S3 粘土鉱物ナノシートを用いた多重発光性極微量酸素センサーの開発を目指して(女性研究者が拓く粘土科学,シンポジウム), 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 57, 24, 25, 2013年09月, 10.11362/cssj2.57.0_24, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009753851
  • 水溶性キラル基含有シルセスキオキサンの構造と色素分子へのキラリティー誘起挙動の相関性, 木之下翔太, 佐藤久子, 金子芳郎, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 62, 2, ROMBUNNO.3PD068, 2013年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302236105614665
  • 平面型パラジウム二核錯体における軸性キラリティの発現, 品川友志, 森本和也, 山岸皓彦, 佐藤久子, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)65,(EN)64-65, 2013年05月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302207439710525
  • 振動円二色性分光法の金属錯体オリゴマーへの応用, 佐藤久子, 山岸皓彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2013, (JA)67,(EN)66, 2013年05月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302234660656001
  • 粘土表面におけるキラル金属錯体の分子認識, 佐藤久子, 粘土科学, 51, 3, 138, 140, 2013年03月, 0470-6455, 10.11362/jcssjnendokagaku.51.3_138, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302256697802389
  • 山岸晧彦先生のThe Marilyn and Sturges W. Bailey Distinguished Member Award of The Clay Minerals Society受賞を祝して, 佐藤 久子, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 51, 3, 118, 119, 2013年03月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009604681
  • 粘土表面におけるキラル金属錯体の分子認識(山岸晧彦先生の2012 The Marilyn and Sturges W. Bailey Distinguished Member Award of The Clay Minerals Society受賞を祝して), 佐藤 久子, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 51, 3, 138, 140, 2013年03月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009604688
  • イリジウム錯体単分子膜の人工積層法による多重発光特性, 佐藤久子, 森本和也, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 3, 1054, 2013年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302235013126951
  • 層状ケイ酸塩に取り込まれたセシウムイオンの脱離の検討, 森本和也, 小暮敏博, 田村堅志, 山岸晧彦, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 93rd, 2, 281, 2013年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302250688666105
  • イリジウム錯体―粘土複合膜を使ったセンシングデバイス, 佐藤久子, 田村堅志, 愛媛大学社会連携推進機構研究成果報告書, 6, 7, 11, 2013年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302282184221500
  • キラルテクトニクスの創成を目指して : 理学と工学の狭間の綱渡り, 佐藤 久子, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 日本化学会, 化学と工業 = Chemistry and chemical industry, 66, 1, 29, 31, 2013年01月, 00227684, http://ci.nii.ac.jp/naid/10031143855
  • 軸性キラリティを示す架橋配位子を用いた平面2核Pd(II)錯体の合成, 山岸皓彦, 森本和也, 品川友志, 森幸恵, 北澤孝史, 谷口昌宏, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 62nd, 83, 2012年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302205643901418
  • 両親媒性イリジウム錯体LB膜を用いた酸素センシング, 佐藤久子, 森本和也, 小田切健, 田村堅志, 錯体化学会討論会講演要旨集, 62nd, 61, 2012年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302296850753203
  • β‐ジケトナト二核錯体の軸性キラリティ:振動円二色性分光法の応用, 佐藤久子, 森幸恵, 北澤孝史, 山岸皓彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2012, (JA)234,(EN)233, 2012年05月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201302286094272365
  • キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンとピレン誘導体の複合体形成挙動, 豊留寿也, 肥後佑平, 佐藤久子, 金子芳郎, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 61, 1, ROMBUNNO.1PH074, 2012年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202243352860350
  • 激変するものづくり革新 発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス, 佐藤久子, 田村堅志, 長岡伸一, ケミカルエンジニヤリング, 57, 5, 375, 380, 2012年05月, 0387-1037, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202242159468128
  • 発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス (特集 激変するものづくり革新), 佐藤 久子, 田村 堅志, 長岡 伸一, ケミカルエンジニヤリング, 化学工業社, ケミカルエンジニヤリング, 57, 5, 375, 380, 2012年05月, 0387-1037, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019311903
  • イリジウム金属錯体と粘土鉱物のハイブリッドLB膜による多色発光挙動, 中谷康彦, 森本和也, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 895, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202221361326192
  • キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンからピレン誘導体へのキラリティー誘起, 豊留寿也, 肥後佑平, 佐藤久子, 金子芳郎, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 899, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202231390804511
  • 塩化金(I)触媒を用いた多点環化反応による縮環芳香族の高収率合成, 北畑吉晴, 大西竜二, 中江隆博, 佐藤久子, 森重樹, 奥島鉄雄, 宇野英満, 坂口浩司, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 4, 1275, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202255566761179
  • Mg‐Fe系層状複水酸化物の合成と糖アルコールによる還元, 森本和也, 田村堅志, 佐藤久子, 山田裕久, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 2, 413, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202266508967702
  • 電解重合と熱変換を用いたベンゾ[b]トリチオフェンポリマーネットワークの作成, 矢野真葵, 溝渕真吾, 鵜飼拓也, 中江隆博, 佐藤久子, 坂口浩司, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 3, 992, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202276970226969
  • 塩化金触媒を用いた分子内四点環化反応によるハロゲン化縮環化合物の高効率合成及び誘導体の物性, 大西竜二, 北畑吉晴, 中江隆博, 佐藤久子, 森重樹, 奥島鉄雄, 宇野英満, 坂口浩司, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 4, 1276, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202280045900860
  • 二核ジケトナト錯体における軸性キラリティの発現, 山岸晧彦, 森幸恵, 北澤孝史, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 92nd, 2, 364, 2012年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202280643546760
  • らせん構造を有する有機ゲルの振動円二色性スペクトル, 河野和宏, 矢島知子, 山岸晧彦, 佐藤久子, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会講演要旨集, 2012, 190, 2012年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202262969123292
  • Ru<sup>III</sup>二核錯体の合成:架橋化によって生じる軸性キラリティ, 高瀬遼一, 佐藤久子, 山岸晧彦, 北澤孝史, 化学系学協会北海道支部冬季研究発表会講演要旨集, 2012, 30, 2012年01月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201202271610375023
  • 粘土鉱物による放射能汚染水の浄化の試み, 森本 和也, 田村 堅志, 梅村 泰史, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 50, 2, 41, 44, 2011年12月, 04706455, 10.11362/jcssjnendokagaku.50.2_41, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008898108
  • 有機・無機ハイブリッド薄膜発光材料, 佐藤久子, 未来材料, 11, 11, 22, 27, 2011年11月, 1346-0986, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102225447218218
  • 無機・金属 有機・無機ハイブリッド薄膜発光材料, 佐藤 久子, 未来材料, エヌ・ティー・エス, 未来材料, 11, 11, 22, 27, 2011年11月, 1346-0986, http://ci.nii.ac.jp/naid/40019062214
  • P43 キラルな可溶性一次元Si-O骨格材料の創製と色素分子へのキラリティー誘起(ポスター発表,一般講演), 豊留 寿也, 肥後 佑平, 佐藤 久子, 牧 禎, 敷中 一洋, 金子 芳郎, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 55, 238, 239, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_238, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008756831
  • P20 粘土鉱物による放射能汚染水浄化の試み(ポスター発表,一般講演), 山岸 晧彦, 森本 和也, 田村 堅志, 梅村 泰史, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 55, 192, 193, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_192, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008756808, 放射能汚染された海水中にふくまれるヨウ素、セシウムイオンおよびストロンチウムイオンを除去するために、粘土鉱物を用いる可能性について調べた。
  • P56 糖アルコールを用いたMg-Fe系LDHの還元(ポスター発表,一般講演), 森本 和也, 田村 堅志, 佐藤 久子, 山田 裕久, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 55, 264, 265, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_264, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008756844
  • P62 モンモリロナイトとイリジウム錯体とのハイブリッドLB膜の発光挙動(ポスター発表,一般講演), 中谷 康彦, 堤 響子, 中江 隆博, 小原 敬士, 長岡 伸一, 森本 和世, 田村 堅志, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 55, 276, 277, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_276, http://ci.nii.ac.jp/naid/110008756850
  • 糖アルコールを用いたMg‐Fe系LDHの還元, 森本和也, 田村堅志, 佐藤久子, 山田裕久, 粘土科学討論会講演要旨集, 55th, 264, 265, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_264, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102203365034476
  • 粘土鉱物による放射能汚染水浄化の試み, 山岸晧彦, 森本和也, 田村堅志, 梅村泰史, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 55th, 192, 193, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_192, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102211489106621
  • モンモリロナイトとイリジウム錯体とのハイブリッドLB膜の発光挙動, 中谷康彦, 堤響子, 中江隆博, 小原敬士, 長岡伸一, 森本和也, 田村堅志, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 55th, 276, 277, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_276, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102242674640653
  • キラルな可溶性一次元Si‐O骨格材料の創製と色素分子へのキラリティー誘起, 豊留寿也, 肥後佑平, 佐藤久子, 牧禎, 敷中一洋, 金子芳郎, 粘土科学討論会講演要旨集, 55th, 238, 239, 2011年09月, 10.11362/cssj2.55.0_238, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102294814078780
  • ナノ構造が制御されたキラルなラダー型ポリシルセスキオキサンの創製, 金子芳郎, 豊留寿也, 佐藤久子, 牧禎, 敷中一洋, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 60, 2 Disk1, ROMBUNNO.1T18, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102221660320411
  • キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンの創製と色素分子との複合体形成, 豊留寿也, 肥後佑平, 佐藤久子, 牧禎, 敷中一洋, 金子芳郎, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 60, 2 Disk1, ROMBUNNO.2D10, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102282903180272
  • 軸性キラリティを示す架橋配位子を用いた多核錯体の合成, 山岸晧彦, 森幸恵, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 61st, 79, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102255156909678
  • キラル錯体[TM(III)(acac)<sub>3</sub>](TM=Cr,Co,Ru,Rh)の円偏光二色性スペクトルに関する密度汎関数計算:非調和振動の効果と低励起状態, 森寛敏, 山岸晧彦, 佐藤久子, 錯体化学会討論会講演要旨集, 61st, 222, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102263067468067
  • Ru<sup>III</sup>二核錯体の合成:架橋化によって生じる軸性キラリティ, 高瀬遼一, 佐藤久子, 山岸晧彦, 北澤孝史, 錯体化学会討論会講演要旨集, 61st, 294, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102290011509086
  • 振動円二色性分光法の金属錯体触媒不斉合成反応への応用, 佐藤久子, 松永茂樹, 金井求, 柴崎正勝, 山岸晧彦, 錯体化学会討論会講演要旨集, 61st, 374, 2011年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102294811884360
  • 振動円二色性分光法による低分子量ゲル化剤のゲル化機構の解析, 佐藤久子, 前川雄治, 中江隆博, 山岸晧彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2011, (JA)76,(EN)75, 2011年05月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102295037621919
  • キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンの創製と光機能性分子へのキラリティー誘起, 豊留寿也, 佐藤久子, 金子芳郎, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 60, 1 Disk1, ROMBUNNO.3J09, 2011年05月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102270640263706
  • アルカリ金属イオンを含むテトラキス(光学活性β‐ジケトナト)ランタニド(III)錯体のキラル分光学的研究, 城谷大, 山成数明, 佐藤久子, MULLER Gilles, LUNKLEY Jamie L., KIM Ngan Hua, 海崎純男, 希土類, 希土類 = Rare earths, 58, 86, 87, 2011年05月, 0910-2205, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102280077620039
  • Ru<sup>III</sup>二核錯体の合成:架橋化によって生じるキラリティ, 高瀬遼一, 佐藤久子, 山岸晧彦, 北澤孝史, 日本化学会講演予稿集, 91st, 2, 259, 2011年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102226675290472
  • キラルなラダー型ポリシルセスキオキサンの創製と光機能性分子との複合化, 豊留寿也, 金子芳郎, 佐藤久子, 日本化学会講演予稿集, 91st, 3, 844, 2011年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102239084562796
  • イリジウム金属錯体とモンモリロナイトハイブリッドLB膜の発光挙動, 佐藤久子, 中江隆博, 田村堅志, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 91st, 3, 839, 2011年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102248317712733
  • ペリレン系ナノ炭素高分子の表面合成, 中江隆博, 櫛田芳裕, 溝渕真吾, 佐藤久子, 坂口浩司, 日本化学会講演予稿集, 91st, 2, 426, 2011年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102248416060489
  • 単一膜で多機能性を有する有機・無機ハイブリッド発光デバイスの開発, 佐藤 久子, 財団法人日本板硝子材料工学助成会成果報告書 Nippon Sheet Glass Foundation for Materials Science and Engineering report, 日本板硝子材料工学助成会, 財団法人日本板硝子材料工学助成会成果報告書 Nippon Sheet Glass Foundation for Materials Science and Engineering report, 32, 118, 123, 2011年, 1883-3128, http://ci.nii.ac.jp/naid/40020182681
  • 二次元共役系ネットワークを目指したベンゾ[b]トリチオフェン類の熱重合挙動, 溝渕真吾, 中江隆博, 佐藤久子, 坂口浩司, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 98, 2010年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102245014021127
  • 側鎖にキラル部位を有するラダー型ポリシルセスキオキサンの創製とナノ構造制御, 豊留寿也, 金子芳郎, 佐藤久子, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 162, 2010年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102277229411480
  • グラフェンナノリボンを指向した置換ジベンゾ[a,h]アントラセンの合成と熱重合挙動, 大西竜二, 中江隆博, 佐藤久子, 坂口浩司, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2010, 98, 2010年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201102281884945134
  • 三次元世界のキラリティ資源 振動円二色性分光法の金属錯体への応用, 佐藤久子, 化学工業, 61, 11, 871, 876, 2010年11月, 0451-2014, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002272165021447
  • 振動円二色性分光法の金属錯体への応用 (特集 三次元世界のキラリティ資源), 佐藤 久子, 化学工業, 化学工業社, 化学工業, 61, 11, 871, 876, 2010年11月, 04512014, http://ci.nii.ac.jp/naid/40017361205
  • 配位性Ru(III)錯体を用いたキラルテクトニクスの構築, 山岸晧彦, 藤本慎子, 森幸恵, 佐藤久子, 錯体化学討論会講演要旨集, 60th, 43, 2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002250980432091
  • 混合配位子錯体の幾何異性に対する振動円二色性分光法による研究, 佐藤久子, 宇野英満, 中野晴之, 山岸晧彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 60th, 94, 2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002259971365478
  • P22 一次元無機高分子へのキラル基の導入とナノ構造制御(ポスター発表,一般講演), 金子 芳郎, 豊留 寿也, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 54, 164, 165, 2010年09月, 10.11362/cssj2.54.0.P22.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007985067
  • P17 粘土鉱物と発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜による発光挙動(ポスター発表,一般講演), 堤 響子, 中江 隆博, 田村 堅志, 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 54, 154, 155, 2010年09月, 10.11362/cssj2.54.0.P17.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007985062
  • 一次元無機高分子へのキラル基の導入とナノ構造制御, 金子芳郎, 豊留寿也, 佐藤久子, 山岸皓彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 54th, 164, 165, 2010年09月, 10.11362/cssj2.54.0.P22.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002254573928053
  • 粘土鉱物と発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜による発光挙動, 堤響子, 中江隆博, 田村堅志, 山岸皓彦, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 54th, 154, 155, 2010年09月, 10.11362/cssj2.54.0.P17.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002291722051146
  • キラル基含有ラダー型ポリシルセスキオキサンの創製とナノ構造制御, 金子芳郎, 豊留寿也, 佐藤久子, 山岸晧彦, 高分子学会予稿集(CD-ROM), 59, 2 Disk1, ROMBUNNO.2T04, 2010年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002286731777431
  • 次世代ハイブリッドマテリアル クレイエレクトロニクスの幕開け, 佐藤久子, セラミックス, 45, 8, 604, 608, 2010年08月, 0009-031X, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002213533830176
  • クレイエレクトロニクスの幕開け, 佐藤 久子, セラミックス, 日本セラミックス協会, セラミックス, 45, 8, 604, 608, 2010年08月, 0009031X, http://ci.nii.ac.jp/naid/10026496387
  • 振動円二色性分光法の混合配位子錯体への応用, 佐藤久子, 宇野英満, 山岸皓彦, シンポジウム「モレキュラー・キラリティー」講演要旨集, 2010, (JA)54,(EN)53, 2010年07月, 1881-0861, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002253866882620
  • イリジウム錯体と粘土とのハイブリッドLB膜によるガスセンシング, 佐藤久子, 国吉勇司, 小原敬士, 長岡伸一, 田村堅志, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 90th, 3, 856, 2010年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002213495993899
  • 混合配位子金属錯体の合成と振動円二色性スペクトルによる研究, 中村奨太, 廣瀬由布子, 佐藤久子, 日本化学会西日本大会講演要旨集, 2009, 121, 2009年11月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201002275608920449
  • らせん構造をもつ芳香族多層ウレアの創製と動的立体挙動の解明, 工藤まゆみ, 棚谷綾, 花島貴幸, 影近弘之, 佐藤久子, 村中厚哉, 内山真伸, 反応と合成の進歩シンポジウム講演要旨集, 35th, 286, 287, 2009年10月, 0919-2123, 10.14895/hannou.35.0.134.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902244079235383
  • クレイエレクトロニクスの幕開け, 佐藤久子, 日本セラミックス協会秋季シンポジウム講演予稿集, 22nd, 95, 2009年09月, 10.14853/pcersj.2009F.0.1D05.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902227073812395
  • P11 粘土と発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜を用いた酸素センシング(ポスター発表,一般講演), 国吉 勇司, 田村 堅志, 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 53, 156, 157, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.67.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007389515
  • P12 粘土-イリジウム錯体複合からの発光を用いたキラルセンシング(ポスター発表,一般講演), 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 田村 堅志, 加藤 昌子, 青木 理恵, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 53, 158, 159, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.68.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007389516
  • P37 粘土薄膜の電気伝導性 : 合成ヘクトライト(ポスター発表,一般講演), 佐藤 久子, 田村 堅志, 小暮 敏博, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 53, 208, 209, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.93.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007389541
  • 粘土と発光性イリジウム錯体とのハイブリッドLB膜を用いた酸素センシング, 国吉勇司, 田村堅志, 山岸晧彦, 佐藤久子, 粘土科学討論会講演要旨集, 53rd, 156, 157, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.67.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902210985475969
  • 粘土‐イリジウム錯体複合からの発光を用いたキラルセンシング, 山岸晧彦, 佐藤久子, 田村堅志, 加藤昌子, 青木理恵, 粘土科学討論会講演要旨集, 53rd, 158, 159, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.68.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229024892343
  • 粘土薄膜の電気伝導性:合成ヘクトライト, 佐藤久子, 田村堅志, 小暮敏博, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 53rd, 208, 209, 2009年09月, 10.11362/cssj2.53.0.93.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902280077702037
  • β‐ジケトナト配位子を架橋基としたRu(III)とNi(II)からなる多核錯体の合成とその二次元膜挙動, 山岸晧彦, 佐藤久子, 田村堅志, 梅村泰史, 錯体化学討論会講演要旨集, 59th, 82, 2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902232219140320
  • アルコキシド架橋(β‐ジケトナト)ルテニウム二核錯体の立体異性・磁気化学とキラルドーパント能の評価, 橋本剛, 佐々木達也, 山岸晧彦, 佐藤久子, 早下隆士, 錯体化学討論会講演要旨集, 59th, 92, 2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241337922162
  • ビナフチルシッフ塩基金属錯体構造変化の振動円二色性分光法による研究, 佐藤久子, 森幸恵, 斉藤真莉子, 福田豊, 山岸晧彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 59th, 92, 2009年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902259637189986
  • 無機ナノシートの電子デバイスへの応用, 佐藤久子, 日本女性科学者の会学術誌, 9, 1, 1, 7, 2009年03月, 1349-4449, 10.5939/sjws.08001, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902245543185765
  • 振動円二色性分光法によるビナフチルシッフ塩基金属錯体の研究, 佐藤久子, 斉藤真莉子, 森幸恵, 福田豊, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 380, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902204012306918
  • スターバースト型Ru(III)四核錯体の合成と性質, 藤本慎子, 佐藤久子, 森幸恵, 福田豊, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 687, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902231314310105
  • 粘土‐イリジウム錯体付加物からの発光を用いたキラルセンシング, 山岸晧彦, 佐藤久子, 田村堅志, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 463, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902250202507997
  • 波長変換のための有機物‐粘土鉱物ハイブリッド材料の作製, 松永怜也, 山木博史, 鈴木康孝, 川俣純, 小暮敏博, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 89th, 1, 464, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902298810492504
  • らせん構造をもつ芳香族多層ウレアの創製と立体構造, 工藤まゆみ, 花島貴幸, 佐藤久子, 村中厚哉, 内山真伸, 影近弘之, 棚谷綾, 日本化学会講演予稿集, 89th, 2, 924, 2009年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272697746562
  • アルカリ金属イオンとテトラキス(キラルβ‐ジケトナト)ランタニド(III)からなるns‐4f二核錯体のキラル分光特性, 城谷大, 海崎純男, 佐藤久子, 原田拓典, 黒田玲子, MULLER Gilles, 山成数明, 錯体化学討論会講演要旨集, 58th, 308, 2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902221300234648
  • 混合配位子金属錯体の振動円二色性スペクトルによる研究, 佐藤久子, 森幸恵, 福田豊, 山岸皓彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 58th, 65, 2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902238549372501
  • 両親媒性イリジウム(III)錯体の合成とLB膜への応用, 山岸晧彦, 佐藤久子, 橋口桂子, 福田豊, 錯体化学討論会講演要旨集, 58th, 115, 2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261002960001
  • Ir‐C結合を有する非対称三座配位子を含む青色リン光性イリジウム錯体の光学分割と円偏光発光, 芳賀正明, 芦澤美佐, 小林克彰, 佐藤久子, 山岸晧彦, 黒田玲子, 錯体化学討論会講演要旨集, 58th, 75, 2008年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902297659268749
  • P46 粘土鉱物の電子デバイスへの応用 : ヘテロ界面の形成(ポスター討論), 佐藤 久子, 田村 堅志, 山田 裕久, 小暮 敏博, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 52, 248, 249, 2008年09月, 10.11362/cssj2.52.0.106.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007072395
  • B3 発光性イリジウム錯体と粘土との複合膜の製造(口頭発表,一般講演), 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 谷口 昌弘, 田村 堅志, 山田 裕久, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 52, 90, 91, 2008年09月, 10.11362/cssj2.52.0.16.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110007072539
  • 発光性イリジウム錯体と粘土との複合膜の製造, 山岸晧彦, 佐藤久子, 谷口昌弘, 田村堅志, 山田裕久, 粘土科学討論会講演要旨集, 52nd, 90, 91, 2008年09月, 10.11362/cssj2.52.0.16.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902200725045108
  • 粘土鉱物の電子デバイスへの応用:ヘテロ界面の形成, 佐藤久子, 田村堅志, 山田裕久, 小暮敏博, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 52nd, 248, 249, 2008年09月, 10.11362/cssj2.52.0.106.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902212743526375
  • キラルな金属錯体をドーパントに用いた光応答性液晶, 佐藤久子, 福田豊, 山岸晧彦, 配位化合物の光化学討論会講演要旨集, 21st, 30, 31, 2008年08月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902281176021188
  • ヘキサゴナル相を有する一方向巻きらせんラダー型ポリシルセスキオキサンのゾル‐ゲル合成, 金子芳郎, 佐藤久子, 山岸晧彦, 日本化学会講演予稿集, 88th, 1, 534, 2008年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902249118932102
  • 無機ナノシートの電子デバイスへの応用, 佐藤 久子, 日本女性科学者の会学術誌, 一般社団法人 日本女性科学者の会, 日本女性科学者の会学術誌, 9, 1, 1, 7, 2008年, 1349-4449, 10.5939/sjws.08001, http://ci.nii.ac.jp/naid/130001238283, 有機物や無機物を用いた透明薄膜型電子デバイス(ダイオード、トランジスタ、太陽電池など)をめざした研究が最近大いに注目を集めている。我々はラングミュア・ブロジェット(LB)膜法を用いて、剥離した層状無機化合物(粘土鉱物、層状ニオブ酸など)の厚さ数ナノメートルの超薄膜を製造する方法を開発してきた。それを用いて修飾電極、湿度センサーなどへの機能開発を行ってきた。その研究の発展として、層状無機化合物を用いた薄膜状ダイオード、トランジスターの製作に成功した。第一段階として、剥離したペロブスカイト型ニオブ酸化物(TMASrsub>2Nbsub>3Osub>10)のキャスト膜が永続的光伝導性を示し、これらはn型半導体として働くことを明らかにした。つぎに第二段階として、p型半導体性を示す層状酸化物の探索を行い、最近人工合成された亜鉛金属を含む粘土鉱物(Na0.96[Si7.18Al0.64]Zn6.20O20(OH)2)がその条件を満足することを見出した。このような地球上に豊富に存在し、人体にも無害な粘土鉱物やニオブ酸などの半導体を電子デバイス材料として利用することができれば、今までにない環境にやさしい材料となることが期待された。その結果、剥離した粘土鉱物とニオブ酸のキャスト膜を用いてテロ接合界面を構築し、初めて無機ナノシートを用いた光ダイオード性を実現した。
  • B9 粘土薄膜の伝導性, 山岸 晴彦, 佐藤 久子, 岡本 健太郎, 田村 堅志, 山田 裕久, 猿渡 和子, 小暮 敏博, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 51, 106, 107, 2007年09月, 10.11362/cssj2.51.0.37.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481682
  • P44 層状ニオブ酸ナノシートの永続的光伝導性, 佐藤 久子, 岡本 健太郎, 猿渡 和子, 亀田 純, 田村 堅志, 小暮 敏博, 山岸 皓彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 51, 234, 235, 2007年09月, 10.11362/cssj2.51.0.100.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006481745
  • 層状ニオブ酸ナノシートの永続的光伝導性, 佐藤久子, 岡本健太郎, 猿渡和子, 亀田純, 田村堅志, 小暮敏博, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 51st, 234, 235, 2007年09月, 10.11362/cssj2.51.0.100.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902229284173669
  • 粘土薄膜の伝導性, 山岸晧彦, 佐藤久子, 岡本健太郎, 田村堅志, 山田裕久, 猿渡和子, 小暮敏博, 粘土科学討論会講演要旨集, 51st, 106, 107, 2007年09月, 10.11362/cssj2.51.0.37.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902295968645252
  • 光学活性3‐(トリフロロアセチル)カンファーを含むRu(III)錯体のキラルド‐パントとしての応用, 中田圭子, 佐藤久子, 岡本健太郎, 福田豊, 山岸晧彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 57th, 62, 2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223749830760
  • キラルなサリチリデンアミナト配位子を含む金属錯体の合成及び構造・キラル特性, 斎藤真莉子, 佐藤久子, 山岸晧彦, 福田豊, 錯体化学討論会講演要旨集, 57th, 174, 2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902279126960782
  • キラル多核金属錯体の振動円二色性スペクトルによる研究, 佐藤久子, 谷口透, 門出健次, 福田豊, 山岸晧彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 57th, 192, 2007年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902284392824022
  • 第1級アルコキシド架橋対称ルテニウム二核錯体の立体化学, 佐々木達也, 橋本剛, 遠藤明, 佐藤久子, 山岸晧彦, 福田豊, 早下隆士, 日本化学会講演予稿集, 87th, 1, 567, 2007年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902236684244120
  • キラルなラポナイトイオン交換体を不斉開始剤として用いる不斉自己触媒反応, 大峰俊樹, 鈴木健太, 川崎常臣, 佐藤久子, 岡本健太郎, 山岸晧彦, そ合憲三, 日本化学会講演予稿集, 87th, 2, 841, 2007年03月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902271833217742
  • B25.LB法によって作成した粘土単一層膜修飾電極における電荷輸送過程の研究(一般講演 口頭発表,第50回粘土科学討論会発表論文抄録), 吉田 純, 佐藤 久子, 猿渡 和子, 亀田 純, ビルモア ジル, 山岸 晧彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 46, 1, 2007年02月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006204988
  • P51.第1原理計算によるカオリナイトの弾性率(ポスターセッション,第50回粘土科学討論会発表論文抄録), 佐藤 久子, 小野 寛太, ジョンストン クリフ, 山岸 晴彦, 小暮 敏博, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 46, 1, 2007年02月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006205042
  • トリスキレート型金属錯体の光学分割とVCD, 佐藤久子, 谷口透, 門出健次, 西村紳一郎, 山岸皓彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 56th, 326, 2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902220685428700
  • トリスおよびビスアセチルアセトナト金属錯体のVCD測定と理論計算, 佐藤久子, 谷口透, 門出健次, 西村紳一郎, 山岸晧彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 56th, 34, 2006年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902272769711165
  • B25 LB法によって件成した粘土単一層膜修飾電極における電荷輸送過程の研究, 吉田 純, 佐藤 久子, 猿渡 和子, 亀田 純, Villemure Gilles, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 50, 136, 137, 2006年09月, 10.11362/cssj2.50.0.53.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006174010
  • P51 第1原理計算によるカオリナイトの弾性率, 佐藤 久子, 小野 寛太, Cliff T. Johnston, 山岸 晧彦, 小暮 敏博, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 50, 246, 247, 2006年09月, 10.11362/cssj2.50.0.107.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110006174064
  • LB法によって作成した粘土単一層膜修飾電極における電荷輸送過程の研究, 吉田純, 佐藤久子, 猿渡和子, 亀田純, VILLEMURE Gilles, 山岸晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 50th, 136, 137, 2006年09月, 10.11362/cssj2.50.0.53.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268371970481
  • 第1原理計算によるカオリナイトの弾性率, 佐藤久子, 小野寛太, JOHNSTON Cliff T., 山岸晧彦, 小暮敏博, 粘土科学討論会講演要旨集, 50th, 246, 247, 2006年09月, 10.11362/cssj2.50.0.107.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902296731740885
  • Hybrid Films of Metal Complexes and a Clay Mineral Prepared by the Langmuir-Blodgett Method: Effect of the Alkyl-Chain Length of Amphiphilic Ruthenium (II) Complex, TAMURA Kenji, YAMADA Hirohisa, YOKOYAMA Shingo, SATO Hisako, YAMAGISHI Akihiko, Trans Mater Res Soc Jpn, 30, 4, 1061, 1064, 2005年12月, 1382-3469, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261417909150
  • 金属錯体を用いたキラルネマチック液晶におけるらせんピッチの光制御, 光岡正史, 吉田純, 佐藤久子, 栄長泰明, 山岸あき彦, 光化学討論会講演要旨集, 2005, 70, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241902016898
  • キラルなRu(III)多核錯体の合成と性質, 角田昌直, 峯尾寛, 古野由香, 佐藤久子, 芳賀正明, 福田豊, 山岸あき彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 55th, 232, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902205510830043
  • 光応答性金属錯体を用いたキラル液晶の構造変化, 吉田純, 佐藤久子, 山岸あき彦, 宮島直美, 錯体化学討論会講演要旨集, 55th, 378, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902241118904523
  • 多核アセチルアセトナト錯体の合成と性質, 古野由香, 山岸あき彦, 佐藤久子, 福田豊, 錯体化学討論会講演要旨集, 55th, 82, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902260600981394
  • 金属錯体を用いる液晶用キラルドーパントの設計原理と性能評価, 宮島直美, 吉田純, 掛川法重, 佐藤久子, 山岸あき彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 55th, 132, 2005年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902279941369967
  • 無機・有機ハイブリッド薄膜の製造と光エネルギー変換機能の開発, 山岸あき彦, 佐藤久子, 化学工業, 56, 4, 249, 252, 2005年04月, 0451-2014, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902223046005989
  • 無機・有機ハイブリッド薄膜の製造と光エネルギー変換機能の開発 (特集/先端光機能性材料の開発), 山岸 晧彦, 佐藤 久子, 化学工業, 化学工業社, 化学工業, 56, 4, 249, 252, 2005年04月, 04512014, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006669285
  • B7. 粘土鉱物表面におけるスルフィドの立体選択的光酸化反応(第48回粘土科学討論会発表論文抄録), 藤田 修二, 佐藤 久子, 山岸 皓彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 44, 2, 2004年12月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003712928
  • P22. カオリナイトポリタイプの第1原理計算(第48回粘土科学討論会発表論文抄録), 佐藤 久子, 小野 寛太, 吉田 純, クリフ ジョンストン, 山岸 晧彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 44, 2, 2004年12月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003712987
  • P45. 無機層状化合物薄膜の電気特性(第48回粘土科学討論会発表論文抄録), 猿渡 和子, 亀田 純, 佐藤 久子, 山岸 皓彦, 堂免 一成, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 44, 2, 2004年12月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003713010
  • P52. 有機単分膜をテンプレートにしたブルーサイトの合成(第48回粘土科学討論会発表論文抄録), 亀田 純, 猿渡 和子, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 44, 2, 103, 104, 2004年12月, 04706455, 10.11362/cssj2.48.0.90.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003713017
  • コレステリック相を誘起する光機能性キラルドーパントの開発, 山岸あき彦, 吉田純, 佐藤久子, 宮島直美, 固体・表面光化学討論会講演要旨集, 23rd, 30, 31, 2004年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902213747289030
  • 光学活性な有機陽イオンを吸着させた粘土表面に於けるスルフィドの不斉光酸化反応, 掛川法重, 藤田修二, 佐藤久子, 山岸あき彦, 固体・表面光化学討論会講演要旨集, 23rd, 24, 25, 2004年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902270681886604
  • 有機・無機層状化合物薄膜の光伝導特性, 猿渡和子, 亀田純, 佐藤久子, 山岸あき彦, 堂免一成, 固体・表面光化学討論会講演要旨集, 23rd, 32, 33, 2004年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902279833031917
  • 光合成PSII類似システムによる可視光応答型水分解電池の構築, 阿部百合子, 岡野朝香, 何俊しゃん, 佐藤久子, 山岸あき彦, 梅村泰史, 固体・表面光化学討論会講演要旨集, 23rd, 14, 15, 2004年12月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902282001361250
  • 1A04 ルテニウム錯体を用いたキラル液晶の誘起(2004年日本液晶学会討論会), 吉田 純, 佐藤 久子, 山岸 皓彦, 宮島 直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 日本液晶学会, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 112, 113, 2004年09月, 10.11538/ekitou.2004.0.55.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615261, さまざまなアセチルアセトナト誘導体を配位子に持つルテニウム錯体を合成し光学分割を行った。次に、このキラルな金属錯体によって誘起される液晶相と配位子との関係を系統的に調べた。これらから得られたキラル液晶相の効率的な発現方法について、発表する。
  • 3B03 局所分子モデルに基づくねじり力の評価(2004年日本液晶学会討論会), 佐藤 久子, 山岸 皓彦, 宮島 直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 日本液晶学会, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 162, 163, 2004年09月, 10.11538/ekitou.2004.0.80.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615285, キラルドーパンとして働くことの知られている金属錯体のねじり力(HTP)を理論的に評価するために、ドーパント分子と数個のホスト分子(MBBA)からなる分子集合体の最安定化付近の構造をAb initio法を用いて計算した。えられたポテンシャル面の性質から実験によって得られたHTP値との比較をおこなった。
  • PB01 カラムナー液晶性錯体の単分子膜の性質(2004年日本液晶学会討論会), 掛川 法重, 若林 昇, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 宮島 直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 日本液晶学会, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 330, 331, 2004年09月, 10.11538/ekitou.2004.0.164.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615369, With a purpose of studying the effects of ΔΛ isomerism on the packing in a monomolecular film, a tris(chelate) chromium(III) complex, [Cr(5C_8)_3] where 5C_8 represents a dibenzoylmethanato ligand with Five octyloxy groups, has been prepared by the molten state reaction between [Cr(acac)_3] and the 5C_8H ligand at 180℃ for 24 hours. Optical resolution of the product complex was performed by the liquid column chromatography on a chiral column. The monomolecular film of [Cr(5C_8)_3] was prepared by the Langmuir-Blodgett technique. Comparison of the π-A curves among the enantiomers resolved and a racemic mixture of them reveals that the optical purity of the samples affects the molecular packing of [Cr(5C_8)_3] in the films remarkably.
  • PB35 金属錯体を用いた光機能性キラルドーパントの開発(2004年日本液晶学会討論会), 山岸 晧彦, 吉田 純, 佐藤 久子, 宮島 直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 日本液晶学会, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 396, 397, 2004年09月, 10.11538/ekitou.2004.0.198.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110004615402, 我々は遷移金属錯体のΔΛ異性を利用してキラルネマチック相の誘導のためのドーパントを試みてきた。今回はさらに、光照射によって液晶相に変化を誘起する金属錯体を合成することを目指した。このためにアセチルアセトナトCr(III)錯体誘導体を調べている。
  • ルテニウム錯体を用いたキラル液晶の誘起, 吉田純, 佐藤久子, 山岸あき彦, 宮島直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 112, 113, 2004年09月, 1880-3490, 10.11538/ekitou.2004.0.55.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902208730009714
  • 局所分子モデルに基づくねじり力の評価, 佐藤久子, 山岸あき彦, 宮島直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 162, 163, 2004年09月, 1880-3490, 10.11538/ekitou.2004.0.80.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902225913014352
  • 金属錯体を用いた光機能性キラルドーパントの開発, 山岸あき彦, 吉田純, 佐藤久子, 宮島直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 396, 397, 2004年09月, 1880-3490, 10.11538/ekitou.2004.0.198.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261280059536
  • カラムナー液晶性錯体の単分子膜の性質, 掛川 法重, 若林 昇, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 宮島 直美, 日本液晶学会討論会講演予稿集, THE JAPANESE LIQUID CRYSTAL SOCIETY, 日本液晶学会討論会講演予稿集, 2004, 0, 164, 164, 2004年09月, 1880-3490, 10.11538/ekitou.2004.0.164.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005043544, 光学分割したカラムナー液晶性錯体の単分子膜を、ラングミュア-ブロジェット法にて作成することに成功した。 ラセミ混合物とエナンチオマーを用い、分子膜中における錯体のパッキングと膜の形態の関係について検討した。
  • 無機層状化合物薄膜の電気特性, 猿渡和子, 亀田純, 佐藤久子, 山岸あき彦, 堂免一成, 粘土科学討論会講演要旨集, 48th, 238, 239, 2004年09月, 10.11362/cssj2.48.0.91.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902230204014750
  • 有機単分膜をテンプレートにしたブルーサイトの合成, 亀田純, 猿渡和子, 佐藤久子, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 48th, 252, 253, 2004年09月, 10.11362/cssj2.48.0.90.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902233992807616
  • 粘土鉱物表面におけるスルフィドの立体選択的光酸化反応, 藤田修二, 佐藤久子, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 48th, 104, 105, 2004年09月, 10.11362/cssj2.48.0.32.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261728718552
  • カオリナイトポリタイプの第1原理計算, 佐藤久子, 小野寛太, 吉田純, JOHNSTON C T, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 48th, 192, 193, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902294402489117
  • 複核キレート錯体の合成とCD誘起効果, 古野由香, 吉田純, 宮島直美, 佐藤久子, 山岸あき彦, 福田豊, 錯体化学討論会講演要旨集, 54th, 295, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902206011657507
  • カラムナー液晶性錯体の単分子膜の性質, 掛川法重, 若林昇, 佐藤久子, 山岸あき彦, 宮島直美, 錯体化学討論会講演要旨集, 54th, 170, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902216757322387
  • 光応答性液晶ドーパントをめざしたCr(III)錯体の合成と性質, 山岸あき彦, 吉田純, 佐藤久子, 宮島直美, 錯体化学討論会講演要旨集, 54th, 407, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902258436656555
  • ルテニウム錯体によるキラル液晶の誘起, 吉田純, 佐藤久子, 山岸あき彦, 宮島直美, 錯体化学討論会講演要旨集, 54th, 406, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902261089598109
  • 両親媒性ルテニウム錯体と各種粘土のLBハイブリッドフィルム, 田村堅志, 山田裕久, 横山信吾, 佐藤久子, 山岸あき彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 54th, 190, 2004年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268606334367
  • A15 粘土修飾電極による光学活性分子の検出, 何 俊翔, 楊 培潔, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 47, 60, 61, 2003年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847792
  • B2 電気二色性による粘土表面におけるキレート錯体の相互作用の研究, 廣江 宜久, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 47, 92, 93, 2003年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847807
  • B25 単一層ブルーサイト生成の密度汎関数法による計算, 佐藤 久子, 森田 明弘, 中野 晴之, 小野 寛太, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 47, 138, 139, 2003年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847830
  • P35 光学活性な金属錯体を吸着させた粘土表面における不斉合成の試み, 藤田 修二, 佐藤 久子, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 47, 218, 219, 2003年09月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847869, 光学活性な金属錯体を吸着させた粘土鉱物粒子が光学分割する特性をもっていることから、粘土表面では吸着した錯体によって不斉な場が形成されていると考えられる。今回はΔ・または&xwedge;-[Ni(phen)_3]^<2+>の吸着した粘土表面を不斉な場に用いてプロキラルなスルフィドを面選択的に酸化させ、キラルなスルホキシドにすることを試みた。こうした不均一系での分子間相互作用を利用した不斉合成についてはほとんど例を見ないため、不斉合成の新しい可能性が示唆される。
  • 電気二色性による粘土表面におけるキレート錯体の相互作用の研究, 広江宜久, 佐藤久子, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 47th, 92, 93, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214059615833
  • 単一層ブルーサイト生成の密度汎関数法による計算, 佐藤久子, 森田明弘, 中野晴之, 小野寛太, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 47th, 138, 139, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902231440004141
  • 光学活性な金属錯体を吸着させた粘土表面における不斉合成の試み, 藤田修二, 佐藤久子, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 47th, 218, 219, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902268357374655
  • 粘土修飾電極による光学活性分子の検出, 河俊しゃん, 楊培潔, 佐藤久子, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 47th, 60, 61, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902292421163432
  • 両親媒性ルテニウム錯体単分子膜による不斉識別, 田村堅志, 山下智子, 佐藤久子, 山岸あき彦, 錯体化学討論会講演要旨集, 53rd, 224, 2003年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902214871829235
  • イオン交換応用シリーズ(1)粘土有機物ハイブリッド薄膜の製造とその応用, 佐藤久子, 梅村泰史, 山岸あき彦, 日本イオン交換学会誌, Japan Society of Ion Exchange, 日本イオン交換学会誌, 14, 2, 96, 102, 2003年05月, 0915-860X, 10.5182/jaie.14.96, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902252206259265, スメクタイト粘土鉱物の陽イオン交換性を利用した粘土と有機物とのハイブリッド化によって, 厚さ数ナノメーターの超薄膜を製造する方法を開発した。この方法では, ラングミュア・プロジェット法により気・液界面上に展開した両親媒性有機単分子層と下層中に分散した粘土鉱物粒子とをイオン交換によって結合させる。得られた粘土・有機物膜は固体基板上に累積できる。さらに自己集積法によって別の陽イオンを粘土層にイオン交換させ, 膜表面の裏表で非対称なハイブリッド膜を製造することにも成功した。得られた粘土鉱物と有機物とのハイブリッド薄膜を用いて, 第二次高調波発生 (SHG) や光学活性分子の検出への応用を行った。<BR>A hybrid film of a clay mineral with an amphipihilic alkylammonium cation or a cationic metal complex has been prepared by a combined method of the Langmuir-Blodgett and self-assembly techniques. According to the method, a monolayer of an amphiphilic alkylammonium cation is formed onto a subphase containing an exfoliated clay mineral. Hybridization proceeds between an organic monolayer and a clay platelet at an air-water interface. The floating hybrid film was transferred onto a solid substrate. The outer surface of a deposited film is further modified by the self-assembly of a cation from a water phase. By repeating these procedures, a non-centrosymmetric hybrid multilayer has beem fabricated. These films are applied for second-harmonic generation and chiral sensing.
  • 解説 イオン交換応用シリーズ(1)粘土有機物ハイブリッド薄膜の製造とその応用, 佐藤 久子, 梅村 泰史, 山岸 晧彦, 日本イオン交換学会誌, 日本イオン交換学会, 日本イオン交換学会誌, 14, 2, 96, 102, 2003年05月, 0915860X, 10.5182/jaie.14.96, http://ci.nii.ac.jp/naid/80015944089
  • P58 粘土単一層の弾性定数の分子動力学計算, 佐藤 久子, 土屋 卓久, 河村 雅行, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 42, 3, 2003年03月, 04706455, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003711401, バイデライドの粘土単一層に外力を加えた場合の層の示す力学的応答を分子動力学によってシミュレーションした.その結果,粘土単一層はバネのような弾性特性を示すことが観測できた.粘土単一層の力学的特性を表す指標として弾性係数の算出を試みた.粘土単一層の弾性定数は約14.5GPaと見積もることができ,バルクのマイカの181GPaと比較して小さく,柔軟であることがわかった.
  • P58 粘土単一層の弾性定数の分子動力学計算, 佐藤 久子, 土屋 卓久, 河村 雄行, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 46, 268, 269, 2002年09月, 10.11362/cssj2.46.0.114.0, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847765
  • 粘土単一層の弾性定数の分子動力学計算, 佐藤久子, 土屋卓久, 河村雄行, 粘土科学討論会講演要旨集, 46th, 268, 269, 2002年09月, 10.11362/cssj2.46.0.114.0, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902108149871184
  • 粘土単一層の力学的性質に関する分子動力学シミュレーション, 佐藤久子, 土屋卓久, 河村雄行, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 41, 4, 190, 195, 2002年05月, 0470-6455, 10.11362/jcssjnendokagaku1961.41.190, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902142837645531, Molecular dynamics (MD) simulations have been performed to investigate the elastic properties of a single layer of beidellite. NVT or NPT ensemble is selected at 300 K in which N (number of atoms in a basic cell), T (temperature) and V (volume of the basic cell) or P (pressure) are kept constant, respectively. The total freedom of atomic motions was allowed by applying the atom-atom pair interaction model. The size of a single clay layer was reduced gradually along either the a-or b-axis to the final contraction of 0 - 45% in the MD simulations. It has been observed that a single clay layer takes a curved form under such external force. The effect of water molecules existing around a clay layer was investigated under the same conditions.
  • 粘土単一層の力学的性質に関する分子動力学シミュレーション, 佐藤 久子, 土屋 卓久, 河村 雄行, 粘土科学, The Clay Science Society of Japan, 粘土科学, 41, 4, 190, 195, 2002年, 0470-6455, 10.11362/jcssjnendokagaku1961.41.190, http://ci.nii.ac.jp/naid/130004307722, Molecular dynamics (MD) simulations have been performed to investigate the elasticproperties of a single layer of beidellite. NVT or NPT ensemble is selected at 300 K in which N (number of atoms in a basic cell), T (temperature) and V (volume of the basic cell) or P (pressure) are kept constant, respectively. The total freedom of atomic motions was allowed by applying the atom-atom pair interaction model. The size of a single clay layer was reduced gradually along either the aor b-axis to the final contraction of 0-45% in the MD simulations. It has been observed that a single clay layer takes a curved form under such external force. The effect of water molecules existing around a clay layer was investigated under the same conditions.
  • P9 カネマイト構造の分子シミュレーション, 佐藤 久子, 河村 雄行, 黒田 一幸, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 45, 174, 175, 2001年09月, 10.11362/cssj2.45.0_174, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003846537, 実験で観察された加熱変化にともなう層状ケイ酸塩カネマイトの構造変化を調べるために、第1段階として、カネマイト構造の分子動力学シミュレーション(MD)をおこなった。用いたプログラムMXDORTOは全原子の自由度を考慮したものである。(NPT)-MDをおこなって、室温から280℃の温度範囲における脱水による構造変化をモデル化した。
  • A28 単分子粘土膜の弾性特性の分子動力学法シミュレーション (第44回粘土科学討論会発表論文抄録), 佐藤 久子, 河村 雄行, 山岸 皓彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 40, 2, 2000年11月, 04706455, 10.11362/cssj2.44.0_88, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003711487
  • A28 単分子粘上膜の弾性特性の分子動力学法シミュレーション, 佐藤 久子, 河村 雄行, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 44, 88, 89, 2000年10月, 10.11362/cssj2.44.0_88, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003846370
  • 単分子粘土膜の弾性特性の分子動力学法シミュレーション, 佐藤久子, 河村雄行, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 44th, 88, 89, 2000年10月, 10.11362/cssj2.44.0_88, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902182321136918
  • TCADを用いた統計的手法による0.12μm CMOSデバイスの設計, 福田智之, 本沢純, 和田真一郎, 森和孝, 佐藤久子, 国友久彰, 電子情報通信学会技術研究報告, 100, 294(VLD2000 57-68), 13, 18, 2000年09月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902127745896539
  • TCADを用いた統計的手法による0.12μmCMOSデバイスの設計, 福田 智之, 本澤 純, 和田 真一郎, 森 和孝, 佐藤 久子, 国友 久彰, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 100, 294, 13, 18, 2000年09月, 09135685, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003295060, 近年、LSIの高性能化・大規模化にともない、LSIの信頼性を確保するために不可欠であるIddqテスト仕様が大きな課題となっている。このIddqテストを可能とし、LSI目標性能を達成するためのデバイス最適化設計が必要である。本論文では、Iddqテストを可能とするためIoffワースト規格(4e-10A/um)を設定し、TCADとRSF(レスポンス・サーフィス関数法)を用いてIoffワーストを一定とした異なるVth-Lg特性をもつデバイスを設計し従来デバイス設計手法と性能比較を行った。LSI動作周波数のバラツキ解析よりVth-Lg特性のroll offが大きいデバイスが最適であることを明確化した。
  • TCAD統計解析を用いた0.2μm CMOSワースト条件定義法, 国友久彰, 池松龍一, 佐藤久子, 増田弘生, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 46th, 0, 8, 1999年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902116462738765
  • MOSモデル品質測定方法の検討, 池松龍一, 国友久彰, 小野沢和徳, 常野克己, 佐藤久子, 増田弘生, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 46th, 0, 8, 1999年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902121153203583
  • TCAD/DA for MPU and ASIC development, Hiroo Masuda, Katsumi Tsuneno, Hisako Sato, Kazutaka Mori, Proceedings of the Asia and South Pacific Design Automation Conference, ASP-DAC, 129, 134, 1998年12月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0032218692&origin=inward, We have proposed, in this paper a, TCAD/DA methodology for MPU and ASIC with updated processes and devises, which allow a predictive chip-design with quick quantitative correlation studies between process-recipe and CKT & delay parameters required in DA works. Effects of statistical process variation on 0.35 um CMOS have been rigorously characterized with a new global TCAD calibration technique. Based on the data, process variation effects on a 0.25 um CMOS have been predicted, which is concluded that the Vth and Ids total-variation of the 0.25 um CMOS shows less than 10% in production process, which is similar with that of the 0.35 um CMOS.
  • 実験計画法を用いたMOSFETモビリティモデル最適化手法の検討, 常野克己, 佐藤久子, 増田弘生, 電子情報通信学会技術研究報告, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路, 98, 347(ED98 98-110), 17, 21, 1998年10月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902109567691016, デバイスシミュレータのモビリティモデルパラメータ最適化手法の検討を行った。実験計画法を用いた最適化手法により、表面散乱と速度飽和に関する3つのパラメータに対して15回のデバイスシミュレータの計算からLg=0.23〜1umでVg-Id特性、Vd-Id特性に対し絶対誤差4%の精度での合わせ込みが可能な事を確認した。本手法により最適化解析回数の固定による最適化時間の短縮とフレキシビリティを持つ最適化を行う事が可能となる。
  • 実験計画法を用いたMOSFETモビリティモデル最適化手法の検討, 常野 克巳, 佐藤 久子, 増田 弘生, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 98, 345, 17, 21, 1998年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003294825, デバイスシミュレータのモビリティモデルパラメータ最適化手法の検討を行った。実験計画法を用いた最適化手法により、表面散乱と速度飽和に関する3つのパラメータに対して15回のデバイスシミュレータの計算からLg=0.23〜1umでVg-Id特性、Vd-Id特性に対し絶対誤差4%の精度での合わせ込みが可能な事を確認した。本手法により最適化解析回数の固定による最適化時間の短縮とフレキシビリティを持つ最適化を行う事が可能となる。
  • 実験計画法を用いたMOSFETモビリティモデル最適化手法の検討, 常野 克己, 佐藤 久子, 増田 弘生, 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 98, 349, 17, 21, 1998年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003310116, デバイスシミュレータのモビリティモデルパラメータ最適化手法の検討を行った。実験計画法を用いた最適化手法により、表面散乱と速度飽和に関する3つのパラメータに対して15回のデバイスシミュレータの計算からLg=0.23〜1umでVg-Id特性、Vd-Id特性に対し絶対誤差4%の精度での合わせ込みが可能な事を確認した。本手法により最適化解析回数の固定による最適化時間の短縮とフレキシビリティを持つ最適化を行うことが可能となる。
  • ASICおよびMPU開発のTCAD/DA, 増田弘生, 佐藤久子, 常野克己, 森和孝, 電子情報通信学会技術研究報告, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. ICD, 集積回路, 97, 579(ICD97 228-242), 55, 61, 1998年03月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902124986698100, 微細化にともないプロセスは複雑化し、従来の延長上の技術開発では高性能LSI(MPU/ASIC)開発は困難になりつつある。その原因の1つはプロセスバラツキにより生じるしきい電圧(Vth)、ドレイン電流(Ids)の等の回路性能を決定するデバイス特性、およびチップ性能を律則しはじめた配線ディレイのバラツキがプロセス、デバイスの微細化にたいして相対的に大きくなってくる可能性があることである。更にMPU/ASIC開発においてもDRAMと同様プロセスと回路・チップ設計をコンカレントに行わざるを得ない状況になってきたということにある。本論文はこのような状況に対して従来広くMPU/ASIC設計開発手法として採用されてきたDAトップダウン設計手法と、サブミクロンプロセス開発に力を発揮しはじめたTCAD(TechnologyCAD)とを相補的に組み合わせ、新しい設計環境および設計手法として提起するものである。すなわち、最新のプロセス開発をともなったMPUおよびASICの設計開発(生産)という課題に対して、プロセス仕様に対応する特性ばらつきを含めたチップ(回路)性能の相関をTCAD/DAにより短いTAT(Turn Around Time)で定量化するシステムを提供することである。
  • ASICおよびMPU開発のTCAD/DA, 増田 弘生, 佐藤 久子, 常野 克己, 森 和孝, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 97, 577, 55, 61, 1998年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003294562, 微細化にともないプロセスは複雑化し、従来の延長上の技術開発では高性能LSI(MPU/ASIC)開発は困難になりつつある。その原因の1つはプロセスバラツキにより生じるしきい電圧(Vth)、ドレイン電流(Ids)の等の回路性能を決定するデバイス特性、およびチップ性能を律則しはじめた配線ディレイのバラツキがプロセス、デバイスの微細化にたいして相対的に大きくなってくる可能性があることである。更にMPU/ASIC開発においてもDRAMと同様プロセスと回路・チップ設計をコンカレントに行わざるを得ない状況になってきたということにある。本論文はこのような状況に対して従来広くMPU/ASIC設計開発手法として採用されてきたDAトップダウン設計手法と、サブミクロンプロセス開発に力を発揮しはじめたTCAD(Technology CAD)とを相補的に組み合わせ、新しい設計環境および設計手法として提起するものである。すなわち、最新のプロセス開発をともなったMPUおよびASICの設計開発(生産)という課題に対して、プロセス仕様に対応する特性ばらつきを含めたチップ(回路)性能の相関をTCAD/DAにより短いTAT(Turn Around Time)で定量化するシステムを提供することである。
  • シリコンに注入したリンのシリコン/酸化膜界面でのパイルアップ現象, 柳沢泰伸, 佐藤久子, 秋森博子, 鎌田正, 小笠原誠, 応用物理学会学術講演会講演予稿集, 58th, 2, 786, 1997年10月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902149401161355
  • Discrimination of clustered defects on wafers using statistical methods, Masami Ikota, Junichi Taguchi, Aritoshi Sugimoto, Hisako Sato, Hiroo Masuda, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 52, 55, 1997年01月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030679298&origin=inward, This paper presents a method for discrimination of clustered defects. The histogram of the number of defects per die is approximated to several major distributions. As a result, we found that Poisson distribution is almost equivalent to real data. The advantage of this method is that accurate coordinates are not required. Therefore it can be applied for almost all tools regardless of their accuracy of coordinates.
  • Rigorous statistical process variation analysis for quarter-μm CMOS with advanced TCAD metrology, Kimiko Aoyama, Hisaaki Kunitomo, Katsumi Tsuneno, Hisako Sato, Kazutaka Mori, Hiroo Masuda, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 8, 11, 1997年01月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030647083&origin=inward, Effects of statistical process variation on 0.35 μm CMOS performance have been rigorously characterized using a new calibrated TCAD metrology. To achieve the variation analysis, a series of TCAD was conducted based on DoE with optimum variable transformations, which results in an RSF (Response Surface Function) for threshold voltage (Vth) and saturation drain current (Ids). A new global calibration of the RSF based on experimental data gives excellent accuracy of the RSF model within 0.02V error in the Vth and 3% error in the Ids. Using the calibrated RSF, statistical process variation effects on the device characteristics have been quantitatively evaluated for each process recipe. It is found that variation of gate-oxide formation process (oxide thickness: Tox) shows the most significant effect on the NMOS δIds in the production process. Furthermore, we have designed an optimized 0.25 μmCMOS process and device based on the RSF, and also predicted its process variation effect on the device performances. It is clarified that the Vth and Ids variations of the 0.25μm CMOS show less than 10% for Ids in production level process, which is similar value of the 0.35μm CMOS experimental data. Also additional TCAD for MOS model parameter generation, for the 0.25 μm device, was conducted to allow circuit-designers to use predictive worst-case circuit design parameters before experimental chip fabrications.
  • TCAD calibration framework for accurate prediction of scaled CMOS characteristics, Hisako Sato, Kimiko Aoyama, Katsumi Tsuneno, Hiroo Masuda, International Workshop on Statistical Metrology, Proceedings, IWSM, 32, 35, 1997年01月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0030689121&origin=inward, A novel TCAD calibration methodology has been presented to improve the accuracy using the Response Surface Method. It includes (1) reduction of simulation works (2) the transformation method of variables (3) global calibration. The Hierarchical Response Surface Method (HRSM) has reduced the simulation works to about 50% when the variables are added. A RSF (Response Surface Function) was obtained by the proper transformation of back bias voltage within the error of 0.02V. The RSF was calibrated globally using the experimental data. The TCAD calibration was applied to obtain the precise prediction of a sub-micron CMOS process and device design. The predicted threshold voltage was verified within the average error of 0.002V.
  • TCADキャリブレーションの問題と統計手法の利用技術, 佐藤久子, 常野克己, 青山仁子, 増田弘生, 電子情報通信学会技術研究報告, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 96, 359(SDM96 119-131), 35, 41, 1996年11月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902163947908063, LSIの開発期間の短縮、開発費の低減を目標としてTCAD(Technology Computer Aided Design)の利用技術を立ち上げてきた。本研究では、TCADの精度向上のために開発してきた方法をもとにしたTCADによるデバイス特性予測方法をまとめた。TCAD利用技術の主な技術は次の3点である。(1)拡散定数データベース、(2)ドレイン電流データベース、(3)統計手法を利用したキャリブレーション。これにより、CMOS用デバイスのばらつき解析において、しきい電圧誤差0.02V以下、ドレイン電流誤差3%以下の予測を可能とした。
  • 感度解析によるCMOSプロセス設計, 青山仁子, 常野克己, 佐藤久子, 増田弘生, 電子情報通信学会技術研究報告, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. VLD, VLSI設計技術, 96, 259(VLD96 41-50), 9, 15, 1996年09月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902184478576060, CMOSの回路設計においては、デバイス特性バラツキを適切に見積もることが性能向上のために必要とされているが、近年、微細化にともないプロセスは複雑化し、バラツキ予測は困難になってきている。このような状況の中で、LSIの設計期間の短縮と設計の質の向上を目的に、シミュレーションとRSF(レスポンス・サーフェス関数法)を利用した高精度デバイス特性バラツキ予測を行う手法を研究してきた。本論文では、サブミクロンCMOSにおいて、プロセスデータを基にデバイス特性バラツキ予測を行い、精度評価、デバイス特性バラツキの各プロセス工程別成分内訳表作成とワースト回路モデルパラメータ抽出・評価を行った。
  • TCADによるMOSFETしきい電圧のプロセス設計, 青山仁子, 増田弘生, 佐藤久子, 池田良広, 応用物理学関係連合講演会講演予稿集, 43rd, 2, 706, 1996年03月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902144679279487
  • 粘土表面の分子認識 : 理論的, 実験的アプローチ, 佐藤 久子, 谷口 昌宏, 山岸 晧彦, 粘土科学, 日本粘土学会, 粘土科学, 35, 3, 120, 128, 1995年12月, 04706455, 10.11362/jcssjnendokagaku1961.35.120, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003712339, The adsorption of tris ( 1,10-phenanthroline)-metal(II) chelate by saponite clay has been simulated by the Monte Carlo method. A two-dimensional sheet of linked [SiO_4]^<4-> and [AlO_4]^<5-> tetrahedra was used for the silicate sheet model. The effective charges of silicate clusters and metal chelates were calculated by the ab initio MO method. The thermal distributions of the configurations were obtained using Metropolis algorithm. For the adsorption within the cation exchange capacity (CEC), the interlayer distance at the thermal equilibrium was obtained to be 10.5Å for both the racemic and enantiomeric chelates. For the adsorption over the CEC, the interlayer distance was 19.5Å and 20.8A for the racemic and enantiomeric chelates in the presence of SO^<2->_4 anions, respectively. These predictions were compared with the experimental observation of adsorption of [Ru(phen)_3]SO_4 by colloidally dispersed synthetic saponite. The present simulations described correctly the intercalation behaviors of LRu(phen)_3]SO_4 by saponite clays under the very high concentration of free chelates. The Monte Carlo simulations were also applied to predict the adsorption structures of 1,1'- binaphthol on a hectorite column exchanged by &xwedge;-[Ru(bpy)_3]^<2+> or Λ-[Ru(phen)_3]^<2+>. These are the simulations of liquid column chromatography for optical resolution.
  • 粘土科学とミクロ科学 粘土表面の分子認識‐理論的,実験的アプローチ, 佐藤久子, 谷口昌宏, 山岸あき彦, 粘土科学, 35, 3, 120, 128, 1995年12月, 0470-6455, 10.11362/jcssjnendokagaku1961.35.120, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902193964526561
  • S4 粘土表面の分子認識 : 理論的、実験的アプローチ, 佐藤 久子, 谷口 昌宏, 山岸 晧彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 日本粘土学会, 粘土科学討論会講演要旨集, 39, 9, 10, 1995年08月, 10.11362/cssj2.39.0_9, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003847260
  • 粘土表面の分子認識―理論的,実験的アプローチ, 佐藤久子, 谷口昌宏, 山岸あき彦, 粘土科学討論会講演要旨集, 39th, 9, 10, 1995年08月, 10.11362/cssj2.39.0_9, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902150364797609
  • 多層ピッチ配線特性のモデル化と実験比較, 青山 仁子, 井瀬 潔, 常野 克己, 佐藤 久子, 中村 高秀, 増田 弘生, 増田 弘生, 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. SDM, シリコン材料・デバイス, 95, 66, 35, 41, 1995年05月, 0913-5685, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003309723, VLSIの性能(スピード)は将来的には微細配線ピッチ化が進むと、配線抵抗・容量の増加により、配線デイレイで規定されると言う問題が生じる。したがって多層配線系で、いかに精度良く、また短時間で配線容量を見積り、モデル化するかが極めて重要となる。本報告では、ピッチ(P)・配線幅(W)・絶縁膜厚(Tox)・配線膜厚(Tw)依存性を明確に表したピッチ配線容量チャートを作成し、設計段階における配線容量の高精度予測を行った。また、そのチャートを用いて、回路遅延のモデリングと評価を行い、チップ上のピッチ配列配線を伝送線として考えた場合の配線デイレイと信号波形の歪みを統一的に計算予測するモデリング手法の開発を行った。
  • New characterization of sub-μm parallel multilevel interconnects and its experimental verification, Kimiko Aoyama, Kiyoshi Ise, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Hiroo Masuda, IEEE International Conference on Microelectronic Test Structures, 63, 66, 1995年01月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0029227911&origin=inward, This paper describes a new interconnect design and its verification with test-structures for sub-micron multilevel interconnection. A universal design-chart has been developed, which gives a precise sub-micron interconnect-capacitance for parallel multilevel interconnections. Test-structure measurements show excellent agreement with the design-chart within 4% error. A simple propagation delay model has also been developed.
  • New hierarchical RSM for TCAD-based device design to predict CMOS development, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Kimiko Aoyama, Takahide Nakamura, Hisaaki Kunitomo, Hiroo Masuda, IEEE International Conference on Microelectronic Test Structures, 299, 302, 1995年01月, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0029217637&origin=inward, A new methodology in simulation-based CMOS process designs has been proposed, using a hierarchical RSM (Response Surface Method) and efficient experimental calibrations. The new design methodology has been verified in a half-micron CMOS process/device development using the test structure, which results in reliable prediction of the threshold voltage (Vth) and drain current (IIds) within 0.01V and 0.84% errors, respectively. This method has also reduced simulation works to about one half required by the conventional RSM. TCAD based RSM is applied for predicting quarter-micron CMOS development.
  • TCAD strategy for predictive VLSI memory development, Hiroo Masuda, Hisako Sato, Katsumi Tsuneno, Kimiko Aoyama, Takahide Nakamura, Hisaaki Kunitomo, Kazuhiko Kajigaya, Technical Digest - International Electron Devices Meeting, 153, 156, 1994年12月, 01631918, http://www.scopus.com/inward/record.url?partnerID=HzOxMe3b&scp=0028747567&origin=inward, This paper describes a methodology of TCAD application in VLSI design and development. Simulation-based predictive circuit model parameter generation for chip design purpose is one of the key topics in TCAD. A process and device Data Base has been constructed, which is used in newly developed TCAD global calibrations in conjunction with a statistical process-recipe design in sub-half micron level. One month of TCAD was required to generate an optimized sub-half micron process and devices and channel-length dependent MOS model parameters. It was verified that the generated MOS circuit model agrees well with experiments within the predicted process fluctuation limit due to the proposed global TCAD calibration technique.
  • プロセス/デバイスシミュレータによる高速バイポーラトランジスタの性能予測, 丸山 貴志子, 玉置 洋一, 佐藤 久子, 増田 弘生, 松尾 仁司, 井原 茂男, 鳥谷部 達, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 94, 231, 17, 24, 1994年09月, 0913-5685, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003200749, 高速バイポーラトランジスタの設計効率化を目的として,0.5μmデバイスをベンチマークに用いたプロセス, デバイスシミュレーション技術の開発を行った。シミュレーション技術を高速バイポーラトランジスタに適用するために,プロセスシミュレータにおける不純物分布予測の高精度化とデバイスシミュレータにおけるポリシリコンエミッタのモデル化を検討した.不純物分布予測の高精度化では欠陥による不純物拡散の増速効果を評価し,ポリシリコンエミッタのモデル化では界面酸化膜の新モデルを提案した.その結果,電流増幅率h_FE>と遮断周波数f_Tのシミュレーション結果は実測値と誤差10%以内で一致した.
  • TCADによる高集積0.4μmCMOS回路モデルパラメータ生成, 国友 久彰, 青山 仁子, 常野 克己, 佐藤 久子, 中村 高秀, 増田 弘生, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 94, 231, 75, 81, 1994年09月, 0913-5685, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003200757, プロセス・デバイスシミュレーションを、次世代CMOS,DRAMのコンカレント回路・プロセス設計の有効な手法とする為、今回、0.4umデバイスの第0次プロセス設計およびその結果に基づいた回路MOSモデルパラメータのシミュレーションベース生成を行った。第0次プロセス設計においては、プロセス及びデバイス特性のデータベースと、系統的にプロセス・デバイスシミュレーションを実行した結果により、回路設計要求仕様を満たすプロセス条件を新たに決定した。また、基本CMOS回路モデルパラメータ生成では、上記プロセス条件でプロセス・デバイスシミュレーションを実行し、さらにドレイン電流データベースを用いて、回路特性ワースト条件でのCMOSデバイスのチャネル長(L)依存回路パラメータを作成した。
  • VLSI配線容量のシミュレーションと評価, 市川 仁子, 佐藤 久子, 常野 克己, 中村 高秀, 増田 弘生, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 一般社団法人電子情報通信学会, 電子情報通信学会技術研究報告. ED, 電子デバイス, 93, 216, 45, 51, 1993年09月, 0913-5685, http://ci.nii.ac.jp/naid/110003200348, VLSIの微細化にともない、配線容量による回路遅延が回路動作に大きな影響を与え、回路の設計段階で重要となってきた。従来、回路解析では構造パラメータであるピッチ(P)・配線幅(W)・絶縁膜厚(Tox)・配線膜厚(Tw)を変えてシミュレーション解していたが、結果を得るのに時間を要し、しかも配線容量の最適解が得られないという欠点があった。本報告では、デバイスシミュレータ解析値と実測値の比較を行なった後に、P・W・Tox・Tw依存性を明確に表したピッチ配線容量チャートを作成した。また、ピッチ配線が2層になった場合やSiN等の高誘電体材料の寄生効果を明確にし、ピッチ配線容量チャートの応用を可能とした。
  • 粘土表面による分子認識 理論的アプローチ, 山岸あき彦, 佐藤久子, 表面(表面談話会・コロイド懇話会), 広信社, 表面, 31, 5, 375, 387, 1993年05月, 0367-648X, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902104795572530
  • 比例縮小微細MOSFETに於ける電流駆動能力に関する検討, 常野克己, 佐藤久子, 増田弘生, 電子情報通信学会技術研究報告, 92, 301(VLD92 50-59), 41, 47, 1992年10月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902013849590061
  • 粘土に吸着した金属錯体の吸着構造の理論的研究, 佐藤久子, 山岸あき彦, 加藤重樹, 錯体化学討論会講演要旨集, 42nd, 137, 1992年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902092122689860
  • 浅接合ボロン高濃度拡散層形成におけるモデルの評価, 佐藤久子, 石川勝彦, 電子情報通信学会技術研究報告, 91, 246(VLD91 47-58), 1, 7, 1991年09月, 0913-5685, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902017626372351
  • 粘土鉱物の構造とイオンの吸着に関する理論的研究, 佐藤久子, 山岸あき彦, 加藤重樹, 日本化学会講演予稿集, 62nd, 1, 253, 1991年09月, 0285-7626, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902027407814565
  • 粘土への金属錯体の吸着の理論的研究, 佐藤久子, 山岸あき彦, 加藤重樹, 錯体化学討論会講演要旨集, 40th, 805, 806, 1990年09月, http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=200902072797685200

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金

  • 環境省 , 環境研究総合推進費, 汚染土壌中のセシウム固定化機構の解明と実用減容化技術の開発, 田村堅志(サブテーマ2リーダー佐藤久子)
  • 日本学術振興会, 科研費基盤研究(C), キラルな置換活性錯体をエナンチオ選択的に包接する液晶性錯体ホストの開発, 吉田純
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構, 未来社会創造事業, 多次元赤外円二色性分光法の開発, 佐藤久子
  • 日本学術振興会, 科研費基盤B, 発光性キラルイリジウム錯体膜を用いたアップコンバージョンシステムの構築, 佐藤久子
  • 科研費基盤B, 汚染土壌中の吸着セシウムイオンのミクロ構造の解明, 田村堅志
  • 文部科学省 科学研究費補助金(新学術領域(研究提案型)), D-アミノ酸への転換反応追跡用次元拡張型振動円二色性分光法の開発, 佐藤久子
  • 科研費挑戦的萌芽, 発光性イリジウム錯体を用いた生体内アミノ酸DL変換のその場追跡, 佐藤二美
  • 環境省, 環境研究総合推進費補助金, 汚染土壌の減容化実現に向けた粘土化学的手法の開発, 佐藤久子
  • JST, マッチング探索, 球状ラポナイトを利用したキラル香料成分のための分取カラムの開発, 佐藤久子
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), イリジウム錯体積層膜を用いた多重発光性センシングデバイスの開発, 佐藤 久子, 機能物性化学, 基盤研究(B), 愛媛大学
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), パーフルオロ鎖の自発的らせんに着目したゲルの階層的構造相変化の解明, 佐藤 久子, 機能物性化学, 挑戦的萌芽研究, 愛媛大学
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(B)), 発光性イリジウム錯体LB膜を用いた多機能性センシングデバイスの開発, 佐藤 久子, 長岡 伸一, 田村 堅志, 機能物質化学, 基盤研究(B), 愛媛大学, シクロメタレート型イリジウム(III)錯体は有機EL素子などの燐光型発光材料として注目されている。本申請者はこれまでに長鎖アルキル基を有する中性の両親媒性Ir(III)錯体のラングミュア・ブロジェット(LB)膜を製造し、それを気体センサー膜として用いることに成功した。今回この発展として、より長寿命で堅固な層構造をもつ発光性薄膜をめざして種々の陽イオン性Ir(III)錯体と剥離化した粘土鉱物(無機ナノシート)とのハイブリッド化の検討をおこない、多色化をめざした酸素センシングデバイスのための研究をおこなった。今年度は色調変化のためのlayer-by-layer人工積層方法の検討をおこなった。今年度搬入した有機合成装置を用いて、3種(赤、青、黄)のIr(III)錯体を合成した。次に3種類のIr(III)錯体を用いた交互積層LB膜の製造と、それらの積層順番による色調変化の可能性について検討した。特に、2種のIr(III)錯体を用いた交互積層LB膜の製造と、それらによる色調変化の可能性について検討した。まずは単独の錯体と粘土鉱物とのハイブリッドLB膜を用いて積層数と発光強度が比例する条件を確立した。次に異種の錯体が一定の順序で配列した複合膜を製造するために、layer-by-layer人工積層膜を製造した。このとき、積層後のLB膜が基板から剥離しないように積層方法の技術開発をおこない、2種類の錯体の人工積層法に成功した。2種類の錯体の積層順序の可能な組み合わせを試み、錯体間のエネルギー移動効率を検討した。また、それらのLB膜による酸素センシングによる多色化を試みた。これらの主な成果はNew. J. of Chem. 36, 2467-2471 (2012)において報告し、hot article および裏表紙に採用された。科学技術振興機構主催のイノベーションジャパンに採択された。
  • JST, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP探索タイプ , 2次元に制限された粘土鉱物表面を用いた迅速光学分割カラムの開発, 佐藤久子
  • JST, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP 顕在化タイプ, 積層ナノ薄膜を用いたリアルタイム多重発光性極微量酸素センサの開発, 中野 信夫
  • 文部科学省, 科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究), 粘土エレクトロニクスの創成, 佐藤 久子, 末益 崇, 無機工業材料, 挑戦的萌芽研究, 愛媛大学, 本研究では環境に優しい低エネルギー型デバイスをめざして、無機層状化合物のみの電子デバイスに挑戦した。層状化合物の中で、粘土鉱物は天然に豊富に産する環境にやさしい無機素材として広く用いられてきた。本研究では、典型元素のみからなる粘土鉱物の剥離化によって、ナノシート化し、その透明性や柔軟性を利用して電子デバイスの絶縁層としての応用を目指した。粘土鉱物の一種である合成サポナイトナノシートを光半導体性のニオブ酸ナノシートと組み合わせて、電界制御型トランジスターの製造に挑戦し、トランジスター特性を示すことに成功した。
  • 日本板硝子材料工学助成会, 単一膜で多機能性を有する有機・無機ハイブリッド発光デバイスの開発, 佐藤久子
  • JST, 戦略的創造研究推進事業(さきがけ), キラル金属錯体ネットワーク膜の製造とVCD/RASコンカレント測定法の開発 , 佐藤久子
  • JST, 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム A-STEP探索タイプ, 発光性イリジウム錯体LB膜を用いたセンシングデバイス, 佐藤久子


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.