研究者データベース

富田 英司トミダ エイジ

所属部署名教育学部 教育臨床
職名准教授
Last Updated :2019/06/12

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    富田 英司
  • 氏名(カナ)

    トミダ エイジ

基本情報

  • アバター画像URI

    https://researchmap.jp/?action=common_download_user&upload_id=116273
  • URL

所属

所属・職名

  • 部署

    教育学部
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2005年, 九州大学, 九州大学大学院人間環境学府, 行動システム
  • 2001年, 九州大学, 大学院人間環境学研究科, 行動システム
  • 1999年, 香川大学, 教育学部, 総合科学課程
  • 2005年
  • 2001年
  • 1999年

学位

  • 博士(心理学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本認知科学会
  • European Association for Research on Learning and Instruction
  • 日本教育工学会

委員歴

  • 2017年10月 - 現在, 日米教員養成協議会, 理事
  • 2015年04月 -2018年03月, 日本教育心理学会, 『教育心理学研究』常任編集委員

経歴

  • 2007年 - 2008年,  国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院
  • 2006年 - 2007年,  国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院
  • 2005年 - 2006年,  国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院
  • 2004年 - 2005年,  国立大学法人九州大学大学院人間環境学研究院

研究活動情報

研究分野等

研究キーワード

  • 議論過程
  • 議論教育
  • ネットワーク分析
  • 自然言語処理

著書・発表論文等

論文

  • MSC法を用いてSUIJIサービスラーニング・プログラムを通した学生の学びを捉える (思考と言語), 富田 英司, 小林 修, 島上 宗子, 笠松 浩樹, 竹下 浩子, 山中 亮, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 118, 352, 17, 22, 2018年12月, 0913-5685
  • これからの教育心理学のための存在-認識論 - アナ・ステセンコによる変容的活動家スタンス, 富田 英司, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 65, 127, 136, 2018年10月, 24238589
  • 青少年参加型アクションリサーチのためのカリキュラム : オレゴン州保健局の事例, 富田 英司, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 64, 157, 162, 2017年12月, 24238589
  • 学生の自発的な省察を促すには : 学生主体の放課後プログラムを事例として (思考と言語), 市本 早香, 富田 英司, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 117, 341, 69, 74, 2017年12月, 0913-5685
  • 学童保育における学生主体の学習支援プロジェクト: 初年度の進捗報告, 富田英司・市本早香・城戸海輝・中山晃, 15, 53, 59, 2017年03月
  • 放課後学習支援事業に研究者として取り組むことによる 学生の参加形態と動機付けの変容, 市本早香,城戸海輝,井上拓哉,中野智晶,吉見太智,富田英司, 大学教育実践ジャーナル, 16, 85, 93, 2018年03月
  • 授業でメタ認知を育成するには, 富田 英司, 惠羅 修吉, 吉野 巌, 瀬尾 美紀子, 鹿毛 雅治, 教育心理学年報, 56, 235, 242, 2017年09月
  • “見通す”力を高めるための教育心理学的理論 -社会学習理論から活動理論へ-, 富田 英司, 月刊 理科の教育, 65, 5, 8, 2016年06月
  • オープンソース統計解析システムを用いたアンケートの自動化, 富田 英司, 佐藤 栄作, 観音 幸雄, 熊谷 隆至, 藤原 誠, 鴛原 進, 田邉 隆, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 14, 35, 41, 2016年
  • 国際交流プログラムを評価するルーブリックの開発, 富田英司・近森憲助・中山晃・大谷千恵・山本昭夫・小野由美子, 大学教育実践ジャーナル, 13, 9, 15, 2015年03月
  • 中学生を対象にしたコミュニケーション訓練プログラムの効果, 濵田眞基子・富田英司, 日本教育大学協会研究年報, 33, 115, 128, 2015年03月
  • 海外短期渡航先での英語プレゼンテーションを通した伝達方略の微視的発達 (思考と言語), 富田 英司, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, 243, 23, 26, 2014年10月, 0913-5685
  • 愛媛大学教育学部における教員養成IRのデータベース運用, 原田 義明, 池田 あかり, 富田 英司, 吉村 直道, 田中 雅人, 山本 久雄, 熊谷 隆至, 山田 剛史, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 99, 104, 2012年10月, 1349-7243
  • Moodle上の活動と学習成績の関係, 富田 英司, 沖林 洋平, 田村 恭久, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 59, 91, 97, 2012年10月, 1349-7243
  • 教室におけるアイデア伝播と受容の過程 : 水の状態変化を事例として, 高垣 マユミ, 富田 英司, 認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 19, 2, 175, 190, 2012年06月, 13417924, 10.11225/jcss.19.175
  • 教職への動機づけを規定する要因の探索, 富田 英司, 吉村 直道, 山本 久雄, 田中 雅人, 川岡 勉, 原田 義明, 竹永 雄二, 隅田 学, 大学教育実践ジャーナル, 大学教育実践ジャーナル, 10, 23, 31, 2012年03月
  • 教職への動機づけを規定する要因の探索, 富田 英司, 吉村 直道, 山本 久雄, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 0, 10, 23, 31, 2012年
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践(2)小学校理科グループにおける実践過程の分析, 上舘 美緒里, 隅田 学, 富田 英司, 池野 修, 深田 昭三, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 0, 10, 15, 21, 2012年
  • 教室におけるアイデア伝播と受容の過程:水の状態変化を事例として, 高垣 マユミ, 富田 英司, 認知科学, 認知科学, 19, 2, 175, 190, 2012年, 1341-7924
  • ピアフィードバック環境のデザインによる議論訓練, 富田 英司, 慶徳 直亮, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 111, 320, 77, 79, 2011年11月, 0913-5685
  • 高校生の援助要請行動を説明する非直線的意思決定モデル, 津田 真李, 富田 英司, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 58, 39, 46, 2011年10月, 1349-7243
  • 工学系学生のための対話力育成授業「自律型対話プログラム」の開発と実践, 大塚 裕子, 岩倉 成志, 竹内 和広, 富田 英司, 森本 郁代, 工学教育, 工学教育, 59, 5, 43, 49, 2011年09月, 13412167, 10.4307/jsee.59.5_43
  • 文系・理系博士人材の対話力を育むキャリア教育実践, 富田 英司, 中野 美香, 大学教育, 大学教育, 16, 79, 91, 2011年06月, 18807372
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践, 隅田 学, 深田 昭三, 菅谷 成子, 池野 修, 鴛原 進, 上館 美緒里, 苅田 知則, 熊谷 隆至, ファウスティーノ ジョエル, 杉林英彦, 高橋治郎, ボグダン デイビッド, 富田 英司, 福田 安典, 藤田 昌子, 向 平和, 吉村 直道, バージン ルース, 大学教育実践ジャーナル, 大学教育実践ジャーナル = Journal of faculty and staff development in higher education, 9, 9, 65, 73, 2011年
  • 概念的階層性の理解における議論の役割, 富田 英司, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 電子情報通信学会技術研究報告. TL, 思考と言語, 110, 313, 47, 50, 2010年11月, 09135685
  • 教員養成課程における教職動機づけ促進のための理論的基盤, 富田 英司, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 57, 19, 25, 2010年10月, 13497243
  • 算数教育実践の向上を目指した学部内協働の事例, 中国四国教育学会中国四国教育学会誌『教育学研究紀要』(CD-ROM版), 55, 713, 716, 2010年
  • Learning Environment for Undergraduates to Enhance Spontaneous Growth of Communication Skills: Effects of group size, Japan Society for Educational TechnologyEducational Technology Research, 33, 1・2, 121, 130, 2010年
  • 大学生の対話力の自発的成長を促す学習環境の探索:話し合いに対する自己評定値からの分析, 富田 英司, 水上 悦雄, 森本 郁代, 大塚 裕子, 日本教育工学会日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 33, 4, 431, 440, 2010年, 1349-8290
  • 反論-再反論構造の判別しやすさを規定する談話指標の探索, 富田 英司, 日本教育工学会論文誌, 日本教育工学会論文誌, 34, Suppl, 97, 100, 2010年, 1349-8290
  • 議論トラッカーの開発と改良, 富田 英司, 慶徳 直亮, Informatics, Informatics, 4, 1, 15, 20, 2010年, 18822908
  • G6 『数理的にかかわり合う力』を育てる授業の評価研究(G【言語とコミュニケーション】,論文発表の部), 馬越 敏, 藤田 秀和, 青木 里美, 藤本 義明, 吉村 直道, 富田 英司, 数学教育論文発表会論文集, 数学教育論文発表会論文集, 42, 469, 474, 2009年11月
  • 高校生が教員に求めている会話内容とは, 小黒 明日香, 富田 英司, 愛媛大学教育学部紀要, 愛媛大学教育学部紀要, 56, 37, 46, 2009年10月, 13497243
  • 科学技術コミュニケーションにおける対話のデザイン : 自律型対話の実践に向けて(<特集>実践的多人数インタラクションの動向と展望), 大塚 裕子, 森本 郁代, 水上 悦雄, 富田 英司, 山内 保典, 柏岡 秀紀, Hiroko Otsuka, Ikuyo Morimoto, Etsuo Mizukami, Eiji Tomida, Yasunori Yamanouchi, Hideki Kashioka, 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 人工知能学会誌 = Journal of Japanese Society for Artificial Intelligence, 24, 1, 78, 87, 2009年01月, 09128085
  • 科学技術コミュニケーションにおける対話のデザイン--自律型対話の実践に向けて, 人工知能学会誌, 24, 1, 78, 87, 2009年
  • PF006 高校生が教員に求めている会話内容とは, 小黒 明日香, 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 日本教育心理学会総会発表論文集, 51, 0, 2009年, 2189-5538
  • 時系列情報を活用した教室の視覚的テキスト・データマイニング (研究会メモ 第14回次世代大学教育研究会), 富田 英司, Informatics, Informatics, 1, 2, 81, 84, 2008年, 18822908
  • PISAの動向から考える教育心理学のあり方 (中国四国教育学会第60回大会 ラウンドテーブル報告 教育学研究における学際的協働の可能性を求めて--PISA結果を手がかりに), 富田 英司, 教育学研究紀要, 教育学研究紀要, 54, 2, 738, 742, 2008年, 02871114
  • Measuring quality of discussion: four tools of inter-utterance quotation network analysis, 明治大学情報基盤本部, 1, 1, 5, 17, 2007年
  • 議論のダイナミクスを生け捕る発話間引用ネットワーク分析, 富田 英司, 九州大学心理学研究, 九州大学心理学研究, 8, 73, 83, 2007年, 13453904
  • 理科授業の学習環境のデザイン:観察・実験による振り子の概念学習を事例として, 高垣 マユミ, 田原 裕登志, 富田 英司, 教育心理学研究, 教育心理学研究, 54, 4, 558, 571, 2006年12月, 00215015
  • 理科授業の学習環境のデザイン:観察・実験による振り子の概念学習を事例として, 高垣 マユミ, 田原 裕登志, 富田 英司, 教育心理学研究, 教育心理学研究, 54, 4, 558, 571, 2006年, 0021-5015
  • 曖昧な構造の共同問題解決における思考進展過程の探索的研究, 富田 英司, 丸野 俊一, 認知科学, 認知科学 = Cognitive studies : bulletin of the Japanese Cognitive Science Society, 12, 2, 89, 105, 2005年06月, 1341-7924|1881-5995, 10.11225/jcss.12.89
  • 曖昧な構造の協同問題解決における思考進展過程の探索的研究, 富田 英司, 丸野 俊一, 認知科学, 認知科学, 12, 2, 89, 105, 2005年, 1341-7924
  • 思考としてのアーギュメント研究の現在, 富田 英司, 丸野 俊一, 心理学評論, 心理学評論, 47, 2, 187, 209, 2004年, 0386-1058
  • 人間環境学コロキウムのねらいと実践, 丸野 俊一, 富田 英司, 九州大学大学教育, 大学教育 = Kyushu journal of higher education, 9, 1, 11, 2003年03月, 1880-7372
  • 行動システムからみたADHD (ADHDの臨床--21世紀からのアプローチ) -- (ADHDを理解するための基礎), 富田 英司, 現代のエスプリ, 現代のエスプリ, 414, 68, 75, 2002年01月, 04352165
  • 行動システムからみたADHD, 現代のエスプリ, 414, 68, 75, 2002年
  • 日常的文脈における協同推論過程では,素朴理論はどのように吟味・検討され,修正されるのか, 認知体験過程研究, 9, 1, 23, 2000年
  • 自然言語処理技術を用いた教育測定・評価における方法上の課題, 富田英司, 教育心理学年報
  • ルイジアナ大学モンロー校と愛媛大学の相互国際交流を通した教員養成の実践, 富田英司・白松賢・池野修・隅田学・向平和・鴛原進, 大学教育実践ジャーナル, 12, 41, 46, 2014年03月
  • 愛媛大学における海外教育実習プログラムの開発と実践(3):フィリピン教育実習に対する保護者の反応, 隅田学・深田昭三・菅谷成子・池野修・鴛原進・熊谷隆至・富田英司・藤田昌子・向平和・吉村直道・アグカウィリ・ザリナ・バラキエル, 大学教育実践ジャーナル, 12, 33, 39
  • 教員養成課程における教授学習観と教職動機づけの変化, 富田英司・吉村直道・山本久雄・田中雅人・原田義明・熊谷隆至・川岡勉, 大学教育実践ジャーナル, 11, 29, 37
  • 日常的問題解決における会話を通した知識再構成過程, 富田英司, 愛媛大学教育学部紀要, 60, 47, 57
  • 教員養成の効果検証と改善に生かす教育心理学, 教育心理学年報, 52, 205, 207
  • Evaluation of an English Course on Designing Effective Instruction at Ehime University., Pawilen, G. T., and Tomida, E., 大学教育実践ジャーナル, 11, 29, 37
  • 4, 6, 1, 8

書籍等出版物

講演・口頭発表等

  • 日本人学部生を対象にしたFIT-Choice尺度の予測妥当性の検証, 富田英司, 三和秀平, 2018年08月25日
  • 研修・留学等がもたらす行動変容・認識変容に関する効果測定指標の認知科学的検討, 森下美和, 有賀三夏, 原田康也, 阪井和男, 富田英司, 日本認知科学会大会発表論文集(CD-ROM), 2018年
  • 潜在連合テストハンズオンセミナー, 富田英司, 電子情報通信学会技術研究報告, 2017年12月03日
  • Motives for Helping International Practice Teachers, 富田 英司, 第39回日米教員養成協議会年次大会, 2017年09月15日
  • モニタリング自己評価法のより効果的な 実践に向けた課題 —包括的アプローチ の提案—, 富田 英司, 日本教育心理学会, 2016年10月09日
  • 愛媛大学大学院教育学研究科におけるリサーチルーブリックの運用と課題, 富田 英司, 大学教育研究フォーラム, 2016年03月18日, 招待有り
  • 教育心理学研究のためのテキストデータの計量分析, 星野 崇宏, 荘島 宏二郎, 樋口 耕一, 富田 英司, 教育心理学年報, 2016年
  • 授業でメタ認知を育成するには (日本教育心理学会第58回総会) -- (準備委員会企画シンポジウム), 富田 英司, 惠羅 修吉, 吉野 巌, 瀬尾 美紀子, 鹿毛 雅治, 教育心理学年報 = The annual report of educational phychology in Japan, 2016年
  • 自然言語処理技術を用いた教育測定・評価 における方法上の課題, 富田 英司, 日本教育心理学会総会, 2015年08月26日, 招待有り
  • 教育心理学研究のためのテキストデータの計量分析(研究委員会企画チュートリアルセミナー), 星野 崇宏, 荘島 宏二郎, 樋口 耕一, 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2015年
  • 心理学を活かした教員養成(3), 富田 英司, 2014年11月08日, 招待有り
  • 心理学を活かした教員養成(3)―日本教育大学協会教育心理部門企画―, 糸井尚子, 藤岡秀樹, 岡直樹, 若松養亮, 佐野秀樹, 富田英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2014年10月26日
  • JE04 心理学を活かした教員養成(3) : 日本教育大学協会教育心理部門企画(自主企画シンポジウム), 糸井 尚子, 若松 養亮, 藤岡 秀樹, 佐野 秀樹, 岡 直樹, 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2014年
  • JB03 越境の説明をはぐくむ大学教育のための心理学(自主企画シンポジウム), 富田 英司, 田島 充士, 鈴木 宏昭, 清河 幸子, 犬塚 美輪, 溝上 慎一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2014年
  • 学習者中心の学習環境をつくる上での学校心理士としての役割, 富田 英司, 2013年03月17日, 招待有り
  • JA11 授業研究の最前線 : 理論と実践のコンテクストを繋ぐ(自主企画シンポジウム), 高垣 マユミ, 富田 英司, 中谷 素之, 白水 始, 鹿毛 雅治, 小野瀬 雅人, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2013年
  • 心理学を活かした教員養成, 岡 直樹, 佐野 秀樹, 糸井 尚子, 尾崎 啓子, 富田 英司, 我妻 則明, 教育心理学年報, 2013年
  • 教員養成の効果検証と改善に活かす教育心理学, 富田 英司, 2012年11月23日, 招待有り
  • B8. 授業研究の最前線 : 「協同学習」を教育心理学的アプローチから多面的に捉える(自主企画シンポジウム), 高垣 マユミ, 藤江 康彦, 富田 英司, 松尾 剛, 鹿毛 雅治, 小野瀬 雅人, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2012年
  • F6. 越境の説明力を築く大学教育(自主企画シンポジウム), 富田 英司, 小林 敬一, 中野 美香, 鈴木 栄幸, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2012年
  • 26-J-12 大学生のレポートライティング教育の実践・研究の現状と課題(2)(自主企画), 鈴木 宏昭, 阿部 慶賀, 楠見 孝, 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2011年
  • 24-J-13 認知心理学と社会文化的アプローチのディベート : 説明研究をプラットフォームとして(自主企画), 中野 美香, 清河 幸子, 深谷 達史, 伊藤 貴昭, 富田 英司, 高木 光太郎, 比留間 太白, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2011年
  • K297 テキストマイニングによる議論構造の評価(口頭セッション50 認知心理学・文章作成), 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2010年
  • J015 「越境の説明」を問う : 豊な対話の育成とは(自主シンポジウム), 田島 充士, 富田 英司, 香川 秀太, 鈴木 栄幸, 山崎 史郎, 比留間 太白, 中野 美香, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2010年
  • 2講義,CSCLを用いたディスカッション, 沖林 洋平, 富田 英司, 田村 恭久, 日本心理学会大会発表論文集, 2010年
  • B8 実際的な数学的活動に関する社会文化的アプローチ研究の理論的枠組みについて(B【問題解決1(問題解決・指導法等)】,論文発表の部), 吉村 直道, 富田 英司, 数学教育論文発表会論文集, 2009年11月07日
  • 実際的な数学的活動に関する社会文化的アプローチ研究の理論的枠組みについて, 日本数学教育学会第42回数学教育論文発表会論文集, 2009年
  • PISAの動向から考える教育心理学のあり方, 中国四国教育学会中国四国教育学会誌『教育学研究紀要』(CD-ROM版), 2009年
  • 「教え」から「学び」へ : 学ぶプロセスとしての説明研究の展開(自主シンポジウムF2), 富田 英司, 田島 充士, 中野 美香, 清河 幸子, 比留間 太白, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2009年
  • 算数教育実践の向上を目指した学部内協働の事例 (中国四国教育学会第61回大会ラウンドテーブル報告 教育研究において学際的協働はいかにして可能となるか--数学における事例を手掛かりに), 富田 英司, 吉村 直道, 教育学研究紀要, 2009年
  • PF2-23 反復的自己反駁課題による反省的思考の深まり(教授・学習,ポスター発表F), 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2008年
  • PG2-24 中規模談話データを用いた「教室内機能語」の分類と信頼性の検討(教授・学習,ポスター発表G), 五十嵐 亮, 富田 英司, 丸野 俊一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2008年
  • ピア・ラーニングと動機づけ過程 : 社会的文脈における学業達成(3)(自主シンポジウムC1), 中谷 素之, 野崎 秀正, 伊藤 崇達, 富田 英司, 鹿毛 雅治, 高垣 マユミ, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2008年
  • トランス・サイエンス時代の大学教育における対話力育成のあり方(自主シンポジウムA7), 山内 保典, 楠見 孝, 水上 悦雄, 富田 英司, 西垣 順子, 高木 光太郎, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2008年
  • 自然言語処理技術を活かした教育研究の可能性とその課題(自主シンポジウム2), 富田 英司, 丸野 俊一, 山内 保典, 大塚 裕子, 松尾 剛, 五十嵐 亮, 無藤 隆, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2006年
  • 教授学習過程を促す説明のあり方 : 深く学ぶために(自主シンポジウム14), 比留間 太白, 山本 博樹, 辻 義人, 田島 充士, 富田 英司, 藤村 宣之, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2006年
  • 対話から育む論理的表現力(自主シンポジウム18), 犬塚 美輪, 岩男 卓実, 富田 英司, 崎濱 秀行, 鹿毛 雅治, 中島 伸子, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2006年
  • 議論力・思考力を育む教育実践とその理論的,実証的研究(自主シンポジウムD-1), 富田 英司, 丸野 俊一, 抱井 尚子, 中野 美香, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2005年
  • 8 対話により創出される思考過程に迫る(自主シンポジウムB), 富田 英司, 高垣 マユミ, 山内 保典, 清河 幸子, 小林 寛子, 楠見 孝, 丸野 俊一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2004年
  • PD64 教養教育課程の教育目標を学生はどのように認識しているのか(教授・学習,ポスター発表D), 松尾 剛, 丸野 俊一, 富田 英司, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2003年
  • PF82 議論における探索方略と個人の素朴な説明の変化との関わり(教授・学習,ポスター発表F), 富田 英司, 丸野 俊一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2003年
  • 行動についての素朴な説明は議論を通してどのように変化するのか, 富田 英司, 丸野 俊一, 加藤 和生, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2002年
  • PD79 協同問題解決において探索型会話は素朴理論の修正を促進するか?, 富田 英司, 丸野 俊一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2001年
  • PC77 思考スキルは会話スタイルによってどの程度規定されるか, 富田 英司, 丸野 俊一, 日本教育心理学会総会発表論文集, 2000年

作品

MISC

  • 第15回(2016年度)優秀論文賞 選考経過および講評, 氏家 達夫, 松見 淳子, 大塚 雄作, 谷口 明子, 富田 英司, 小田切 歩, 鹿毛 雅治, 藤本 和久, 大島 崇, 庭山 和貴, 教育心理学年報, 一般社団法人 日本教育心理学会, 教育心理学年報, 57, 0, 358, 371, 2018年, 0452-9650, http://ci.nii.ac.jp/naid/130007483548
  • 議論をとおした「思考の変化過程」と「思考力の発達過程」の解明に向けて (特集 議論の心理学), 富田 英司, 心理学ワールド, 日本心理学会, 心理学ワールド, 31, 13, 16, 2005年10月, http://ci.nii.ac.jp/naid/40006990074
  • 24, 1, 78, 87, 2009年

その他研究情報

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.