研究者データベース

山本 智規ヤマモト トモノリ

所属部署名社会共創学部 産業イノベーション学科
職名教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    山本 智規
  • 氏名(カナ)

    ヤマモト トモノリ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    社会共創学部
  • 職名

    教授

学歴等

学歴

  • 1999年04月 - 2002年03月, 愛媛大学, 大学院理工学研究科生産環境工学専攻, 博士後期課程
  • 1997年04月 - 1999年03月, 愛媛大学, 理工学研究科生産環境工学専攻, 機械工学コース
  • 1990年04月 - 1996年03月, 愛媛大学, 工学部, 機械工学
  • 1999年
  • 2002年
  • 1996年

学位

  • 修士(工学)
  • 博士(工学)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本機械学会
  • 日本感性工学会
  • 日本人間工学会
  • 日本ロボット学会
  • 日本福祉工学会

委員歴

  • 2018年01月 - 現在, 計測自動制御学会四国支部, 支部長
  • 2008年 - 2009年, 日本機械学会, メカライフ編修委員会コレスポンデント, 日本機械学会

経歴

  • 2016年04月 - 現在, 愛媛大学(准教授)
  • 2015年04月 - , 愛媛大学(准教授)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 人間医工学, リハビリテーション科学・福祉工学
  • 心理学, 実験心理学
  • 機械工学, 機械力学・制御
  • 機械工学, 知能機械学・機械システム

著書・発表論文等

論文

  • 電動カートのエレベータ進入操作支援に関する基礎的研究, 柴田 論, 山本 智規, 呉 志強, 産業応用工学会論文誌, 産業応用工学会論文誌, 2017年, 10.12792/jjiiae.5.1.18
  • パーティクルフィルタとニューラルネットワークを用いた視線方向推定に関する一構成法, 柴田 論, 呉 志強, 山本 智規, 産業応用工学会論文誌, 産業応用工学会論文誌, 2017年, 10.12792/jjiiae.5.1.25
  • 立ち上がり支援機能を有する移動ロボットのための立ち上がり動作の数理モデル化, 柴田論, WU Zhiqiang, 山本智規, LEE Jaehoon, ライフサポート, ライフサポート, 2016年08月, 1341-9455, 10.5136/lifesupport.28.85
  • Fundamental approach on orthotic device for patients with osteoarthritis of knee considering screw home movement, WU Zhiqiang, YAMAMOTO Tomonori, SYAM Rafiuddin, SHIBATA Satoru, Journal of Biomechanical Science and Engineering, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 2016年, 10.1299/jbse.16-00275
  • 視線入力を用いた移動ロボットからの環境情報取得, 柴田論, 山本智規, ライフサポート, 2015年12月, 1341-9455, 10.5136/lifesupport.27.143
  • 減速・停止による移動ロボットの人間との衝突回避, 山本 智規, 柴田 論, 瀬濤 喜信, 日本福祉工学会誌, 日本福祉工学会誌, 2015年11月, 1344-9273
  • 2D01 地域社会に密着した教育組織における工学教育について : 地域社会創成を目指した工学教育について((18)地域貢献,地場産業との連携-III,口頭発表論文,イノベーションを牽引する工学教育の国際化), 八木 秀次, 高橋 学, 山本 智規, 有光 隆, 工学教育研究講演会講演論文集, 工学教育研究講演会講演論文集, 2015年08月
  • フリック動作による移動ロボットの操作(ニューラルネットワークを用いた動作モードの切り替え), 山本 智規, 柴田 論, 日本機械学会論文集, 日本機械学会論文集, 2015年, 2187-9761, 10.1299/transjsme.15-00035
  • 自然な手渡し動作における把持力制御特性の解析, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 日本福祉工学会誌, 日本福祉工学会誌, 2014年11月, 1344-9273
  • 人間との握手接近動作を行う小型握手ロボットシステム, 太田 俊介, 神代 充, 山内 仁, 渡辺 富夫, 柴田 論, 山本 智規, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2013年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.79.2383
  • イメージに基づく程度副詞を用いたロボットの速度調整, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 人間工学, 人間工学, 2012年12月, 0549-4974, 10.5100/jje.48.324
  • イメージに基づ<程度副詞を用いたロボットの速度調整, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 2012年12月, 05494974, 10.5100/jje.48.324
  • A Mobile Robot Operation with Instruction of Neck Movement using Laser Pointer, SHIBATA Satoru, YAMAMOTO Tomonori, JINDAI Mitsuru, Kansei Engineering International Journal, Kansei Engineering International Journal, 2012年, 1884-0841, 10.5057/kei.11.51
  • 程度副詞を用いた知能機械の速度調整に関する基礎的研究, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 人間工学 = The Japanese journal of ergonomics, 2011年08月, 05494974, 10.5100/jje.47.155
  • レーザーポインタを用いた首振り指示に追従する移動ロボットシステム, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 日本福祉工学会誌, 日本福祉工学会誌, 2011年05月, 13449273
  • 視線提示を考慮した握手要求動作モデルの開発, 神代 充, 渡辺 富夫, 柴田 論, 山本 智規, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2011年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.77.1429
  • 微速モードに基づく電動カートの操作支援に関する研究, 柴田 諭, 山本 智規, ライフサポート, ライフサポート, 2010年06月, 1341-9455, 10.5136/lifesupport.22.41
  • 微速モードに基づく電動カートの操作支援に関する研究, 柴田 論, 山本 智規, ライフサポート = / the Society of Life Support Technology [編], ライフサポート = / the Society of Life Support Technology [編], 2010年06月, 13419455, 10.5136/lifesupport.22.41
  • 【生活支援用メカトロニクス】 微速モードに基づく電動カートの操作支援に関する研究, 柴田 論, 山本 智規, ライフサポート, 2010年06月, 1341-9455, 10.5136/lifesupport.22.41
  • 交差軌道上におけるロボットの人間衝突回避に関する研究―シミュレーションによる心理評価―, 山本智規, 柴田論, 神代充, 瀬濤喜信, 日本感性工学会論文誌(CD-ROM), 2010年02月, 1884-0833, 10.5057/jjske.J11-090520-11
  • 協調と位置決め支援を有するロボットと人間の手渡し運動, 柴田論, 向井郁弥, 山本智規, 小壁正義, 日本感性工学会論文誌(CD-ROM), 日本感性工学会論文誌, 2010年02月, 1884-0833, 10.5057/jjske.J11-090520-8
  • 指先指示運動に協調するロボットシステムに関する一考察, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 日本福祉工学会誌, 日本福祉工学会誌, 2009年11月, 13449273
  • 動作開始遅れと受け取り位置を考慮したロボットから人間への物体差し出し運動生成(機械力学,計測,自動制御), 小壁 正義, 柴田 論, 山本 智規, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2009年06月, 03875024, 10.1299/kikaic.75.1680
  • 動作開始遅れと受け取り位置を考慮したロボットから人間への物体差し出し運動生成, 小壁正義, 柴田諭, 山本智規, 日本機械学会論文集 C編, 2009年06月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.75.1680
  • ロボットから人間への手渡し運動生成に関する一考察, 小壁 正義, 柴田 論, 山本 智規, 日本福祉工学会誌, 日本福祉工学会誌, 2009年05月, 13449273
  • 感性伝達関数を用いた首振り動作によるロボット指示に関する研究, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 工学ジャーナル, 工学ジャーナル, 2009年03月, 1881-1582
  • Research on Instruction of Robots by Head Movement Using “Kansei”Transfer Function, Kansei Engineering International, 2009年, 10.5057/ER080310-2
  • し出し運動特性を人間が調整可能なヒューマン・ロボットシステムに関する研究 -曲線軌道の有効性-, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 大西 敏也, 日本感性工学会日本感性工学会論文誌, 感性工学, 2008年12月, 1882-8930|1884-5258, 10.5057/jjske.8.207
  • 部品供給を目的とした手渡しロボットシステムのためのヒューマン・マシン・インタフェース, 亀田 昌宏, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 日本経営工学会論文誌, 日本経営工学会論文誌, 2008年08月, 13422618, 10.11221/jima.59.214
  • 「感性ロボティクス」感性伝達関数を用いた首振り動作によるロボット指示に関する研究, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 感性工学研究論文集, 感性工学研究論文集, 2008年06月, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.7.701
  • 差し出し運動特性を人間が調整可能なヒューマン・ロボットシステムに関する研究―曲線軌道の有効性―:曲線軌道の有効性, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 大西 敏也, 日本感性工学会論文誌, 日本感性工学会論文誌, 2008年, 1882-8930, 10.5057/jjske.8.207
  • 程度副詞を用いた速度調整に関する基礎的研究  速度増加における一考察:速度増加における-考察, 柴田 論, 勘久保 広一, 山本 智規, 神代 充, 感性工学研究論文集, 感性工学研究論文集, 2008年, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.7.545
  • 程度福祉を用いた速度調整に関する基礎的研究, 柴田 論, 勘久保 広一, 山本 智規, 神代 充, 感性工学研究論文集, 2008年, 1346-1958|1884-524X, 10.5057/jjske2001.7.545
  • 感性伝達関数を用いた首振り動作によるロボット指示に関する研究, 感性工学研究論文集, 2008年, 10.5057/jjske2001.7.701
  • Development of a Handshake Robot System Based on a Handshake Approaching Motion Model., Mitsuru Jindai,Tomio Watanabe,Satoru Shibata,Tomonori Yamamoto, JRM, 2008年, [査読有り]
  • 人間の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究(第2報、手渡しロボットシステムのためのマルチモーダル・ヒューマン・マシン・インタフェース), 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 渡辺 富夫, 日本機械学会日本機械学会論文集(C編), 日本機械学會論文集. C編, 2007年05月, 0387-5024|1884-8354, 10.1299/kikaic.73.1408
  • 音声指示により動作特性が調整可能な手渡しロボットシステムに関する研究, 亀田昌宏, 神代充, 柴田論, 山本智規, 日本人間工学会人間工学, 人間工学, 2007年02月, 0549-4974|1884-2844, 10.5100/jje.43.10
  • 人間の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究(第2報,手渡しロボットシステムのためのマルチモーダル・ヒューマン・マシン・インタフェース):第2報, 手渡しロボットシステムのためのマルチモーダル・ヒューマン・マシン・インタフェース, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 渡辺 富夫, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2007年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.73.1408
  • 音声指示により動作特性が調整可能な手渡しロボットシステムに関する研究, 亀田 昌宏, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 人間工学, 人間工学, 2007年, 0549-4974, 10.5100/jje.43.10
  • Design of Acceptable Handing Motion of an Arm-robot Utilizing the &quot;Kansei&quot; Transfer Function, 計測自動制御学会計測自動制御学会論文集, 2007年, 10.9746/ve.sicetr1965.43.946
  • 人間の交差運動における減速による衝突回避挙動の解析, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 日本人間工学会人間工学, 人間工学, 2006年12月, 0549-4974|1884-2844, 10.5100/jje.42.402
  • 程度副詞を用いた速度調整―イメージと手先による実演との違いについて―, 小林聖, 勘久保広一, 柴田論, 山本智規, 人間工学, 2006年06月, 0549-4974, 10.5100/jje.42.Supplement_380
  • A Synchronous Mutual Position Control for Vertical Pneumatic Servo System, Shibata Satoru, Yamamoto Tomonori, Jindai Mitsuru, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, 2006年03月, 13447653, 10.1299/jsmec.49.197
  • A Disturbance Estimation Type Control for Pneumatic Servo System Using Neural Network, Shibata Satoru, Jindai Mitsuru, Yamamoto Tomonori, SHIMIZU Akira, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, 2006年03月, 13447653, 10.1299/jsmec.49.189
  • 協調特性に注目した手渡し動作の一表現法について, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 人間工学, 人間工学, 2006年02月, 05494974, 10.5100/jje.42.39
  • 程度副詞を用いた速度調整―イメージと手先による実演との違いについて―:イメージと手先による実演との違いについて, 小林 聖, 勘久保 広一, 柴田 論, 山本 智規, 人間工学, 人間工学, 2006年, 0549-4974, 10.5100/jje.42.Supplement_380
  • &quot;感性伝達関数&quot;を用いた腕型ロボットから人間への手渡し運動, 小壁 正義, 山本 智規, 柴田 論, 感性工学研究論文集, 感性工学研究論文集, 2006年, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.6.2_79
  • &quot;感性伝達関数&quot;を用いた腕型ロボットから人間への手渡し運動, 小壁 正義, 山本 智規, 柴田 論, 感性工学研究論文集, 2006年, 1346-1958|1884-524X, 10.5057/jjske2001.6.2_79
  • A Study on Robot-Human System with Consideration of Individual Preferences (2nd report, Multimodal Human-Machine Interface for Object-Handing Robot System), JSMEJSME International Journal,Series C, 2006年, 1344-7653|1347-538X, 10.1299/jsmec.49.1033
  • Development of a Handshake Robot System for Embodied Interaction with Humans., Mitsuru Jindai,Tomio Watanabe,Satoru Shibata,Tomonori Yamamoto, The 15th IEEE International Symposium on Robot and Human Interactive Communication, RO-MAN 2006, Hatfield, Herthfordshire, UK, 6-8 September, 2006, 2006年, [査読有り], 10.1109/ROMAN.2006.314484
  • 画像処理と3次元CAD図形情報による形状・面情報を用いた認識手法 : 移動可能なカメラを用いた場合(機械力学,計測,自動制御), 神代 充, 山本 倫也, 柴田 論, 山本 智規, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2005年07月, 03875024, 10.1299/kikaic.71.2233
  • 人の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究 : 手部のサインを用いた動作特性の調整, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 人間工学, 人間工学, 2005年04月, 05494974, 10.5100/jje.41.57
  • 言語表現が困難な障害者のための音圧指示による知能機械の運動制御, 勘久保 広一, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 感性工学研究論文集, 感性工学研究論文集, 2005年02月, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.5.2_37
  • 画像処理と3次元CAD図形情報による形状・面情報を用いた認識手法(移動可能なカメラを用いた場合):移動可能なカメラを用いた場合, 神代 充, 山本 倫也, 柴田 論, 山本 智規, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2005年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.71.2233
  • 人の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究―手部のサインを用いた動作特性の調整―:手部のサインを用いた動作特性の調整, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 人間工学, 人間工学, 2005年, 0549-4974, 10.5100/jje.41.57
  • 手先指示に協調するパーソナルな知能機械に関する基礎的研究~接近運動に対する心理的評価~, 勘久保広一, 柴田論, 神代充, 山本智規, 清水顕, 感性工学研究論文集, 2004年08月, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.4.2_1
  • 人間の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究 : 第1報,画像処理をマン・マシーン・インターフェースに用いたロボットシステムの構築(機械力学,計測,自動制御), 神代 充, 柴田 諭, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2004年04月, 03875024, 10.1299/kikaic.70.1107
  • 遺伝的アルゴリズムにより最適化される空気圧サーボ系のためのファジィコントローラ : ファジィルールの前件部,後件部を同時に最適化した場合(機械力学,計測,自動制御), 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2004年03月, 03875024, 10.1299/kikaic.70.700
  • FAVORABLE CHARACTERISTICS OF INTELLIGENT MACHINE COOPERATING WITH INSTRUCTIONS BY FINGER MOVEMENTS:IN THE CASE OF ONE-DIMENSIONAL MOVEMENT, SHIBATA Satoru, KANKUBO Kouichi, JINDAI Mitsuru, YAMAMOTO Tomonori, SHIMIZU Akira, KANSEI Engineering International, KANSEI Engineering International, 2004年, 1345-1928, 10.5057/kei.5.1
  • 遺伝的アルゴリズムにより最適化される空気圧サーボ系のためのファジィコントローラ(ファジィルールの前件部,後件部を同時に最適化した場合):ファジィルールの前件部, 後件部を同時に最適化した場合, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2004年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.70.700
  • 人間の好みを考慮した手渡しロボットシステムに関する研究  (第1報,画像処理をマン・マシーン・インターフェースに用いたロボットシステムの構築):第1報, 画像処理をマン・マシーン・インターフェースに用いたロボットシステムの構築, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2004年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.70.1107
  • 手先指示に協調するパーソナルな知能機械に関する基礎的研究~接近運動に対する心理的評価~:接近運動に対する心理的評価, 勘久保 広一, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 感性工学研究論文集, 感性工学研究論文集, 2004年, 1346-1958, 10.5057/jjske2001.4.2_1
  • A Study on Robot-Human System with Consideration of Individual Preferences : (1st Report, Construction of a Planar-Two-Degrees-of-Freedom Robot System for Handing over Motion Based on Image Processing, Jindai Mitsuru, Shibata Satoru, Yamamoto Tomonori, SHIMIZU Akira, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, 2003年09月, 13447653, 10.1299/jsmec.46.1075
  • 縦型空気圧サーボ系のファジィコントロール  GAにより前件部を最適化した場合, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2003年01月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.69.69
  • 縦型空気圧サーボ系のファジィコントロール : GAにより前件部を最適化した場合(機械力学,計測,自動制御), 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2003年01月, 03875024, 10.1299/kikaic.69.69
  • A Fundamental Approach of Avoidance Planning of Robots Considering Human Emotions, SHIBATA S, YAMAMOTO T, JINDAI M, SHIMIZU A, The Japan Society of Mechanical EngineeringJSME International Journal, Series C, 2003年, 1344-7653|1347-538X, 10.1299/jsmec.46.270
  • 仮想目標値を用いた縦型空気圧サーボ系の相互位置同期制御, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2002年12月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.68.3612
  • 手先の指示に協調するパーソナルロボットの心理的評価, 勘久保 広一, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2002年12月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.68.3697
  • 仮想目標値を用いた縦型空気圧サーボ系の相互位置同期制御(機械力学,計測,自動制御), 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2002年12月, 03875024, 10.1299/kikaic.68.3612
  • 手先の指示に協調するパーソナルロボットの心理的評価(機械力学,計測,自動制御), 勘久保 広一, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2002年12月, 03875024, 10.1299/kikaic.68.3697
  • 611 指先指示を受けたロボットの感性工学的運動生成に関する研究, 勘久保 広一, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 講演論文集, 講演論文集, 2002年10月
  • 空気圧サーボ系の非線形オートチューニングコントロール  2自由度制御システムによりコントローラを構成した場合, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2002年07月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.68.2053
  • 空気圧サーボ系の非線形オートチューニングコントロール : 2自由度制御システムによりコントローラを構成した場合(機械力学,計測,自動制御), 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2002年07月, 03875024, 10.1299/kikaic.68.2053
  • ニューラルネットワークを用いた空気圧サーボ系の外乱推定型制御, 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2002年06月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.68.1834
  • ニューラルネットワークを用いた空気圧サーボ系の外乱推定型制御(機械力学,計測,自動制御), 柴田 論, 神代 充, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2002年06月, 03875024, 10.1299/kikaic.68.1834
  • Neuro-Fuzzy Control for Pneumatic Servo System, Shibata Satoru, Jindai Mitsuru, Yamamoto Tomonori, SHIMIZU Akira, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, JSME international journal. Series C, Mechanical systems, machine elements and manufacturing, 2002年06月, 13447653, 10.1299/jsmec.45.449
  • 人間心理を考慮したロボットの回避運動についての一考察, 山本 智規, 柴田 諭, 神代 充, 清水 顯, システム制御情報学会システム制御情報学会論文誌「システム/制御/情報」, システム制御情報学会論文誌, 2000年12月, 13425668, 10.5687/iscie.13.12_545
  • SD法を用いたロボットの人間回避運動の心理的分析, 山本 智規, 柴田 諭, 神代 充, 清水 顯, 日本機械学会日本機械学会論文集(C編), 日本機械学會論文集. C編, 2000年10月, 0387-5024|1884-8354, 10.1299/kikaic.66.3366
  • 手先による落下物体制動動作の解析, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2000年01月, 0387-5024, 10.1299/kikaic.66.188
  • 手先による落下物体制動動作の解析, 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, 清水 顯, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 2000年01月, 03875024, 10.1299/kikaic.66.188
  • SD法を用いたロボットの人間回避運動の心理的分析, 山本 智規, 柴田 諭, 神代 充, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 2000年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.66.3366
  • ファジィ同定器を用いた空気圧サーボ系のオートチューニングコントロール, 柴田 論, 吉岡 玲勇, 山本 智規, 清水 顕, 日本機械学會論文集. C編, 日本機械学會論文集. C編, 1999年12月, 03875024, 10.1299/kikaic.65.4737
  • ファジィ・ニューラルネットを用いた重力負荷を受ける空気圧サーボ系の制御, 柴田 論, 豊原 耕平, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集(C編), 日本機械学會論文集. C編, 1999年04月, 0387-5024|1884-8354, 10.1299/kikaic.65.1476
  • ファジィ・ニューラルネットを用いた重力負荷を受ける空気圧サーボ系の制御, 柴田 論, 豊原 耕平, 山本 智規, 清水 顯, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 1999年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.65.1476
  • ファジィ同定器を用いた空気圧サーボ系のオートチューニングコントロール, 柴田 論, 吉岡 玲勇, 山本 智規, 清水 顕, 日本機械学会論文集 C編, 日本機械学会論文集 C編, 1999年, 0387-5024, 10.1299/kikaic.65.4737

講演・口頭発表等

  • 1P2-L04 L字路における移動ロボットの人間回避に関する研究, 山本 智規, ロボティクス・メカトロニクス講演会2017, 2017年05月
  • 1111 視線⼊⼒を⽤いた移動ロボットからの環境情報取得, 和⽥啓暉, 柴⽥論, ⼭本智規, ⽊村晃平, ⽇本機械学会 中国四国学⽣会 第47回学⽣員卒業研究発表講演会, 2017年03月
  • 1107 重度肢体不⾃由者の特性を考慮した視線⼊⼒インタフェース, ⼭本剛史, 柴⽥論, ⼭本智規, ⼭⼝航, 安部⼀希, 林⾠ 哉, ⽇本機械学会 中国四国学⽣会 第47回学⽣員卒業研究発表講演会, 2017年03月
  • 1016 ⽴ち上がり補助機能を有する⼈間追従移動ロボットの開発, 乘松和宏, 柴⽥論, ⼭本智規, ⼭下達也, ⽇本機械学会 中国四国学⽣会 第47回学⽣員卒業研究発表講演会, 2017年03月
  • 1008 程度副詞を⽤いた電動カートの速度調整に関する研究, 原⽥伸之介, 柴⽥論, ⼭本智規, 岡⽥佳知, ⽇本機械学会 中国四国学⽣会 第47回学⽣員卒業研究発表講演会, 2017年03月
  • 916 変形性膝関節症患者のためのサポーターの開発, 岡崎祐樹, 柴⽥論,⼭本智規, ⽇本機械学会 中国四国学⽣会 第47回学⽣員卒業研究発表講演会, 2017年03月
  • L字路における移動ロボットの人間回避に関する研究, 山本 智規, 柴田 論, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2017年,

    An algorithm for a mobile robot that avoids collision with humans by slowing down and stopping in L-shaped corner is constructed in this research. First, experiments of collision avoidance of a human with another human while walking in an L-shaped corner are conducted, and the characteristic of avoidance behavior of the human is analyzed. We propose a collision avoidance motion of the mobile robot based on the results. Experiments in which a mobile robot avoids collision with a human and the human evaluates the generated motion of the robot using psychological evaluation are conducted. The effectiveness of the proposed method is clarified from psychological aspects.

  • 3A09 地域社会に密着した教育組織における工学教育について, 八木 秀次, 高橋 学, 山本 智規, 有光 隆, 工学教育研究講演会講演論文集, 2017年
  • SO1-02  予見ファジィ制御を用いた縦型空気圧サーボ系の相互位置協調制御, 後藤晟互,松村亮,柴田論,山本智規, 計測自動制御学会四国支部学術講演会, 2016年11月
  • SO2-28 pathを変えずに人間との衝突を回避するロボットの運動生成, 徳光一樹,来待翼,柴田論,山本智規, 2016年11月
  • 終末回旋運動を実現可能な変形性膝関節症用サポータに関する基礎的研究, 山本智規, WU Zhiqiang, 柴田論, LIFE講演概要集(CD-ROM), 2016年09月
  • 2P1-11b6 フリック指示を用いたクワッドロータードローンの操作, 山本 智規, ロボティクス・メカトロニクス講演会2016, 2016年06月
  • 3A07 地域社会に密着した教育組織における工学教育について, 八木 秀次, 高橋 学, 山本 智規, 有光 隆, 工学教育研究講演会講演論文集, 2016年
  • 1-11  移動ロボットによる立ち上がり支援のための人間動作理解, 山下達也,河野智大,山本智規,柴田論(, 2015年11月
  • 立ち上がり支援機能を有する人間追従移動ロボットに関する基礎的研究, 河野智大, 柴田論, 山本智規, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM), 2015年09月
  • 首振り指示を用いた移動ロボット操作インタフェース, 柴田論, 山本智規, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM), 2014年09月
  • 生活を豊かにする医療福祉機器 首振り指示を用いた移動ロボット操作インタフェース, 柴田 論, 山本 智規, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演要旨集, 2014年09月
  • 変形性膝関節症用サポーターの開発, 山本智規, 柴田論, 山本泰成, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2014年05月
  • フリック指示によるロボット操作に関する研究 ニューラルネットワークを用いたフリック動作の同定, 山本智規, 柴田論, 小川直人, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2014年05月
  • 3P2-C01 変形性膝関節症用サポーターの開発(リハビリテーションロボティクス・メカトロニクス), 山本 智規, 柴田 論, 山本 泰成, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014年05月, In this research focuses on the development of a supporter for osteoarthritis of the knee. At first, as approach of this study, the movement of the knee joint of a healthy person is measured. From provided measurement data, the movement of the general knee joint is modelled. A model with 3 degree-of-freedom is used to reproduce the rotation generated in synchronism with the operation to stretch or bend the knee. Based on a provided model, the supporter reproducing the movement of the general knee joint is designed. In order to reproduce the complex movement of rotation movement to synchronization with the flexion and extension of the knee, the mechanism using the curve-shaped cylinders are suggested. It was confirmed that the movement of the general knee joint could reappear by a designed supporter by simulation using the 3D CAD.
  • 2A1-R05 フリック指示によるロボット操作に関する研究ニューラルネットワークを用いたフリック動作の同定(人間機械協調), 山本 智規, 柴田 論, 小川 直人, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2014年05月, A robot system cooperating with gesture instructions using the Kinect sensor is proposed in this research. Specifically, coordinates of right hand is measured by the Kinect sensor, and the robot (omni-directional mobile robot) is moved based on the position data of the right hand obtained from the Kinect sensor. The robot system introduces operation modes of "flick mode" and "following mode". In the flick mode, the algorithm to move the object with the mass and the viscosity by virtual power corresponding to the velocity of the hand is proposed, and the robot follows the calculated position of the object. In the following mode, the robot follows the motion of the hand cooperatively through the "kansei transfer function". In addition, the neural network is used for switching of the two modes. A flick motion and following motion is input into a neural network for the learning of the characteristics of both modes. After the learning, the mode is identified by the neural network from the motion of the hand. The experiment using a suggested system was performed. As a result, a mode was able to be changed from the movement of the hand automatically. In addition, the movement characteristic is changed when the virtual viscosity was changed in the flick motion.
  • ジェスチャ指示に協調するロボットシステムに関する研究, 山本智規, 柴田論, 小川直人, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2012年05月
  • 1A1-T07 ジェスチャ指示に協調するロボットシステムに関する研究(人間機械協調(1)), 山本 智規, 柴田 論, 小川 直人, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2012年05月, In this study, the robot system which follows the movement of the human hand is suggested. In the system, the movement of the human hand is obtained using the Kinect sensor, and the three-dimensional position of the human hand is send to the robot. The robot generates the reference trajectory based on the position which has been sent from the Kinect sensor. The position of the human hand is converted into the smooth motion using KANSEI transfer function as the reference position, and the robot follows the smooth reference position. As a result, the system which followed the movement of the hand smoothly is realized.
  • 首振り指示による移動ロボット操作インタフェース, 柴田論, 松賀圭祐, 山本智規, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM), 2012年
  • 首振り指示による移動ロボット操作インタフェースに関する研究, 柴田論, 前田一樹, 山本智規, 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会講演論文集(CD-ROM), 2011年
  • 交差軌道上におけるロボットの人間衝突回避に関する研究, 長谷知幸, 山本智規, 柴田論, 日本機械学会中国四国支部総会・講演会講演論文集, 2010年02月, In order for a robot to co-exist and operate with humans, not only must the robot be safe for the humans but it must perform comfortable motions. In this research, we had humans and robots cross operating paths and focused on avoidance motions at the places where the two would collide had they been allowed to continue. At this time, we considered having only the robot avoid the collision by slowing and/or stopping. Evaluation experiments were conducted using computer graphics to clarify the affects that the distance between humans and robots and the acceleration of the robot.
  • 802 交差軌道上におけるロボットの人間衝突回避に関する研究(ロボティクス・メカトロニクスVII), 長谷 知幸, 山本 智規, 柴田 論, 講演論文集, 2010年02月, 本研究では,直交する交差軌道上における移動ロボットの人間との衝突回避運動に着目し,人間心理に好ましい運動生成について検討する.ロボットの回避運動生成は,軌道変化を伴わず,通常速度からの等加速度減速および交差点手前での停止を有する速度変化により行われる.このときの停止距離と減速時の加速度に注目し,移動ロボットの運動が人間に与える印象の変化を調べ,人間心理に好ましい回避運動を検討する.
  • 電動カートの運転支援に関する基礎的研究, 山内純也, 柴田論, 山本智規, 大久保拓幸, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 2009年09月
  • 電子カートの運転支援に関する基礎的研究, 山内 純也, 柴田 論, 山本 智規, 大久保 拓幸, 生活支援工学系学会連合大会講演予稿集, 2009年09月
  • 交差軌道上におけるロボットの人間衝突回避に関する研究 シミュレーションによる心理評価, 山本智規, 柴田論, 神代充, 瀬濤善信, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM), 2009年
  • 協調と位置決め支援を有するロボットと人間の手渡し運動, 柴田論, 向井郁弥, 山本智規, 小壁正義, 日本感性工学会大会予稿集(CD-ROM), 2009年
  • Research on Instruction of Robots by Head Movement Using KANSEI Transfer Function, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 2008年
  • Development of a Handshake Robot System Based on a Handshake Approaching Motion Model, Journal of Robotics and Mechatronics, 2008年
  • Modeling of Handing Motion Reflecting Emotional State and its Application to Robots, Proceedings of SICE Annual Conference 2008, 2008年
  • 部品供給を目的とした手渡しロボットシステムのためのヒューマン・マシン・インタフェース, 亀田 昌宏, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 自動制御連合講演会講演論文集, 2007年11月, 本研究では,工場内の作業者へ部品を供給することを目的とした手渡しロボットシステムの動作特性を調整するためのヒューマン・マシン・インタフェースを提案する.まず,手渡しロボットのプロトタイプとして,ロボットの動作特性を作業者が自由に調整することが可能な手渡しロボットシステムを構築する.そして,このロボットシステムを用いて,ロボットとの手渡し動作に対して未習熟時と習熟時における,受け取りやすいと感じる動作特性の違いについて検討し,その違いを考慮したヒューマン・マシン・インタフェースを提案する.さらに,提案するインタフェースを備えた手渡しロボットシステムを構築し,評価実験からその有効性を確認する.
  • 感性伝達関数を用いた腕型ロボットの差し出し動作, 柴田論, 山本智規, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM), 2007年09月
  • 2P1-E01 感性伝達関数を用いた首振り動作によるロボット指示に関する研究(モーションメディア・ロボティクス), 山本 智規, 柴田 論, 神代 充, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2007年05月, Robots that share workspaces with human are expected in the field of services in the home and office, medicine, and so on. In this research, the neck movement was used for as instructions method for the robot. Furthermore, "KANSEI" transfer function is introduced to convert human instructions into acceptable movement for human emotions. Here, it is thought that the parameter of "KANSEI" transfer function is related to the moving direction and relative position between a human and the robot. The parameter values of the "KANSEI" transfer function is adjusted based on the moving direction and the relative position between human and the robot.
  • 1A2-E05 指先指示運動に協調するパーソナルロボットシステム(感覚・運動・計測), 柴田 諭, 山本 智規, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2007年05月, A robot system cooperation with human instruction using finger movement is proposed in this research. A two-dimensional robot moves in cooperating with the motion of human finger which corresponds to the instruction by a human to move the robot in the system. By adopting this method, smooth movement trajectory of human finger can be reflected to the motion characteristics of the robot, which is acceptable to human psychology, and the motion trajectory of the robot can adjusted by the human arbitrary in real time. Four modes are considered to make this proposed system more practical one as follows. Mode 1 is implementation of cooperating movement, mode 2 is interrupt of the cooperating motion, mode 3 is adjustment of the gain between the movement of the finger and the movement of the robot, and mode 4 is initialization of the size of the gain.
  • 感性伝達関数を用いた首振り動作によるロボット指示に関する研究, 山本智規, 柴田論, 神代充, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2007年05月
  • 指先指示運動に協調するパーソナルロボットシステム, 柴田論, 山本智規, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2007年05月
  • 感性伝達関数を用いた腕型ロボットから人間への手渡し動作, 山本智規, 柴田論, 日本ロボット学会学術講演会予稿集(CD-ROM), 2006年09月
  • 肢2点間運動における感性的速度調整に関する研究, 小林聖, 勘久保広一, 柴田論, 山本智規, 日本感性工学会大会予稿集, 2006年09月
  • 音声とジェスチャ指示に基づく人に優しいヒューマン・ロボット・インタフェースに関する研究, 大西清文, 神代充, 柴田論, 山本智規, 大西敏也, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集, 2006年09月
  • 3B2-04 音声とジェスチャ指示に基づく人に優しいヒューマン・ロボット・インタフェースに関する研究(OS ヒューマンロボットインタラクション), 大西 清文, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 大西 敏也, 福祉工学シンポジウム講演論文集, 2006年09月, For the realization of handing motion of a robot which takes individual difference of affinity into account, we construct a system in which human can adjust the motion characteristic of the robot by using voice and gesture of hand. In particular, we discuss desirable path of handing motion of the robot. A fluent curved line like human generates in handing motion is considered as a candidate of path of the robot. Both the maximum amount of offset from the straight line between the initial position and the handing position and the position where the maximum offset occurs in the fluent curved line are determined as the parameters that human can adjust. The effectiveness of adopting the fluent curved line is examined experimentally and the appropriate value of those two parameters are clarified.
  • 程度副詞を用いた速度調整:イメージと手先による実演との違いについて, 小林 聖, 勘久保 広一, 柴田 論, 山本 智規, 日本人間工学会大会講演集, 2006年
  • 感性伝達関数を用いたロボットから人間への手渡し協調動作, 小壁正義, 柴田論, 山本智規, 神代充, 日本機械学会福祉工学シンポジウム講演論文集, 2005年12月
  • 2A2-11 感性伝達関数を用いたロボットから人間への手渡し協調動作(講演,ヒューマンロボットインタラクション,日本機械学会 オーガナイズドセッション), 小壁 正義, 柴田 論, 山本 智規, 神代 充, 福祉工学シンポジウム講演論文集, 2005年12月, Robots should move as being accepted emotionally to support human cooperatively. To form such a movement, it is one of the effective methods for the robots to make the gentle movement when cooperating with humans. In this paper, it is paid attention to the movement that a human-similar robot arm hands an object to a human cooperatively. In an interface that enables the robot arm to hand a thing to a human in response to the human hand approaching motion to receive it, "Kansei" controller is introduced to make "Kansei" transfer function between human hand movement and movement of the end-effecter of the arm robot have desired ability which can generate acceptable handing motion to human psychology.
  • 人間心理を考慮したロボットの回避運動に関する基礎的研究, 山本智規, 柴田論, 神代充, 清水顕, 日本感性工学会大会予稿集, 2004年09月
  • 人間の行動観察に基づくロボットの回避運動の生成(感覚・運動・計測・バイオメカトロニクス2), 山本 智規, 柴田 諭, 神代 充, 清水 顯, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2004年06月
  • 人間の交差軌道上における衝突回避運動の解析とモデル化, 山本智規, 柴田論, 神代充, 清水顕, 自動制御連合講演会講演論文集, 2003年11月
  • 1A1-3F-D5 人間心理を考慮した手渡しロボットシステムに関する研究, 神代 充, 柴田 論, 山本 智規, 清水 顯, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2003年11月, ロボットと人間の手渡し運動を考えた時, 人間がロボットの手渡し運動に対して心地よいと感じる運動特性には個人差があるため, 人間が自ら音声指示によりロボットの動作特性を調整し, 個人にとって好ましい運動特性を実現するためのシステム構築した。
  • 人間心理を考慮した手渡しロボットシステムに関する研究, 神代充, 柴田論, 山本智規, 清水顕, 日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会講演論文集(CD-ROM), 2003年05月
  • 指先指示を受けたロボットの感性工学的運動生成に関する研究, 勘久保広一, 柴田論, 神代充, 山本智規, 清水顕, 日本機械学会中国四国支部地方講演会講演論文集, 2002年10月
  • 人に優しい手渡しロボットシステムに関する基礎的研究~ファジィ推論を用いたマン・マシン・インターフェース~, 山本智規, 神代充, 柴田論, 清水顕, 日本感性工学会大会予稿集, 2002年09月
  • やさしさを有する人間の動作特性に関する基礎的研究, 柴田論, 神代充, 山本智規, 清水顕, 自動制御連合講演会講演論文集, 2002年
  • 人工ポテンシャル法を用いた人に優しいロボットの回避運動, 山本智規, 柴田諭, 神代充, 清水顕, 日本感性工学会大会予稿集, 2001年09月

作品

MISC

  • 6, 2, 79, 86, 2006年
  • 7, 3, 545, 551, 2008年
  • 8, 1, 207, 215, 2008年

その他研究情報

特許

受賞

競争的資金



Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.