研究者総覧

菅原 健志 (スガハラ タケシ)

  • 法文学部 人文社会学科(社会科学) 講師
Last Updated :2020/09/16

研究者情報

学位

  • Doctor of Philosophy(University of East Anglia)
  • Master of Arts(University of East Anglia)
  • 修士(京都大学)
  • 学士(京都大学)

科研費研究者番号

  • 00760266

J-Global ID

研究キーワード

  • 国際関係論   国際政治学   国際政治史   イギリス外交史   

研究分野

  • 人文・社会 / 国際関係論

経歴

  • 2018年04月 - 現在  愛媛大学法文学部講師
  • 2016年04月 - 2018年03月  日本学術振興会特別研究員(PD)
  • 2015年10月 - 2018年03月  大阪教育大学教育学部非常勤講師
  • 2016年09月 - 2017年09月  ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)国際史学部客員研究員
  • 2015年04月 - 2016年03月  神戸大学大学院国際協力研究科学術研究員
  • 2015年12月 - 2015年12月  愛媛大学法文学部非常勤講師

学歴

  • 2009年01月 - 2015年07月   イースト・アングリア大学   歴史学部   博士課程
  • 2007年09月 - 2008年09月   イースト・アングリア大学   歴史学部   修士課程
  • 2005年04月 - 2007年03月   京都大学   大学院人間・環境学研究科   修士課程
  • 2001年04月 - 2005年03月   京都大学   総合人間学部

所属学協会

  • 軍事史学会   国際安全保障学会   日本政治学会   日本国際政治学会   

研究活動情報

論文

  • イギリスの対ドイツ外交 一八九四-一九一四年 ―協調から対立、そして再び協調へ?―
    菅原 健志
    軍事史学 50 3・4 365 - 380 2015年03月 [査読有り]
  • アーサー・バルフォアと第一次世界大戦における日本の軍事支援問題
    菅原 健志
    国際政治 168 44 - 57 2012年02月 [査読有り]
     研究論文(学術雑誌)
  • アーサー・バルフォアと国際連盟 1914-1923年
    菅原 健志
    社会システム研究 12 143 - 153 2009年02月

書籍

  • The Encyclopedia of Diplomacy
    Gordon Martel (担当:共著, 範囲:Anglo-Japanese Alliance (1902-23), Shidehara Kijuro (1872-1951))
    Wiley Blackwell 2018年 76-80, 1730-1732
  • ハンドブック近代日本外交史 黒船来航から占領期まで
    簑原俊洋, 奈良岡聰智編 (担当:共著, 範囲:日英同盟協約(一九〇二、〇五、一一年))
    ミネルヴァ書房 2016年01月 62-63
  • なぜ国々は戦争をするのか 上
    ジョン・G・ストウシンガー著, 等松春夫監訳 (担当:共訳, 範囲:第一章 鉄の骰子 第一次世界大戦)
    国書刊行会 2015年10月 27-74

講演・口頭発表等

  • アーサー・バルフォアと日英同盟 1894-1923年 ―イギリス外交における帝国防衛の観点から―  [通常講演]
    菅原 健志
    日本国際政治学会 2019年10月
  • イギリスから見た原敬内閣期の日本 1918-1921年  [通常講演]
    菅原 健志
    日本政治学会 2018年10月 大阪、日本
  • From Europe to Siberia: Britain and the Connection between Japan’s Military Assistance and the Siberian Intervention during the First World War.  [通常講演]
    菅原 健志
    The British International History Group 29th Annual Conference 2017年09月 Keele, United Kingdom
  • 第一次世界大戦後のアジア国際秩序とイギリス外交 ―アーサー・バルフォアの外交構想を中心として―  [通常講演]
    菅原 健志
    日本国際政治学会 2014年11月 福岡、日本
  • ‘The Keystone of Imperial defence in the East’: Arthur Balfour, Singapore Naval Base and the Anglo-Japanese Alliance, 1919-1923.  [通常講演]
    菅原 健志
    Global War Studies Conference: Naval and Maritime Power in Two World Wars 2014年04月 Greenwich, United Kingdom
  • A Matter of Imperial Defence: Arthur Balfour and the Anglo-Japanese Alliance, 1894-1923.  [通常講演]
    菅原 健志
    International History Seminar at Institute of Historical Research (IHR) 2013年01月 London, United Kingdom
  • 第一次大戦期のイギリス外交と日本  [通常講演]
    菅原 健志
    日本政治学会 2012年10月 福岡、日本
  • ‘On behalf of the League of Nations and the Committee of Imperial Defence’: Arthur Balfour and the End of the Anglo-Japanese Alliance, 1919-1923.  [通常講演]
    菅原 健志
    The British International History Group 24th Annual Conference 2012年09月 Leicester, United Kingdom
  • Arthur Balfour and imperial defence: India, America and the Anglo-Japanese Alliance, 1902-1905.  [通常講演]
    菅原 健志
    The British International History Group 23rd Annual Conference 2011年09月 Glasgow, United Kingdom
  • イギリスの対日評価と日本の対英軍事支援問題 ―日露戦争から第一次世界大戦まで―  [通常講演]
    菅原 健志
    日本国際政治学会 2010年10月 札幌、日本
  • Arthur Balfour and Japanese military assistance during the Great War.  [通常講演]
    菅原 健志
    The British International History Group 22nd Annual Conference 2010年09月 Oxford, United Kingdom

MISC

  • 書評 中谷直司『強いアメリカと弱いアメリカの狭間で――第一次世界大戦後の東アジア秩序をめぐる日米英関係』千倉書房、2016年
    菅原 健志 国際政治 (193) 173 -176 2018年09月 [招待有り]
  • イギリス文書館体験記
    菅原 健志 京都大学大学文書館だより (33) 4 -5 2017年10月 [招待有り]
  • 書評 Tosh Minohara, Tze-ki Hon, and Evan Dawley (eds.), The Decade of the Great War: Japan and the Wider World in the 1910s (Leiden: Brill, 2014)
    菅原 健志 渋沢研究 (28) 117 -123 2016年01月 [招待有り]

受賞

  • 2010年08月 The British Council Japan Association (BCJA) BCJA奨学金
     
    受賞者: 菅原 健志
  • 2009年01月 University of East Anglia John Barney Studentship
     
    受賞者: 菅原 健志
  • 2009年01月 University of East Anglia International Student Scholarship (PhD)
     
    受賞者: 菅原 健志
  • 2007年09月 University of East Anglia International Student Scholarship (MA)
     
    受賞者: 菅原 健志

共同研究・競争的資金等の研究課題

  • イギリスと日英同盟 1894-1930年 ―帝国防衛と英米協調の相克―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業「特別研究員奨励費」
    研究期間 : 2016年04月 -2018年03月 
    代表者 : 菅原 健志
  • イギリスと日英同盟 1894-1923年 ―英米関係の展開と日本―
    日本学術振興会:科学研究費助成事業「研究活動スタート支援」
    研究期間 : 2015年08月 -2016年03月 
    代表者 : 菅原 健志
  • アーサー・バルフォアと日英同盟 1894-1923年 ―「帝国防衛」における日本―
    松下幸之助記念財団:研究助成
    研究期間 : 2010年08月 -2011年07月 
    代表者 : 菅原 健志

担当経験のある科目

  • 国際関係論愛媛大学
  • 国際関係論基礎演習愛媛大学
  • 政策科学入門愛媛大学
  • 歴史政治学愛媛大学
  • 近現代外交史大阪教育大学
  • 国際法入門大阪教育大学

愛媛大学教員活動実績

教育活動(B)

担当授業科目(B01)

  • 2019, 前期, 学部, 海外フィールド実践Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 国際関係論専門演習
  • 2019, 前期, 学部, 海外フィールド実践Ⅰ
  • 2019, 前期, 学部, 国際関係論
  • 2019, 前期, 学部, 国際関係論基礎演習
  • 2019, 前期, 学部, 国際関係論専門演習


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.