研究者データベース

石坂 晋哉イシザカ シンヤ

所属部署名法文学部 人文社会学科(社会科学)
職名准教授
Last Updated :2019/10/08

研究者基本情報

基本情報

氏名

  • 氏名

    石坂 晋哉
  • 氏名(カナ)

    イシザカ シンヤ

基本情報

所属

所属・職名

  • 部署

    法文学部
  • 職名

    准教授

学歴等

学歴

  • 2002年04月 - 2008年03月, 京都大学, アジア・アフリカ地域研究研究科, 東南アジア地域研究
  • 2000年04月 - 2002年03月, 弘前大学, 人文社会科学研究科, 文化科学
  • 1995年04月 - 1999年03月, 国際基督教大学, 教養学部, 社会科学科
  • 2008年
  • 2002年
  • 1999年

学位

  • 博士(地域研究)

その他基本情報

所属学協会

  • 日本社会学会
  • 日本南アジア学会
  • 環境社会学会

委員歴

  • 2016年09月 - 現在, 日本南アジア学会 和文雑誌編集委員
  • 2014年10月 - 2018年09月, 日本南アジア学会, 理事
  • 2011年06月 - 2013年06月, 環境社会学会, 国際交流委員

経歴

  • 2015年04月 - 現在, 愛媛大学(准教授)
  • 2013年04月 - 2015年03月, 京都大学(客員准教授)
  • 2012年12月 - 2013年12月, デリー大学(連携研究者)
  • 2012年01月 - 2012年11月, エディンバラ大学(客員フェロー (在職期間: 2012年1月-3月、2012年9月-11月))
  • 2010年04月 - 2013年03月, 京都大学(客員研究員)
  • 2010年04月 - 2015年03月, 人間文化研究機構(研究員)
  • 2009年10月 - 2010年03月, 京都大学(非常勤研究員)
  • 2009年04月 - 2009年09月, 京都大学(研究員)
  • 2018年10月 - 現在, 新居浜工業高等専門学校(非常勤講師)
  • 2016年09月 - 現在, 愛媛県立宇和島南中等教育学校(SGH課題研究非常勤講師)
  • 2016年04月 - 2016年09月, 放送大学(非常勤講師)
  • 2015年09月 - 2016年03月, 愛媛県立松山東高等学校(SGH課題研究非常勤講師)
  • 2014年04月 - 2015年03月, 大阪大学(非常勤講師)
  • 2010年04月 - 2014年09月, 同志社大学(嘱託講師 (在職期間: 2010年4月-9月、2011年4月-9月、2012年4月-9月、2013年4月-9月、2014年4月-9月))
  • 2009年04月 - 2012年03月, 龍谷大学(非常勤講師 (在職期間: 2009年4月-2010年3月、2010年10月-3月、2011年9月-2012年3月))
  • 2008年09月 - 2009年03月, 神戸女学院大学(非常勤講師)
  • 2008年04月 - 2010年03月, 立命館アジア太平洋大学 (非常勤講師)
  • 2008年04月 - 2011年03月, 国際基督教大学(研究員)
  • 2005年08月 - 2009年12月, 龍谷大学(リサーチアシスタント)

研究活動情報

研究分野等

研究分野

  • 地域研究, 地域研究
  • 社会学, 社会学
  • 文化人類学, 文化人類学・民俗学
  • 環境学, 環境政策・環境社会システム

研究キーワード

  • 南アジア地域研究
  • 環境社会学
  • 社会運動
  • インド
  • 環境運動
  • グローカル
  • ガーンディー
  • ウッタラーカンド

著書・発表論文等

論文

書籍等出版物

  • Law and Democracy in Contemporary India: Constitution, Contact Zone, and Performing Rights, 山本 達也, 上田 知亮 (eds), 分担執筆, 'The Right to Know Is the Right to Live': The Right to Information Movement in India, Palgrave Macmillan, 2018年12月, 131-145, 9783319958361
  • インド文化事典, インド文化事典編集委員会編, 分担執筆, 「ガーンディーの平和運動」「環境と社会」「汚職撲滅運動」, 丸善出版, 2018年01月, 9784621302354
  • Social Transformation and Cultural Change in South Asia: From the Perspectives of the Socio-Economic Periphery, 篠田 隆, 井上 貴子, 須田 敏彦 (eds), 分担執筆, Toward the Coexistence of Different Identity Groups in India, The Institute of Oriental Studies, Daito Bunka University, 2017年, 89-91, 9784904626276
  • 国際学入門―言語・文化・地域から考える, 佐島 隆, 岩崎 真哉, 村田 隆志, 佐藤 史郎編, 分担執筆, 「ガーンディー主義」, 法律文化社, 2015年06月, 106-111, 9784589036858
  • 現代インド1 多様性社会の挑戦, 田辺 明生, 杉原 薫, 脇村 孝平編, 分担執筆, 中溝 和弥, 石坂 晋哉「民主政治と社会運動―制度と運動のダイナミズム」, 東京大学出版会, 2015年03月, 4130343017
  • インドの社会運動と民主主義―変革を求める人びと, 石坂晋哉編, 編者, 昭和堂, 2015年02月, 4812214351
  • Democratic Transformation and the Vernacular Public Arena in India (Routledge New Horizons in South Asian Studies), Taberez Ahmed Neyazi, 田辺明生, 石坂晋哉 (eds), 共編者, "Re-evaluating the Chipko (Forest Protection) Movement: The Emergence of Vernacular Publics in the Uttarakhand" (pp. 123-138), Routledge, 2014年06月, 123-138, 9780415738675
  • 現代インドにおける地方の発展-ウッタラーカンド州の挑戦, 岡橋秀典編, 分担執筆, 「開発と社会運動」(229-247頁), 海青社, 2014年04月, 229-247, 4860992873
  • 環インド洋地域における宗教復興・テクノロジー・生命倫理, 小杉泰編, 分担執筆, 「「宗教」復興としての環境主義―J. C. クマーラッパーの環境主義的経済学」, 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属イスラーム地域研究センター・京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科附属現代インド研究センター, 2013年04月, 89-97, 9784904039694
  • 持続型生存基盤論 ハンドブック (講座生存基盤論), 東長靖、石坂晋哉編, 共編者, 「南アジアの歴史」(50-51頁)、「南アジアの政治経済社会文化」(54-55頁)、「エコロジー」(118-119頁)、「宗教と環境」(120-121頁)、「社会運動」(156-157頁)ほか40項目, 京都大学学術出版会, 2012年11月, 4876982074
  • 新版 南アジアを知る事典, 辛島昇、応地利明、坂田貞二、前田専学、江島惠教、小西正捷、山崎元一監修, 分担執筆, 「ナルマダー川」(572頁), 平凡社, 2012年05月, 572, 4582126456
  • 歴史のなかの熱帯生存圏: 温帯パラダイムを越えて (講座生存基盤論), 杉原薫、脇村孝平、藤田幸一、田辺明生編, 共訳, K. ポメランツ著、杉原薫、甲山治、石坂晋哉訳「大ヒマラヤ分水界―中国、インド、東南アジアの水不足、巨大プロジェクト、環境政治」(215-266頁), 京都大学学術出版会, 2012年04月, 4876982023
  • Development, Environment and Socio-political Transformation in South Asia: Diversity and Sustainable Humanosphere in Contemporary Dynamism, Akio Tanabe, Kazuya Nakamizo, Shinya Ishizaka and Chie Fukuuchi (eds.), 共編者, Kyoto: Graduate School of Asian and African Area Studies, Kyoto University, 2012年03月
  • 『持続型生存基盤論グロッサリー』(142頁), 東長靖、石坂晋哉編, 共編者, 「JFM(共同森林管理)」(54頁)、「SAARC」(59頁), 京都大学東南アジア研究所, 2011年03月
  • 現代インドの環境思想と環境運動―ガーンディー主義と〈つながりの政治〉, 石坂 晋哉, 単著, 昭和堂, 2011年02月, 4812210755
  • インド民主主義の発展と現実, 広瀬 崇子, 北川 将之, 三輪 博樹, 分担執筆, 「ウッタラーカンド州―会議派の大勝、インド人民党の惨敗」(142-144頁), 勁草書房, 2011年02月, 4326301953
  • アジア環境白書2010/11, 日本環境会議/「アジア環境白書」編集委員会編, 分担執筆, 「インド 大規模ダム反対運動」(255-268頁), 東洋経済新報社, 2010年12月, 4492443703
  • 南アジア社会を学ぶ人のために, 田中雅一、田辺明生編, 分担執筆, 「ガンディー主義」(195-196頁), 世界思想社, 2010年09月, 479071490X
  • 紛争解決 暴力と非暴力 (アフラシア叢書), 長崎暢子、清水耕介編, 分担執筆, 「チプコー運動によってもたらされたもの―インド森林保護運動と環境主義ネットワークの形成」(348-367頁), ミネルヴァ書房, 2010年07月, 4623057909
  • Resources under Stress: Sustainability of the Local Community in Asia and Africa (Afrasia Symposium Series 3: Proceedings of the Third Afrasian International Symposium, 23-24 February 2008), Yoshio Kawamura, Hisashi Nakamura, Shiro Sato, Aysun Uyar and Shinya Ishizaka (eds.), 共編者, "Politics of 'Sublimation': The Gandhian Environmental Movement in Contemporary India" (pp. 145-155), Afrasian Centre for Peace and Development Studies, Ryukoku University, 2008年12月, 9784903625676
  • 『資料集インド国民軍関係者証言』(630頁), 長崎暢子、田中敏雄、中村尚司、石坂晋哉編, 共編者, 研文出版, 2008年03月, 9784876362912
  • 『資料集インド国民軍関係者聞き書き』(412頁), 長崎暢子、田中敏雄、中村尚司、石坂晋哉編, 共編者, 研文出版, 2008年03月, 9784876362844
  • 2011年02月, 9784812210758
  • 2008年, 9784876362844
  • 2008年, 9784876362912

講演・口頭発表等

  • Quest for a Non-exclusive Politics: Ram Manohar Lohia and the Anti-caste Movement in India, 石坂 晋哉, International Convention of Asia Scholars 11, 2019年07月, International Convention of Asia Scholars, B0.14, Kamerlingh Onnes, Universiteit Leiden, Leiden, Nederland
  • インパール―戦争の記憶を越えて, 石坂 晋哉, 令和元年度 愛媛大学公開講座「世界の都市と地域(7)」, 2019年07月, 愛媛大学, 愛媛大学 城北キャンパス 共通講義棟B 202
  • Glocalization of Natural Farming, 石坂 晋哉, International Seminar “Rethinking Development: Networks, Brokers and Devotion”, 2019年03月, National University of Singapore, NUS AS8 #04-04, Singapore
  • Social Movements and Social Transformations in Uttarakhand, 石坂 晋哉, International Seminar on Assessing Citizen Participation and Voices in the Era of Democratic Decentralization in Indian States: Interdisciplinary Approaches, 2019年03月, Institute for Social and Economic Change, Room No. 2, Mahatma Gandhi Auditorium, Institute for Social and Economic Change, Bengaluru, India
  • Glocal Development of Natural Farming, 石坂 晋哉, XIX ISA World Congress of Sociology, 2018年07月, International Sociological Association, Metro Toronto Convention Center, Toronto, Canada
  • Natural Farming Movement, 石坂 晋哉, Sevagram International Conference on Non-violent Economy and Peaceful World, 2017年10月, 招待有り, Institute of Gandhian Studies, Institute of Gandhian Studies, Wardha, Maharashtra, India
  • 自然農法運動のグローカルな展開, 石坂 晋哉, 中四国法政学会第58回大会, 2017年10月, 中四国法政学会, 愛媛大学共通講義棟C EL33室
  • Beliefs and Movement: On the Misapprehensions of "Hindu" Elements in the Anti-Tehri Dam Movement, 石坂 晋哉, International Convention of Asia Scholars 10, 2017年07月, International Convention of Asia Scholars, Chiang Mai International Exhibition and Convention Centre, Chiang Mai, Thailand
  • "The Right to Know Is the Right to Live": The Right to Information Movement in India, 石坂 晋哉, 3rd ISA Forum of Sociology, 2016年07月, International Sociological Association, Hörsaal 21, Hauptgebäude der Universität Wien, Austria
  • 「インド・デリー―その過去と現在」, 石坂 晋哉, 平成28年度 愛媛大学公開講座「世界の都市と地域(4)」, 2016年07月, 愛媛大学, 愛媛大学 城北キャンパス 共通講義棟B 202
  • 「環境運動はいかに生まれ何を変えたか―チプコー(森林保護)運動を事例として」, 石坂 晋哉, 第25回京都大学地球環境フォーラム「交差する環境―変容するインド社会における人と自然」, 2016年05月, 招待有り, 京都大学大学院地球環境学堂, 京都大学北部総合教育研究棟1階 益川ホール
  • "Chipko Movement and the Transformation of Forest Management System: Beyond Analyses Based on Problematic Dichotomy of Environment versus Development", 石坂 晋哉, International Convention of Asia Scholars 9, 2015年07月, International Convention of Asia Scholars, Adelaide Convention Centre, Adelaide, Australia
  • インドとの出会いと対話―ガーンディー、環境、社会運動, 石坂 晋哉, ジャワーハルラール・ネルー大学国際問題研究院および言語・文学・文化研究院と愛媛大学法文学部の学術交流協定締結記念シンポジウム, 2015年03月, 招待有り, 愛媛大学
  • 「環境、開発、生存基盤―インドにおける森林管理・利用と森林保護運動」, 石坂 晋哉, 第87回日本社会学会大会, 2014年11月, 日本社会学会, 神戸大学
  • “Re-inventing a Traditional Method of Nonviolent Action: Fasts in Indian Social Movements”, ISHIZAKA Shinya, International Convention of Asia Scholars 8, 2013年06月, International Convention of Asia Scholars, The Venetian Macao Resort Hotel, Macao, China
  • 「現代インドの環境と社会運動―チプコー運動をいかに捉えるか」, 石坂 晋哉, 2012年度「現代インド地域研究」国内全体集会, 2012年11月, NIHUプログラム「現代インド地域研究」, 京都大学
  • “Re-evaluating the Chipko (Forest Protection) Movement in India”, ISHIZAKA Shinya, Japan-Edinburgh Workshop “Social Movements and the Subaltern in Postcolonial South Asia”, 2012年10月, Centre for South Asian Studies, University of Edinburgh, “Constructing International Research Network of Contemporary South Asian Studies” and “Contemporary India Area Studies (INDAS)”, University of Edinburgh, UK
  • “Social Movements and the Subaltern in Postcolonial South Asia (Aim of the Workshop)”, ISHIZAKA Shinya, Japan-Edinburgh Workshop “Social Movements and the Subaltern in Postcolonial South Asia”, 2012年10月, Centre for South Asian Studies, University of Edinburgh, “Constructing International Research Network of Contemporary South Asian Studies” and “Contemporary India Area Studies (INDAS)”, University of Edinburgh, UK
  • “Social Movements and the Transformation of Forest Management in the Uttarakhand”, ISHIZAKA Shinya, International Workshop “Vernacular Publics and Democratic Transformation in India” (KINDAS/RINDAS International Workshop “Discussing Contemporary India: Politics and International Relations from Asian and Global Perspectives”), 2012年06月, Center for the Study of Contemporary India, Kyoto University, Kyoto, Japan
  • 「フィールドワークと成果公開の問題」, 石坂 晋哉, GLOCOLセミナー, 2012年06月, 招待有り, 大阪大学グローバルコラボレーションセンター, 大阪大学人間科学研究科東館207号室(吹田キャンパス)
  • “Revival of Gandhism in India? Lage Raho Munna Bhai and Anna Hazare”, ISHIZAKA Shinya, CSAS Open Research Seminar, 2012年02月, Centre for South Asian Studies, University of Edinburgh, University of Edinburgh, UK
  • “On the Potentials of Acts of Writing in Social Movements”, ISHIZAKA Shinya, Workshop "Local Instances, Global Claims: Acts of Writing and Social Movements" (Oecumene First Symposium: Citizenship after Orientalism), 2012年02月, Oecumene Project, Open University, UK, Open University, Milton Keynes, UK
  • “The Ideology of “Environmentalism of the Poor” and After: An Attempt to Re-evaluate the Chipko (Forest Protection) Movement in India”, ISHIZAKA Shinya, International Conference: Opening the Boundaries of Citizenship (Oecumene First Symposium: Citizenship after Orientalism), 2012年02月, Oecumene Project, Open University, UK, Open University, Milton Keynes, UK
  • “The Environmental Movement in Postcolonial India: The Chipko Movement and “Connective Politics””, ISHIZAKA Shinya, Joint Conference of the Association for the Asian Studies & International Convention of Asia Scholars 2011, 2011年04月, The Association for the Asian Studies & International Convention of Asia Scholars, Hawaii Convention Center, Honolulu, USA
  • “Social Movements in Postcolonial India (Aim of Session)”, ISHIZAKA Shinya, Joint Conference of the Association for the Asian Studies & International Convention of Asia Scholars 2011, 2011年04月, The Association for the Asian Studies & International Convention of Asia Scholars, Hawaii Convention Center, Honolulu, Hawaii, USA
  • 「チプコー運動再考―インド森林保護運動における「つながりの政治」」, 石坂 晋哉, 第41回環境社会学会大会(葛巻セミナー), 2010年06月, 環境社会学会, 岩手県葛巻町
  • 「マハトマ・ガンディー「近代文明」弾劾の書を読み直す―『ヒンド・スワラージ』100周年」, 石坂 晋哉, 非暴力連続セミナー, 2010年01月, 招待有り, 非暴力平和隊・日本, 文京シビックセンター
  • 「『ヒンド・スワラージ』100周年のインド」, 石坂 晋哉, 『ヒンド・スワラージ』100周年記念シンポジウム「歴史的地下水としてのガーンディーの平和思想と行動」, 2009年12月, 招待有り, 国際基督教大学
  • “Gandhian Studies at the University Level in Japan Today”, ISHIZAKA Shinya, Hind Swaraj Centenary International Conference, 2009年11月, 招待有り, Swarajpeeth Foundation, Surajkund, Delhi, India
  • 「チプコー運動はいかにして成功したか?―1970・80年代インドにおける辺境の森林保護運動と国家と世界」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会第22回全国大会, 2009年10月, 日本南アジア学会, 北九州市立大学
  • 「インド近現代史のなかの社会運動―その共通性をめぐって(趣旨説明)」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会第22回全国大会, 2009年10月, 日本南アジア学会, 北九州市立大学
  • “Leader-Follower Relations in the Foot Marches in Gandhian Environmental Movements in India”, ISHIZAKA Shinya, International Convention of Asia Scholars 6, 2009年08月, International Convention of Asia Scholars, Daejeon Convention Center, Korea
  • 「非暴力戦略の有効性―インド環境運動における行脚をめぐって」, 石坂 晋哉, 日本平和学会関西地区研究会, 2009年02月, 龍谷大学
  • 「今に生きるガンディー―ガンディー主義的環境運動」, 石坂 晋哉, 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科公開講演会, 2008年11月, 招待有り, 立教大学
  • 「M. K. ガーンディーと「共生」―ガーンディー主義における「民衆への奉仕」について」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会第21回全国大会, 2008年09月, 日本南アジア学会, 東洋大学
  • 「現代インドのガーンディー主義と環境運動―スンダルラール・バフグナーの思想と実践を中心に」, 石坂 晋哉, 2008年度第1回文化人類学会近畿地区研究懇談会2007年度修了者博士論文発表会, 2008年06月, 京都大学
  • 「現代インドのガンディー主義と環境思想」, 石坂 晋哉, 神戸女学院大学「アドバンストコース」ゲスト講演, 2008年05月, 招待有り, 神戸女学院大学
  • 「インドのダム反対運動」, 石坂 晋哉, 神戸女学院大学「環境社会学」授業内講演会, 2008年05月, 招待有り, 神戸女学院大学
  • 「ガンディー主義の『昇華』の政治―環境運動における行脚と断食」, 石坂 晋哉, 国際基督教大学「南アジア史」授業内講演会, 2008年04月, 招待有り, 国際基督教大学
  • 「現代インドのガーンディー主義と環境運動―スンダルラール・バフグナーの思想と実践を中心に」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会関西地区修論・博論発表会, 2008年03月, 大阪市立大学
  • “Politics of ‘Sublimation’: The Gandhian Environmental Movement in Contemporary India”, ISHIZAKA Shinya, International Symposium, “Resources under Stress: Sustainability on the Local Community in Asia and Africa”, 2008年02月, Ryukoku University, Kyoto
  • 「現代インドにおけるガーンディー主義者の行脚と断食―スンダルラール・バフグナーの『昇華』の哲学と環境運動」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会第20回全国大会, 2007年10月, 日本南アジア学会, 大阪市立大学
  • “An Introduction to Gandhian Social Movements in India Today”, ISHIZAKA Shinya, International Symposium, “The Significance of Cultural Exchange between Japan and India: What is Prosperity in the Global Age?”, 2007年06月, 招待有り, International Christian University, Tokyo
  • 「ガンディー主義と環境運動―バフグナー夫妻のスワラージの追究」, 石坂 晋哉, 日印文化協定締結50周年企画公開講座, 2007年04月, 招待有り, 国際基督教大学, 国際基督教大学
  • 「現代インドのガンディー主義と社会運動―スンダルラール・バフグナとヒマラヤの環境運動」, 石坂 晋哉, 国際基督教大学「アジア史(南アジア)II」公開講演会, 2006年10月, 招待有り, 国際基督教大学
  • 「現代インドのガンディー主義と環境運動―テーリー・ダム反対運動を事例として」, 石坂 晋哉, 環境社会学会第33回セミナー, 2006年06月, 環境社会学会, 新潟・阿賀野川
  • 「北インド・ウッタラカンドの新しい社会運動―テーリー・ダム反対運動の変容とガンディー主義」, 石坂 晋哉, 日本南アジア学会第18回全国大会, 2005年10月, 日本南アジア学会, 龍谷大学

作品

MISC

  • LOTUS 2018年度インド・フィールドワーク報告書, 石坂 晋哉監修, 1, 46, 2018年12月
  • Natural Farming Today 1, 石坂 晋哉, GLOCAS Series, 2, 1, 28, 2018年03月
  • LOTUS+ 2016年度インド海外学習報告書, 石坂 晋哉監修, 2017年03月
  • LOTUS 2016年度インド・フィールドワーク報告書, 石坂 晋哉監修, 1, 45, 2016年12月
  • 座談会 ガーンディー帰国後100年記念特集 ガーンディー再考, 秋田 茂, 井坂 理穂, 石坂 晋哉, 大石 高志, 井上 貴子, 南アジア研究, 日本南アジア学会, 南アジア研究, 2015, 27, 7, 45, 2015年, 0915-5643, http://ci.nii.ac.jp/naid/130005263463
  • 書評 Makiko Kimura, The Nellie Massacre of 1983: Agency of Rioters (New Delhi: Sage, 2013), 石坂 晋哉, 三田社会学, 三田社会学会, 三田社会学, 19, 105, 108, 2014年07月, 13491458, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005496935
  • 書評 B. R. ナンダ著、森本達雄訳『ガンディー―インド独立への道』(第三文明社、2011年), 石坂 晋哉, インド通信, 394, 4, 5, 2011年08月
  • 近現代(南アジア,二〇一〇年の歴史学界-回顧と展望-), 石坂 晋哉, 史学雑誌, 公益財団法人 史学会, 史学雑誌, 120, 5, 906, 910, 2011年, 0018-2478, http://ci.nii.ac.jp/naid/110010032416
  • ガンディーの志を継ぐものたち (特集 ガンディーをたどる) -- (現代インド社会とガンディー), 石坂 晋哉, 季刊民族学, 千里文化財団, 季刊民族学, 34, 1, 60, 64, 2010年, 03890333, http://ci.nii.ac.jp/naid/40016966049
  • ガーンディーの初転法輪としての『ヒンド・スワラージ』, 石坂 晋哉, サルボダヤ, 49, 10・11, 23, 30, 2009年11月
  • 南アジア地誌事典第140回 アッピコ運動発祥の地―グッビガッデ村, 石坂 晋哉, インド通信, 361, 1, 3, 2008年11月
  • フィールドワーク便り インド、ダム水没地テーリーとガンディー主義者, 石坂 晋哉, アジア・アフリカ地域研究, 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科, アジア・アフリカ地域研究, 5, 1, 108, 113, 2005年10月, 13462466, http://ci.nii.ac.jp/naid/120001422965
  • 座談会「グローバル化の中の真の豊かさとは」, 葛西 實, 石坂 晋哉, 宇野 彩子, 新津 晃一, 国際基督教大学学報 3-A,アジア文化研究別冊 = International Christian University Publications 3-A,Asian Cultural Studies Special Issue, 国際基督教大学アジア文化研究所, 国際基督教大学学報 3-A,アジア文化研究別冊 = International Christian University Publications 3-A,Asian Cultural Studies Special Issue, 17, 107, 132, 2008年03月, http://ci.nii.ac.jp/naid/120005557468
  • スンダルラール・バフグナーと福岡正信の対話―ガンディー主義者訪日記録(2), 石坂 晋哉, サルボダヤ, 47, 10, 11, 16, 2007年10月
  • スンダルラール・バフグナーと福岡正信の対話―ガンディー主義者訪日記録(1), 石坂 晋哉, サルボダヤ, 47, 8・9, 10, 18, 2007年09月
  • 武内進一編2003 『国家・暴力・政治 : アジア・アフリカの紛争をめぐって』 研究双書No.534、アジア経済研究所、510p。, 石坂 晋哉, 山中 大輔, 龍谷大学大学院国際文化研究論集, 龍谷大学, 龍谷大学大学院国際文化研究論集, 3, 66, 67, 2006年03月, 13491342, http://ci.nii.ac.jp/naid/110009660085
  • 書評 Ashis Nandy, Time Warps: Silent and Evasive Pasts in Indian Politics and Religion (Delhi: Permanent Black, 2002), 石坂 晋哉, 地域研究スペクトラム, 10, 35, 39, 2004年03月
  • 南アジア地誌事典第90回 ダムの底に沈む町―テーリー, 石坂 晋哉, インド通信, 299, 1, 3, 2003年09月
  • 学会ニュース 日本南アジア学会第15回全国大会, 石坂 晋哉, 地域研究スペクトラム, 9, 19, 21, 2003年03月
  • 18, 76, 95, 2007年
  • 6, 2, 507, 521, 2007年
  • 33, 295, 311, 2007年
  • 2, 1, 43, 2007年
  • Special Issue 17, 77, 96, 2008年
  • 52, 1, 18, 2009年

その他研究情報

受賞

競争的資金

  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(B), ガーンディー主義の100年―インド・ウッタラーカンドにおける草の根レベルの展開, 石坂 晋哉
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 若手研究(B), 生存基盤の確保と環境運動―インド・ウッタラーカンド地方における森林・水問題, 石坂 晋哉
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), ポストコロニアル・インドにおける社会運動と民主主義, 石坂 晋哉, 地域研究
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 司法積極主義と社会運動からみる現代インドの自由民主主義体制の持続可能性, 上田 知亮
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽), ボランティア参加を促すものは何か:フィールド実験による因果関係の推定, 青木 理奈
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(A), 分権的発展の効果と潜在力:インド29州の比較分析を通じた民主主義的安定のかたち, 吉田 修
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 現代インドにおけるポスト開発―媒介と協同性のポリティクス, 池亀 彩
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), ローカル・リーダーの登場と下層民の台頭からみる現代インド社会の変容, 舟橋 健太
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(A), 新たなガバナンス論構築のためのアジア研究とアジア型国際関係論による共同研究, 清水 耕介
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 現代南アジアにおける法と権利の動態をめぐる研究―国制・権利・法秩序, 山本 達也
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(A), グローバル化のなかのインド「州」政治―開発・環境・暴力をめぐる全28州の比較分析, 吉田 修
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), 現代インドにおける多様性接合型の発展径路とデモクラシー―総合的・長期的視点から, 田辺 明生
  • 日本学術振興会, 科学研究費補助金 基盤研究(B), ガーンディーからアンベードカルへ―多元的共生社会の創成, 長崎 暢子

その他

  • 2018年09月, インド・フィールドワーク, 愛媛大学法文学部(グローバル・スタディーズ履修コース)「海外フィールド実践II」の学生引率(ベンガルール、デリー)
  • 2017年09月, アメリカ・フィールドワーク, 愛媛大学法文学部(グローバル・スタディーズ履修コース)「海外フィールド実践I」の学生引率補助(ワシントンDC、メリーランド)
  • 2016年12月, インド・海外学習, 愛媛大学法文学部総合政策学科「海外学習(インド)」の学生引率(デリー、ジャイプル)
  • 2016年08月, インド・フィールドワーク, 愛媛大学法文学部(グローバル・スタディーズ履修コース)「海外フィールド実践II」の学生引率(デリー、ベンガルール)
  • 2016年01月, インド・海外研修, 愛媛大学法文学部インド海外研修の学生引率(カルナータカ州)
  • 2015年09月, インド・フィールドワーク, 愛媛大学法文学部(グローバル・スタディーズ・コース)「フィールドワーク/海外実習」の学生引率(デリー、ベンガルール)
  • 2007年09月, インド・スタディーツアー, 三鷹国際交流協会自主グループ「インド・スタディーツアー」の学生引率・ガイド(デリー、ウッタラーカンド)


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.